.

激安!マリンピア神戸へ三宮・大阪・姫路から買物券付き切符で2~4割引

山陽電車「マリンピア神戸きっぷ」は大阪、三宮、姫路から2~4割引き

神戸市の垂水(たるみ)にある大型アウトレットモール「マリンピア神戸」へ、できるだけ交通費を安く出かけたいというあなたに、山陽電車の「マリンピア神戸きっぷ」という期間限定発売の切符を紹介します。

これは、マリンピア神戸のアクセスする際の最寄り駅「垂水駅」までの往復乗車券と、1000円分の買い物券がセットになったもので、通常より2~4割ほどお得になります。

ここでは、「マリンピア神戸きっぷ」の内容や値段、発売期間、購入方法をまとめました。




「マリンピア神戸きっぷ」ってどんな切符?

「マリンピア神戸きっぷ」は、マリンピア神戸の最寄駅までの山陽電車の往復乗車券と買物券がセットになった期間限定の割引切符です。1年に数回発売されます。

最寄駅「垂水駅」までの往復乗車券

マリンピア神戸に電車でアクセスする場合の最寄駅は、JR神戸線と山陽電車の「垂水(たるみ)駅になります。

山陽電車「マリンピア神戸きっぷ」の発売期間
「マリンピア神戸きっぷ」は、マリンピア神戸へのアクセス用として、神戸市内や明石・姫路方面から垂水駅まで、山陽電車の行き用と帰り用の切符が1枚ずつセットになっています。


垂水駅からはマリンピア神戸まではあるいて10分ほどです。時期によっては、垂水駅西口のバスターミナルから無料のシャトルバスが運行されています。

このように、マリンピア神戸は電車のアクセスがいいので、車がなくても気軽に行くことができます。

※山陽電車の垂水駅には、大阪方面から阪神電車が直通しています(直通特急が停まります)。
※「マリンピア神戸きっぷ」は途中下車できません。途中で下車する(駅の改札から出る)と、残りの区間は無効になります。
※マリンピア神戸の営業時間や無料シャトルバスの運行状況、セール期間など最新情報は公式サイトで確認ください(記事の最後にリンクがあります)。

「マリンピア神戸」の買物券1,000円分付き!

「マリンピア神戸きっぷ」には、マリンピア神戸で使える1,000円分の買物券が付いています。

山陽電車「マリンピア神戸きっぷ」は買物券と乗車券がセット

実際は、買物券”引換券”なので、マリンピア神戸に到着してから総合案内所で本来の買物券と引き換える必要があります。

※買物券への引き換えは「マリンピア神戸きっぷ」を買ったその日のうちしかできません(20時まで)。

「マリンピア神戸きっぷ」の値段は?

「マリンピア神戸きっぷ」は山陽電車の駅からのみの発売で、値段はこのようになっています。大人用のみの発売です。

発着駅 発売金額
西代駅〜須磨駅~明石駅~中八木駅 1,100円
江井ケ島駅〜高砂駅~大塩駅 1,400円
的形駅〜姫路駅、西飾磨駅〜網干駅 1,650円

例えば、「西代駅~中八木駅」のなかの駅から利用する場合、「マリンピア神戸きっぷ」の値段は1,100円ですが、このなかに1,000円の買物券分が含まれていますので、実質の電車代は往復で100円ということになります。

ちなみに、西代駅~垂水駅の普通運賃は片道300円(往復600円)です。買物券分を入れて通常は1,600円なので、31%割引となっています(後述)。

【三宮や大阪方面からは「西代駅」で途中下車して購入】

このようにめちゃくちゃお得な「マリンピア神戸きっぷ」ですが、残念ながら、山陽電車の駅以外、例えば三宮や大阪では買うことができません。

この場合は、ちょっと面倒ですが、マリンピア神戸へ行く途中の「西代(にしだい)駅」で下車して、「マリンピア神戸きっぷ」を買ってください。

三宮、大阪方面から「マリンピア神戸きっぷ」は西代駅で購入

西代駅までの往復の電車代と、途中下車する手間がかかりますが、それでもマリンピア神戸まで通常よりも安く行って帰ってこられます。

山陽電車の駅以外(発売区間外)から必要な費用=
乗車駅~西代駅の往復運賃+マリンピア神戸きっぷ1,100円

西代駅へは三宮、大阪方面から阪神電車と阪急電車で行けます(阪神電車は直通、阪急電車からは新開地駅で乗り換え)。
※「マリンピア神戸きっぷ」は西代駅の券売機で買えますので手間は少ないです。
※帰りは下車駅で乗り越し精算してください(西代駅で途中下車する必要はありません)。

主な駅から西代駅までの普通運賃

乗車駅 普通運賃(往復)
阪急/阪神 神戸三宮駅 150円(300円)
阪急/阪神 大阪梅田駅 470円(940円)
阪神 大阪難波駅 560円(1,120円)
阪急 宝塚駅 430円(860円)
阪神 西宮駅 420円(840円)




「マリンピア神戸きっぷ」はどのくらいお得?

「マリンピア神戸きっぷ」を使った場合、使わない場合と比べてどれくらいお得なのかをみてみましょう。

大阪から約20%、三宮から26%、姫路から36%も割引!

主な駅からの比較はこのようになります。発売区間内(山陽電車の駅から)はもちろん、区間外の三宮や大阪からでも2~3割もお得になります。

乗車駅 普通運賃 買い物券 通常合計 マリンピアきっぷ
神戸三宮駅  880円  1,000円 1,880円 1,400円 26%割引
大阪梅田駅  1,540円  1,000円 2,540円 2,040円 20%割引
大阪難波駅 1,720円 1,000円 2,720円 2,220円 18%割引
西代駅  600円  1,000円 1,600円 1,100円 31%割引
明石駅 480円  1,000円 1,480円 1,100円 26%割引
高砂駅  1,260円  1,000円 2,260円 1,400円 38%割引
姫路駅 1,560円  1,000円 2,560円 1,650円 36%割引

※普通運賃は山陽電車の垂水駅までの往復の金額です。
※神戸三宮駅、大阪(梅田・難波)駅の「マリンピアきっぷ」の値段は、西代駅までの往復の普通運賃+マリンピアきっぷ(1,030円)の合計です。

JRよりも三宮から14%、姫路からだと35%もお得!

三宮や大阪、姫路からは「マリンピア神戸」へ行く際、JRを利用する人も多いですが、下の表のとおり山陽電車「マリンピア神戸きっぷ」の方が安くなります。

乗車駅 普通運賃 買い物券 通常合計 マリンピアきっぷ
JR三ノ宮駅 620円  1,000円 1,620円 1,400円 14%割引
JR大阪駅  1,620円  1,000円 2,620円 2,040円 22%割引
JR明石駅  360円  1,000円 1,360円 1,100円 19%割引
JR姫路駅  1,540円  1,000円 2,540円 1,650円 35%割引

※普通運賃はJR垂水駅までの往復の金額です。
※三ノ宮駅、大阪駅の「マリンピアきっぷ」の値段は阪急・阪神神戸三宮駅、大阪梅田駅から西代駅までの往復の普通運賃+マリンピアきっぷ(1,030円)の合計です。

「マリンピア神戸きっぷ」は発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「マリンピア神戸きっぷ」は下記の期間限定の発売です。

【2019年秋冬版】
2019年(令和元年)11月1日〜2020年(令和2年)1月13日(1月1日は除く

有効期間(使える期間)

【2019年秋冬版】
2019年(令和元年)11月1日〜2020年(令和2年)1月13日のうち1日。
乗車券、買物券引換券ともに使えるのは購入した当日のみです。 

※「マリンピア神戸きっぷ」は前もって買っておくことはできません。
※「買物券引換券」から引き換えた買物券は、2020年1月31日まで使えます。買物券への引き換え自体は「マリンピア神戸きっぷ」を買った日のうちに行ってください。

「マリンピア神戸きっぷ」はどこで買える?(購入方法)

山陽電車「マリンピア神戸きっぷ」の購入方法(買い方)

「マリンピア神戸きっぷ」は、垂水駅以外山陽電車のすべての駅券売機で購入できます。

※三宮、大阪方面からは「西代駅」で途中下車して購入ください。

「マリンピア神戸きっぷ」公式サイト

「マリンピア神戸きっぷ」についての最新情報は、山陽電車の公式サイトで確認ください。

山陽電車公式サイト

マリンピア神戸の営業時間やセールなど最新情報も公式サイトで確認しておきましょう。

マリンピア神戸に行くと1,000円ぐらいは使うはずなので、電車で出かけるときには、この買物券つきの「マリンピアきっぷ」はお値打ちです。三宮や大阪方面からも西代駅でわざわざ途中下車して買う値打ちもあります。

実際、高い交通費を払ってアウトレットに行くほどアホらしいことはありません。交通費は極力抑えたいなら、期間限定発売ですが、山陽電車の「マリンピア神戸きっぷ」を活用してみてください

ちなみに、大阪方面からマリンピア神戸のついでに、三宮や元町、甲子園などにも立ち寄りたいときは、阪神電車と山陽電車が1日乗り放題の「垂水・舞子1dayチケット(阪神版)」(1,300円)という切符がおすすすめです。買物券は付いていませんが、交通費の節約が期待できます。

スポンサーリンク