.

大阪のお得な乗り放題切符5選!地下鉄&バスに乗る前に要チェック! 

大阪市内を観光やレジャー、仕事などで移動するときは、元市営の地下鉄(大阪メトロ)とバス(大阪シティバス)を利用すると、ほとんどの場所へ行くことができます。き

これは、大阪市が「市民の生活に直接関わる市内の公共交通は、民間でなく公営で整備する」という方針を長くとっていた歴史によります。

その地下鉄やバスで、市内をあちこち何か所かを巡るようであれば、乗り放題切符を使うとスムーズで、交通費の節約にもなります。

ここでは、大阪の地下鉄とバスが乗り放題で利用できるお得な切符を、5種類ピックアップして紹介します。行先や目的に合わせて、賢く選んで活用してください。

基本のき「エンジョイエコカード」

大阪の乗り放題切符の定番、基本の「き」は「エンジョイエコカード」です。この切符は、大阪地下鉄とシティバスの全線が1日乗り放題で利用できる、いわゆる1日乗車券です。

大きな特徴はその破格な値段です。大人用は平日800円、土休日600円、子供用は全日300円となっていて、地下鉄の初乗り運賃が180円、バスは210円と考えるとかなりお得です。さらに、市内の観光施設などで「エンジョイエコカード」を提示すると入場料の割引が受けられる特典も付いてます。

この切符のポイント
  • 大阪地下鉄(メトロ)と大阪シティバスの全線が1日乗り放題(乗り降り自由)。
  • 値段は大人用平日800円、土休日600円、子供用は全日300円。
  • 切符の提示で、市内の観光施設(約30か所)の料金が割引に。
  • 地下鉄各駅の券売機やバスの車内で発売しエイルので買いやすいです。

「エンジョイエコカード」について詳しくはこちら

大阪地下鉄(メトロ)&シティバス(旧市バス)の1日乗車券「エンジョイエコカード」は市内の交通費節約の味方です。乗り放題ほかに観光施設の割引特典もついて値段がめちゃ安い!コスパがいいこのお得な切符の内容や購入方法を紹介します!観光や買い物、仕事に役立ちます。

観光施設の料金込みで格安「大阪周遊パス」

「大阪周遊パス」は、大阪地下鉄とシティバスのほか、私鉄(近鉄、阪急、阪神、京阪、南海)の市内区間が1日乗り放題できて、さらに観光施設(約40か所)が無料で利用できる切符です。2日用もあります。ただし、2日用では私鉄区間は利用できません。

行きたい観光施設が無料の対象に入っているとかなりお得です。

この切符のポイント
  • 大阪地下鉄とシティバスの、私鉄の市内区間が乗り放題。2日用は大阪地下鉄とシティバスのみ乗り放題。
  • 市内の観光施設など約40カ所が無料で利用できます。
  • 提携の施設や飲食店で割引や粗品がもらえるクーポン付き。
  • 大人用のみの発売で値段は1日用2,500円、2日用3,300円。
  • 発売期間は2018年4月1日~2019年3月31日。
  • 地下鉄の駅のほか、観光案内所や主要なホテルなどで買えます。
  • 阪急・阪神・南海沿線からの「拡大版」、万博エリアを含めた「万博記念公園版」もあります(いずれも1日用)。

「大阪周遊パス」について詳しくはこちら↓

大阪の観光には「大阪周遊パス」という市内の電車やバスが乗り放題&多くの施設が入場無料というお得な切符に要注目です!発売情報や購入方法を紹介します。

海遊館に行く時は必見「OSAKA海遊きっぷ」

「OSAKA海遊きっぷ」は、大阪の人気水族館「海遊館」の入場券と、大阪地下鉄とシティバスの全線が1日乗り放題がセットになった割引切符です。切符そのものが入場券になっているので、チケット売り場に並ばずにそのまま入場できます。また、海遊館以外の観光施設を割引料金で利用できる特典も付いてます。

海遊館へ電車で行く場合は地下鉄が最寄りです。往復だけでも安くなる場合もあります。

この切符のポイント
  • 大阪地下鉄(メトロ)と大阪シティバスの全線が1日乗り放題(乗り降り自由)
  • 「海遊館」の入場券付き。そのまま入場&再入場もOK。
  • 切符の提示で、市内の観光施設(約30か所)の料金が割引になる特典付き。
  • 値段は大人用2,550円、子供用1,300円。ちなみに海遊館の大人入館料は2,300円です。
  • 発売期間は2018年4月1日~2019月3月31日。
  • 地下鉄の駅や観光案内所で買えます。
  • 阪急、阪神、近鉄、南海、北急、京阪、能勢電の沿線からの「拡大版」もあります。

「OSAKA海遊きっぷ」について詳しくはこちら↓

大阪の「海遊館」へのアクセスは地下鉄が便利。その時に使わないと損なのが「OSAKA海遊きっぷ」という切符。入館料と電車・バスの1日乗り放題がセットになっためちゃお得切符です。海遊館以外にもあちこち足を延ばせます。メリットや発売期間、値段、購入方法などを紹介します。

クルーズを楽しむなら「水都大阪満喫チケット」

大阪の楽しみ方の一つが大川(淀川の支流)や大阪港などの遊覧クルーズです。「水都大阪満喫チケット」は、大阪地下鉄とシティバスの「1日乗車券」(エンジョイエコカードと同じ内容)、アクアライナー(大阪城・中之島めぐり)、アクアmini(大阪城ミニクルーズ)(運航期間終了)天保山帆船型サンタマリア(デイクルーズ)の「クルーズ1日乗船券」、観光や食事に使える「バルチケット」(クーポン=金券)がセットになった切符です。

遊覧クルーズは、乗り放題ではありませんが上記の「大阪周遊パス」でも無料で利用できます(切符代に込み)。

この切符のポイント
  • 大阪地下鉄(メトロ)と大阪シティバスの全線が1日乗り放題(乗り降り自由)。
  • アクアライナー(大阪城・中之島めぐり)、アクアmini(大阪城ミニクルーズ)、天保山帆船型サンタマリア(デイクルーズ)が1日乗り放題。
  • 観光や食事に使えるバルチケット(金券)は約1,500円相当。
  • 「クルーズ1日乗船券」「地下鉄・バス1日乗車券」「バルチケット」は、それぞれ別のの日に使ってもOK。
  • 地下鉄・バス1日乗車券の提示で、市内の観光施設(約30か所)の料金が割引になる特典付き。
  • 大人用のみの発売で値段は3,300円。ちなみに、アクアライナー(大阪城・中之島めぐり)は通常1,700円です。
  • 発売期間は2018年4月21日~2019年3月28日。
  • 地下鉄の駅や観光案内所、各遊覧船のりばなどで買えます。

「水都大阪満喫チケット」について詳しくはこちら↓

「水の都」大阪をアクアライナーやサンタマリアで遊覧クルーズするなら、普通に乗るより「水都大阪満喫チケット」を使った方がお得です。クルーズ船が1日乗り放題で、さらに地下鉄も。あと食事に使えるクーポンもついた割引切符です。その値段や発売期間など紹介します。

関空からは「ようこそ大阪きっぷ」

「ようこそ大阪きっぷ」は、関西空港から大阪難波までの南海電車の特急「ラピート」と、大阪地下鉄とシティバスの「1日乗車券」(エンジョイエコカードと同じ内容)がセットになった割引切符です。

関西空港に到着する人で、ラピートで大阪入りしてから、地下鉄・バスの1日乗車券を買うつもりなら、「ようこそ大阪きっぷ」の方が平日で26%、土日祝で18%お得です。

この切符のポイント
  • 関空⇒大阪(難波)間の特急「ラピート」が利用できます(レギュラーシート)。
  • 大阪地下鉄(メトロ)と大阪シティバスの全線が1日乗り放題(乗り降り自由)。
  • 地下鉄・バス1日乗車券の有効期限は、ラピート利用の当日かその翌日。
  • 地下鉄・バス1日乗車券の提示で、市内の観光施設(約30か所)の料金が割引になる特典付き。
  • 値段は大人1,650円、子供830円。ちなみにラピートは通常1,430円(特急券+乗車券)です。
  • 発売期間は2018年4月1日~2019年3月31日。
  • 南海関西空港駅でしか買えません。

「ようこそ大阪きっぷ」について詳しくはこちら↓

関西空港から大阪市内へ観光や出張に行く際のおすすめ割引切符の一つが、南海電車の特急ラピートを利用する「ようこそ大阪きっぷ」です。大阪に着いてから地下鉄やバスで市内を巡るなら18~26%もお得。その内容と値段、発売情報を紹介します。

大阪地下鉄とシティバスの乗り放題できる切符を紹介しました。お金のことにはうるさい土地柄だけあって、どの切符もコスパがいいです。特に地下鉄は市内のJRや私鉄に比べると運賃が高めなので、割安感があります。大阪を巡るときは、使わないともったいないですよ!

その他にも大阪にはいろいろお得な切符がありますので、あわせて参考ください。

大阪を電車やバスを使って観光や仕事で訪れたり、あちこちを回る際に、交通費をできるだけ安く抑えたいときは「お得な切符」をチェックしてみてください。周遊型の乗り放題切符をはじめ、いろんな種類が発売されています。その中から利用しやすい最新の切符を集めました。 

スポンサーリンク