.

南海ラピートは正規料金で乗ると損!【トク割やデジタルきっぷで安く】

南海電車
お悩み中
お悩み中
難波~関西空港で、南海電車の特急「ラピート」を安く利用したい。お得な切符とかあれば知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事の内容】

  • 南海電車の「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)を紹介します。

 

大阪の難波から関西空港へ、あるいは関西空港から難波へ、南海電車の特急「ラピート」で安く移動したいというあなたは、「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の利用がおすすめです。

 

どちらも「ラピート」の片道用割引切符で、正規の運賃・料金より11%~17%割引とお得に乗れます。

 

同じ電車でアクセスするなら、安い方が良いのが当たり前。

 

ここでは、「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」の内容、値段、発売情報、購入方法をまとめました。【2022年版】

 

この記事で、「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」について、ひと通り知ることができます。ラピートは、正規の料金で乗ったら損ですよ。
まあちん
まあちん

 

「ラピートデジタルきっぷ」の発売は終了しました(2022年12月10日)。

「関空トク割ラピートきっぷ」は、引き続き発売しています。





南海「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」ってどんな切符?

 

南海ラピートに安く乗る方法「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法

 

「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」は、どちらも難波方面⇒関空、または関空⇒難波方面で、南海電車の特急ラピートを割引料金で利用できる片道用切符です。

 

乗車券と特急券(指定席)がセットになっています。

 

「関空トク割ラピートきっぷ」は通常の紙の切符で、「ラピートデジタルきっぷ」はそのスマホアプリ版(QRコード式)の切符です。

 

ただ、発売期間や値段などが異なります(後述します)。

 

「ラピートデジタルきっぷ」の発売は終了ました。

 

【セット内容】

南海ラピートに安く乗る方法「関空トク割ラピートきっぷ」「ラポートデジタルきっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法

 

(1)片道乗車券

関空トク割ラピートきっぷ 難波駅・新今宮駅・天下茶屋駅・住吉大社駅・堺駅 ~ 関西空港駅
ラピートデジタルきっぷ 難波駅・新今宮駅・天下茶屋駅・堺駅 ~ 関西空港駅


※住吉大社駅は「関空トク割ラピートきっぷ」のみ。ラピートは停車しませんので、堺駅で乗り換えになります。

 

(2)ラピート特急券(難波駅・新今宮・天下茶屋・堺駅 ~ 関西空港駅間)

 

南海「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の値段は?(2022年版)

 

南海ラピートに安く乗る方法「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の値段

 

南海電車の「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」の値段は、次の通りです。

 

「関空トク割ラピートきっぷ」の値段

 

値段は、発着駅や利用区間に関係なく一律です。

 

レギュラーシート スーパーシート
大人 1,290円 1,500円
子供 650円 850円

 

南海ラピートに安く乗る方法「関空トク割ラピートきっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法

 

レギュラーシートは4列並びの普通座席(座席幅460mm、前後間隔1030mm)で、スーパーシートは3列並びの上級座席(座席幅485mm、前後間隔1200mm)です。

通常の料金は、レギュラーシートが520円(子供260円)、スーパーシートは730円(子供470円)です。

 

「ラピートデジタルきっぷ」の値段

 

発売終了ました(12月10日)

 

「ラピートデジタルきっぷ」は、大人のみの発売で、座席もレギュラーシート限定です。

 

スーパーシートには追加料金を出しても変更できません。

 

利用区間 大人
難波駅・新今宮駅・天下茶屋駅~関西空港駅 1,200円
堺駅~関西空港駅 1,100円

 

それでは、「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」がどれくらいお得なのかをみてみましょう。

 

大人がレギュラーシートを利用する通常の場合と比べてみました。

 

利用区間 運賃 特急券 通常合計 関空トク割 デジタル
難波駅~関空駅 930円 520円 1,450円 1,290円
11%割引
1,200円
17%割引
新今宮駅~関空駅 930円 520円 1,450円 1,290円
11%割引
1,200円
17%割引
天下茶屋駅~関空駅 930円 520円 1,450円 1,290円
11%割引
1,200円
17%割引
住吉大社駅~関空駅 880円 520円 1,400円 1,290円
8%割引
堺駅~関空駅 840円 520円 1,360円 1,290円
5%割引
1,100円
19%割引

 

このように、難波からは「関空トク割ラピートきっぷ」で11%割引、「ラピートデジタルきっぷ」で17%割引です。飲み物代くらいは浮きます。

 

ちなみに、大阪の難波~関西空港のアクセス手段の費用と所要時間はこんな感じです(片道・大人)。

 

アクセス手段 運賃・料金 所要時間
関空トク割ラピートきっぷ 1,290円 約37分
ラピートデジタルきっぷ 1,200円
南海電車の空港急行 930円 約45分
JR特急「はるか」(関空駅~天王寺駅~JR難波駅) 2,270円 約53分
JR快速(関空駅~天王寺駅~JR難波駅) 1,080円 約60分
空港リムジンバス(関空~なんばOCAT) 1,100円 約50分

 

※JR天王寺駅~JR難波駅は普通列車を利用。

 

※南海電車の難波駅とJR難波駅・なんばOCATは約1km離れています。

 




南海「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の発売期間と有効期間は?(2022年版)

 

「関空トク割ラピートきっぷ」と「ラピートデジタルきっぷ」とで、発売期間、有効期間が違いますので、注意してください。

 

発売期間(買える期間)

 

【2022年版】
関空トク割:2022年(令和4年)4月1日~2023年(令和5年)3月31日
デジタル:2022年(令和4年)8月8日10時~12月10日

 

有効期間(使える期間)

 

【2022年版】
関空トク割:2022年(令和4年)4月1日~2023年(令和5年)3月31日の予約列車のみ
デジタル:2022年(令和4年)8月9日~12月11日の予約列車のみ

 

※乗車日や乗車する列車は「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」を買う際に指定する必要があります。

 

南海「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

 

「関空トク割ラピートきっぷ」の購入方法(当日OK)

 

南海ラピートに安く乗れる「関空トク割ラピートきっぷ」の購入方法

 

「関空トク割ラピートきっぷ」は、下記の駅で乗車する日の1カ月前から購入できます。

 

当日でも空席があれば買えます。

 

発売駅 窓口 ピンク色券売機 グレー色券売機
難波駅
2Fサービスセンター・
3F特急券発売所
新今宮駅
天下茶屋駅
住吉大社駅 × ×
堺駅
関西空港駅
支払い方法
現金
クレジットカード ×
ICカード

 

※「ICカード」は、ICOCAやPiTaPaなど交通系のものです。PiTaPaは事前にチャージ(入金)が必要です。

 

※最新の営業時間・稼働時間は、公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

 

買った後で使わなくなった時は、指定列車の出発時刻までで、未使用の場合に限って、購入した場所で払い戻ししてもらえます。ただ手数料がかかります(乗車券分160円+特急券分として料金の3割)。

 

「ラピートデジタルきっぷ」の購入方法(前日まで)

 

発売は終了しました(2022年12月10日)。

 

南海電車「ラピートデジタルきっぷ」の購入方法、買い方

 

「ラピートデジタルきっぷ」の購入と利用には、つぎの3点が必要です。

 

  • スマホ
  • 南海アプリ
  • クレジットカード

 

「ラピートデジタルきっぷ」は「南海アプリ」で購入します。駅では買えません。「南海アプリ」は、各アプリストアから無料でダウンロードできます。

 

南海電車「ラピートデジタルきっぷ」の購入方法、買い方

 

手続きは、①切符の購入⇒②列車の予約(座席指定)という流れです。購入はいつでもできます(ただし、毎週火曜日3:00~4:30は除く)。

 

南海アプリのメニューにある「南海デジタルきっぷ」から「ラピートデジタルきっぷ」を選んで、利用区間を選んで代金を支払います。

 

南海電車「ラピートデジタルきっぷ」の購入方法、買い方

 

その際の支払い方法は、クレジットカードのみです。

 

買える「ラピートデジタルきっぷ」は、次の日以降、1ヵ月以内に利用するものです。当日の切符は買えません

 

次に、ラピートに乗車する日が確定したら、「南海アプリ」(メニュー⇒南海デジタルきっぷの「チケットウォレット」)で、利用する列車を予約(座席を指定)します。座席の位置も選べます。

 

南海電車「ラピートデジタルきっぷ」の購入方法、買い方

 

予約した列車が発車する5分前までなら、最大2回まで変更できます。

 

また、払いもどししたいときは、買った「ラピートデジタルきっぷ」が未使用、予約列車の発車5分前までに、南海アプリで操作します。手数料はかかりません。

 

「ラピートデジタルきっぷ」の利用方法(乗り方)

 

南海電車「ラピートデジタルきっぷ」の利用方法、使い方

 

「ラピートデジタルきっぷ」を利用する際は、スマホの画面に、南海アプリ(購入済み乗車券)のQRコードが付いた切符画面を表示させます。

 

それを、駅の「専用改札機」(VISA対応)に直接タッチして入場します。どの改札機でも通れるわけではありません。

※「ラピートデジタルきっぷ」はチケットレスなので、駅の窓口や券売機に立ち寄る必要はありません。

※スマホの画面に切符が表示できないとオワリです。スマホの不携帯や充電切れなどに注意が必要です。

 

南海「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」公式サイト

 

南海電車「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の値段、発売期間、購入方法

 

「関空トク割ラピートきっぷ」や「ラピートデジタルきっぷ」の最新情報は南海電車の公式サイトで確認ください。

 

「関空トク割きっぷ」公式サイト

 

「ラピートデジタルきっぷ」公式サイト

 

南海電車「関空トク割ラピートきっぷ」「ラピートデジタルきっぷ」の値段、発売期間、購入方法特急ラピートは、直前でも空席があれば、駅の券売機で特急券を買って気軽に利用できますが、このときは当然、正規料金になります。

でも、駅の窓口にちょっと立ち寄って、「関空トク割ラピートきっぷ」を買うと、最大11%割引で乗れることになります。

前日までなら、手元のスマホで「ラピートデジタルきっぷ」で買うと、17%も安くなります。

安い切符だからと言って、利用に条件や制約もありません。もちろん座席も車両も正規料金で乗るのと同じです。

このように、同じラピートに乗るなら、正規料金で乗ると損。関空トク割ラピートきっぷ」や「ラピートデジタルきっぷ」を使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました