.

【2020年夏限定】大阪モノレールが500円で1日乗り放題・子供無料!

大阪モノレール「サマー1dayパス500」

お悩み中
お悩み中
大阪モノレールに安く乗れるお得な切符があれば知りたい。

こんなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • 大阪モノレールの「サマー1dayパス500」を紹介(内容、値段、発売期間、購入方法

今年(2020年)の夏、大阪空港や万博記念公園など、大阪モノレールの沿線へ出かけるつもりのあなたに朗報。

期間限定で格安の「サマー1dayパス500」という1日乗車券が発売されています。

モノレールの全線が1日乗り放題で、値段はワンコインの500円!運賃が高くて有名な大阪モノレールでは破格です。使い方次第でかなり得。

ここでは、「サマー1dayパス500」の内容と値段、発売期間、購入方法をまとめました。

今夏、モノレールを利用するときは、とりあえず「サマー1dayパス500」は様チェック。往復で乗る場合や子供連れの場合は、特に安くつく可能性が大です。
まあちん
まあちん

「サマー1dayパス500」ってどんな切符?

大阪モノレールが1日乗り放題!

大阪モノレール乗り放題「サマー1dayパス500」「

「サマー1dayパス500」は、大阪モノレールの全線を1日乗り放題できる1日乗車券です。

下図の全ての駅で、自由気ままに乗り降りできます。

【乗り放題区間】

「ガンバ大阪1day乗車券」の有効区間(大阪モノレール路線図)

※大阪モノレールとの乗換駅

乗り換え駅 接続している路線
蛍池駅 阪急電車宝塚線(梅田・宝塚・箕面方面)
千里中央駅 北大阪急行・地下鉄御堂筋線(新大阪・梅田・難波・天王寺方面)
山田駅 阪急電車千里線・地下鉄堺筋線(梅田・淡路・天神橋筋六丁目・日本橋・天下茶屋方面)
南茨木駅 阪急電車京都線(河原町・嵐山・高槻市方面)
大日駅 地下鉄谷町線(東梅田・天満橋・谷町四丁目・八尾南方面)
門真市駅 京阪電車(淀屋橋・枚方市・出町柳・宇治方面)

「サマー1dayパス500」は、大阪モノレールが2020年(令和2年)6月1日に開業30周年を迎えたことを記念して、発売されました。【期間限定】

子供2人まで運賃無料!

「サマー1dayパス500」の大人用のみの発売です。が、同行する子供は2人まで運賃が無料になります。

子供連れでも電車代を節約して出かけられます。

万博記念公園周辺の施設での優待特典付き!

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」で万博記念公園へ

「サマー1dayパス500」には、万博記念公園の周辺にある施設や飲食店などで提示すると、料金の割引など優待が受けられる特典が付いています。

優待が受けられる施設

  • ニフレル(オリジナルグッズ進呈)
  • エキスポシティ(優待クーポン進呈)
  • オオサカホイール:観覧車(オリジナルグッズ進呈)
  • 万博記念公園:自然文化園・日本庭園(入園料割引)
  • 万博記念公園:万博おもしろ自転車広場(延長10分無料)
  • 万博記念公園:夢の池サイクルボート(延長10分無料)
  • 万博記念公園:大阪日本民芸館(入館料割引)
  • 万博記念公園:シアトルズベストコーヒー(飲食代割引:平日のみ)
  • 万博記念公園:ノイカフェ(コーヒー一杯無料:商品購入者のみ)
  • 万博記念公園:クレープ&タピオカ ジェラフル(タピオカ2倍など)
  • 万博記念公園:EXPO’70パビリオン(常設入館料割引)
  • 国立民族学博物館(入館料割引)
  • 大阪国際空港中央ブロック1F:バル・カフェMassa(食事代割引)

※「万博記念公園」は毎週水曜日が休園日です。他の最新状況は公式サイトなどで確認ください。

「サマー1dayパス500」の値段は?

「サマー1dayパス500」の値段は、先述の通りこちら。

大人用 500円

大阪モノレールは運賃が高い!初めて乗った時はびっくりしました。片道200円~600円の幅があります。

主な区間の運賃はこんな感じです。「サマー1dayパス500」の値ごろ感が分かると思います。

区間 普通運賃(片道)
初乗り(最短距離) 200円
大阪空港駅~万博記念公園駅 380円
蛍池駅~万博記念公園駅 380円
千里中央駅~万博記念公園駅 250円
南茨木駅~万博記念公園駅 250円
大日駅~万博記念公園駅 380円
門真市駅~万博記念公園駅 410円
大阪空港駅~門真市駅駅 500円
大阪空港駅~大日駅 500円
大阪空港駅~南茨木駅 440円
大阪空港駅~千里中央駅 340円

初乗りの次の区間は250円です。ザクっと言えば、2駅先以上へ行くなら往復するだけで元が取れます。

表のように、片道で元が取れる区間も。

さらに、乗り降りを繰り返すほどにお得になります。

そして、先にも触れましたが、同行の子供2人までは無料になるので、子供連れなら、もっと得です。

ちなみに、普段発売されている大阪モノレールの1日乗車券は600円です。

「サマー1dayパス500」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

「サマー1dayパス500」の発売は、下記の期間限定です。

2020年(令和2年)7月1日~8月31日

※平日は9時から発売、土日祝は始発から。

有効期間(使える期間)

「サマー1dayパス500」を購入した日当日の1日間始発から終電まで)有効です。購入日以外の別の日には使えません。

優待特典も、その日限りです。

「サマー1dayパス500」はどこで買える?(購入方法)

「サマー1dayパス500」は、大阪モノレールのすべての駅の改札窓口で買えます。

※券売機でなく改札口の窓口です。

「サマー1dayパス500」公式サイト

「サマー1dayパス500」の最新情報は、大阪モノレールの公式サイトで確認ください。

大阪モノレール公式サイト

コロナのせいで、お金のことが余計に心配な今日この頃。交通費は節約しやすい出費です。「サマー1dayパス500」などをお得な切符をうまく活用しましょう。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク