【2018-2019最新版】関西のJR乗り放題切符まとめ

JR西日本では、季節や時期ごとに一年を通じて、以下のような関西地区、あるいは全国のJRが乗り放題で利用できるお得な切符を発売しています。

JRは関西(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)はもちろん、全国につながる広いネットワークがやはり魅力ですし、値段の方も割安感が大きい設定となっています。上手く活用すると、交通費をかなり節約することも可能です。

旅行や出張、帰省などで特に遠出するときは、発売情報をチェックしてみてください!

関西1(ワン)デイパス

関西のJR乗り放題切符の定番が「関西1(ワン)デイパス」です。季節ごとに年に4回、それぞれ期間限定で発売されます。

「関西1デイパス」はJR西日本だけでなく、南海電車、近鉄電車、京阪電車、大阪水上バスとの共同切符で、JRの指定区間(関西周遊区間:上図)の普通列車(快速、新快速も)のほか、大阪水上バスの遊覧船「アクアライナー」が1日乗り放題。加えて、季節に合わせた南海電車、近鉄電車、京阪電車の周遊チケット(引換券)が付くなど、盛りだくさんの内容が大きな特徴です。

発売期間 利用できる期間
春の関西1デイパス 2018年2月19日~5月30日 2018年3月1日〜5月31日
夏の関西1デイパス 2018年5月1日〜8月30日 2018年6月1日〜8月31日
秋の関西1デイパス 2018年8月1日〜11月29日 2018年9月1日〜11月30日
冬の関西1デイパス 2018年11月1日~2019年2月27日 2018年12月1日~2019年2月28日

※切符の名前をクリックすると、紹介ページに移動します。

青春18きっぷ

青春18きっぷ」はJRの乗り放題切符の代表格です。関西や西日本に限らず日本全国のJR全線で普通列車(快速、新快速も)が乗り降り自由で利用できます。春、夏、冬の1年に3回、期間限定で発売されて、1日乗り放題が5回(5日)分セットになっています。複数人で使うこともできます。また、利用に年齢に制限はありません。

秋(10月)には、ほぼ同じ内容の「秋の乗り放題パス」が発売されます(下記参照)。

発売期間 利用できる期間
青春18きっぷ

【春】2018年2月20日~3月31日
【夏】2018年7月1日~8月31日
【冬】2018年12月1日~12月31日

【春】2018年3月1日~4月10日
【夏】2018年7月20日~9月10日
【冬】2018年12月10日~1月10日

※切符の名前をクリックすると、紹介ページに移動します。

おとなびパス(50歳以上限定)

おとなびパス」は、JR西日本の50歳以上限定「おとなび」会員向けの乗り放題切符です。北陸から北九州までのJR西日本の全線が連続した3日間乗り放題、しかも新幹線や特急の指定席が最大8回利用できるというものです。グリーン車版もあります。

「おとなび」会員は、50歳以上ならJR西日本の切符予約サイト「J-WESTネット会員」に登録することで自動的に入会できます。会費などは一切かかりません。「おとなびパス」以外にもお得な切符や特典がありますので、入会しておいて損はありません。

発売期間 利用できる期間
おとなびパス 2018年10月27日~12月10日
2018年12月16日~2019年3月4日
2018年11月27日~12月19日
2019年1月16日~3月13日

※切符の名前をクリックすると、紹介ページに移動します。

秋の乗り放題パス

秋の乗り放題パス」は、10月14日の「鉄道の日」を記念して発売されるJRの乗り放題切符です。その名前のとおり、全国のJRの普通列車が乗り降り自由で利用できます。内容は「青春18きっぷ」とほぼ同じですが、有効期間が連続した3日間であること、複数人で利用できないことが異なります。2018年版の発売は終了しました。

発売期間 利用できる期間
秋の乗り放題パス 2018年9月15日~10月19日 2018年10月6日~10月21日

※切符の名前をクリックすると、紹介ページに移動します。

(参考)JR以外の関西広域乗り放題切符

近鉄週末フリーパス 通年 金土日あるいは土日月の3日間、大阪、京都、奈良、三重に及ぶ近鉄の全線が乗り放題。
阪急阪神1dayパス 通年 京都、大阪、神戸、宝塚の阪急電車、阪神電車の全線が1日乗り放題。三大都市の中心をカバーしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする