.

東映太秦映画村へ嵐電で安く行くなら乗り放題と入村料の「セット券」で!

東映太秦映画村へ「嵐電・映画村セット券」でアクセスが安い

京都の「東映太秦(うずまさ)映画村」へ、嵐電を利用してなるべく安く行きたいあなたに、「嵐電・映画村セット券」という切符を紹介します。

これは嵐電乗り放題の1日乗車券と映画村の入村券がセットになったものです。単に電車を往復利用するだけでもお得です。

ここでは、その内容と値段、購入方法をまとめました。

2019年10月から「嵐電・映画村セット券」の内容と値段が変更されました。

「嵐電・映画村セット券」ってどんな切符?

入村券と1日乗車券が「セット」

「嵐電・映画村セット券」は、東映太秦映画村の入村券と嵐電が乗り放題できる1日乗車券がセットになった割引切符です。

「嵐電・映画村セット券」嵐電の路線図(乗り放題)

【セット内容】

  • 東映太秦映画村の入村券
  • 嵐電の1日乗車券(上図の区間が乗り放題)

参考までに東映太秦映画村へは、電車を利用したアクセス方法をまとめました。

「東映太秦映画村」の電車アクセス

◆嵐電でアクセスする場合◆東映太秦映画村へのアクセス・最寄駅
「東映太秦映画村」へ嵐電でアクセスする場合は、「太秦広隆寺」駅が便利です。駅からは映画村の正面入口まで徒歩7分です。また、嵐電の支線(北野線)の「撮影所前」駅からも近いです。映画村の撮影所口まで歩いて約3分です。ただ、こちらの場合は四条大宮駅や嵐山駅から行く場合、途中の「帷子ノ辻」駅で乗り換える必要があります。

ちなみに、嵐電は四条大宮駅と西院駅で阪急電車と、嵐電天神川駅で京都市営地下鉄(東西線)と接続しています。四条大宮駅から太秦広隆寺駅までは約14分、嵐山駅からは約11分、日中は10分毎に走っている利用しやすいです。

※映画村には「正面口」と「撮影所口」と2つの入口があります。

◆JRでアクセスする場合◆

JRの場合、最寄駅はJR嵯峨野線「太秦」駅になります。映画村(撮影所口)までは徒歩6分ほどです。JR京都駅からは約15分(200円)。日中は概ね15分ごとに運行しています。

映画村の公式サイト

嵐電沿線の優待も

「嵐電・映画村セット券」には、それを提携している神社やお寺、観光施設で提示すると、料金の割引や記念品の進呈など優待が受けれられる特典がついてます。

【優待特典の例】

  • 天龍寺塔頭・宝厳院(記念品授与)
  • 大覚寺(記念品授与)
  • 車折神社(おみくじ1回無料)
  • 野宮神社(おみくじ1回無料)
  • 北野天満宮(しおり進呈)
  • 龍安寺(拝観料割引)
  • 妙心寺(拝観料割引)
  • 仁和寺(記念品授与)
  • 祇王寺(お守り進呈)
  • 嵐山モンキーパークいわたやま(入園料割引)
  • 嵐山通船(貸しボート割引)
  • えびす屋(人力車割引)
  • 嵐山温泉「風風の湯」(入浴料割引)
  • 京都鉄道博物館(オリジナルグッズ進呈)
  • 京都水族館(オリジナルグッズ進呈)
  • きものレンタル夢京都(レンタル料割引) など ※順不同

※優待特典の詳細や最新情報は嵐電の公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

「嵐電・映画村セット券」の値段は?どれくらいお得?

「嵐電・映画村セット券」の値段は下記の通りとなっています。

大人 2,700円
中学生・高校生 1,800円
子供(小学生) 1,350円

この値段がどれくらいお得なのかをみてみましょう。まず、東映太秦映画村の入村料はこのようになっています。

【映画村入村料(一般)】

大人 2,400円
中学生・高校生 1,400円
子供(3歳以上) 1,200円

「嵐電・映画村セット券」の値段は、映画村の入村料に150円~400円プラスの設定です。このプラス分は嵐電の電車代としてみることができます。

例えば、大人の場合は300円が電車代に相当します。嵐電の通常運賃は下記の通りになりますので、往復で2回乗車する(440円)よりも安くなります。

【嵐電の普通運賃(乗車区間に関係なく一律)】

大人 片道220円
子供 片道110円

以上の情報をふまえて「嵐電・映画村セット券」を使った場合と使わなかった場合の金額をまとめました。

値段的なメリットは小さいですが、映画村へ嵐電で往復するだけでもお得はお得です。

嵐電往復 入村料 通常合計 嵐電・映画村セット券
大人 440円 2,400円 2840円 2,700円 5%お得
中高生 440円 1,400円 1840円 1,800円 2%お得
小学生 220円 1,200円 1420円 1,350円 5%お得

実際は、「嵐電・映画村セット券」は1日乗り放題ですので、乗れば乗るほどお得になります。映画村のついでに、嵐電沿線の観光地に立ち寄ったりするときに本領発揮します。

入村料のみをインターネットで購入する。

「嵐電・映画村セット券」の発売期間と有効期間

「嵐電・映画村セット券」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「嵐電・映画村セット券」は1年を通して発売されています。映画村に行くときはいつでも利用できます。

有効期間(使える期間)

「嵐電・映画村セット券」は、利用する(買った)その当日限り有効です。嵐電はその日の始発から終電まで乗り放題できます。

「嵐電・映画村セット券」はどこで買える?(購入方法)

「嵐電・映画村セット券」は嵐電の下記の駅で購入できます。ただし、映画村に出かける当日しか買えません。

  • 四条大宮駅
  • 帷子ノ辻駅
  • 嵐山駅
  • 北野白梅町駅

「嵐電・映画村セット券」公式サイト

「嵐電・映画村セット券」の最新情報や電車時刻などは嵐電の公式サイトで確認ください。

嵐電公式サイト

東映太秦映画村へ嵐電でアクセスするときは、1日乗車券や映画村の年間パスなどなければ、嵐電に乗る前に駅で割引がある「嵐電・映画村セット券」を買った方が多少ともお得です。

映画村のついでに、嵐電沿線の観光地などに立ち寄るようであれば、「嵐電・映画村セット券」がおすすめです。上手く活用しましょう。

また、京都駅から東映太秦映画村へ行く場合には、京都バスの入村料込みの「映画村・嵐山・嵯峨野回遊乗車券」という切符もお得です。映画村とあわせて嵐山など観光も楽しめます。

京都駅から「東映太秦映画村」へ安く行くアクセス方法は、京都バスの「映画村・嵐山・嵯峨野回遊乗車券」という入村券つきの切符が一番です。なんとバス代が実質無料(タダ)で1日乗り放題!その内容と値段、発売情報、購入できる場所を紹介します。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク