.

東京・名古屋から京都の青もみじ名所と御朱印めぐり!乗り放題切符つき格安プラン

京都で桜のあとは、新緑の若い楓(かえで)「青もみじ」の季節がやってきます。通常は4月下旬から6月中旬にかけての初夏が見頃です。これを過ぎても散ってしまうわけではないので、緑が多少深くなりますがひと夏を通して楽しめます。6月以降は「苔(こけ)」もきれいです。

京都「青もみじ名所と御朱印めぐり」乗り放題切符付き

ただ、初夏は1年のうちで一番気候が良い季節なのに、観光客が減るので、京都を観光するには狙い目の時期です。京都には電車・バスのお得な切符がいろいろありますので、出かけてみてはいかがでしょうか。

特に東京、名古屋方面の人向けには、京阪電車、地下鉄、嵐電の乗り放題切符とご朱印めぐりをセットにした「青もみじ名所と御朱印めぐり」という旅行プランが発売されています。授与してもらえるご朱印は特別版で、旅行代金も格安です。

ここでは、この「青もみじ名所と御朱印めぐり」プランについて紹介します。

「青もみじ名所と御朱印めぐり」ってどんなプラン?

「青もみじ名所と御朱印めぐり」は東京(首都圏)、名古屋(中部)発着の個人旅行商品で、京都では完全自由に楽しめます。「日帰りプラン」と「1泊2日プラン」があり、下記の内容がセットになっています。

  • 京都駅までの往復新幹線(+宿泊)
  • このプラン限定の「特別御朱印」(2か所は無料)
  • 京都で使える1日乗り放題切符(2種類)

※食事は付いてません。拝観料などは個人負担です。

往復の新幹線つきで格安

京都「青もみじ名所と御朱印めぐり」

「青もみじ名所と御朱印めぐり」には、東京・名古屋方面から京都駅までの往復の新幹線が付いてます。ただ利用できる便は限定されています。

また、予約の変更ができないなど制限もありますが、その分、旅行代金は格安になっています。

利用区間 正規料金
(のぞみ・普通車指定席・通常期)
「青もみじ御朱印」プラン例
(日帰り)
東京駅~京都駅 片道13,910円 20,800円~29,800円
名古屋駅~京都駅 片道5,800円 10,000円

※指定された便に乗り遅れると切符は全て無効になってしまいます。別の便に乗るには改めて特急券や乗車券を買う必要があります。

限定の「特別御朱印」が受けられます

「青もみじ名所と御朱印めぐり」プランには、青もみじの名所の神社やお寺15か所で、特別仕様の御朱印を授与してもらえる「特別御朱印授与券」(2枚)が付いてます

京都「青もみじ名所と御朱印めぐり」「特別御朱印」には、「青もみじ御朱印」と「新元号慶祝御朱印」が用意されていて、この中から2種類を選べます(組み合わせは自由)。

【特別御朱印が受けられる社寺】
緑字:青もみじ紫字:青もみじ&新元号茶字:新元号

貴船神社
(叡山電車貴船口駅)
圓光寺
(叡山電車一乗寺駅)
神護寺
(市バス高雄停留所)
常寂光寺
(嵐電嵐山駅)
北野天満宮
(嵐電北野白梅町駅)
永観堂
(地下鉄蹴上駅)
高台寺
(京阪祇園四条駅
三千院
(京都バス大原停留所)
曼殊院
(叡山電車修学院駅)
下鴨神社
(京阪出町柳駅)
毘沙門堂
(地下鉄山科駅)
上賀茂神社
(バス上賀茂神社前)
仁和寺
(嵐電御室仁和寺駅)
平安神宮
(地下鉄東山駅)
泉涌寺
(京阪東福寺駅)

()は最寄駅、バス停です。

※「新元号慶祝御朱印」は皇室ゆかりの社寺で用意されていて、2019年4月15日~5月31日の期間限定授与となります。
※御朱印は前もって書き置いたものです(5月1日以降は日付に「令和」が入ります)。
※希望の場合は1か所300円で追加して受けられます。

2種類の京都の乗り放題切符つきです

京都「青もみじ名所と御朱印めぐり」乗り放題

「青もみじ名所と御朱印めぐり」プランには、京都での移動用に2種類の乗り放題切符(1日乗車券)も付いています(実際に付いているのは引換券で、京都に着いてから切符の現物と引き換えます)。

乗り放題切符 乗り放題できる区間
京阪電車・叡山電車1dayチケット
(特別版)
  • 京阪電車の東福寺駅~出町柳駅の間
  • 叡山電車の全線
京都地下鉄・嵐電1dayチケット
  • 京都市営地下鉄の全線
  • 嵐電の全線

この2枚で利用できる範囲はこちらです。

「青もみじ名所と御朱印めぐり」プランで利用できる乗り放題範囲

「京阪電車・叡山電車1dayチケット(特別版)」「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」は別々の切符ですので、宿泊旅行の場合に1枚ずつ日を変えて使うこともできます。

ちなみに、それぞれの切符の値段ですが、「京阪電車・叡山電車1dayチケット(特別版)」は市販されいないので、「京阪電車・叡山電車1日観光チケット」(2,000円)という市販切符をもとに有効区間で独自に計算すると1,080円相当です。「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」は市販もされていて1,000円します。

いうまでもなく、この分は「青もみじ名所と御朱印めぐり」の旅行代金に含まれています。

「青もみじ名所と御朱印めぐり」の設定期間

「青もみじ名所と御朱印めぐり」プランが利用できる期間は下記の通りです。夏の終わりまでの長めの設定になっています。

2019年(平成31年)4月15日 ~ 2019年(令和元年)9月30日(出発分まで)

※繰り返しになりますが、「新元号慶祝御朱印」の授与期間は5月末までです。
※6月1日~7月31日出発分には苔の名所を紹介する「苔ガイドブック」(の引換券)が付きます。

「青もみじ名所と御朱印めぐり」値段、プランの一覧

「青もみじ名所と御朱印めぐり」は「日帰りプラン」「1泊2日プラン」の値段は、時期によって変わりますので、プランの一覧とあわせて公式サイト(近畿日本ツーリスト)で確認ください。

貴船神社の青もみじ

東京(首都圏)発着

「日帰りプラン」は、東京駅・品川駅発着で通常20,800円~29,800円です。出発の5日前まで申し込みできます。22日前までだと割引があります。1人利用もOK。新横浜駅、小田原駅からの出発もできます。

【東京発着日帰りプランの一覧サイト】

「1日2日プラン」は東京駅・品川駅発着で2名1室で25,000円~50,000円が中心となっています(時期や宿泊先による)。一部のプランを除いて1名でも利用できます。申し込みは出発の5日前まで。新横浜駅、小田原駅からの出発もできます。

【東京発着1泊2日プランの一覧サイト】

名古屋(中部)発着

名古屋方面からの「日帰りプラン」は、名古屋駅発着で大人1人10,000円、「1泊2日プラン」は名古屋駅発着で2名1室で15,000円~30,000円前後です(時期や宿泊先による)。静岡駅、岐阜羽島駅、三河安城駅発着のプランもあります。申し込みは2名以上で出発の5日前までです。

【中部発着のプラン一覧ページ】

「青もみじ名所と御朱印めぐり」は、出発の5日前まで申し込みができますので、急に「そうだ、京都へ行こう!」と思い立ったときでも申し込みしやすいです。御朱印めぐりをしなくも、新幹線と乗り放題切符だけでもお得なので、検討してみてください。京都の夏は、青もみじもきれいですが、個人的には渋く「苔」もおすすめです。

ちなみに、旅行会社が企画する「青もみじ名所と御朱印めぐり」のような新幹線を使った個人向けの自由旅行商品は、新幹線の運賃だけでなく料金(特急券)の部分も割引になるので、正規の金額より20~40%(目安)も安くなり、かなりお得です。観光や出張の際には、旅行会社の情報もチェックしてみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク