.

【関西JR、私鉄】電車が止まったときの振替輸送とは?基礎知識と利用方法

電車に乗っているときや駅で待っているとき、事故や故障などで運転が見合わせになって、「振替輸送を実施しています…」と案内があっても、振替輸送とは何か、なんとなくイメージだけで、イマイチよく分かっていない人は多いのではないでしょうか。たぶん勘違いしていることもありますよ。

たとえば、振替輸送を利用するには特別な切符(振替乗車票)をもらわないといけないとか、運転見合わせが続いているうちは誰でも利用できるとか、ICOCAでも当然OKだとか。

そこで、振替輸送の基礎知識として、関西での利用方法、注意点をまとめました。ちなみに、関西のJR、私鉄、地下鉄では連携して、独自のルールで「振替輸送」を運用しています。

振替輸送とは?

電車が止まると、利用客には何もいいことはありません。余計な時間や体力、神経を使います。それに、お金もかかります。慌てずに、できるだけ損をしないよう、振替輸送とはどいういうしくみなのか知っておきましょう。

実際に、僕の周りには、振替輸送を無料で利用できる対象なのに、わざわざ振り替え先で切符を買って乗ったり、追加料金を払ったりという人が何人もいます。知らないことはやっぱり損です。

この記事の「振替輸送」の内容は、下記のJR、私鉄、地下鉄共通のもの(関西ルール)です(2019年3月16日~)。

    • 近江鉄道
    • 大阪モノレール
    • 大阪メトロ(大阪地下鉄)
    • 北大阪急行
    • 京都市交通局(京都市営地下鉄)
    • 近鉄電車《関西地区》
    • 京阪電車
    • 神戸市交通局(神戸市営地下鉄)
    • 神戸新交通(ポートライナー・六甲ライナー)
    • 神戸電鉄
    • 山陽電車
    • JR西日本《関西地区》
    • 泉北高速
    • 南海電車
    • 阪堺電車
    • 阪急電車
    • 阪神電車
    • 北神急行

振替輸送とは?

運転見合わせ区間を迂回する手段を提供

「振替輸送」とは、事故や故障などで電車の運行ができなくなった場合に、その鉄道会社が利用者に運賃の負担なしで他社を利用して、運転見合わせ区間を迂(う)回して目的地(の近く)まで向える手段を提供するしくみのことです。

振替輸送は、原因の鉄道会社が復旧までに時間がかかりそうだと判断したときに、振り替え先の鉄道会社に依頼して実施します。例えば、JRで運転見合わせが起きた場合は、JRが阪急電車などに振替輸送の受け入れを依頼して、対象の区間などを調整して行われます。

そして、運転見合わせが解消すると振替輸送も終了します。

※振替輸送を実施していても、例えば夜間などで、振り替え先の他社で途中駅までの電車しかなく目的地まで行けないということはありえます(補償はありません)。

振替輸送の実施は鉄道会社が決めます

運転見合わせが起きた場合、振替輸送を行うかどうか、行う場合には振り替え先や区間をどうするかは、利用者(乗客)ではなく、原因の鉄道会社が決めます。ただ、毎回同じ内容とは限りません。事故などの状況や振り替え先の事情によっては、振替輸送が行われないこともあります。駅の案内や公式サイトで最新情報を確認しましょう。

鉄道会社が決めた振替輸送の内容に沿う場合に限って、振替輸送分の運賃は無料です(かかりません)。逆にそれ以外の利用については、自己負担になります。

たとえば

  • 振替輸送の対象外の切符(後述)を使っている場合。
  • 振替輸送の指定区間以外を利用した場合。
  • 振替輸送に指定された以外の路線(経路)や交通手段(バスやタクシー)を利用した場合。

繰り返しになりますが、振替輸送が実施された場合、対象となる切符で、鉄道会社で案内される内容どおりに利用すれば、基本的に運賃は無料なので損はしません。時間が許すのでしたら、なるべくそうした方がいいです。

振替輸送の対象は?

振替輸送は誰でも利用できるわけではありません。以下のような対象が決められています。

運転見合わせ前に改札を通っている!

振替輸送の利用方法(対象)

まず原則として、運転見合わせが発生した時点で、すでに切符を買い改札を通って、駅の構内や電車の中にいる人が対象になります。

駅に着いて振替輸送の実施を知ってから切符を買っても対象になりませんし、切符をもたずに振り替え先の駅に行っても、振替輸送を適用してくれません。このときは振り替え先の鉄道会社を普通に運賃を払って利用するしかありません。ただし、定期券を持っていたら、タイミングに関係なく振替輸送を利用できます(後述)。

※切符を買った時点が運転見合わせ発生と微妙なタイミングの場合は駅員さんと相談してみてください。

振替輸送対象の切符を持っている!

振替輸送の対象は改札のタイミングとあわせて、手持ちの切符の種類も関係します。表のように、どんな切符でも振替輸送が利用できるわけではありません。

切符の種類 振替輸送の対象になる場合 振替輸送対象にならない場合
普通乗車券
(普通きっぷ)

運転見合わせ以前に改札済み
×
運転見合わせ後に改札
回数券
運転見合わせ以前に改札済み運転見合わせ区間を含む
×
運転見合わせ後に改札
運転見合わせ区間を含まない
定期券
(磁気・ICカード)

運転見合わせ区間を含む
×
運転見合わせ区間を含まない
大阪メトロ
回数カード

運転見合わせ以前に改札済み
×
運転見合わせ後に改札
1日乗車券など
企画切符やお得な切符

運転見合わせ以前に改札済み
×
運転見合わせ後に改札
ICOCA、PiTaPaなど
ICカード
× 振替輸送は利用できません(対象外)
京都市
トラフィカ京カード
× 振替輸送は利用できません(対象外)
神戸市
「NEW Uラインカード」
× 振替輸送は利用できません(対象外)
株主優待乗車券
株主優待乗車証
× 振替輸送は利用できません(対象外)

基本的には、運転見合わせの区間を含んでいて、「定期券」を除いて、運転見合わせが起きた時点で、すでに改札機を通って駅の中に入場している切符が振替輸送の対象になります。

ICOCAやPiTaPaなどICカードは、改札前、改札済みにかかわらず対象外なので注意してください。運転見合わせとなった鉄道会社を実際利用した区間の運賃と、そのあとで振り替え先など別の鉄道会社を利用した区間の運賃が普通にかかります。PiTaPaで区間指定割引や「マイスタイル」などに登録していても振替輸送は利用できません。

※振替輸送が利用できる切符かどうかわからないときは、本来利用していた鉄道会社の駅員に確認しましょう。振り替え先では判断できない場合があります。
※運転見合わせ後に購入したり、改札を通した振替輸送対象外の切符(ICカード除く)は、駅の改札口などで払い戻しなどの処理を受けてください。

振替輸送の利用の流れ(利用方法)

(1)対象の切符を持ってそのまま駅を出ます

振替輸送を実際に利用する流れは、とてもシンプルです。

手持ちの切符が振替輸送の対象のものでしたら、その切符をもって駅から出て、振り替え先の鉄道の駅へ向かいます。定期券以外の切符で駅から出るときは、改札機を通さないようにしてください。乗換駅へバスやタクシーで移動した場合の交通費は自己負担になります。

以前、振替輸送を利用するには、運転見合わせ中の鉄道会社で「振替乗車票」をもらってから、振り替え先の駅へ行く必要がありました。ラッシュ時など、これを入手するのに時間がかかって大変でした。

そこで、関西のJR、私鉄、地下鉄では「振替乗車票」を原則廃止して、上記のように手持ちの切符のまま利用できるように運用が変わりました。

ただ、現在も振り替え先がバスの場合や状況によっては「振替乗車票」が配付されることがあります。

(2)対象の切符を振り替え先で提示します

振り替え先の鉄道駅に着いたら、手持ちの切符を改札口の係員に提示することで、そのまま入場できます。下車する駅でも同様に、改札口で係員に提示(あるいは手渡し)して駅を出ます。

ちなみに、振り替え先の鉄道への乗り換えは、手持ちの切符の有効範囲内で、振替輸送の指定区間のなかであれば、どの駅でもできます。また、下車も同じくどこの駅でも可能です。

甲電鉄でA駅からC駅へ向かう途中、B駅~C駅間で運転見合わせが発生。乙鉄道のイ駅~二駅の区間で振替輸送が実施されている場合、甲電鉄と乙鉄道との乗り換えは、イ駅~二駅のどの駅でもできます。ただし、甲電鉄の駅と乙鉄道の駅との移動に、バスやタクシーを使うと交通費は自己負担です。

また、甲電鉄のB駅~C駅を含む切符を持っていれば、イ駅~二駅のどの駅もで下車できます。行先がC駅よりもハ駅や二駅に近いところであればラッキーです。

振替輸送区間を越えて、二駅よりも先へ乗り越す場合は、二駅からの乙鉄道の運賃が必要でになります。

各鉄道会社の公式サイトに、自社の駅に最寄りの他社の駅についての案内が掲載されています。どこで振り替え先の鉄道に乗り換えると便利かだとか、目的地に比較的近い駅はどこかといったことを確認できます。

振替輸送の利用方法

定期券の場合は簡単!

運転見合わせ区間を含む定期券を持っている人は、先に触れたように、改札のタイミングに関係なく、振替輸送を利用できます。このため、振替輸送を実施していることを知ったら、家や会社から振り替え先の駅へ行って、手持ちの定期券を見せれば乗れます。

例えば、JRの定期券を持っていて、JRが阪急電車で振替輸送しているときは、JRの駅に寄らずに、直接、指定区間内の阪急の駅に行くだけです。

振替輸送で、できるだけ損をしないためには、鉄道会社が実施する内容通りに利用する(できる)ことです。その内容から外れた部分は自己負担になります。

ただ、先述のように改札のタイミングと手持ちの切符の種類によって振替輸送を用できない場合があります。原則は運転見合わせが起きる前に改札(入場)していること。ただし、定期券はいつも対象、ICカード(定期券でない)はいつも対象外です。ICカードを利用している人は特に要注意です。

振替輸送に遭遇することは、そんなにないかもしれませんが、京阪神のJRを中心にちょこちょこ起きていますので、その内容や利用方法を知っておいて損はありませんし、対処もスムーズにできて時間の節約にもなります。できれば、頭の片隅に留めておきましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク