.

金剛山へ安く行くなら南海ハイキングきっぷ【交通費が約2割お得】

南海電車「金剛山ハイキングきっぷ」の内容と値段、購入方法

お悩み中
お悩み中
金剛山へ電車で出かけたいけど、交通費はなるべく節約したい。安く行ける方法やお得な切符とかあれば知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容】

  • 南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

金剛山へ登山やハイキングに、なるべく交通費を節約して出かけたい…というあなたは、まずは、南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」という切符を、チェックしてみてください。

これは、金剛山まで往復の電車とバスのアクセスがセットなった割引切符で、通常より2割ほどお得になります。

ここでは、「金剛山ハイキングきっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。【2021年版】

この記事で、「金剛山ハイキングきっぷ」のことを、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん

現在「金剛山ロープウェイ」は、施設上の問題で運休しています(無期限)。徒歩登山はできます。

最新情報は千早赤坂村の公式サイトで確認ください。

「金剛山ハイキングきっぷ」ってどんな切符?

金剛山まで往復の電車&バスがセット!

金剛山へ電車行く場合は、最寄り駅は南海・近鉄「河内長野駅」か、近鉄「富田林駅」になります。それぞれから、登山口までバスが出ています。

「金剛山ハイキングきっぷ」は、このうち、南海電車をお得に利用できます。

南海電車、泉北高速の発売駅から河内長野駅までの往復乗車券と、河内長野駅と金剛山までの路線バス(南海バス)の往復乗車券がセットで割引になったもの。

  • 南海電車・泉北高速の発売駅~河内長野駅の往復。
  • 南海バスの河内長野駅~金剛山(金剛登山口/ロープウェイ前)の間の往復。

南海金剛山ハイキング切符

※乗り放題(乗り降り自由)ではありません。それぞれ行き帰りに1回ずつ乗車できます。

※途中下車できません。下車すると、その先の区間は無効になります。

【金剛山へのアクセス、電車の最寄駅】

「金剛山」は大阪府と奈良県の境にあって、標高は1125m。大阪府で一番高い山です。1年を通して登山やハイキングが楽しめます。

金剛山へのアクセス(行き方)ですが、電車で行く場合は、つぎの2通りが一般的です。


  1. 南海電車高野線「河内長野駅」【難波方面から】
    河内長野駅」から南海バスで「金剛登山口」または「金剛山ロープウェイ前」下車(長野駅から約40分)
  2. 近鉄電車長野線「富田林駅」【大阪阿部野橋(天王寺)方面から】
    「富田林駅」から金剛バスで「金剛登山口」または「千早ロープウェイ前」下車(富田林駅から約35分)

※「金剛山ロープウェイ前」と「千早ロープウェイ前」のバス停は同じ場所です。

※行きは「金剛登山口」のバス停で下車が便利です。【ロープウェイ運休中】

飲食店での割引優待など特典付き!

「金剛山ハイキングきっぷ」には、河内長野駅の周辺で提携している飲食店などで、料金の割引など優待が受けられる特典がついています。

※優待が受けられる場所については公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

「金剛山ハイキングきっぷ」の値段は?(2021年版)

南海電車「金剛山ハイキングきっぷ」の内容と値段、発売期間、購入方法

「金剛山ハイキングきっぷ」の値段は発売駅によって変わってきます。主な発売駅からの値段は下記の通りです。

発売駅 大人 子供
難波駅 1,740円 890円
新今宮駅・天下茶屋駅 1,630円 830円
堺駅 1,740円 890円
岸和田駅 2,020円 1,030円
和歌山市駅 2,500円 1,270円
堺東駅・三国ヶ丘駅 1,430円 730円
中百舌鳥駅 1,370円 690円
林間田園都市駅 1,370円 690円
橋本駅 1,430円 730円
和泉中央駅 1,770円 890円

※特急を利用する際は、別に特急券の購入が必要です。

※「金剛山ハイキングきっぷ」は上記の駅以外でも発売されています。あなたが利用する駅が発売駅ではないときは、最寄りの発売駅までの運賃が別に必要な場合があります。

「金剛山ハイキングきっぷ」はどれくらいお得?

主な駅から金剛山へ普通の運賃で行った場合と「金剛山ハイキングきっぷ」を使った場合とを比べてみました(大人の場合)。

発着駅 電車往復 バス往復 通常合計 金剛山ハイキング切符
難波 1,140円 960円 2,100円 1,740円 17%割引
新今宮・天茶 1,000円 960円 1,960円 1,630円 17%割引
1,140円 960円 2,100円 1,740円 17%割引
岸和田 1,500円 960円 2,460円 2,020円 18%割引
和歌山市 2,100円 960円 3,060円 2,500円 18%割引
堺東・三国丘 760円 960円 1,720円 1,430円 17%割引
中百舌鳥 680円 960円 1,640円 1,370円 16%割引
林間田園都市 680円 960円 1,640円 1,370円 16%割引
橋本 760円 960円 1,720円 1,430円 17%割引
和泉中央 1,140円 960円 2,100円 1,770円 16%割引

※河内長野駅~金剛山の南海バス普通運賃(大人片道)

金剛登山口 金剛ロープウェイ前
河内長野駅 480円 530円

上の比較表のバス運賃は「金剛登山口」までの往復で計算しています。

「金剛山ハイキングきっぷ」を使うと、使わない場合に比べて16~18%交通費が安くなります。バスを「ロープウェイ前」まで往復利用した場合は20~22%お得です。

「金剛山ハイキングきっぷ」の発売期間&有効期間は?(2021年版)

発売期間(買える期間)

南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」は下記の期間で発売しています。

【2021年版】
2021年(令和3年)4月1日~2022年(令和4年)3月31日

※金剛山は1年を通して登山やハイキングを楽しめます。

有効期間(使える期間)

【2021年版】
2021年(令和3年)4月1日~2022年(令和4年)3月31日のうちの連続した2日間

「金剛山ハイキングきっぷ」は2日間有効ですので、日帰りだけでなく1泊旅行にも使えます。

「金剛山ハイキングきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「金剛山ハイキングきっぷ」は、出発日の1ヶ月前から当日まで、下記の場所で購入できます。支払いにクレジットカードも使えます。

購入する際は、利用開始日(金剛山へ出かける日)を指定しないといけません。

南海電車 難波駅(2Fサービスセンター・3F特急券発売所)、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅、羽衣駅、泉大津駅、岸和田駅、貝塚駅、泉佐野駅、尾崎駅、みさき公園駅、和歌山大学前駅、和歌山市駅、りんくうタウン駅、関西空港駅、住吉東駅、堺東駅、三国ヶ丘駅、中百舌鳥駅、初芝駅、北野田駅、金剛駅、林間田園都市駅、橋本駅、高野山駅の各駅窓口
泉北高速 各駅の窓口(定期券売り場)
旅行会社 全国のJTB、近畿日本ツーリストの支店や営業所
※難波、新今宮、関西空港駅発着分のみ発売です。
※取扱手数料がかかる場合がありますので買う前に確認を。

購入後に使わなくなった場合は、有効期間内で全て未使用であれば、買った場所で払い戻ししてもらえます。ただし手数料が520円かかります。

「金剛山ハイキングきっぷ」公式サイト

「金剛山ハイキングきっぷ」の最新情報は南海電車の公式サイトで確認ください。モデルコースなども掲載されています。

南海電車公式サイト

金剛山の最寄駅「河内長野駅」へは、例えば、難波駅から急行で片道40分弱です。登山自体は一般的な登山口からの経路で約7.4kmの約3時間ほど。6~7時間があれば金剛山に登って帰ってこられます。

このように、南海電車の沿線以外からも比較的行きやすい山です。「金剛山ハイキングきっぷ」を使って出かけてみては。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク