.

【京都の1日乗車券選び】バス一日券と地下鉄・バス一日券はバスの利用範囲に注意

京都では、バスや地下鉄が乗り放題できる1日乗車券が何種類か発売されています。そのなかの定番中の定番は「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」です。

京都1日乗車券「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」のバスの乗り放題範囲

どちらも値段が格安で、利用できる範囲も広いので、観光や仕事であちこち移動するのでしたら、かなり便利で交通費の節約にもなります。京都に出かけるときは、要チェックです。

ただ「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」の、どちらを買おうかと選ぶ際の注目ポイントのひとつが、利用できるバスの範囲です。「地下鉄・バス一日券」の方が広くなっています。このため行先によっては、「地下鉄・バス一日券」を買った方がお得な場合があります。

この点を中心に、ここでは「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」の違いをまとめました。1日乗車券選びの参考にしてください。

「バス一日券」+「地下鉄一日券」≠「地下鉄・バス一日券」

京都の地下鉄とバスの定番の1日乗車券には「バス一日券」「地下鉄一日券」「地下鉄・バス一日券」があります。それぞれバスだけ、地下鉄だけ、地下鉄とバス両方が1日乗り放題できる切符です。

京都1日乗車券「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」の違い

普通にみると、「バス一日券」と「地下鉄一日券」が合わさったものが「地下鉄・バス一日券」だと思いますよね。しかし、実はそうではありません。

「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」とでは、単に地下鉄が利用できるかどうかだけではなく、バスが乗り放題できる範囲も違います。「地下鉄・バス一日券」の方が範囲が広くなっています。どちらを買うか選ぶときは、この点にも注目しましょう。

【「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」の比較表】

 バス一日券 地下鉄・バス一日券
値段 大人600円、子供300円 大人900円、子供450円
京都市営地下鉄 利用できません 利用できます
京都市バス 均一料金区間 均一料金区間と
高雄、洛西方面
京都バス 均一料金区間 均一料金区間と
大原方面
京阪バス 利用できません 京都市中心部、山科、醍醐、六地蔵方面
優待特典が受けられる先 5か所 約60か所

※地下鉄、バスの利用のほかに、料金の割引など優待特典が受けられる提携先の数も違います。
※「地下鉄一日券」は地下鉄の乗り放題で大人600円、子供300円です。

【関連記事】

「地下鉄・バス二日券」もあります。連続した2日間乗り放題できます。大人1,750円、子供850円です。大人で1日当たり850円と激安です。

「地下鉄・バス一日券」で乗れるバス範囲(高雄や大原、醍醐なども)

「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」、それぞれのバスの利用範囲はこちらです(乗り放題)。

京都「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」の違い

「バス一日券」は、市バスと京都バスの「均一料金区間」(橙の範囲内)が対象です。「均一料金区間」は乗車した距離に関係なく運賃が一律同じの区間で、京都市内中心部の大部分(下図の橙色の範囲)がそうなっています。ちなみに運賃は大人230円、子供120円です。

「地下鉄・バス一日券」は、この「均一料金区間」に加えて、高雄や大原、桂、洛西、長岡京のほか、京阪バスの山科、小野、醍醐、六地蔵など郊外への路線も利用できます。これらの方面へ出かけるときは「地下鉄・バス一日券」をチェックしてみてください。

「地下鉄・バス一日券」は京阪バスも利用OK

「地下鉄・バス一日券」は京阪バスも利用OK

先述のように「地下鉄・バス一日券」では、京阪バスも利用できます(下図)。山科、小野、醍醐、六地蔵といった「バス1日券」の範囲外の路線のほか、範囲内(下図の水色)の市内中心部を走る路線も乗り放題で利用できますので、市バス、京都バスにあわせて、バスの乗車機会が増えます。

京都「地下鉄・バス一日券」の京阪バス利用範囲

京阪バスでは、観光に便利な路線も運転しています。「地下鉄・バス一日券」で利用できます。

京都「地下鉄・バス一日券」の京阪バス利用範囲

西本願寺・清水寺ライン 西本願寺~五条坂《清水寺など》~山科~京都駅八条口(運賃運賃230円~250円)
京都醍醐ライン 京都駅八条口~醍醐寺(運賃250円~270円)
稲荷大社・伏見・醍醐ライン 京都駅八条口~伏見稲荷~城南宮~中書島《伏見の酒蔵など》~醍醐寺(運賃230円)
将軍塚青龍殿循環ライン 三条京阪~四条河原町~五条坂《清水寺など》~将軍塚青龍殿~神宮道《青蓮院門跡、平安神宮》~三条京阪(運賃230円)※土日祝中心の運転
京阪七条京都ステーションループ 京都駅~京阪電車七条駅(運賃230円)

まとめ

京都の1日乗車券「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」

以上のように、「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」とでは、バスの乗り放題で利用できる範囲に違いがあります。市内中心部から郊外へ出かけるときは、地下鉄の利用に関係なく、「地下鉄・バス一日券」を選んだ方が安くつくことがあります。

くり返しになりますが、「バス一日券」で高雄や大原へは行けません。もし「バス一日券」で範囲外へまたがって乗車した場合は、境界のバス停からの通常の運賃が別に必要になります。高雄、大原だと、次の運賃が追加でかかります。

福王子~高雄 片道310円
花園町~大原 片道320円

往復乗ると600円強が必要で、「バス一日券」と「地下鉄・バス一日券」の差額(300円)よりも高くなります。このため、はじめから「地下鉄・バス一日券」を買った方がお得です。

自分が行きたい目的地が「バス一日券」の範囲内かどうかは、土地勘がないと分かりづらいので、不明なときは、出かける前に確認しておきましょう。

「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」公式サイト

「バス一日券」「地下鉄・バス一日券」など京都市営地下鉄、バスの1日乗車券の最新情報は、京都市交通局の公式サイトで確認ください。

京都市交通局公式サイト

京都市内は「バス一日券」でだいたいカバーしていますが、それでも上記のように範囲外がちょこちょこあります。このため、地下鉄に乗らないという理由だけで「バス一日券」を選んでしまうと損することがあります。特に、人気の観光地の高雄や大原へ行く場合は注意してください。

逆に、「地下鉄・バス一日券」の場合は、鞍馬や貴船方面以外ほとんど行けます。もちろん地下鉄も利用できるので、渋滞など状況に応じて柔軟に行動できて便利です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク