JRの回数券が9回分の値段で買える特定区間一覧とおトクな使い方!

普段、JRを10回分の運賃で11回乗れる回数券(普通回数券)で利用しているという人は多いと思います。値段に関係なく、1回分がタダというのはお得感がありますよね。

その普通回数券ですが、関西のJRには2回分がタダになる、つまり9回分の運賃で11回乗れるものが発売されている「特定区間」があるんです。

例えば、大阪駅~京都駅はその特定区間のひとつなのですが、この区間の普通運賃は560円なので、回数券は通常だと10回分の5,600円です。しかし、実際は9回分の5,040円で発売されています。

このJRの普通回数券の「特定区間」は、地元の人以外にはあまり知られていませんが、地元じゃなくても知っておくと損はありません。対象の全区間とお得な使い方を紹介します。

特定区間の回数券の割引率は18%!

JR西日本の普通回数券は11枚綴りで、値段は利用区間の片道運賃10回分というものですが、京阪神の一部区間を「特定区間」として、片道運賃の9回分で発売されています。もちろん、使い方(終日OK!)や有効期間(3ヶ月)は同じです。

そして、当然のことですが、特定区間の普通回数券の割引率は高くて、約18%とかなりお得になっています。

一般の普通回数券 11枚綴りで10回分の値段 割引率9.1%
特定区間の普通回数券 11枚綴りで9回分の値段 割引率18.3%

ちなみに、関西の多くの私鉄で発売している「時差回数券」(平日10時~16時と土休日の終日限定)の割引率は16.7%です。

JR西日本「普通回数券」の基礎知識

  • JR駅の「みどりの窓口」や券売機で買えます。
  • 回数券は11枚の切符が1枚ずつバラバラになっています。失くしやすいので注意が必要です。
  • 売り方は「〇〇駅~××駅」という区間式です。私鉄や地下鉄のような「〇〇駅から230円区間」といった金額式ではありません。
  • 使える時間帯や曜日に制約はありません。いつでも使えます。
  • 有効期間は購入日から3か月間です。
  • 大人の回数券1枚で、子供2人まで利用できます。
  • 区間の途中で下車(改札から駅の外へ出ること)できません。下車すると先の区間は無効になります。
  • 残った未使用の回数券は有効期間内であれば払い戻しできます。ただし手数料がかかります。
    払戻額=回数券発売額-(使用済み枚数×普通運賃)-手数料220円

※JRの時差回数券「昼間特割きっぷ(昼特)」は2018年9月末で廃止になりました。

普通回数券の特定区間一覧(79区間)

「普通回数券の特定区間」は、以下の京阪神のJR京都線、JR神戸線、JR東西線の一部の区間で設定されています(79区間)。私鉄との競合を意識した区間だと言われていますが、そうでないようなところもあって、設定の理由などはイマイチよくわかりません。

いずれにしても、これらの区間の普通回数券は、片道の普通運賃の9倍の値段で買えます。

京都~大阪 京都~新大阪 京都~東淀川 京都~吹田
京都~岸辺 京都~千里丘 西大路~大阪 西大路~新大阪
西大路~東淀川 西大路~吹田 西大路~岸辺 桂川~大阪
桂川~新大阪 桂川~東淀川 向日町~大阪 向日町~新大阪
向日町~東淀川 長岡京~大阪 大阪~神戸 大阪~元町
大阪~三ノ宮 大阪~灘 大阪~摩耶 大阪~六甲道
大阪~住吉 大阪~摂津本山 大阪~甲南山手 塚本~神戸
塚本~元町 塚本~三ノ宮 塚本~灘 塚本~摩耶
塚本~六甲道 塚本~住吉 尼崎~神戸 尼崎~元町
尼崎~三ノ宮 尼崎~灘 立花~神戸 立花~元町
甲子園口~神戸 甲南山手~北新地 甲南山手~新福島 摂津本山~北新地
摂津本山~新福島 摂津本山~海老江 住吉~北新地 住吉~新福島
住吉~海老江 六甲道~北新地 六甲道~新福島 六甲道~海老江
六甲道~御幣島 六甲道~加島 摩耶~北新地 摩耶~新福島
摩耶~海老江 摩耶~御幣島 摩耶~加島 灘~北新地
灘~新福島 灘~海老江 灘~御幣島 灘~加島
三ノ宮~北新地 三ノ宮~新福島 三ノ宮~海老江 三ノ宮~御幣島
三ノ宮~加島 元町~北新地 元町~新福島  元町~海老江
元町~御幣島 元町~加島 神戸~北新地 神戸~新福島
神戸~海老江 神戸~御幣島 神戸~加島

特定区間の回数券と併用してJR代を節約!

以上のように普通回数券の特定区間は限られています。自分が普段よく利用している区間が特定区間ならラッキーですが、そうでなくても、特定区間の回数券を併用することで、恩恵が受けられる場合があります。

特定区間ではない普通回数券と併用

目的の駅まで、特定区間ではない普通回数券と特定区間の普通回数券を一緒に使うことで、都市の回数券よりも、25%前後安くなります。

回数券を2か所で買う必要がありますが、実際に使う際は、2枚の回数券を一緒に改札機を通すだけなので、手間はありません。

※金券ショップではこの方式で回数券をバラ売りしています。

(例1)芦屋駅~京都駅の場合

芦屋駅と京都駅の間は特定区間に入っていませんので、この区間の普通回数券は運賃の10回分の値段になりますが、回数券を「芦屋駅~京都駅」の通しではなく、「芦屋駅~大阪駅」と特定区間の「大阪駅~京都駅」を分けて買うと26%も安くなります。

普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
芦屋~京都 1,080円 10,800円 約982円 約9%
芦屋~大阪 300円 3000円 約273円 約9%
大阪~京都 560円 5040円 約458円 約18%
分割合計 860円 8040円!26%安 約731円 約15%

※回数券でなくても、普通の切符も大阪駅で分割すると安くなります(1,080円⇒860円)。

(例2)大津駅~大阪駅の場合

特定区間の外の大津駅と大阪駅の間の回数券を買うときは、「大津駅~大阪駅」と通しではなく、「大津駅~京都駅」と特定区間の「大阪駅~京都駅」を分けて買うことで27%安くなります。

普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
大津~大阪 970円 9,700円 約882円 約9%
大津~京都 200円 2,000円 約182円 約9%
大阪~京都 560円 5,040円 約458円 約18%
分割合計 760円 7040円!27%安 約640円 約16%

※回数券でなくても、普通の切符も大阪駅で分割すると安くなります(970円⇒760円)。

(例3)垂水駅~大阪駅の場合

特定区間の外の垂水駅と大阪駅の間の回数券を買うときも、「垂水駅~大阪駅」と通しではなく、神戸駅を境に「垂水駅~神戸駅」と特定区間の「神戸駅~大阪駅」を分けて買うことで26%も安くなります。

普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
垂水~大阪 800円 8,000円 約727円 約9%
垂水~神戸 220円 2,200円 約200円 約9%
神戸~大阪 410円 3,690円 約335円 約18%
分割合計 630円 5890円!26%安 約535円 約15%

※垂水駅の場合は元町駅(片道220円)で分けても同じです。
※回数券でなくても、普通の切符も神戸駅で分割すると安くなります(800円⇒630円)。

定期券と併用

通勤や通学に使っている定期券で「特定区間」へ乗り越す場合、精算に普通回数券を使うことでJR代を安く節約できます。

例えば「姫路駅~三ノ宮駅」の通勤定期を持っていて、休みの日に姫路から大阪へよく出かけるなら、定期外の「三ノ宮駅~大阪駅」の区間を回数券で乗り越すと、普通に精算(片道運賃410円)するよりも18%安くつきます(実質約335円)。

回数券よりICOCAやPiTaPaがお得な場合も

特定区間に関係なくJRの「普通回数券」の有効期間は購入した日から3ヶ月間です。この期間内に11回(枚)を使い切ればいいのですが、もし、1ヶ月で使い切るくらい頻繁に「特定区間」を利用する場合、利用の仕方によっては、ICカードの「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」の「時間帯指定」の割引サービスを使った方が、回数券よりも安くつく場合があります。

「ICOCA」「PiTaPa」の時間帯指定割引―ビスは、対象区間を1か月のうちに4回以上利用すると4回目の運賃から30%あるいは50%割引になるというものです。ただし、平日の10時から17時の間か土日祝(終日)に乗車するという条件があります。

しかし、設定されている区間は下記の路線んのほぼすべての駅間で、普通回数券の特定区間よりも断然多くなっています。

  • JR京都線: 京都駅~大阪駅
  • JR神戸線:大阪駅~元町駅
  • JR宝塚線:北新地駅・尼崎駅~宝塚駅

例えば、「大阪駅~京都駅」や「大阪駅~三ノ宮駅」を11回利用した場合の割引率は、36%と普通回数券の倍も安くなります。あなたのJRの利用頻度や時間帯をみて、検討してみてください。

⇒普通回数券とICOCA・PiTaPa割引比較の例

※「ICOCA」の場合は、ポイント式で「時間帯指定ポイント」として、翌月に1ポイント=1円として還元されます。「PiTaPa」は「時間帯指定割引」として、後日請求の際に割引が適用されます。(ICOCAのポイントサービスは事前に利用登録が必要です)。

◆ICOCA

◆PiTaPa

回数券は、電車の運賃を安くする手っ取り早い方法です。特に利用している区間が「特定区間」に絡んでいる場合は、上記で紹介したような分割&併用を検討してみてください。ちょっとの手間で思う以上の交通費節約になったりしますよ。

また、回数券も安い買い物ではありません。回数券を買うとき「みどりの窓口」や「みどりの券売機」ではクレジットカードが使えます。クレジットカードを持っている人は、カード払いにしてポイントを貯めるとさらにお得です。