.

南紀白浜へJRで最安の日帰り方法!特急電車「くろしお」利用で3割引

JR
お悩み中
お悩み中
南紀白浜へJRで安く日帰りできる格安チケットやお得な方法があれば知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事の内容】

  • 日本旅行の「JRで気軽に日帰り白浜」という商品を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)

 

大阪、京都、神戸、姫路方面から南紀白浜へ、JRの特急電車で、とにかく安く日帰りしたいというあなたに、耳より情報です!

 

旅行会社の日本旅行が発売する「JRで気軽に日帰り白浜」というプランが、最安級でお値打ちなんです。

 

1人から利用できて、例えば、大阪駅からは7,900円です。もちろん往復で。普通は10,740円するので、かなりお得。しかも、現地のバス付きです。

 

ここでは、日本旅行の商品「JRで気軽に日帰り白浜」の内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。

 

この記事を読むと、電車で日帰りできる激安方法を、知ることができます。
まあちん
まあちん





「JRで気軽に日帰り白浜」ってどんなプラン?

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

「JRで気軽に日帰り白浜」は、JR特急「くろしお」号往復と、白浜現地の路線バス(明光バス)の1日乗車券がセットになった日帰り最安級プランです。

 

「アドベンチャーワールド」の1日入園券付きもあります。

 

旅行会社の日本旅行で発売されています。

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの予約方法

 

1人から利用できる日帰り専用

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

日本旅行の「JRで気軽に日帰り白浜」は、1人から申し込みが可能。

 

日帰りの観光や温泉入浴、海水浴、アドベンチャーワールド見物、あるいは仕事や帰省にも使いやすいです。

 

ただし、子供だけでの利用はできません。

 

そして、くどいですが「日帰り」専用です。現地で急に泊まりたくなっても、帰りの延長は無理です。

 

インターネット限定発売

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」は、インターネット限定発売です。

 

日本旅行の店舗や電話窓口、JRの駅では買えません。

 

なお、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

 

行き帰りはJR特急「くろしお」の指定席

 

大阪、京都、神戸から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用、日本旅行の激安日帰りプランとは?値段、発売期間、購入方法

 

日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」では、大阪方面から白浜までの行き帰りに、JRの特急「くろしお」号の指定席を利用します。

 

ただし、利用区間や列車は自由に選べません。発着駅8つとあわせて、下記のように指定されています。

 

大阪駅利用の場合は「天王寺駅」、京都駅利用の場合は「新大阪駅」、鳳駅の場合は「日根野駅」から「くろしお号」利用となるので、注意してください。

 

出発駅 くろしお号の利用区間
大阪駅 天王寺駅~白浜駅
天王寺駅 天王寺駅~白浜駅
新大阪駅 新大阪駅~白浜駅
京都駅 新大阪駅~白浜駅
神戸駅 新大阪駅~白浜駅
西明石駅 新大阪駅~白浜駅
姫路駅 新大阪駅~白浜駅
鳳駅 日根野駅~白浜駅

 

新大阪駅、天王寺駅以外の出発駅から「くろしお」号の乗車駅までは、普通列車や快速列車を利用します(帰りは逆)。

 

「発着駅」以外の駅からも利用できます(後述します)。

 

また、利用できる「くろしお」号は、全ての便ではなく、選択肢が限定されています。

 

具体的な便は、予約サイトで検索できます。出発日の1ヶ月前からは空席状況も分かります。最新状況を確認してみてください(下方にリンクがあります)。

 

予約した「くろしお」以外は利用できません。

大阪、京都、神戸から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用、日本旅行の激安日帰りプランとは?値段、発売期間、購入方法

 

日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」では、予約した「くろしお」号の指定席しか利用できません

 

乗り遅れたら、終わりです。

 

別の「くろしお」号に乗るには、あらためて乗車券と特急券を買わないといけません。

 

「JRで気軽に日帰り白浜」のJR切符は、予約した列車限定の乗車券と特急券になっていて、通常の切符と取り扱いが違うのです。その代わり、特別割引が適用されています。

 

白浜の路線バスが1日乗り放題

 

大阪、京都、神戸から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用、日本旅行の激安日帰りプランとは?値段、発売期間、購入方法

 

JRの白浜駅は、町はずれにあります。温泉街や主な観光地、アドベンチャーワールドへは、駅からバスやタクシー、レンタカーなどで移動しないといけません。

 

そこで、「JRで気軽に日帰り白浜」には、現地の路線バス(明光バス)の1日乗車券がセットになっています。

 

これを使えば、路線バスを下図の範囲で、1日乗り放題で利用できます。

 

アドベンチャーワールドをはじめ町内の主だった場所はだいたいカバーしています。本数もおおむね1時間に2~3本あるので、それほど不便ではありません。

 

大阪、京都、神戸から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用、日本旅行の激安日帰りプランとは?値段、発売期間、購入方法

 

ちなみに、通常の主な区間のバス代(大人片道)は、こんな感じです。

 

白浜駅~アドベンチャーワールド 300円(約8分)
白浜駅~白良浜 340円(約15分)
白浜駅~臨海(円月島) 340円(約13分)
白浜駅~三段壁 480円(約22分)
(1日フリー券) 乗り放題1,100円

 

なお、バスの1日乗車券は、使わなくても割り戻しや返金はありません。

 

※コロナの状況もありますので、事前に最新状況の確認をおすすめします。明光バス公式サイトで確認 

 

「JRで気軽に日帰り白浜」の値段は?

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段

 

日本旅行の商品「JRで気軽に日帰り白浜」の値段をみておきましょう。下記のように「乗車区間」ごとに設定されています。金額はJR往復+バスです。

 

9月20日出発分までの値段

※「GW・お盆」は、4月28日~5月8日、8月10日~8月16日を指します。

乗車区間 通常 ※GW・お盆
大阪駅~白浜駅 大人 7,900円 11,900円
子供 4,100円 6,100円
天王寺駅~白浜駅 大人 7,900円 11,900円
子供 4,100円 6,100円
新大阪駅~白浜駅 大人 8,300円 12,300円
子供 4,300円 6,300円
京都駅~白浜駅 大人 9,100円 13,500円
子供 4,700円 6,900円
神戸駅~白浜駅 大人 8,700円 13,300円
子供 4,500円 6,800円
西明石駅~白浜駅 大人 9,100円 14,100円
子供 4,700円 7,200円
姫路駅~白浜駅 大人 9,900円 14,900円
子供 5,100円 7,600円
鳳駅~白浜駅 大人 7,100円 11,100円
子供 3,700円 5,700円

 

「JRで気軽に日帰り白浜」は、上記の「乗車区間」内にある駅からでも、基本的に利用できます。

 

例えば、「高槻駅」からは「京都駅~白浜駅」のプラン、「三ノ宮駅」からは「神戸駅~白浜駅」のプラン、「明石駅」からは「西明石駅~白浜駅」のプランに申し込めば利用が可能です。

 

「乗車区間」外の駅からは、最寄りの「出発駅」までの運賃が別に必要です。

~の

白浜駅

「JRで気軽に日帰り白浜」はどれくらいお得?

 

大阪、京都、神戸から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用、日本旅行の激安日帰りプランとは?値段、発売期間、購入方法

 

では、日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」が、どれくらいお得なのか、参考のためにみておきましょう。

 

主な乗車区間の「くろしお」の通常料金(普通指定席、通常期)と、JRのお得な切符「WEB早特14」の値段はこのようになっています。

 

【主な区間の比較(通常期:大人往復の場合)】

利用区間 普通運賃・料金 WEB早特14 気軽に日帰り
大阪駅~白浜駅 10,740円 7,900円
天王寺駅~白浜駅 10,740円 8,580円 7,900円
新大阪駅~白浜駅 11,400円 9,100円 8,300円
京都駅~白浜駅 12,720円 10,500円 9,100円
神戸駅~白浜駅 12,060円 8,700円
姫路駅~白浜駅 14,260円 9,900円

 

 

日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」の値段(通常期)は、金額だけど単純比較すると、通常料金の26%割引、「WEB早特14」よりも約8%安くなっています。

 

でも、実際の日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」には、現地バスの1日乗車券(1,100円相当)も含まれています。これを考慮すると、通常の約36%割引とさらにお得です。

 

JR「くろしお」利用の日帰りでは最安級です。

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

このように、「JRで気軽に日帰り白浜」は、白浜でバスを利用しなくても、JR往復だけで十分にお得なんです。
まあちん
まあちん

 




「JRで気軽に日帰り白浜」の発売期間と有効期間は?

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

発売期間(買える期間)

 

2022年(令和4年)4月16日 ~9月26日

 

※9月30日出発分までの発売です。

 

有効期間(使える期間)

 

2022年(令和4年)9月30日までの予約した利用日限り

 

※JRと路線バスの利用は同じ日に限ります。

 

「JRで気軽に日帰り白浜」の申し込み・購入方法は?

 

発売はネット限定、購入は4日前まで

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車「くろしお」利用で一番安く日帰りする旅行プランの予約申し込み方法、購入方法

 

繰り返しになりますが、「JRで気軽に日帰り白浜」の発売は、インターネット限定。

 

予約の申し込みは、出発の4日前のお昼12時までです。

 

支払いはクレジットカードのみ

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの予約申し込み方法、購入方法

 

「JRで気軽に日帰り白浜」の支払いは、クレジットカードしか使えません。

 

切符は宅配便で送付

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの予約方法、購入方法

 

「JRで気軽に日帰り白浜」の申し込みは、日本旅行の予約サイトでいつでもできます。

 

操作は簡単です。

 

出発日を選んで、参加人数、乗車駅、往復の「くろしお」を指定していきます。出発1ヶ月前からはリアルタイムで「くろしお」の空席状況が表示されます。

 

取消料は出発日の10日前から発生します。申し込み画面で、取消料が発生する日が出るので、必ず確認してください。

 

予約サイトで検索できる「くろしお」号の空き状況は、「JRで気軽に日帰り白浜」プラン用の座席についてです。もし希望する列車が満席だった場合、他のプランやJRで調べると空きがある可能性はあります。

 

申し込み(予約)内容と金額に問題なければ、個人情報と支払いのカード情報を入力したら、手続き完了です。

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの予約方法、購入方法

 

予約した列車などの手配ができたら、日本旅行から出発日の10日前から前日までに、JR切符とバスの1日乗車券の現物が宅配便(基本はクロネコヤマト)で送られてきます。

 

どちらも、そのまま使えるものです。

 

配達はポスト投函ではなく手渡し。受け取りが必要です。

 

その届け先には、自宅のほか勤務先、予約のタイミングによってはコンビニ(ファミリーマート)を選べます。ホテルや旅館など宿泊先は指定できません。

 

「JRで気軽に日帰り白浜」では、その届く切符が手元に無いことには、旅行に出かけられません。特に出発日近くで予約する際は、宅配便を確実に受け取りできるかどうかも確認してください。

 

予約は変更不可

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの購入方法、注意点

 

「JRで気軽に日帰り白浜」では、予約した出発日や参加人数、乗車列車、利用区間を変更することがきません

 

変更しないといけなくなったときは、予約を全部取り消しして、一から予約を取り直すことになります。

 

このとき、取り消しのタイミングによっては、人数分の手数料(キャンセル料)がかかってきますので、注意してください。

 

取消日 取消手数料
出発の11日より前 0円
出発の8~10日前 代金の20%
出発の2~7日前 代金の30%
出発の前日 代金の40%
出発の当日 代金の50%
出発後 代金の100%

 

予約の取り消しは、切符が発送されるまでなら、自分でインターネット上で操作できます。

切符が発送された後は、届き次第、列車の出発時間までに最寄りのJR駅で指定席の取消証明を受けて、日本旅行に返送しないといけません。取り消しには上記の手数料、返送料が発生します。

 

日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」予約サイト

 

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

大阪方面から南紀白浜へJR特急で激安日帰りする方法として、日本旅行の商品「JRで気軽に日帰り白浜」を紹介しました。

 

1人から利用しやすいプランです。ただ、予約受付が4日前までなので、白浜へ行く話が出たときは、早めに予約サイトをチェックしてみてください

大阪、京都、神戸、姫路から南紀白浜へJR特急電車利用で一番安く日帰りする旅行プランの値段、発売期間、購入方法

 

白浜への日帰り旅行は、現地滞在できる時間の割に交通費がかさむので、躊躇してしまいますが、日本旅行「JRで気軽に日帰り白浜」だと、かなり出かけやすくなると思います。上手に活用を。
まあちん
まあちん

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました