.

六甲山スノーパークへ最寄駅から直行バスでアクセス!入園券付きで12%割引

神戸の人工スキー場「六甲山スノーパーク」は、神戸の市街地から車で約30分、大阪の市街地からでも1時間ちょっとで行ける近さが魅力ですが、車がなくても電車やバスなど公共交通機関を使ってアクセスしやすい点もいいところです。

公共交通機関で「六甲山スノーパーク」へ出かけようかと考え中のあなたに、最寄駅から運行される期間限定の直行バスについて紹介します。

通常は「六甲山スノーパーク」へは、ふもとのJR、阪急電車、阪神電車の駅から市バスとケーブルカー、そして山上バスを乗り継いで行きますが、直行バスは文字通り、乗り換えなしで直行します。しかも、乗り継いで行くより10%安くなります。

ここでは、この直行バスの運行期間、値段(運賃)、利用方法などについてまとめました。【2019-2020年版】

 【参考】六甲山スノーパークのアクセス、営業について(2019-2020年)

六甲山スノーパーク」は、「六甲山カンツリーハウス」という行楽施設にあって、冬の間だけ営業します。道具を持たずに出かけても、レンタルで全部そろうので大丈夫です。


(スキー場データ)最大標高/最低標高:855m/813m、標高差:42m、最長滑走距離:260m、最大斜度:20度

【営業期間と時間】

営業期間
・2019年11月16日(土)~2020年3月29日(日)
営業時間
・月曜日〜木曜日 9:00~17:00(16:30最終受付)
・金曜日・土日祝 9:00~22:00(21:30最終受付)

※一部の土日祝では、スノーボードは16:00~22:00の間でしかできません。
※年末年始など「土日祝」扱いの平日があります。
※天候や雪の状況などの理由で、営業日や時間が変更になることがあります。
◆最新の営業状況は公式サイトで確認してください。

【入園料】

発売時間≒入園時間 大人 学生(学割) 3歳~小学生
デイタイムチケット
【平日】9:00~16:30
【土休日】9:00~15:30
※リフト代別
2,200円 1,700円 1,100円
ナイターチケット
【金土日祝】16:00~21:30
※リフト乗り放題
2,700円 2,200円 1,600円

※「デイタイムチケット」ではリフト代は別ですが、月~金は16:30まで、金土日祝は21:30まで滞在できます。
※「土日祝」には、土日祝扱いの平日も含みます。
※リフトの1日券は平日1,550円、土日祝扱い日3,100円です。

「六甲山スノーパーク」直行バスって?

「六甲山スノーパーク」直行バスは、阪神電車「御影駅」、JR「住吉駅」、阪急電車「御影駅」と六甲スノーパークを乗り換えなしで結ぶバスです。

期間限定、曜日限定で運行されます(後述します)。

阪神御影駅から六甲山スノーパークまで乗り換えなしで1時間、JR住吉駅からは50分、阪急御影駅からは35分で結びます。

直行バスの乗り場が、六甲山へのケーブルカーに連絡する市バスの乗り場(JR「六甲道駅」、阪急電車「六甲駅」)とは違いますので、利用の際は注意してください。

「六甲スノーパーク」直行バスの運行日は?

「六甲山スノーパーク」直行バスは、営業期間中の毎日運行というわけではありません。運行の期間や日にちが限定されています。本数も限られています。

運行期間と運行日

  • 運行期間は2019年(令和元年)12月28日(土)~2020年(令和2年)3月8日(日)
  • 運行日は上記期間中の土日祝と、1月2日(木)、1月3日(金)

運行本数

  • 1日2.5往復(往き2本、帰り3本)

本数が限られていてちょっと不便ですが、デイタイムの利用に合わせて設定されています(往きは阪神御影駅7:30発、9:30発、帰りは14:30発、16:50発、18:40発)

「六甲山スノーパーク」直行バスの値段は?

「六甲山スノーパーク」直行バスはバスツアーの形態になっていて、バスの料金は往復の運賃と入園券がセットになっています。バスだけの利用はできません。

時間帯 大人(中学生以上) 子供(3歳~小学生)
デイタイム利用
【平日】9:00~16:30
【土休日】9:00~15:00
※リフト代別
3,700円 2,000円

直行バスを利用しないで、バスとケーブルカーを乗り継ぐ一般的なアクセス方法と比べてみました(大人往復、デイタイム利用の場合)。


表のように、直行バスを利用した方が12%ほど安くアクセスできます(大人)。学生さん(学割)の場合は値段的なメリットはありません。

バス&ケーブルカー 直行バスを利用
市バス(阪神・JR・阪急駅~ケーブル下) 420円
六甲ケーブル(ケーブル下~六甲山上) 1,100円
山上バス(六甲山上駅~スノーパーク) 480円
スノーパーク入園料 2,200円
合計 4,200円 3,700円 12%割引

「六甲山スノーパーク」直行バスの利用方法は?

「六甲山スノーパーク」直行バスの利用には予約が必要になります。いきなり乗り場に行っても乗せてもらえません。利用は1人からできます。

※予約は「六甲山スノーパーク」の公式サイトで受付しています。往復とも予約します。
※予約を取り消す場合、原則として出発前日の10日前から取消料がかかります。予約するときに確認ください。

「六甲山スノーパーク」&直行バス公式サイト

「六甲山スノーパーク」の最新情報や直行バスの予約は、公式サイトで確認ください。

「六甲山スノーパーク」公式サイト

「六甲山スノーパーク」への行き帰りに、阪急電車や阪神電車を使うという人は、直行バスは利用できませんが、「六甲山スキークーポン」という電車やケーブルカーなどアクセス全ての交通費と入園券がセットになった切符が激安です。

京都や大阪、三宮から通常よりも3~4割も安く、値段も上記の直行バスの料金よりも安いです。値段重視の人は要チェックです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク