神戸観光に便利なシティーループバス「1日乗車券」を安く買う方法

神戸の異人館街や南京町、ハーバーランド、メリケンパークといった観光地は、市街地のそれほど広くない範囲に集まっているので、ぶらぶらと歩いて観光できます。でも、坂道も多いので、行先によってはしんどいです。

例えば、港側のメリケンパークから山側の異人館街までは約3kmで歩いて30分ほどかかります。しかも途中からは上り坂です。

そこで、市街地の観光には「シティーループバス」という観光用の循環バスを利用すると案外便利です。楽に効率よく神戸の観光地をめぐることができます。

ここでは、その「シティーループバス」を3回以上乗ると元が取れる「1日乗車券」を安く買える方法を紹介します。

神戸の観光に便利な「シティーループバス」ってどんなバス?

「シティーループバス」は、バスは異人館をイメージという濃緑色のレトロ調デザインをした中型の車両(車いす対応)です。大型の路線バスが入れない道も走るので、観光スポットの直近まで行くので便利です。車いす対応の車両です

三宮駅と観光地をぐるぐる循環

「シティーループバス」は、神戸市中心部の三宮駅、新神戸駅と北野異人館、南京町、旧居留地、メリケンパーク、ポートタワー、ハーバーランドといった主要な観光地を一方通行で循環しています。17カ所の停留所があります。ちなみに約65分で1周します。

朝の9時から15分間隔で運行

9時から平日は18時台、土日祝は19時台まで、概ね15分間隔で運行されています。

※「かもめりあ」バス停の発車時刻が基準になります。平日は17:40発、土日祝は19:00発が最終です。

シティーループバスに乗るなら「1日乗車券」がお得。

「1日乗車券」の値段は3回乗ると元が取れる格安さ

シティーループバスの普通運賃は利用区間に関係なく一律となっています。

大人 260円
子供 130円

路線バスに比べると割高感がありますが、1日間乗り放題できる「1日乗車券」も発売されていて、値段が格安です。

大人 660円
子供 330円

3回乗れば元が取れますのでとてもお得。シティーループバスを使って観光する際は「1日乗車券」の利用がおすすめです。

「1日乗車券」が買えるところ

「1日乗車券」は下記の場所で購入できます。

  • バスの車内(車掌)
  • 神戸市総合インフォメーションセンター(JR三ノ宮駅東口)
  • 新規神戸駅観光案内所(新神戸駅2階)

「1日乗車券」には優待特典も

シティーループバスの「1日乗車券」を提携の観光施設で提示すると、料金の割引などの優待が受けられます。

  • 風見鶏の館、萌黄の館、うろこの館など異人館
  • 神戸市立博物館
  • 神戸海洋博物館・カワサキワールド
  • 神戸ポートタワー
  • 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
  • 北野工房のまち
  • 相楽園
  • 万葉倶楽部(温浴施設)
  • 神戸みなと温泉「蓮」
  • ルミナス神戸、コンチェルトなどクルーズ船 など

シティーループバス1日乗車券をお得に買う方法

シティーループバスの「1日乗車券」を神戸街遊券」というクーポンを使って購入すると、15~20%安くなります。

「神戸街遊券」って?

「神戸街遊券」は、神戸市内全域の観光施設などで料金の支払いに使えるクーポン(=金券)です。点数方式になっていて、1点は50円に相当します。

神戸の観光で立ち寄るような場所では、ほとんど使えます。支払いに点数が足らなくなった場合も、不足分は現金で充当できるので、使い勝手がいいです。

「神戸街遊券」の値段は15~20%オマケ込み

「神戸街遊券」の販売は1冊単位で、値段は下記の通りとなっています。

1冊 1,300円(1,500円分の点数券)
2冊 2,500円(3,000円分の点数券)

「神戸街遊券」を1冊1,300円を買うと1,500円分の金券として使えるということで、200円分のオマケ付き(約15%)とお得です。2冊買うとさらにお得になります(20%)

シティーループバス料金の支払いに使う

このオマケ分が付いた「神戸街遊券」で、「シティーループ」の運賃や1日乗車券の料金を支払うと、現金で支払うよりも、実質的に15~20%安くなるというわけです

「神戸街遊券」(1冊)で支払うと、660円の1日乗車券なら約560円で買えます。

「神戸街遊券」が利用できる観光施設を確認して、行きたいところが入っていたら、「神戸街遊券」を買った方がお得です。無駄にはなりません。

※実際にシティーループで「神戸街遊券」を使う場合は、券種の都合で現金(10円)を補充する必要があります。

  • 1日乗車券(660円)を購入する場合
    街遊券13点分(650円相当)+現金10円
  • 1回乗車した場合の運賃を支払う場合
    街遊券5点分(250円相当)+現金10円
神戸街遊券が使える主な観光施設

シティーループバス以外に「神戸街遊券」が利用できる(支払いに使える)施設には、次のようなところがあります。

  • 風見鶏の館、萌黄の館、うろこの館など異人館
  • 神戸市立博物館
  • 神戸海洋博物館・カワサキワールド
  • 神戸ポートタワー
  • 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
  • ルミナス神戸、コンチェルトなどクルーズ船
  • 神戸市立小磯記念美術館
  • 神戸どうぶつ王国
  • 王子動物園
  • 相楽園
  • 六甲ケーブル
  • 摩耶ケーブル、ロープウェイ
  • 六甲有馬ロープウェイ
  • 六甲枝垂れ
  • 六甲山牧場
  • 有馬本温泉 金の湯
  • 有馬温泉 銀の湯
  • 太閤の湯殿館
  • 須磨海浜水族園
  • 須磨離宮公園  など(順不同)

※シティーループ1日乗車券の提携優待施設では割引とは併用できません。

提携の飲食店などで割引優待も

「神戸街遊券」の特典として、市内の提携飲食店や土産物店など約60店舗で提示すると割引などの優待が受けられます。ただし「神戸街遊券」で支払いできません。

「神戸街遊券」はどこで買える?購入方法

三宮・新神戸で買えるところ

  • 神戸市総合インフォメーションセンター(JR三ノ宮駅東口)
  • 新神戸駅観光案内所(新神戸駅2階)
  • 北野観光案内所(風見鶏の館前)
  • 阪神電車神戸三宮駅(西口)サービスセンター

その他

  • 有馬温泉観光総合案内所
  • 神戸ハーバーランド総合インフォメーション(デュオこうべ)
  • 神戸市内の一部のホテルや旅館
  • 主な旅行会社の全国の支店や営業所

「神戸街遊券」の有効期間

「神戸街遊券」は6ヶ月間有効です。神戸に時々来るようでしたら、慌てて使い切る必要はありません。

ただし、2018年版の「神戸街遊券」は2019年(平成31年)3月31日 が最終有効有効期限になります。

「神戸街めぐり1dayクーポン」を利用する方法も!

「神戸街遊券」と私鉄&地下鉄の乗車券がセットになった「神戸街めぐり1dayクーポン」というお得な切符もあります。

この切符は、「神戸街遊券」700円分がついた神戸市中心部の私鉄と地下鉄の1日乗り放題切符で、値段がなんと950円という安さが特徴です。

さらに、シティループバスの「1日乗車券」が550円で買える割引券もついています。

「神戸街めぐり1dayクーポン」なら、街遊券でも割引券でも好きな方で「1日乗車券」がお得に買えます。

「神戸街めぐり1dayクーポン」には大阪、京都、奈良、姫路方面から神戸までの電車代込みの「拡大版」もあります。こちらも安いので、神戸に向かう前に地元の駅で「神戸街めぐり1dayクーポン」もチェックしてみてください!

⇒「神戸街めぐり1dayクーポン」の紹介はこちら