.

「KOBE(神戸)観光の日」で無料開放、タダで入れる施設は?【2019年】

「KOBE(神戸)観光の日」に無料開放!タダで入れる施設

毎年10月3日は「KOBE(神戸)観光の日」です。地元の人間でも”知る人ぞ知る”の地味な?イベントですが、この日の前後を含めた日程で、市内の観光施設などで無料開放や特別割引が行われます。うまく日にちが合えば、神戸の観光をお得に楽しめるチャンスです。

ここでは特に無料開放、つまり入場料などの料金がタダになる施設をまとめました。

普段、行きたかったところや気になっていたところ、興味はあるけど入場料を払ってまで入るのを躊躇していたところがあればラッキー。参考にしてください!【2019年度】





本題の前に「KOBE観光の日」の由来は?

無料開放になる施設を紹介する前に、

・「KOBE観光の日」って何なん?
・なんで10月3日なん?

と疑問に感じる人も多いと思いますので、その答えから。一般財団法人神戸観光局の説明によると、こういうことです。

1977年の連続テレビ小説「風見鶏」の放送開始日にちなんで、2004年より毎年10月3日を「KOBE観光の日」とし、各施設の協力のもと、市民・観光客の皆様が市内観光施設等に親しむ機会として実施しています。

「KOBE観光の日」の由来は、歴史的な事柄とかではなく、実はNHKの朝ドラだったんです。しかも、その放送時期からではなく、終了後30年近くも経ってからの実施です。

このこともあってか、「KOBE観光の日」は、イマイチ盛り上がりに欠けますが、‘知る人‘は楽しめるイベントです。

ちなみに、「風見鶏」という朝ドラは、神戸では有名なドイツ風パン&洋菓子店「フロインドリーブ」を創業したドイツ人職人をモデルにした物語です。

現在その本店は、三宮駅からは歩いて15分ほど、新神戸駅からは10分ほどのところにあります。元教会を改装したオシャレな建物で、店内にはカフェもあります。観光のついでにでも、よかったら寄ってみてください。

「フロインドリーブ」は本店のほかに、そごう神戸店(三宮駅前)、大丸神戸店(元町駅南)のデパ地下にも出店しています(販売のみ)。

  • 本店営業時間:10:00~19:00(カフェは最終注文18:30)
  • 本店の定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日)




「KOBE観光の日」に無料開放される施設(2019年)

それでは、「KOBE(神戸)観光の日」に無料で開放される施設を紹介します。令和最初の2019年度は、普段は有料の以下の施設が「タダ」になります。

10月1日(火)~3日(木)
  • UCCコーヒー博物館
10月3日(木)と10月中の土日祝
  • 水の科学博物館
10月3日(木)
  • 風見鶏の館
  • 萌黄の館
  • 神戸北野美術館
  • 竹中大工道具館
  • 神戸らんぷミュージアム
  • 神戸華僑歴史博物館
  • 王子動物園
  • 小磯記念美術館
  • 須磨海浜水族園
10月4日(金)
  • 相楽園
10月6日(日)
  • 神戸市立森林植物園
  • 湊川神社宝物殿
10月13日(日)~14日(月)
  • バンドー神戸青少年科学館(展示室)

このように、タダで入れる日は施設ごとに違っていますので注意してください。

※開館時間など最新情報は各施設の公式サイトで確認ください。

灘・六甲アイランド

神戸市立王子動物園【10月3日(木)】

「王子動物園」は、ジャイアントパンダとコアラが一緒に見られる人気の動物園です。

  • 営業時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
  • 通常料金:大人600円、中学生以下と兵庫県在住65歳以上は無料。
  • 最寄駅:JR神戸線「灘駅」(徒歩約10分)、阪急電車「王子公園駅」(徒歩約5分)、阪神電車「岩屋駅」(徒歩約15分)

小磯記念美術館

「小磯記念美術館」は、神戸生まれの洋画家、小磯良平画氏の油彩、素描、版画などの作品を収蔵展示している美術館です。中庭にはアトリエが復元されています。

  • 営業時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
  • 通常料金:一般200円、学生150円、中学生以下100円。65歳以上は無料。特別展は別料金。
  • 最寄駅:六甲ライナー「アイランド北口駅」(徒歩約3分)

六甲山

森林植物園【10月6日(日)】

「神戸市立森林植物園」は生きた植物本来の姿を自然の樹林として見られる植物園です。

  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 通常料金:15歳以上大人300円、小中学生150円、兵庫県在住の65歳以上無料
  • 最寄駅:神戸電鉄「北鈴蘭台駅」から無料バス、三宮駅から市バス25系統で終点(土日祝のみ運行)。

三宮・元町・新神戸・ポートアイランド

風見鶏の館【10月3日(木)】

「風見鶏の館」は神戸のシンボル的な異人館です。

  • 営業時間:9:00~18:00(入館は17:45まで)
  • 通常料金:大人500円、高校生以下と65歳以上の神戸市民は無料。
  • 最寄駅:各線「三宮駅」(徒歩約20分)、地下鉄「新神戸駅」(約15分)、シティーループバス「北野異人館」(徒歩約5分)

萌黄の館【10月3日(木)】

「萌黄(もえぎ)の館」は、その名前の通り萌黄色の外壁が特徴的な 「国指定重要文化財」の異人館です。

  • 営業時間:9:00~18:00
  • 通常料金:大人350円、高校生以下と65歳以上の神戸市民は無料。
  • 最寄駅:各線「三宮駅」(徒歩約20分)、地下鉄「新神戸駅」(約15分)、シティーループバス「北野異人館」(徒歩約5分)

神戸北野美術館【10月3日(木)】

「神戸北野美術館」は、アメリカ領事館の官舎だった異人館を活用した美術館です。

  • 営業時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)
  • 通常料金:中学生以上大人500円、子供300円
  • 最寄駅:各線「三宮駅」(徒歩約20分)、地下鉄「新神戸駅」(約15分)、シティーループバス「北野異人館」(徒歩すぐ)

竹中大工道具館【10月3日(木)】

「竹中大工道具館」は日本で唯一の大工道具専門の博物館です。

  • 営業時間: 営業時間: 9:30~16:30 (入館は16:00まで)
  • 通常料金:大人500円、高校生・大学生300円、65歳以上200円、中学生以下無料
  • 最寄駅:地下鉄「新神戸駅」(徒歩約10分)

神戸らんぷミュージアム【10月3日(木)】

「神戸らんぷミュージアム」は、関西電力が運営する”明かり”や灯火器をテーマにした博物館です。

  • 営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 通常料金:大人200円、子供100円
  • 最寄駅:各線「三宮駅」(徒歩約15分)

神戸華僑歴史博物館【10月3日(木)】

「神戸華僑歴史博物館」は神戸の華僑の生活と活動についての貴重な文物、文献、資料を展示し、一般にあまり知られていない華僑の世界を垣間見られる博物館です。

  • 営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 通常料金:大人300円、学生・65歳以上200円
  • 最寄駅:JR神戸線・阪神電車「元町駅」(徒歩約10分)、地下鉄「みなと元町駅」(徒歩約5分)

相楽園【10月4日(金)】

「相楽園」は池泉回遊式の日本庭園です。敷地内には西洋建築の旧小寺家厩舎(重文)、旧ハッサム住宅(重文)も保存されています。

  • 営業時間: 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
  • 通常料金:大人300円、小中学生150円、兵庫県在住の65歳以上無料
  • 最寄駅:JR神戸線・阪神電車「元町駅」(徒歩約15分)、地下鉄「県庁前駅」(徒歩約5分)

水の科学博物館【10月3日(木)・10月中の土日祝】

「水の科学博物館」は、1917年に建てられた国の登録有形文化財指定のドイツルネッサンス風の建物を利用した「水」をテーマした博物館です。

  • 営業時間: 9:30~16:30 (入館は16:00まで)
  • 通常料金:大人200円、18歳未満100円
  • 最寄駅:地下鉄「大倉山駅」または「県庁前駅」(徒歩約15分)、三宮駅または神戸駅から市バス7系統「楠谷町」(徒歩数分)

湊川神社宝物館【10月6日(日)】

「湊川神社宝物館」は、湊川神社の祭神、楠木正成公ゆかりの品など社蔵の史料が展示されています。

  • 営業時間: 営業時間: 9:00~16:30
  • 通常料金:大人300円、高校生・大学生200円、小中学生100円
  • 最寄駅:JR神戸線「神戸駅」(徒歩約3分)、阪急/阪神「高速神戸駅」(徒歩約1分)

UCCコーヒー博物館【10月1日(火)~3日(木)】

お馴染みのUCC上島珈琲が運営するコーヒー専門の博物館です。

  • 営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 通常料金:高校生以上大人300円、65歳以上150円、中学生以下無料
  • 最寄駅:ポートライナー「南公園駅」(徒歩約1分)

バンドー神戸青少年科学館【10月13日(日)~14日(月)】

「バンドー神戸青少年科学館」は、科学技術や宇宙の不思議を学べる科学館。プラネタリウムもあります。※観光の日は展示室のみ無料です。

  • 営業時間:9:30~19:00
  • 通常料金:《展示室》大人600円、小中高生300円《プラネタリウム》大人400円、小中高生200円
  • 最寄駅:ポートライナー「南公園駅」(徒歩約3分)

須磨

須磨海浜水族園【10月3日(木)】

「須磨海浜水族園」は、”生きざま展示”を基本的なコンセプトとした水族館です。ラッコ館、アマゾン館、イルカショーも人気。

  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:00まで)
  • 通常料金:大人(18歳以上)1,300円、15~17歳800円、小中学生500円、65歳以上2~5割引
  • 最寄駅:JR神戸線「須磨海浜公園駅」(徒歩約7分)、山陽電車「月見山駅」(徒歩約10分)。

特別割引が実施される施設も

「KOBE観光の日」に、上記のような無料開放する施設のほかに、料金を割引するところもあります。タダほどインパクトはありませんが、もし興味があるところがあれば、せっかくなので立ち寄ってみては。

「KOBE観光の日」に割引になる主な施設(2019年)

  • 有馬温泉「太閤の湯」【10月1日~31日】(大人入浴料400円割引)】
  • 神戸布引ハーブ園&ロープウェイ【10月3日】(20%割引)
  • 神戸海洋博物館・カワサキワールド【10月3日】(大人100円割引、子供50円割引)
  • 神戸ポートタワー【10月3日】(大人100円割引、子供50円割引)
  • 神戸ベイクルーズ【10月3日】(乗船料大人1,300円が1,000円)
  • 神戸船の旅「コンチェルト」【10月3日】(乗船料30%割引)
  • 「ルミナス神戸2」【10月3日】(乗船料20%割引)
  • 兵庫県立美術館【10月3日】(団体割引適用)
  • 六甲山牧場【10月3日】(大人50円割引、子供20円割引)
  • 六甲山カンツリーハウス【10月3日】(大人100円割引、子供50円割引)
  • 六甲山高山植物園【10月3日】(大人100円割引、子供50円割引)
  • 六甲山オルゴールミュージアム【10月3日】(大人100円割引、子供50円割引)
  • 舞子海上プロムナード【10月3日】(団体割引適用)
  • 神戸どうぶつ王国【10月4日】(大人100円割引、子供50円割引) など

【参考】神戸の「遊び・体験」クーポンはこちら

「KOBE観光の日」で無料にしてもらうには”合言葉”を

「KOBE観光の日」の無料・割引利用は申告制になっています。つまり、特典を受けたいときは、その旨を利用者(あなた)の方から言わないといけません。言わなければ、適用されないことに”一応”なっています。

ただ、施設によっては、何も言う必要なく、誰でもフリーパス状態にしているところもあります(画像は王子動物園。券売機も閉鎖されています)。

「KOBE(神戸)観光の日」に無料開放!タダで入れる人気施設、王子動物園

もし、入った施設の窓口や受付に、観光の日や無料開放について案内がないときは、「こうべかんこうのひ!」という”合言葉”を言い添えるようにしてください。黙っていたら、通常の料金を取られてしまいます。あとから文句は言えません。

※”合言葉”の代わりに、「KOBE観光の日」の案内チラシを提示してもOKです。チラシは市内の観光案内所などに置いてあります。下記からも取り込めます。

「KOBE観光の日」チラシ(PDF)

「KOBE(神戸)観光の日」は、日程が基本的に平日なので利用しづらい面がありますが、もし都合がよくて、対象施設のなかに行きたかったところや興味があるところがあるなら、せっかくなので、神戸に出かけてみてはいかがでしょうか。買い物や仕事などのついでに立ち寄ってみるのもいいと思います。

また、「KOBE観光の日」の無料開放施設は電車やバスでアクセスしやすいところばかりです。神戸にもお得な切符がいろいろありますので、合うのがあれば、上手に活用しましょう。

たとえば、「KOBE SEASIDE 3day PASS(神戸シーサイド3デイパス)」は、地下鉄、市バス、ポートライナー、シティーループバスが3日間乗り放題で2,000円です。3日は連続してなくてもOK。特に三宮、新神戸、元町、ポートアイランドの施設を巡るのに便利です。10月8日までの限定発売。

そのほかの切符はこちらで



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク