南海電車2日乗り放題の安い初詣フリーチケット発売!年内前売り&枚数限定!

南海電車では大晦日や年始のお出かけ用に便利な乗り放題切符「初詣フリーチケット2019」が、枚数限定で発売します。南海電車と泉北高速鉄道の全線が2日間乗り降りできて、しかも値段も安いです。ここでは、その値段や発売期間、購入方法など紹介します。

「初詣フリーチケット2019」ってどんな切符?

南海電車と泉北高速が乗り放題!

「初詣フリーチケット2019」は、大晦日ら年始の指定期間内に、南海電車と泉北高速の全線が2日間乗り放題(乗り降り自由)で利用できる切符です。

  • 南海電車の全線(高野山の代行バスも含む)
  • 泉北高速鉄道の全線(中百舌鳥駅~和泉中央駅)
※高野山のケーブルカーが改修工事のため運休しています。高野山へは「橋本駅」から代行バスが出ています。代行バスの時刻表は南海電車の公式サイトに掲載されています(記事の最後にリンクがあります)。

2日間使える!

「初詣フリーチケット2019」は、有効期間が2日間あります。1泊2日の帰省や旅行、そして大晦日から元日にかけての年越しの外出にも使えます。

また、2日間は特に連続していなくてもかまいません。家族や友達と1日ずつシェアしたり、使い勝手がいいです。

「初詣フリーチケット2019」の値段は?

南海電車の「初詣フリーチケット2019」は、値段は以下のようにお手頃です。

大人用 2,300円
子供用 1,150円

これは2日分の金額ですので、1日当たりにすると大人は1,150円、子供は550円です。

大人の場合、1日に片道575円以上の駅を往復すると元が取れる計算になります。例えば難波駅からの場合は鶴原駅、千原口駅(片道590円区間)より遠い駅からなら往復するだけでお得です。高野山まで行くと片道1,260円なので、往復だけで「初詣フリーチケット2019」の元が取れてしまいます。

もちろん、乗り放題なので乗り降りをすればするほどお得になります。

ちなみに、難波駅からの南海電車の主な駅までの普通運賃は表のようになっています。「初詣フリーチケット2019」の割安さを感じられると思います。

難波駅~和歌山市駅 片道920円
難波駅~今宮戎駅(初乗り運賃) 片道150円
難波駅~住吉大社駅 片道210円
難波駅~和歌山市駅 片道920円
難波駅~加太駅 片道960円
難波駅~みさき公園駅 片道790円
難波駅~りんくうタウン駅 片道760円
難波駅~関西空港駅 片道920円
難波駅~岸和田駅 片道490円
難波駅~河内長野駅 片道550円
難波駅~林間田園都市駅 片道640円
難波駅~橋本駅 片道690円
難波駅~九度山駅 片道790円
難波駅~高野山駅 片道1,260円
難波駅~和泉中央駅 片道550円

※特急券や座席指定券が必要な電車には乗れません。利用する時は追加料金の支払いが必要です。

「初詣フリーチケット2019」の発売期間と有効期間

期間限定の「前売り」&売り切れ御免!

南海電車の「初詣フリーチケット2019」は、「前売り」となっています。下記のように年内に期間限定の発売となっています。年が明けてから初詣などに出かける際には買えません。

【2019年版】2018年(平成30年)12月14日~12月28日

さらに、発売枚数も大人用が2,000枚、子供用が200枚と限られています。このため、発売期間中でも売り切れた時点で発売終了となります。

※買ってあとで使わなくなった場合、1月6日までの間で未使用の場合に限って払い戻ししてもられます。ただし手数料がかかります(510円)。

有効期間(使える期間)

「初詣フリーチケット2019」が使える期間は下記の通りです。

【2019年版】
2018年(平成30年)12月31日~2019年(平成31年)1月6日のうちの2日間
(始発から終電まで)

※2日間は連続していなくてもOK。

「初詣フリーチケット2019」はどこで買える?(購入方法)

「初詣フリーチケット2019」は、南海電車と泉北高速鉄道の各駅で買えます。

※駅員さんが不在の場合は買えません。

「初詣フリーチケット2019」公式サイト

「初詣フリーチケット2019」の最新情報や高野山への代行バスについては、南海電車の公式サイトで確認ください。

南海電車の「初詣フリーチケット2019」は、2日間使える点が大きな特徴です。大晦日から年始は、初詣に限らず何かと出かける機会がありますので、上手く活用して交通費を節約しましょう。ただ、年内の「前売り」で、なおかつ「枚数限定」の切符なので、買いたいときはお早めに。

スポンサーリンク