.

消費増税の前(9月中)に買っておくとお得な電車・バスの切符

消費増税の前(9月中)に買っておくとお得な電車・バスの切符

2019年10月1日から消費税が8%から10%に改定されます。今回の増税では飲食料品などに軽減税率(8%のまま)が初めて導入されますが、電車やバスの運賃は対象になっていません。このため10月から電車の場合は、普通運賃が多くの区間で10~20円値上げになります。

ただ、電車やバスの運賃については、「旅客運賃等の税率等に関する経過措置」(国税庁)という特例があります。

消費増税の前(9月中)に買っておくとお得な電車・バスの切符

これは、実際に乗車するのが10月1日以降でも、9月30日までに切符を購入しておけば、税率8%を適用するというものです。つまり、10月に旅行や出張などの予定が決まっているのでしたら、9月中に切符を買っておくとお得ということです。

ただ、すべての切符が対象ではありません。ここでは増税前に買えたら買っておいた方がいい電車・バスの切符をまとめました。

10月以降の運賃については、国土交通省の認可が下りて、各社の公式サイトで確認できるようになっています(9月5日~)。普段よく利用する区間の新運賃は、早めに確認しておくことをおすすめします。





定期券

通勤や通学の定期券は、10月から使用開始でも、9月中に買っておけば8%の税率が適されます。通常、定期券は新規、継続ともに使用開始日の14日前から買えます。

【例】JR大阪駅~京都駅の「通勤定期券」の場合

1ヶ月定期券 3ヶ月定期券 6ヶ月定期券
改定前 16,530円 47,100円 79,310円
改定後 16,840円 47,970円 80,780円

定期代は高いので、約2%の差でも節約の効果はあります。可能でしたら、9月末までに買っておくといいです。遠距離を定期券で利用している人は特に。

また、JRの各種「特急料金定期券」(マイシート)も10月から値上げになりますので、同じく9月中に買えるなら買っておいた方がいいです(窓口は下旬になるほど混みあいますので、できれば早めに)。

10月以降も普通運賃が変わらない区間でも、定期代は改定される場合がほとんどです(割引率が低くなる)。確認しておきましょう。

※大阪モノレールでは、一部区間の普通運賃の値下げが行われます。
※神戸市営地下鉄では、通学定期券が値下げされます。

今、使っている定期券が10月1日をまたいでいる場合は、それを解約・払い戻しして、新たな定期券を9月中に買おうとするときは注意が必要です。払い戻しには手数料がかかりますし、残りの有効期間によっては結果的に損になることがあります。

定期券の種類や各社の割引率によって一概には言えませんので、払い戻す前に定期券売り場などで確認ください。

回数券

一番身近な割引切符の回数券ですが、9月中に買っておくとお得なものと、そうでないものがあります。

消費増税の前(9月中)に買っておくとお得な回数券

お得になる回数券は「○○駅~○○駅」と区間式のものです。関西の鉄道ではJRの普通回数券がこれに当たります。運賃が変わってもそのまま使えます。有効期間は購入日から3カ月間なので、比較的よく利用するなら、9月の最終日にでも買いこんでおくといいです。

私鉄や地下鉄、多くの路線バスは、例えば「○○駅⇒200円区間」といった金額式の回数券です。この場合は、値上げになった運賃の不足分を払わないといけませんので、9月中に買う必要はありません。

10月以降、すべての区間の運賃が値上げされるわけではなりません。据え置きになる(変更なし)区間もあります。JRのサイトで運賃検索して確認ください。
JRの「新幹線回数券」、新幹線や特急列車の「自由席回数特急券」なども増税後は値上げされますので、可能でしたら9月中に買っておくとお得です。



特急券、座席指定券

特急券は消費増税前に買っておくとお得

新幹線やJR、私鉄の特急券、座席指定券といった乗車券(運賃)以外の料金も、消費税率の変更によって10月以降値上がりします。10月に利用する予定があれば、これらも9月中に買っておくと税率8%が適用されるので多少ともお得です。

会社 切符(料金)の種類 発売開始日
JR西日本
  • 新幹線特急券(指定席、自由席)
  • 在来線特急券(指定席、自由席)
  • グリーン券
  • 寝台券
乗車日の1カ月前の10時から
近鉄電車
  • 特別急行券
乗車日の1か月前の10時30分から
南海電車
  • 特別急行券(ラピート、こうや、りんかん、泉北ライナー)
  • 座席指定券(サザン)
乗車日の1か月前の10時から

※京阪電車の「プレミアムカー券」「ライナー券」は、10月以降も値段は変わりません。

高速バスの一部の路線でも、10月から運賃が値上げされます。予約受付の開始日は、会社や路線によって異なりますが、1ヶ月前からのところが主流(なかには2カ月前からところも)です。10月以降の利用が決まっていたら、9月中に予約しておきましょう(予約が必要な路線の場合)。

企画切符、お得な切符

いわゆる「企画切符」「お得な切符」の類も、増税後に値上げになるものがあります。特にJRに多いです。ただ値上げになる金額は小さいです

こうした切符の多くは、利用日の1カ月前から発売開始ですので、10月に利用する予定があれば、9月中に買っておくと、少額でも節約できます。

【10月以降値上げする関西発のJR「お得な切符」の例】

その他の切符については、JR西日本の公式サイトで確認ください。

私鉄や地下鉄の1日乗車券など「お得な切符」は、現在発売中で、発売期間や有効期間が10月1日を超えて設定されているものは、値段据え置きが大勢です。

10月より値上げになるものは、あらかじめ発売期間、有効期間が9月末までとしている場合が多いです。

(参考)電車・バス関係以外で

以上、国税庁「旅客運賃等の税率等に関する経過措置」によって、増税前の9月中に買っておくといい電車、バスの切符を紹介しました。

ちなみに、この「経過措置」が適用される対象は、このように決められています(国税庁資料より引用)。

この経過措置の適用対象となる旅客運賃等の範囲は、以下のとおりです(改正令附則4①)。
① 汽車、電車、乗合自動車、船舶又は航空機に係る旅客運賃(料金を含む。)
② 映画、演劇、演芸、音楽、スポーツ又は見せ物を不特定かつ多数の者に見せ、又は聴かせる場所への入場料金
③ 競馬場、競輪場、小型自動車競走場又はモーターボート競走場への入場料金
④ 美術館、遊園地、動物園、博覧会の会場その他不特定かつ多数の者が入場する施設又は場所でこれらに類するものへの入場料金

このように、電車やバスだけでなく、飛行機や船などの切符・チケットも対象です。

兄ちゃんまた「旅客運賃等」とありますが、交通機関以外でも、映画や演劇、コンサートの鑑賞料、遊園地や動物園などレジャー施設の入場料も対象になっています。

10月以降に使える鑑賞券や入場券が前売りされていれば、9月30日までなら税率8%なので、買っておくといいです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク