みさき公園のプールへは電車でGO!入場券付き切符で44%も割引!

夏は海水浴よりもプール派という人も多いと思います。関西で大型レジャープールは何か所かありますが、大阪南部になる南海電車系の遊園地「みささ公園」の「ぷ~るらんどRiO」もその一つです。

場所が南海電車「みさき公園駅」からすぐのところなので、大阪や和歌山からアクセスがよく、車が無くても気軽に遊びにいけるプールです。ちなみに難波駅から特急で約50分、和歌山市駅からは約10分です。

みさき公園「ぷ~るらんどRiO」の営業情報(2018年)

2018年夏の営業は台風20号による被害のため8月24日に繰り上げて終了になりました。

  • 営業期間:2018年(平成30年)6月30日~9月2日
  • 営業時間:9:30~17:00
    ※休園日/プール休業日:7月2日~6日、7月9日~13日

最新情報は公式サイトで確認ください。

みささ公園「ぷ~るらんどRiO」へ電車でアクセスするときは、南海電車のプール入場券つき「みさき公園ウキウキきっぷ」を使うと、なんと40%以上も安くなってお得です。

2018年分の発売は終了しました

「みさき公園ウキウキきっぷ」ってどんな切符?

みさき公園ウキウキきっぷ」は、下記の内容がセットになった割引切符です。

  • 南海電車の乗車駅(切符の発売駅)とみさき公園駅と間の往復乗車券
  • みさき公園の入園券
  • 「ぷ~るらんどRiO」の入場券

※南海電車は往復1回ずつの利用になります。乗り放題ではありませんので、途中下車するとその先は無効になります。

「みさき公園ウキウキきっぷ」の値段

「みさき公園ウキウキきっぷ」には、往復の乗車券のみの「通常版」と、行きの片道に特急「サザン」の指定席が利用できる「指定券付き版」の2種類があります。どちらも値段は発売駅ごとに設定されています。子供用もあります。

「通常版」でも特急「サザン」の自由席(一般車両)に乗れます

主な発売駅からの値段(往復乗車券+入園&プール入場)

発売駅 大人 (指定券付) 子供 (指定券付)
難波・新今宮 2,060円 2,420円 1,110円 1,300円
天下茶屋 2,000円 2,360円 1,070円 1,260円
住吉大社 2,000円 2,360円 1,070円 1,260円
1,920円 2,280円 1,030円 1,220円
岸和田 1,640円 2,000円 890円 1,080円
泉佐野 1,480円 1,840円 820円 1,010円
和歌山市 1,420円 1,780円 800円 990円
堺東・三国丘 2,120円 2,480円 1,130円 1,320円
中百舌鳥 2,120円 2,480円 1,130円 1,320円
初芝・北野田 2,180円 2,540円 1,170円 1,360円
金剛 2,250円 2,610円 1,190円 1,380円
河内長野 2,310円 2,670円 1,210円 1,400円
林間田園都市 2,410円 2,770円 1,270円 1,460円
橋本 2,470円 2,830円 1,310円 1,500円

※発売駅は表の駅以外にもあります(公式サイトで確認ください)。
※発売駅以外を利用する場合は、最寄りの発売駅までの運賃が別に必要です。
※高野線の駅から「特急指定席付き版」を利用する場合は、特急は天下茶屋駅⇒みさき公園駅間の片道乗車になります。

「みさき公園ウキウキきっぷ」はどれくらいお得?

南海電車の「みさき公園ウキウキきっぷ」がどれくらいお得なのか。「みさき公園ウキウキきっぷ」を使った場合と、使わずに乗車券と入園券・プール入場券を別々に買った場合とを比べてみました。

まず、みさき公園の「入園プールセット券」(入園料+ぷ~るらんどRiO入場料)の通常料金は、このようになっています。

大人(中学生以上) 子供(3歳~小学) ※学生・65歳以上
入園プールセット券 2,100円 1,200円 1,500円

※「学生・65歳以上」割引は、現地で当日のみ発売。公的証明書の提示が必要です。

主な駅からの比較(大人)

発着駅 往復運賃 プール券 合計 ウキウキきっぷ 割引
難波 1,580円 2,100円 3,680円 2,060円 44%
1,380円 2,100円 3,480円 1,920円 45%
和歌山市 660円 2,100円 2,760円 1,420円 49%
橋本 2,160円 2,100円 4,260円 2,470円 42%

このように、通常に比べて44%以上も安くなります。和歌山市駅からでほぼ半額です。

現地発売の「学生割引」「シルバー割引」よりも安い!

みさき公園「入園プールセット券」には、行った当日に現地だけで発売される中学生以上向けの「学生割引」と65歳以上向けの「シルバー割引」があります。しかし、どちらを利用する場合も電車で行くなら「みさき公園ウキウキきっぷ」の方が33%程度安くなります。

主な駅からの比較(大人)

発着駅 往復運賃 プール券 合計 ウキウキきっぷ 割引
難波 1,580円 1,500円 3,080円 2,060円 33%
1,380円 1,500円 2,880円 1,920円 33%
和歌山市 660円 1,500円 2,160円 1,420円 34%
橋本 2,160円 1,500円 3,660円 2,470円 33%

コンビ二前売り券よりも安い!

みさき公園「入園プールセット券」は、コンビニの店頭端末でも前売りされていて、大人1,700円、子供1,000円の割引料金で買えます。車でアクセスするときはお得ですが、電車のときは、「みさき公園ウキウキきっぷ」の方が40%ほど安くなります。

主な駅からの比較(大人)

発着駅 往復運賃 プール券 合計 ウキウキきっぷ 割引
難波 1,580円 1,700円 3,280円 2,060円 37%
1,380円 1,700円 3,080円 1,920円 38%
和歌山市 660円 1,700円 2,360円 1,420円 40%
橋本 2,160円 1,700円 3,860円 2,470円 36%

指定券付きは座席指定料金が3割引き!

「みさき公園ウキウキきっぷ」の特急サザン「指定席券付き版」では、通常の指定席料金よりも30%ほど安く利用できます。ただし、みさき公園へ行く時のみ。

通常の座席指定料金 片道510円(子供260円)
ウキウキきっぷ 通常版と指定券付き版の差額⇒片道360円(子供190円)

※帰りも指定席を利用したいときは、510円が別に必要です。

ちなみに難波駅からの場合、往復運賃1,580円+往き指定券510円+入園プールセット券2,100円=4,190円のところ、「みさき公園ウキウキきっぷ」なら2,420円と42%ほど割引になります。

「みさき公園ウキウキきっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間

「みさき公園ウキウキきっぷ」は、「ぷ~るらんどRiO」の営業にあわせて期間限定で発売されます。

【2018年版】
2018年(平成30年)7月14日(土)~9月2日(日)
⇒台風被害によるプール営業終了のため8月24日で発売を終了しました。

有効期間

発売期間内の1日(利用する当日限り)

「みさき公園ウキウキきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「みさき公園ウキウキきっぷ」は発売期間中、南海電車の下記の駅で、利用日(乗車日)の1か月前から購入できます。

  • 難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅、羽衣駅、泉大津駅、岸和田駅、貝塚駅、泉佐野駅、尾崎駅、和歌山大学前駅、和歌山市駅、りんくうタウン駅、関西空港駅、住吉東駅、堺東駅、三国ヶ丘駅、中百舌鳥駅、初芝駅、北野田駅、金剛駅、河内長野駅、林間田園都市駅、橋本駅、高野山駅

「みさき公園ウキウキきっぷ」の最新情報

「みさき公園ウキウキきっぷ」の発売駅など詳細や最新情報については南海電車の公式サイトで確認ください。

みさき公園のプールへ電車で遊びに行く時は、「みさき公園ウキウキきっぷ」が通常より4割以上割引と一番お得です。入園&プール入場券は、現地でもコンビニでもなく、「駅」で買いましょう

みさき公園のような鉄道会社系列の遊園地では、電車でのアクセスを促すお得な割引切符が用意されています。遊び代を節約するためには、こうした切符を上手に活用することもポイント。出かける前に入園料だけでなく交通費を含めた費用を全体で検討してみてください。

みさき公園以外、関西の鉄道系大型レジャープールでは、京阪電車の「ひらかたパーク(ひらパー)」も人気です。こちらもお得な入園券付きの割引切符がありますよ。

⇒ひらパー入園券付きお得な切符