.

「六甲ミーツ・アート」を安く楽しむ方法と会場アクセスのお得な切符【2019年版】

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符
六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、毎年秋に開催される神戸・六甲山の自然や景観をいかした現代アートの展覧会です。

会場は六甲山の山の上ですが、車が無くても、電車とバス、そしてケーブルカーを乗り継いで便利にアクセスできるということもあって、神戸の人気イベントになっています。市街地から意外と近いので、気軽に芸術鑑賞に出かけられますよ。

ここでは、この「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」を安く、お得に楽しむための割引チケットや電車・バスやケーブルカーのお得な切符の発売情報を紹介します。

⇒2019年(第10回)鑑賞チケットの前売券発売中

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」ってどんなイベント?

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、2010年(平成22年)から毎年秋に開催されている六甲山の自然や景観と組み合わせた現代アートの展覧会で、山上に点在する施設を舞台に繰り広げられます。秋の六甲山を”散歩”というより”ハイキング”の感覚で、それぞれの施設を巡って作品を鑑賞するスタイルです。

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

ちなみに、展示されている作品は自由に撮影できます。しかも、SNS映えするものばかりなので、写真撮影もかなり楽しめます。フォト&ムービーコンテストも実施されるので、挑戦してみては。

令和最初、2019年の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、42組のアーティストの出展が確定しました。過去最高です。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の開催期間

2019年の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は下記の期間に開催されます。今回は第10回目記念展となっています。

◆開催期間⇒2019年(令和元年)9月13日(金)~11月24日(日)
◆開催時間⇒10:00~17:00
※会場によって17時以降も鑑賞できる作品もあります。

※期間中は荒天など余程の理由がない限り、基本的に無休です。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の会場(開催場所)

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」は、六甲山上の下記の施設(11か所)が会場となっていて、作品が展示されています。そのうちの5か所については、通常の入場料が必要です。

  • 六甲ガーデンテラス
  • 自然体感展望台 六甲枝垂れ(有料)
  • 六甲山カンツリーハウス(有料)
  • 六甲高山植物園(有料)
  • 六甲オルゴールミュージアム(有料)
  • 六甲ケーブル「六甲山上駅」
  • 天覧台
  • 安藤忠雄氏設計「風の教会」(有料)
  • 六甲有馬ロープウェー「六甲山頂駅」
  • 記念碑台「六甲山ビジターセンター」
  • TENRAN CAFE (飲食利用が必要です)

有料会場それぞれの通常入場料はこのようになっています。

大人 子供
六甲枝垂れ 300円 200円
六甲山カンツリーハウス 620円 310円
六甲高山植物園 620円 310円
六甲オルゴールミュージアム 1,030円 510円
風の教会(※一律料金) 500円 500円
合計 3,070円 1,830円

「鑑賞チケット」は最大40%割引で特典付き!

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の有料会場5か所(六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、風の教会)とも見て回るとなると、入場料がけっこうかさみますが、5か所分セットで割引になった鑑賞チケットが発売されます。特典も付いていてお得です。

鑑賞チケットの値段

鑑賞チケットの値段は表のとおりです。鑑賞チケットの当日券なら、通常より大人で約28%、子供なら約40%も安くなってお得です。前売りで買うと約40%割引とさらに安くなります。

種類 発売期間 大人(中学生~) 子供(4歳~小学生)
当日券 9月13日~11月24日 2,200円 1,100円
前売券 7月1日~9月12日 1,900円 950円
早期割引券 3月1日~6月30日 1,800円 900円

※ケーブルカーやバスなど交通費は含まれていません。
※2018年より値段が上がっています。

鑑賞チケットの特典

当日なら再入場OK!

鑑賞チケットで一度入場すると、その当日中であればその施設に再入場できます。

期間中なら日を分けて使えます。

1日で5か所全部を回りきらなくても大丈夫です。鑑賞チケットは「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の開催期間中なら別の日に使えます。

利用当日以外にさらに1回入場できます。

鑑賞チケットで有料会場の5か所すべてに入場した後、当日以外の2020年3月31日までなら、さらに好きな1か所に無料で1回入場できます。

※施設によっては「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」終了後、冬期休園になる施設がありますので、利用の際は最新情報を確認してください。

鑑賞チケットが買えるところ(購入方法)

鑑賞チケットの「早期割引券」「前売券」は、それぞれの発売期間中に、e+(イープラス)、チケットぴあ、JTB レジャーチケット、JTB 電子チケット(PassMe!)で、購入できます。

「当日割引券」もチェック!

鑑賞チケットを安く買いたいなら、前売券の購入が確実です。上記のように早い時期から発売されますので買いやすいです。

また、例年、当日でも前売券並みに安い「当日割引券」が発売されています。出かける前にチェックしてみてください。

2019年の「当日割引券」発売については、現時点で発表がありません。ちなみに、2018年では下記の場所で「当日割引券」が買えました。今後、何か情報がありましたら、お知らせします。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」会場へのアクセス方法

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の会場へは、電車やバスなど公共機関でも便利にアクセスできます。
神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

六甲山上へは市バス&ケーブルカーで!

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

六甲山へはケーブルカー(六甲ケーブル)で登るのが最短&楽ちんルートです。ケーブルカーの六甲山上駅は「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の会場の一つになっています。

片道(子供) 往復(子供)
六甲ケーブルの運賃 590円(300円) 1,080円(540円)

六甲ケーブルの乗り場「六甲ケーブル下駅」は、阪神御影駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅から市バスが連絡しています。阪急六甲駅~六甲ケーブル下は約10分です。本数もそれなりにあります。

※六甲ケーブルに連絡する市バスの路線

六甲摩耶急行 三宮~新神戸~摩耶ケーブル下~六甲ケーブル下(期間運行)
16系統 阪神御影~JR六甲道~阪急六甲~六甲ケーブル下
106系統 JR六甲道~阪急六甲~六甲ケーブル下

※神戸市バスの運賃

片道(子供) 往復(子供)
神戸市バス 210円(110円) 420円(220円)

六甲山へのアクセスに六甲ケーブルを利用する以外に、摩耶(まや)山を経由する(ケーブルカー+ロープウェイ+山上バス)方法や、有馬温泉からロープウェイを利用する方法もあります。

もちろん「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の帰りに摩耶山や有馬温泉へ行くこともできます。

山上では路線バスで移動!

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

六甲山上には、ケーブルカーの駅と各観光施設や摩耶山上とを結ぶ路線バス(六甲山上バス、六甲摩耶スカイシャトルの2社)が走っています。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の施設の移動に便利です。会場のほとんどは六甲山上バスの沿線にあります。運賃は距離制なので、ちょっと高め。乗り放題の1日乗車券(六甲山上バス1DAYチケット)も発売されています(大人450円、子供230円、六甲ケーブル山上駅で買えます)。

大人片道 子供片道
六甲山上バス 160円~260円 80円~130円
六甲摩耶スカイシャトル 160円~480円 80円~240円

※六甲ケーブル山上駅~カンツリーハウス・六甲ガーデンテラス間の片道運賃は大人260円、子供130円です。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」公式サイト

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の出展アーティスト、鑑賞チケット、アクセスなど最新情報は公式サイトで確認ください。

芸術散歩2019公式サイト

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」のアクセスにお得な切符

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

ここでは、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の鑑賞に出かける際に、お得にアクセスできる割引切符を紹介します。

  • 「表六甲周遊乗車券」(六甲ケーブル往復+山上バス乗り放題がセットで割引)
  • 「六甲・まやレジャーきっぷ」(京阪神の阪急/阪神電車の沿線から六甲山へ)
  • 「六甲・摩耶1dayチケット」(三宮、新神戸からバスで六甲山へ)
  • 「有馬・六甲周遊1dayパス」(京阪神、明石、姫路から六甲山と有馬温泉を巡る)

「表六甲周遊乗車券」

「表六甲周遊乗車券」は、六甲ケーブルの往復と、山上バスの乗り放題がセットになった割引切符です。

【セット内容】

  • 六甲ケーブルの往復(行き帰り1回ずつ)
  • 六甲山上バスの乗り放題(連続した2日間、乗り降り自由)

※六甲摩耶スカイシャトルバスは利用できません。

値段

「表六甲周遊乗車券」の値段は表のとおりです。

大人 1,350円
子供 680円

六甲ケーブルと山上バスの切符を別々に買うよりも、3割以上も安くなります。

六甲ケーブル *山上バス 通常合計 表六甲周遊乗車券
大人 1,080円 900円 1,980円 1,350円 約32%割引!
子供 540円 460円 1,000円 680円 約32%割引!

*六甲山上バスは1日乗り放題「六甲山上バス1DAYチケット」(大人450円、子供230円)の2日分です。

有効期間

「表六甲周遊乗車券」の有効期間は、購入した日から連続した2日間です。六甲山上のホテルで1泊する場合にも便利です。

買えるところ(購入方法)

「表六甲周遊乗車券」は「六甲ケーブル下駅」でのみ購入できます。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の鑑賞チケット「前売券」「早期割引券」とセット販売もあります。ただ値段に割引はありません(普通の合計額)。購入方法は前売りチケットと同じです(ケーブル駅では買えません)。

「六甲・まやレジャーきっぷ」

「六甲・まやレジャーきっぷ」は京阪神間の阪急電車、阪神電車の沿線から六甲山と摩耶山までの往復の交通機関がセットになった割引切符です。神戸では下図の区間が利用できます(山上のバスは1日乗り放題)。

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

「六甲・まやレジャーきっぷ」の特徴はその値段の安さ。「阪急版」は大人2,050円、子供1,030円、「阪神版」は大人1,900円、子供950円で、京都河原町や大阪梅田から50%割引、三宮からでも32%割引とめちゃくちゃお得です。

京阪神から「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」鑑賞へ出かける際のイチオシ切符です。2019年11月30日までの発売です。

「六甲・まやレジャーきっぷ」紹介ページ

神戸の六甲山と摩耶山へ観光や散策、夜景観賞などで、京都や大阪、三宮から日帰りするときは、阪急電車・阪神電車の「六甲・まやレジャーきっぷ」がおすすめ。梅田や河原町からは交通費がほぼ5割引き、往復電車代が実質タダと激安です。その内容や値段、購入方法を紹介します。

「六甲・摩耶1dayパス」

「六甲・摩耶1dayパス」は神戸の三宮・新神戸から六甲山へバスでアクセスする割引切符です。期間運行の三宮~六甲山(ケーブル下)の急行バスが利用できます。山上バスは1日乗り放題です。

神戸市バス「六甲・摩耶1dayチケット」は「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」のアクセスに便利
「六甲・摩耶1dayパス」は大人1,700円、子供850円で、三宮、新神戸からは最安のアクセス手段です。

「六甲・摩耶1dayパス」の紹介ページ

神戸三宮・新神戸と摩耶山・六甲山を直結する急行バスが期間運行されて、観光や夜景観賞などのアクセスが便利になります。これにあわせて発売される「六甲・摩耶1dayチケット」という割引切符を使うと交通費がお得に。その内容や値段、発売期間、購入方法を紹介ます。

「有馬・六甲周遊1dayパス」

「有馬・六甲周遊1dayパス」は、六甲山と有馬温泉を日帰りで楽しむための乗り放題切符です。関係する交通機関がすべてカバーしています(下図)。有馬温泉の「金の湯」か「銀の湯」の入浴券も付いて、値段は2,360円です(大人用のみ)。

神戸「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」アクセス用のお得な割引切符

さらに、阪急電車、阪神電車、神戸電鉄、山陽電車の沿線からの電車もセットになった「拡大版」もあります。値段は上記に数百円プラスするだけなので、かなりお得です。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」鑑賞の後に、温泉に浸かって帰りたいときは、おすすめです。
2019年12月22日までの発売です。

「有馬・六甲周遊1dayパス」紹介ページ

神戸の有馬温泉と六甲山へ日帰りで出かけるなら「有馬・六甲周遊1dayパス」という切符がおすすめ。アクセスが乗り放題、温泉入浴つきで26%以上安くなります。さらに大阪、京都、姫路方面からは電車代込みで激安!その魅力的な内容と値段、購入方法を紹介します。

阪急沿線からは2日間用の「有馬・六甲周遊2dayパス」もあります。

京阪神から有馬温泉や六甲山へ1泊旅行には阪急電車の「有馬・六甲周遊2dayパス」という切符は要チェック!行き帰りを含めてアクセスが全て乗り放題!さらに宿泊旅館で使える1000円の金券などもついてメリットが大きいです。その内容や値段、購入方法を紹介します。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」では、作品の多くが屋外に展示されていますので、天気は重要です。予報を確認してから予定を立てた方がいいと思います。天気がいいと神戸の夜景も楽しめますよ。秋は日暮れが早いので、時間があればぜひ。

それから、六甲山は夏の避暑地というだけあって、気温は平地より低いです。特に「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の中盤以降は、昼間でも予想以上に冷えるときがありますので、服装に注意してください。あと、作品を探して”散歩”でなくハイキング並みに歩く場面も少なくありませんので、動きやすい服装、運動靴をおすすめします。

スポンサーリンク