.

大阪地下鉄&バス代節約「乗り継ぎ割引」とは?【利用方法と注意点】 

大阪地下鉄(メトロ)&シティバスの「乗り継ぎ割引」の金額、利用方法、条件、注意点

お悩み中
お悩み中
大阪市内を地下鉄とバスで移動するけど、交通費をできるだけ節約したい。1日乗車券以外で、格安切符やお得な方法があれば知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • 大阪の交通費節約術の一つとして、大阪地下鉄(メトロ)とシティバスの「乗り継ぎ割引」制度について紹介します(内容と利用方法)。

大阪市内の移動には、地下鉄(大阪メトロ)とバス(大阪シティバス)が便利です。これらを乗り継げば、市内のほとんどの場所へ行くことができます。

その際の地下鉄代やバス代を安くする方法として、「乗り継ぎ割引」というしくみがあります。

これは、地下鉄とバス、あるいはバスとバスを乗り継いだ場合に、運賃が割引になるというもの。地元の人以外には、あまり知られていないですが、けっこうお得です。

ここでは、大阪の地下鉄とバスの「乗り継ぎ割引」について、その内容と利用方法、注意点をまとめました。

この記事で「乗り継ぎ割引」のことを、ひと通り知ることができます。乗り放題の1日乗車券を買うほど乗らないときに、使える節約術なので、知っておいて損はないですよ。
まあちん
まあちん

大阪地下鉄&バスの「乗り継ぎ制度」とは?

「乗り継ぎ割引」対象の交通機関

大阪市の「乗り継ぎ割引」では、次の交通機関を乗り継いだときに、運賃が割引になります。

  • 地下鉄・ニュートラム ⇔ シティバス
  • 地下鉄・ニュートラム ⇔ いまざとライナー
  • シティバス ⇔ シティバス
  • シティバス ⇔ いまざとライナー

※「ニュートラム」は南港地区を走る新交通システム、「シティバス」は旧市営バスです。「いまざとライナー」は、大阪メトロが阿部野橋~杭全~今里・長居で社会実験で運行しているバス路線です。

以下、記事中の「地下鉄」には「ニュートラム」、「バス」には「いまざとライナー」を含みます。

※シティバスのUSJ行き、IKEA鶴浜行きの路線では適用されません。

※JRや私鉄、阪急バス、近鉄バス、京阪バスなど民営バスとの乗り継ぎは対象外です。

「乗り継ぎ割引」はカード利用限定

「乗り継ぎ割引」は、上記の交通機関を、”カード”を使って利用する場合に限って適用されます。

現金、定期券、バス回数券、バス1日乗車券(モバイルチケット)で乗車したときは、割引になりません。

【「乗り継ぎ割引」が受けられるカード】

  • 「回数カード」
  • 交通系のICカード(ICOCA、PiTaPa、Suica、Kitaca、PASMO、はやかけん、SUGOCA、マナカ、TOICA、nimoca)

※「回数カード」は10%の割引付きのプリペイドカードです。地下鉄の駅券売機で買えます。「回数カード」を使って「乗り継ぎ割引」を受けると、ダブルでお得です。

「回数カード」で「乗り継ぎ割引」が受けられない場合

  • 1枚で複数人分の運賃支払に使った場合。
  • 現金と併用した場合
  • 大人用カードを子供が使った場合。
  • 残高不足で駅の精算機で精算した場合(精算する前に駅員に申し出てください)。

※ICカードは、ICOCA、PiTaPaのほか、他地域のものも対象なので、旅行や出張の人も割引を受けやすくなっています。

「乗り継ぎ割引」でお得になる金額

気になる「乗り継ぎ割引」で、お得になる金額ですが、このように設定されています。

乗り継ぎパターン 割引金額 適用条件(時間制限)
地下鉄・ニュートラム
シティバス
合計額より
大人100円、子供50円割引
同じ日ならいつでもOK
シティバスシティバス 合計額より
大人210円、子供110割引
最初のバスを降車後90分以内に
次のバスを降りる
地下鉄・ニュートラム
いまざとライナー
合計額より
大人100円、子供50円割引
同じ日ならいつでもOK
シティバスいまざとライナー 合計額より
大人210円、子供110割引
最初のバスを降車後90分以内に
次のバスを降りる

ちなみに、地下鉄とバスなどの通常運賃はこちら。

大人 子供
地下鉄・ニュートラム1区 180円 90円
地下鉄・ニュートラム2区 230円 120円
地下鉄・ニュートラム3区 280円 140円
地下鉄・ニュートラム4区 330円 170円
地下鉄・ニュートラム5区 380円 190円
シティバス 一律210円 一律110円
いまざとライナー 一律210円 一律110円

実際の割引は、カードで乗車して、時間制限内に乗り継ぎすると、自動的に2乗車目の運賃が差し引かれます。

3回以上の乗り継ぎは偶数回(4回目、6回目、8回目)が割引になります。

「乗り継ぎ割引」の注意点

時間制限あり!

大阪地下鉄(メトロ)&シティバスの「乗り継ぎ割引」の金額、利用方法、条件、注意点

乗り継ぎ割引には、上表のとおり、時間制限があります。割引になる乗り継ぎは、同じ日のうちに行ったものに限ります。

さらに、「バス⇔バス」の場合は、1乗車目のバスを降りてから、90分以内に2乗車目のバスを降りる(”乗る”ではないという、ちょっと分かりづらい決まりがあります。

市内で90分以内というのは、すんなり乗り継げば、たいがい余裕ですが、もし1乗車目と2乗車目の間に、何か用事とかあると、時間オーバーになる可能性があります。

「バス⇔バス」の乗り継ぎ割引は、2乗車目の運賃210円が実質無料とメリットが大きいので、この時間制限は意識しておいた方が良いです。

利用は連続で!

ICOCAやPiTaPaなどICカードの場合ですが、乗り継ぎ割引は、対象の地下鉄、バスを連続して利用しないと適用されません。

例えば、「地下鉄⇒JR⇒シティバス」といったふうに、中間に他の交通機関を挟むと割引は適用になりません。

「乗り継ぎ割引」の実例

大阪地下鉄(メトロ)&シティバスの「乗り継ぎ割引」の金額、利用方法、条件、注意点

ここで、地下鉄、バスの「乗り継ぎ割引」が具体的にどのように実施されるのかを、例でみてみましょう。

まず、地下鉄を230円区間(梅田駅~難波駅など)を乗って、その日のうちにシティバス(210円)に乗り継いだ場合、通常は合計440円かかります。そこに「乗り継ぎ割引」が適用されると、バス代が100円が割引になって340円で済みます。約23%割引です。

①地下鉄 ②バス 合計
230円 210円 通常460円
230円 210円-100円 340円

逆に同じ区間をバスから地下鉄への乗り継いだ場合は、地下鉄代が割引になって、金額的には同じ340円になります。

①バス ②地下鉄 合計
210円 230円-100円 340円

また、バスとバスを乗り継いだ場合は、通常は合計420円です。同じ日に90分以内で乗り継ぐことで、2乗車目が210円割引になって合計210円と半額に。要は、2乗車目のバス代が実質無料になります。

①バス ②バス 合計
210円 210円 通常420円
210円 210円-210円 210円

ちなみに「バス⇒バス⇒バス⇒バス」の乗り継ぎでは、先述の通り、2乗車目と4乗車目の偶数回の運賃が割引になります。

①バス ②バス ③バス ④バス 合計
210円 210円-210円 210円 210円-210円 420円

また、「地下鉄⇔バス」「バス⇔バス」の「乗り継ぎ割引」の”合わせ技”も一部できます。

例えば、地下鉄(230円)⇒バス(210円)⇒バス(210円)と乗り継ぐと、通常は合計650円。「乗り継ぎ割引」の条件が適用なら、340円となります。約48%割引とかなりお得です。

①バス ②バス ③地下鉄 合計
210円 210円 230円 通常650円
210円 210円-210円 230円-100円 340円

「バス⇒バス⇒地下鉄」も場合も同じです。

①地下鉄 ②バス ③バス 合計
230円 210円-100円 210円-210円 340円

同じようなパターンでも、順番が「バス⇒地下鉄⇒バス」になると「バス⇒地下鉄」の部分のみが「乗り継ぎ割引」の対象になります。

①バス ②地下鉄 ③バス 合計
210円 230円-100円 210円 550円

「地下鉄⇒バス⇒地下鉄」の場合も同じです。

①地下鉄 ②バス ③地下鉄 合計
230円 210円-100円 230円 570円

”合わせ技”は、「バス⇔バス」の乗り継ぎが絡むと発揮します。

※「バス⇔バス」の2乗車で1乗車分とみなすからです(2乗車目が実質無料なので)。

「乗り継ぎ割引」利用方法(まとめ)

大阪地下鉄(メトロ)、バスの「乗り継ぎ割引」の利用方法

以上のようにお得な大阪の地下鉄、バスの「乗り継ぎ割引」ですが、その利用方法(適用される方法)は、「回数カード」か、ICOCA(イコカ)やPiTaPa(ピタパ)などICカードを使って乗るだけです。事前登録など手続きは要りません。

地下鉄やバスに乗降する際に、それらのカードを直接、普通に駅の改札機やバス車内のカード読み取り機に通すと、適用の条件に合っていれば、自動的に運賃が割引されます。めちゃくちゃ簡単です。

このため、カードの利用者なら、自分の知らないところで、運賃が割引になっていることもありえます。

大阪地下鉄&バス「乗り継ぎ割引」公式サイト

大阪の地下鉄とバスの「乗り継ぎ割引」の最新情報については、大阪メトロの公式サイトで確認ください。地下鉄とバスを乗り継ぐ経路検索もできます。

大阪メトロ公式サイト

大阪の地下鉄&バスの「乗り継ぎ割引」は、金額的に節約インパクトがそれなりにありますので、うまく活用してみてください。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク