.

※記事内に広告を含む場合があります。

50歳以上は山陽新幹線や特急が2~4割引に【おとなびWEB早特が激安】

JR
お悩み中
お悩み中
JR西日本で新幹線や特急に安く乗れる方法や格安チケットはないやろか。できるだけ交通費を節約したい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事の内容】

  • JRの「おとなびWEB早特」というお得な切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

 

ここでは、「おとなびWEB早特」という割引切符を紹介します。

 

まず、この切符は50歳以上の人が対象です。

 

あなたがそうで、JR西日本の山陽新幹線や特急列車を安く利用したいとき、「おとなびWEB早特」は要チェックです。

 

利用できる列車や区間は限定されていますが、あなたの行先に合ったものがあれば、ラッキー。

 

山陽新幹線「のぞみ」やJRの特急列車は2割引、山陽新幹線「こだま」なら4割引で利用できます。

 

ただ、例えば、出発の7日前までに買わないといけないなど、いくつか条件があるので、事前の確認が必要です。

 

ここでは「おとなびWEB早特」の内容や値段、発売期間、購入方法(買い方)をまとめました。

 

この記事で「おとなびWEB早特」のことがひと通り分かります。あなたが50歳以上でしたら、仕事や旅行、帰省などの交通手段の選択肢として知っておいて損はありません。
まあちん
まあちん

 





JR西日本「おとなびWEB早特」ってどんな切符?

 

JR西日本の50歳以上向け「おとなびWEB早特」とは、どんな切符?

 

「おとなびWEB早特」は、50歳以上の「おとなび会員」が、JR西日本の山陽新幹線や特急列車をお得に利用できる片道用の割引切符です。

 

専用の乗車券と特急券がセットで発売されます。

 

GW、お盆、年末年始が絡む時期の設定はありません(発売無し)。

 

「おとなび会員」向けの限定切符です。

 

JR「おとなびWEB早特」ってどんな切符?

 

まず「おとなびWEB早特」は、誰でも買えるものではありません。買えるのは「おとなび会員」だけ。

 

会員でない人は、先にJR西日本の「おとなび」に登録する必要があります。

 

「会員」になると聞くと、面倒に感じるかもしれませんが、「おとなび」は、めちゃくちゃ「ゆるい」です。

 

50歳以上でしたら誰でも入会できます。

 

登録はインターネットで行いますが、その手続きは超簡単。最低限の個人情報の入力だけです。

 

費用も全くかかりません。

 

その割に、会員向けの優待が充実しています。「おとなびWEB早特」もその1つです。

 

あなたが、時々でもJR西日本を利用するなら、会員になっておくといいですよ。

 

【参考】おとなび会員限定の旅行プラン 

 

50歳以上向けJRのお得な切符「おとなびWEB早特」の値段、購入方法

 

「おとなび」とは、JR西日本が運営する「50歳からの大人の旅、大人の美しい生き方を応援する旅クラブ」です。

 

その会員になるには、インターネット予約サイト「e5489」が利用できる「J-WESTネット会員」に登録します。

 

このとき満50歳以上でしたら、自動的に「おとなび会員」になります(登録方法は後述します)。

 

今現在、あなたが「WESTER会員」(=「e5489」に利用登録している人)で、50歳以上なら、本人の意思に関係なく「おとなび会員」になっています。

 

新幹線や特急の指定席が2~4割引き!

 

「おとなびWEBパス」の内容、購入方法、値段は?

 

「おとなびWEB早特」では、山陽新幹線「のぞみ」と特急列車の指定席が2割引、山陽新幹線「こだま」の指定席を4割引で利用できます。

 

ただし、対象の列車や利用できる区間、そして発売の座席数が限定されています。

 

JR西日本の全列車、全区間で利用できるわけではありません。

 

「おとなびWEB早特」の設定列車

山陽新幹線
  • 「のぞみ」「みずほ」号
  • 「ひかり」「さくら」号
  • 「こだま」号
大阪・京都~福井・金沢・和倉温泉方面
  • 特急「サンダーバード」号
  • 特急「能登かがり火」号
大阪・京都~白浜・紀伊勝浦・新宮方面
  • 特急「くろしお」号
大阪・京都~豊岡・城崎温泉方面
  • 特急「はまかぜ」号
  • 特急「こうのとり」号
  • 特急「はしだて」号
  • 特急「きのさき」号
岡山・倉敷~米子・松江・出雲市方面
  • 特急「やくも」号

 

上記以外の列車、例えば、東海道新幹線(米原駅~新大阪駅を含む)や特急列車の「はるか」「スーパーはくと」「スーパーいなば」などには「おとなびWEB早特」の設定はありません。

 

1人から使えます。

 

「おとなびWEB早特」は、1人片道から使えます

 

一人旅や帰省はもちろん、出張にも便利です。

 

JR西日本「おとなびWEB早特」の値段は?

 

50歳以上向けJR新幹線、特急列車のお得な切符「おとなびWEB早特」の値段

 

「おとなびWEB早特」は、先にも触れたように、利用できる列車や区間が指定(限定)されています。対象になっている列車の主な区間の値段は次のようになっています。

 

「おとなびWEB早特」の値段は、「最繁忙期」「繁忙期」「通常期」「閑散期」で変わります。

 

「再繁忙期」の値段が一番高く、「閑散期」が一番安くなります。

 

この区別はJRが決めたものです。あなたの乗車する日が、どの時期に当たっているのかは、JRの公式サイトで確認できます。

 

「繁忙期」「閑散期」カレンダー(JR西日本)

 

 

山陽新幹線は2~4割引

 

JR「おとなびWEB早特」で山陽新幹線が3~6割引き

 

山陽新幹線の「おとなびWEB早特」は「のぞみ・みずほ」と「ひかり・さくら」、そして「こだま」と、列車によって値段が異なります。

 

新幹線「のぞみ・みずほ」/「ひかり・さくら」号は2割引

 

山陽新幹線の速達タイプ「のぞみ・みずほ」号と「ひかり・さくら」号の主な区間の値段です。

 

最繁忙期 +320円
※「やくも」乗り継ぎの場合は+640円
繁忙期 +160円
※「やくも」乗り継ぎの場合は+320円
通常期 ±0円(表の値段)
閑散期 ー160円
※「やくも」乗り継ぎの場合はー320円

 

設定区間 対象の列車 正規の値段 おとなび
新大阪(大阪)~岡山 のぞみ・みずほ 6,460円 5,160円
ひかり・さくら 6,140円 4,900円
新大阪(市内)~広島(市内) のぞみ・みずほ 10,950円 8,750円
ひかり・さくら 10,420円 8,330円
新大阪(市内)~小倉 のぞみ・みずほ 15,140円 12,100円
ひかり・さくら 14,400円 11,510円
新大阪(市内)~博多 のぞみ・みずほ 16,020円 12,810 円
ひかり・さくら 15,280円 12,220円
新神戸~岡山 のぞみ・みずほ 6,020円 4,810円
ひかり・さくら 5,700円 4,550円
新神戸(市内)~広島(市内) のぞみ・みずほ 10,730円 8,580円
ひかり・さくら 10,200円 8,160円
新神戸(市内)~小倉 のぞみ・みずほ 14,810円 11,840円
ひかり・さくら 14,070円 11,250円
新神戸(市内)~博多 のぞみ・みずほ 15,690円 12,540円
ひかり・さくら 14,950円 11,950円
姫路~広島(市内) のぞみ・みずほ 8,970円 7,160円
ひかり・さくら 8,440円 6,740円
姫路~小倉 のぞみ・みずほ 13,590円 10,870円
ひかり・さくら 12,850円 10,280円
姫路~博多 のぞみ・みずほ 14,810円 11,840円
ひかり・さくら 14,070円 11,250円
新大阪(市内)~米子《岡山乗り換え》 のぞみ・みずほ+やくも 11,830円 9,450円
ひかり・さくら
+やくも
11,510円 9,190円
新大阪(市内)~松江《岡山乗り換え》 のぞみ・みずほ+やくも 12,490円 9,980円
ひかり・さくら
+やくも
12,170円 9,720円
新大阪(市内)~出雲市《岡山乗り換え》 のぞみ・みずほ+やくも 12,930円 10,340円
ひかり・さくら
+やくも
12,610円 10,080円

 

「おとなびWEB早特」を使うと、通常の2割引で利用できます。

 

お店での値引きもそうですが、2割引となると金額の印象がかなり変わります。正規の値段で乗るのはもったいないです。

 

上記の区間以外にも設定があります。「おとなびWEB早特」対象の全区間は公式サイトで確認できます(下方にリンクがあります)。

 

新幹線「こだま」号は4割引

 

50歳以上向けJR新幹線「こだま」のお得な切符「おとなびWEB早特」の値段

 

「おとなびWEB早特」の設定がある山陽新幹線「こだま」号の主な区間の値段です。

 

最繁忙期 +240円
繁忙期 +120円
通常期 ±0円(表の値段)
閑散期 ー120円

 

設定区間 対象の列車 正規の値段 おとなび
新大阪・大阪~姫路 こだま 3,810円 2,280円
新大阪・大阪~相生 5,040円 3,010円
新大阪(市内)~岡山 6,140円 3,670円
新大阪(市内)~広島(市内) 10,420円 6,250円
新大阪(市内)~小倉 14,400円 8,630円
新大阪(市内)~博多 15,280円 9,160円
新神戸~相生 3,630円 2,170円
新神戸~岡山 5,700円 3,410円
新神戸(市内)~広島(市内) 10,200円 6,120円
新神戸(市内)~小倉 14,070円 8,430円
新神戸(市内)~博多 14,950円 8,960円
西明石~岡山 5,370円 3,210円
西明石~広島(市内) 9,100円 5,450円
西明石~小倉 13,180円 7,900円
西明石~博多 14,620円 8,760円
姫路~岡山 3,810円 2,280円
姫路~広島(市内) 8,440円 5,050円
姫路~小倉 12,850円 7,710円
姫路~博多 14,070円 8,430円
相生~広島(市内) 8,000円 4,790円

 

「おとなびWEB早特」の本領が最も発揮するのは、山陽新幹線の「こだま」号です。ご覧のように4割引で、インパクトがあります。

 

「こだま」号は各駅停車なので、遠距離の移動は時間がかかりますが、それでも在来線や高速バスに比べると断然速いです。

 

こだま「おとなびWEB早特」 高速バス
新大阪駅~岡山駅:3,670円(約1時間10分) 大阪駅~岡山駅:2,360円~(約3時間)
新大阪駅~広島駅:6,250円(約2時間30分) 大阪駅~広島駅:3,500円~(約5時間)
新大阪駅~博多駅:9,160円(約4時間50分) 大阪駅~博多駅:3,900円~(約10時間30分、夜行のみ)

 

「こだま」号の「おとなびWEB早特」設定区間は上記以外にもあります。公式サイトで確認くださいせtせt下方にリンクがあります)。

 

【参考】関西~福岡の新幹線は「バリ得」も要チェック!

50歳以上向けJR新幹線のお得な切符「おとなびWEB早特」より安い「バリ得」

 

「新大阪・新神戸・西明石・姫路~小倉・博多」の新幹線移動に、「おとなびWEB早特」は確かに安いですが、その上をいく「バリ得」があります。

 

これは旅行会社の日本旅行が販売している切符で、「ひかり」「こだま」の利用で、例えば、通常期で新大阪駅~博多駅なら片道8,600円と格安です。

 

※GW、お盆は「おとなびWEB早特」の方が安いです。

 

1人で片道から買えて、空席があれば利用の前日まで予約が可能。年齢制限もありません。

 

 

特急列車は2割引

 

JR「おとなびWEB早特」で特急列車が3割引き

 

「おとなびWEB早特」に設定されている特急列車の主な区間の値段です。

 

最繁忙期 +320円
繁忙期 +160円
通常期 ±0円(表の値段)
閑散期 ー160円

 

設定区間 対象の列車 正規の値段 おとなび
大阪~福井 サンダーバード 6,140円 4,900円
大阪(市内)~加賀温泉 7,020円 5,610円
大阪(市内)~金沢 7,790円 6,230円
大阪(市内)~和倉温泉 9,360円 7,570円
京都~福井 5,030円 4,020円
京都~加賀温泉 6,140円 4,900円
京都(市内)~金沢 7,020円 5,610円
京都(市内)~和倉温泉 8,590円 6,960円
京都(市内)~白浜 くろしお 7,020円 5,610円
新大阪~白浜 6,140円 4,900円
新大阪(市内)~紀伊勝浦 7,460円 5,960円
新大阪(市内)~新宮 7,790円 6,230円
天王寺~白浜 5,810円 4,640円
大阪~豊岡 こうのとり
はまかぜ
きのさき
はしだて
5,810円 4,640円
大阪~城崎温泉 6,140円 4,900 円
京都~豊岡 5,030円 4,020円
京都~城崎温泉 5,370円 4,290円
岡山~米子 やくも 5,370円 4,290円
岡山~松江 6,140円 4,900円
岡山~出雲市 7,020円 5,610円

 

「おとなびWEB早特」を使うと、設定の区間では正規の値段より2割引になります。

 

特急列車の「おとなびWEB早特」設定区間は、上記以外にもあります。公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

 




JR西日本「おとなびWEB早特」の発売期間と有効期間は?

 

発売期間(買える期間)

 

「おとなびWEB早特」は、下記の期間限定の発売となっています。

 

2019年(令和元年)10月1日~2024年(令和6年)3月24日

 

有効期間(使える期間)

 

2019年(令和元年)10月8日~2024年(令和6年)3月31日

 

以下の期間は利用できません。

  • 4月27日~5月6日
  • 8月10日~8月19日
  • 12月28日~1月6日

 

「おとなびWEB早特」はどこで買える?(購入方法・注意点)

 

「おとなびWEB早特」は、出かける当日に駅では買えません。購入する際は次の点に注意してください。

 

まずは「おとなび」の会員登録!

 

JR50歳以上向け「おとなびWEB早特」の購入方法、買い方

 

繰り返しになりますが、「おとなびWEB早特」はJR西日本「おとなび」の会員向けの限定切符です。

 

まだ会員でない人は「おとなび」に入会しましょう。

 

「おとなびWEB早特」以外にも会員限定の割引切符や旅行商品が用意されています。手続きは簡単で、費用は一切かかりません。

 

「おとなびWEB早特」の購入方法(買い方)

 

入会は、JR西日本の公式サイトにアクセスして、「WESTER会員」に登録します。メールアドレスだけ用意してください。

 

この時点で満50歳以上でしたら、自動的に「おとなび」会員にも登録されます。

 

50歳以上の「WESTER会員」=「おとなび」会員

 

すでに「WESTER会員」になっている人で満50歳以上なら、自動的に「おとなび会員」になりますので、特に手続きはありません。

 

JR「おとなびWEB早特」の購入方法、買い方

ログイン時に表示されています。

 

「WESTER会員」とは、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」の利用を主にした会員制度です。

「おとなび」に限らず、インターネットでいつでも新幹線や特急の切符を予約・購入したり、変更や取り消しができます。

 

買えるのは7日前まで!

 

50歳以上向けJRのお得な切符「おとなびWEB早特」の購入方法

 

「おとなびWEB早特」の発売は、利用する日の1ヶ月前の10:00から7日前までです。

 

急な出張や旅行には使えません。

 

購入はインターネットのみ!

 

JR「おとなびWEB早特」はインターネット限定発売

 

「おとなびWEB早特」は、名前に「WEB」が入っている通り、インターネット限定発売です。

 

駅の窓口や券売機では買えません。

 

「おとなびWEB早特」の購入方法(流れ)
  1. パソコンやスマホからJR西日本の予約サイト「e5489」アクセスします。
  2. 「おとなびWEB早特」を選んで、利用日、列車、区間を入力して申し込みます(予約、購入)。支払いは、クレジットカード払いのほか、駅払い、コンビニ払い、金融機関への振り込みが選べます。コンビニと金融機関の場合は期限までに入金しないと取り消しになります。
  3. 乗車するまでに、JR西日本の主な駅の「みどりの券売機」「みどりの窓口」で、「おとなびWEB早特」の現物を受け取ります。
  4. 切符を持って、出発!

 

※「おとなびWEB早特」は同時に3人分まで予約・購入できます。ただし、この場合も同行する人全員も「おとなび会員」でないといけません。

 

※「おとなびWEB早特」は、購入した会員本人しか使えません。

 

「おとなびWEB早特」の発売数は列車、区間ごとに限定されています。このため、希望する列車が「おとなびWEB早特」では満席でも、正規料金や別の切符なら空いていることががあります。

 

予約変更はできません。

 

JR50歳以上向け「おとなびWEB早特」の注意点

 

「おとなびWEB早特」は、予約が完了した後は、切符の受け取り前、受け取り後に関係なく、利用日や列車、区間などの変更は一切できません。

 

変更したいときは、インターネットで予約を取り消し、払い戻ししてから、あらためて予約を取り直すかたちになります(払い戻しを受ける場合は手数料560円~がかかります)。

 

この点は要注意です。

 

予約した列車以外は利用できません。

 

JR50歳以上向け「おとなびWEB早特」の注意点

 

予定の急な変更や乗り遅れなどで、予約した列車に乗らなかった場合、「おとなびWEB早特」(特急券、乗車券とも)は無効になります。

 

別の列車には乗るには、自由席でも、あらためて乗車券や特急券を買う必要があります。

 

「おとなびWEB早特」では、途中下車(目的地までの途中の駅で改札から駅の外へ出ること)もできません。残りの区間は無効になります。通常の切符とは取り扱いが違います。

 

JR西日本「おとなびWEB早特」公式サイト

 

「おとなびWEB早特」の最新情報や「おとなび」会員への登録については、JR西日本の公式サイトで確認ください。

 

JR西日本公式サイト

 

宿泊も割引クーポンでお得に予約

 

 

 

 

世の中、シニア世代向けサービスは多いですが、50歳以上を対象にしたものは貴重。現役バリバリの人が大半だと思います。せっかくの年齢特典なので、「おとなび」を仕事やプライベートにうまく活用してみてください。
まあちん
まあちん

コメント

タイトルとURLをコピーしました