駅では買えない!京都から比叡山へ20%安く行けるお得な日帰り切符

日帰りで比叡山へ電車やバスで出かける際に、利用しやすいお得な切符のひとつ、「比叡山1dayチケット 」について紹介します。

京都からの利用に便利で、20%近く交通費が安くなります。でも、駅では買えません。

!2018年版の発売は終了しました。
12月~3月の比叡山へは大津側からアクセスだけとなります。

「比叡山1dayチケット」の値段はいくら?

「比叡山1dayチケット」は、大阪方面からの京阪電車と京都市内から比叡山までの叡山電車やケーブルカー、バスが1日乗乗り放題できる割引切符です。

まずは、その値段ですが、大人用、子供用が用意されています。

  大人用 子供用
発売価格 2,500円 1,250円

京都からのアクセスを全て乗り放題で網羅

京都市内から比叡山へのアクセスは、出町柳駅から叡山電車で八瀬比叡山口駅へ向かい、そこから叡山ケーブルと叡山ロープウェイを乗り継ぎ、山上に着いたらシャトルバスで移動するというルートが一般的です(帰りは逆)。

出町柳駅から比叡山頂まで、乗り継ぎがうまくいくと約30分で到着します。案外近いです。

「比叡山1dayチケット」は、このルートの一連の乗り物を全て乗り放題で網羅しています。

  • 京阪電車の京阪線全線(大津線は除く)
  • 叡山電車の出町柳駅〜八瀬比叡山口駅
  • 叡山ケーブル(ケーブル八瀬駅〜ケーブル比叡駅)
  • 叡山ロープウェイ(ロープ比叡駅〜比叡山頂駅)
  • 比叡山内シャトルバスの比叡山頂〜東塔〜横川、ロテル・ド・比叡

京都市内から20%、大阪からは最大40%も安くなる!

出町柳から比叡山へのルートを、普通の料金(運賃)で行った場合と「比叡山1dayチケット」を使った場合との交通費を比べると以下のようになります。

普通運賃 1dayチケット
叡山電車(出町柳~八瀬比叡山口) 往復520円
叡山ケーブル 往復1,080円
叡山ロープウェイ  往復640円
比叡山内シャトルバス 一日券1,000円
往復の合計 3,240円 2,500円

※シャトルバスの初乗り160円ですが、延暦寺の東塔地区(バスターミナル)から横川地区まで片道だけで660円しますので、延暦寺を巡る場合は一日乗車券がお得です。

このように京都の出町柳駅からで740円(20%)も安くなります。

しかも、「比叡山1dayチケット」は出町柳駅で接続する京阪電車も乗り放題です。大阪方面や京都市内から京阪電車に1駅でも乗ると、その分まるまるお得になります。

ちなみに京阪電車の主な区間の普通運賃は下記の通り。

大阪淀屋橋・京橋~出町柳 片道470円
 枚方市~出町柳  片道430円
 祇園四条~出町柳  片道210円

大阪の淀屋橋や京橋からは、1,680円(40%)もお得です。

延暦寺巡拝料の割引特典つき

比叡山といえば延暦寺ですが、延暦寺の参拝や見学に必要な巡拝料は「比叡山1dayチケット」には含まれていません。しかし「比叡山1dayチケット」を提示すると割引が受けられます(団体料金が適用)。

東塔・西塔・横川共通巡拝  大人  中高生  小学生
 一般の巡拝料  700円  500円  300円
割引料金  600円 400円  300円

このほか、「ガーデンミュージアム比叡」(2018年4月開園)の入園料割引など都合6施設の優待特典が付いています。

※延暦寺を参拝、見学する際は巡拝時間に注意してください。東塔は8時30分〜16時30分、西塔・横川は9時〜16時(季節によって異なります)。

「比叡山1dayチケット」の発売期間と有効期間

発売期間

「比叡山1dayチケット」の発売期間は下記の通りです。

【2018年版】
2018年(平成30年)3月21日〜12月2日 ⇒終了しました。

有効期間

発売期間内の好きな1日間(始発~最終)

「比叡山1dayチケット」は京都でしか買えない!(購入方法)

「比叡山1dayチケット」は大阪や京都市内から安く比叡山へ日帰りで出かける際にはとても魅力的な切符なのですが、残念なことに、駅では売っていません。また、大阪でも買えません

では、「比叡山1dayチケット」はどこで購入できるのか。それは唯一「関西ツーリストインフォメーションセンター京都(KTIC京都)」なのです。

「KTIC京都」は、JR京都駅前の京都タワー3階にあります。営業時間は10:00〜18:00(12/30〜1/3 は休み)になります。

⇒関西ツーリストインフォメーションセンター京都

「比叡山1dayチケット」は京都からの利用、比叡山に行ったあとに大阪へ移動するに場合に使うのが現実的だと思います。

「比叡山1dayチケット」の最新情報

「比叡山1dayチケット」の発売情報や最新情報については京阪電車の公式サイトで確認ください。


「比叡山1dayチケット」は、比叡山に行くには非常に値段も使い勝手も良い切符なのに、購入できる場所が限定的なのが難点。

そこで「比叡山1dayチケット」の値段に1,400円プラスになりますが、京都側からアクセスルートに加えて、滋賀県の大津側のルートも利用でき、さらに延暦寺の巡拝料もセットになった「世界遺産 比叡山延暦寺巡拝チケット」という京阪電車のお得な切符があります。京都から滋賀へ比叡山を横断する(あるいはその逆)という観光を楽しめます。

「世界遺産 比叡山延暦寺巡拝チケット」なら、大阪でも京阪電車の駅で購入できますので、比叡山へ出かける際は検討してみてください。