JRのICOCA(イコカ)でポイントサービス開始!内容や利用登録方法まとめ

JR西日本のICカード「ICOCA(イコカ)」でポイント制度「ICOCAポイントサービス」が始まります(2018年10月1日~)。

ICOCAを利用している人や持っている人は多いと思いますが、これまで切符替わりにピッピッピッと使っても、別に運賃が安くなるわけでなし、切符を買う手間が要らないということ以外、取り立てて言うほどのメリットはありませんでした。でも、今回のポイント制度によって、使い方次第で料金面のお得感も出るようになります。

ここではその「ICOCAポイントサービス」の内容と利用登録の方法をまとめました。

「ICOCA(イコカ)ポイントサービス」とは?

「ICOCAポイントサービス」は、ICOCAでのJRの乗車回数や加盟店での利用(支払い)に応じてポイント(ICOCAポイント)が付き、その貯まったポイントをICOCAにチャージすることで、電車の利用や買い物に使えるという制度です。スーパーや家電量販店などのポイント制度と似たようなものです。

ICOCAポイントは「1ポイント=1円」として換算されます。

改札機を通すことが大前提!

JRの利用で付くICOCAポイントは、区間の「乗車回数(利用回数)」に応じて付与されます。その回数は、乗り降りの際にICOCAを自動改札機に通すことで数えられます。

電車に乗る駅で直接ICOCAを自動改札機を通して駅に入って、目的の駅に着いたら自動改札機を通して駅から出る。これで利用回数が1回となります。

このため、次のような場合はポイント対象の利用回数としてはカウントされません

  • ある区間を電車で通過しただけの場合(駅で乗り降りしない)。
  • ICOCAで切符を買って、その切符で乗車した場合。
  • ICOCAと他の切符(回数券や定期券など)を併用した場合。
  • 切符で乗車して、下車駅でICOCAを使って精算した場合。

※ICOCAと一体になった定期券を使っている人もいると思いますが、定期券の区間はポイントの対象外となります。

貯まったポイントは?

その月に貯めたICOCAポイントは、月末に締めて翌月の6日ごろからICOCAにチャージできるようになります。

カードへのチャージは、駅にあるICOCA対応の券売機やのりこし精算機で行えます。チャージした後は、いつも通りJRの利用や買い物なども支払いに使えます。

「ICOCAポイントサービス」の開始時期

2018年(平成30年)10月1日から

「ICOCAポイント」は3種類

「ICOCAポイント」には3種類(3通りの貯め方)があります。いずれのポイントも、1ヵ月間(1日~末日)の利用の実績に応じて付けられます

  1. 「時間帯指定ポイント」
  2. 「利用回数ポイント」
  3. 「電子マネーポイント」

JR利用「時間帯指定ポイント」(京阪神地区のみ)

「時間帯指定ポイント」は、JRの京阪神地区の特定区間を、指定時間帯または土休日に利用すると、その回数に応じて付くポイントです。2018年9月で廃止された京阪神限定お得な切符「昼特きっぷ」に代わる割引制度といえます。

※「時間帯指定ポイント」は大人用カードのみに適用されます。

平日10時~17時・土日祝の利用が対象です。

「時間帯指定ポイント」はその名前のとおり、ポイントが付く対象の時間帯が決まっています。その時間帯は、平日の10時~17時の間(ICOCAで駅に入る)と、土日祝の終日(始発から終電)となっています。

※廃止された「昼特きっぷ」と同じです。

京阪神の特定区間を4回以上利用で30%・50%還元!

「時間帯指定ポイント」は、JRの京阪神間の特定区間の利用に限って付きます。それも4回以上の利用が必要で、4回目以降から1回の利用ごとに普通運賃の30%か、50%のポイントが貯まります。

※乗車1~3回目はポイントは付きません。

「時間帯指定ポイント」の対象区間

「時間帯指定ポイント」の対象となる特定区間はJR京都線、JR神戸線、JR宝塚線の一部で、下表の通りとなっています。旧「昼特きっぷ」の発売区間はカバーされています。

区間がそれぞれグループ分けされていて、実際には同じグループ内の区間を4回以上利用することでポイントの対象になります。

そして、先に触れたとおり、その区間を通過しただけではポイントは付きません。乗車時と下車時にICOCAを自動改札機に通す必要があります。


「昼特きっぷ」と比べてみると

旧「昼特きっぷ」と「時間帯指定ポイント」を比較してみました。例えば「大阪~三ノ宮間」(片道の普通運賃410円)を1ヶ月に6回利用した場合(ポイント還元を前提)

昼特きっぷ 時間帯指定ポイント
購入日より3ヶ月有効

ポイント適用は1か月間の利用が対象

6枚セットで1,620円
(1枚あたり270円)

1~3回:410円×3回=1,230円
4~6回:410円×50%×3回=615円
合計1,845円
(1回あたり307円)

「時間帯指定ポイント」は、「昼特きっぷ」よりも総額は高くなりますが、普通運賃に比べると25%安くなります。他の区間も同じような傾向です。これまで「昼特きっぷ」を買っていた人は、ポイント制度を活用しましょう。

※参考記事

JR利用「利用回数ポイント」(ICOCA対応全域)

「利用回数ポイント」は、関西をはじめ北陸や中国などJR西日本のICOCAが使える地区(下図)での利用が対象となるポイントです。子供用カードにも適用されます。


※点線内(他社線)の利用や点線内の各駅とJR西日本の駅との間の利用はポイント適用外です。
※JR西日本以外の路線でICOCAを使った場合は対象外です

同じ運賃区間を11回以上利用で10%還元!

「利用回数ポイント」は、同じ運賃の区間1ヵ月間のうちに11回以上の利用した場合、11回目以降の1利用するごとに、その区間の運賃の10%のポイントが貯まります。

一般の回数券に近いポイント制度ですが、回数券は3ヶ月有効で実質1回目から10%引きなので、使い方によっては損になることもあります。

「利用回数」の把握がネックかも。

今月は今日まで何回乗ったか?という「利用回数(乗車回数)」は、主に決まった区間だけを利用する場合はそれほどでもないですが、そうでない場合、たとえば、現時点で220円区間は〇回、300円区間は〇回、420円区間は〇回…などと普段から把握しておくことは大変です。

このため、実際のところ「利用回数ポイント」は貯めにくさがあると思います。

「時間帯指定ポイント」と「利用回数ポイント」の重複はありません。

京阪神地区の「時間帯指定ポイント」の指定区間を4回以上利用している場合は「利用回数ポイント」の対象になりません。逆に3回未満だと「利用回数ポイント」の対象になります。

加盟店で利用「電子マネーポイント」(西日本地区)

ICOCAは、JR以外にもコンビニやスーパー、百貨店、飲食店、家電量販店など提携している店舗(⇒加盟店)で支払いにも使えますが、「電子マネーポイント」は、その加盟店のなかでも特に「ICOCAポイントがたまる店」で使うと、その利用額に応じて貯まるポイントです。

「ICOCAポイントがたまる店」の利用だけが対象

ICOCAが使える加盟店全てで、ICOCAポイント(電子マネーポイント)が付くわけではありません。「ICOCAポイントがたまる店」を利用した場合だけです。今のところ加盟店のなかのごく一部だけです(今後増えるはずですが)。

「ICOCAポイントがたまる店」(2018年10月1日現在)

curico(駅にある飲み物の自販機、本体にcuricoと書かれています)
コカコーラ(自販機)
アリオ(ショッピングセンター。関西では八尾、鳳にあります)
イトーヨーカドー
ロフト
ビックカメラ
ソフマップ
コジマ
ヤマト運輸  ※順不同

※全国展開している加盟店でも、ICOCAポイントの対象になるのは、関西、北陸、中国、山陰、四国地区の店舗を利用した場合だけです。

※最新の「ICOCAポイントがたまる店」はJR西日本の公式サイトで確認できます。

200円=1ポイントで1ヶ月の利用額で計算

ICOCAポイント(電子マネーポイント)は、加盟店で200円利用するごとに1ポイントが付きます。一般的な還元率です。

ただ、ICOCAポイントの場合は支払いの度にポイントが貯まっていくわけではなく、1か月間(1日~末日)の利用した金額の合計に対してポイントが付きます。そして、その合計額は加盟店ごとに計算します。

1回200円未満の買い物ではポイントが続きませんが、それを何回か繰り返して1ヶ月の購入額の合計が200円を超えるとポイントが付きます。つまり「ちりも積もれば」方式です。ポイントを貯めやすい面はありますが、その「ちり」は店ごとに分けて積んでいくので、効率の悪さも否めません。

※ポイントの還元率は加盟店によって変わる場合があるとのこと。

「ICOCAポイント」の有効期限は?

「ICOCAポイント」には、有効期限はありません。が、25ヶ月以上、ICOCAにチャージ(入金)や獲得したポイントのチャージがない場合はポイントサービスの利用登録が自動的に解除されてしまいます。貯めたポイントも消滅します。登録が解除された後は、当然ですがICOCAを使ってもポイントは貯まりません。

※利用登録が解除された後は、再登録することでポイントサービスを受けられます。
※SMART ICOCAは利用登録は解除されません。

「ICOCAポイントサービス」を利用するには?

以上のような「ICOCAポイントサービス」を利用したい場合は、あらかじめ「利用登録」が必要になります。登録しておかないとポイントは付きません。子供用カードでも必要です。

利用登録が完了すると、券売機や精算機のICOCAチャージ(入金)画面に「登録済み」と表示されます(上の画像参照)。

※「SMART ICOCA」を使っている場合は利用登録は必要ありません。自動的にポイントサービスが適用されます。

※ICOCAポイントサービスに登録したあとは解除できません。

利用登録の方法

ICOCAポイントサービスの利用登録は、駅の券売機とインターネットでできます。費用はかかりません。手続きは券売機が簡単なのでおすすめです。

駅の券売機

利用登録は、ICOCAが使えるの駅に設置されているピンク色、または青色の券売機で登録できます(画像のような案内が貼ってあります)。登録の操作そのものはめちゃくちゃ簡単で、所要時間は1分もかかりません。

券売機にICOCAをセットすると下のような画面になります。


「ポイント利用登録」を押すと、注意書きが表示されます。

内容を確認して「同意して登録する」を押すと、これで利用登録は完了です。個人情報や連絡先の入力などもなく、あっさりしています。

登録が完了すると、その翌日の利用分からポイントの対象になります(10月1日以降~)。

JR西日本の公式サイト

公式サイトでの手続きは、利用登録が完了するまでに10日ほどかかかります。

ICOCAを持っていない人は

ICOCAを持っていない人は、まずICOCAを買いましょう。

ICOCAは、JR駅の「みどりの窓口」や一部の券売機で誰でも購入できます。1枚2,000円です(500円の保証金込み)。1,500円分が運賃や料金の支払いに利用できます。保証金はICOCAが不要になって返納したときに戻ってきます。

※券売機によっては、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円もあります。

また、子供用のICOCAは駅の窓口で買えますが、その際に申込書の記入と子供の公的な身分証明書(健康保険証など)の提示が必要です。購入は両親でなく代理人でも大丈夫です。

PiTaPa(ピタパ)を持っている人は

私鉄系のICカード「PiTaPa(ピタパ)」を持っている人は、PiTaPaでJRを利用すると、ICOCAポイントサービスとほぼ同じ内容の割引が受けられます。PiTaPaの場合はポイント制ではなく、後日の請求額から直接割り引かれます。

  • 「時間帯指定割引」(ICOCAの時間帯指定ポイントに相当)
  • 「利用回数割引」(ICOCAの利用回数割引に相当)

割引制度の利用には特に登録などの手続きはありません。そのままJRを利用すると自動的にカウントされます。PiTaPaがあれば、ICOCAは必要ないと思います。

※PiTaPaはJRでもポストペイ(後払い)で利用できるようになりました(2018年10月1日~)。

「ICOCAポイントサービス」の公式サイト

「ICOCAポイントサービス」についての詳細や最新情報は、JR西日本の公式サイトで確認ください。

「ICOCAポイントサービス」は、JRをよく利用する人向きですが、これまでの回数券の方が安かったり使い勝手がいい場合もありますので、よく比べてみてください。ただ京阪神間で「昼得きっぷ」を愛用している人は、10月以降はポイントサービスに切り替えましょう。

ICOCAにも、JR東日本の「IC運賃」のようなカードで乗車すると運賃が普通運賃より安くなるくらいのメリットが欲しいところです。