大阪市内~関空が1,000円!知らないと損する「ちかトクきっぷ」

大阪市内から関西空港へ、あるいは関西空港から大阪市内へアクセスする際に、1,000円で移動できる「関空ちかトクきっぷ」という切符があります。

地元以外ではあまり知られていませんが、知っておいて損はないお得な切符です。大阪市内で地下鉄を利用するときは特に要チェックです。ICカードで”ピッ”は、もったいないですよ。

「関空ちかトクきっぷ」ってどんな切符?

「関空ちかトクきっぷ」は、大阪市内と関西空港との間の大阪地下鉄(大阪メトロ)と南海電車の乗車券がセットになった片道用の割引乗車券です。

出発地が大阪地下鉄の駅、あるいは目的地が大阪地下鉄の駅の場合にお得に使えます。

セット内容

  • 大阪地下鉄の片道(地下鉄・ニュートラムの全駅~難波駅間)
  • 南海電車の片道(難波駅~ 関西空港駅間)

※大阪市内⇒関空、関空⇒大阪市内の双方向に設定されています。
※乗り放題ではありません。乗車できるのは1回だけで、途中下車すると無効です。

乗換駅は「難波駅」だけです。

「関空ちかトクきっぷ」では、大阪地下鉄と南海電車との乗り換えは「難波駅」限定です。天下茶屋駅や中百舌鳥駅経由では利用できません。

乗り換えの制限時間はありません。

難波での大阪地下鉄と南海電車との乗り換えは、改札口から一度出ることになりますが、「関空ちかトクきっぷ」では、その乗り換えの時間に制限がありません。このため、難波で食事や買い物をしたり、両替など用事を済ませたりすることができます。

※「関空ちかトクきっぷ」は利用日の終電まで有効です。
※「関空ちかトクきっぷ」自体は1枚ものです。普通の切符サイズの小さいものなので失くさないように注意してください。

「関空ちかトクきっぷ」は大阪・関空アクセスでは最安級!

「関空ちかトクきっぷ」の値段は下記の通り。子供用もあります。大阪地下鉄のどの駅からでも(どの駅へも)一律同じ金額です。

大人 1,000円
子供 500円

南海電車の難波駅~関西空港駅間の普通運賃(片道)は大人で920円なので、地下鉄代は実質80円と初乗り(180円)よりも安い設定となっています。主な地下鉄駅を利用した場合の普通運賃と比べてみました。

出発駅・目的駅 地下鉄 南海電車 通常合計 チカとく
新大阪・江坂 280円 920円 1,200円 200円お得
梅田 230円 920円 1,150円 150円お得
本町・心斎橋 180円 920円 1,100円 100円お得
心斎橋 180円 920円 1,100円 100円お得
大阪港 280円 920円 1,200円 200円お得
天神橋筋六丁目 230円 920円 1,150円 150円お得
南森町 230円 920円 1,150円 150円お得
肥後橋 180円 920円 1,100円 100円お得
谷町九丁目 180円 920円 1,100円 100円お得

ちなみに 他のアクセス手段の運賃はこのようになっています。

【空港バス】梅田・新大阪・心斎橋・上本町・天保山~関西空港 1,550円
【JR】大阪駅~関西空港駅 1,190円
【JR】新大阪駅~関西空港駅 1,360

このように「関空ちかトクきっぷ」は大阪市内~関空のアクセスとしては最安級だといえます。

「関空ちかトクきっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間

「関空ちかトクきっぷ」は、1年を通して発売されています。

【2018年版】
2018年(平成30年)4月1日~2019年(平成31年)3月31日

有効期間

「関空ちかトクきっぷ」の有効期間は、購入した当日1日限りとなっています。

「関空ちかトクきっぷ」は券売機で簡単に買える!

「関空ちかトクきっぷ」は、普通の切符と同じように乗車する前に駅の券売機で簡単に買えます。地下鉄のほとんど全ての駅で購入できるので、関空に行く時は利用しやすいです。

  • 大阪地下鉄・ニュートラムの各駅(難波駅、東梅田駅、天下茶屋駅を除く)
  • 南海電車の関西空港駅

※前日など事前に買っておくことはできません。

******************************

「関空ちかトクきっぷ」の最新情報は南海電車の公式サイトで確認ください。

「関空ちかトクきっぷ」は、大阪市内~関空間の移動では最安なので、特に出発地や目的地が地下鉄の駅の場合は、ICカードでピッとするのではなく、券売機に寄りましょう!

また、難波・関空間を南海電車の特急ラピートを利用したいときは、地下鉄の駅では買えませんが、下記の切符がオトクです。

⇒「関空トク割ラピートきっぷ」:難波・関空間で最大11%割引

⇒「ようこそ大阪きっぷ」:関空⇒大阪方向のみ。地下鉄・バス1日乗車券とセット