.

阪神電車乗り放題「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」発売!普段使いにも

」普段の晩酌や飲み会とか、お祭りやお正月など晴れの席で、白鶴、白鹿、大関、菊正宗、日本盛、松竹梅、剣菱など、神戸市と西宮市の「灘五郷」で造られた「灘の酒」にお世話になっている人は多いと思います。

阪神電車乗り放題「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の内容、値段、購入方法

その「灘五郷」にある酒造会社(酒蔵)へ見学・試飲・食事、直売所へ買い出しに出かけるときに便利な「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」という乗り放題切符が、阪神電車で期間限定発売されます。ここではその内容や値段、購入方法をまとめました。

ちなみに、「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」は、「酒蔵めぐり」は名前が入っていますが、買い物や行楽、仕事の外回りなど普段使いもできますので、お酒が飲めない人もチェックしてみてください。【2019-2020年版】





「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」ってどんな切符?(2019-2020年版)

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」は、”酒蔵めぐり”と名前に入っていますが、実際は阪神電車の全線が1日乗り降り自由で利用できる乗り放題切符=1日乗車券です。

酒蔵めぐりをしなくても、普通に観光や買い物、仕事の外回りなどいろいろ使えます。

阪神電車「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の乗り放題区間

【利用できる区間】

  • 阪神電車全線(元町駅より西側の西代駅、湊川駅方面の神戸高速線も含みます)

※阪神電車は、沿線の日本一の酒どころ「灘五郷」を盛り上げるため、灘五郷の酒造組合や地元の神戸市、西宮市と共同で積極的にPR活動を行っています(2017年10月~「灘の酒蔵」活性化プロジェクト)。「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の発売もこの活動の一環です。

【灘五郷の場所とその最寄駅】

「灘五郷」とは、神戸市の「西郷」「御影郷」「魚崎郷」と、西宮市の「西宮郷」「今津郷」という酒の産地を合わせた呼び名です。全国の日本酒の約25%を製造している日本を代表する”酒どころ”のひとつです。

阪神電車乗り放題「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」

※灘五郷の見学施設や直売所がある主な酒蔵

西郷 沢の鶴 大石駅より徒歩約10分
御影郷 白鶴 住吉駅より徒歩約5分
御影郷 菊正宗 魚崎駅より徒歩10分
御影郷 福寿 石屋川駅より徒歩8分
御影郷 仙介、琥泉 石屋川駅より徒歩約8分
御影郷 大黒正宗 石屋川駅より徒歩約10分
御影郷 甲南漬 新在家駅より徒歩約5分
魚崎郷 千代田蔵 深江駅より徒歩約15分
魚崎郷 浜鶴福 魚崎駅より徒歩約10分
魚崎郷 櫻正宗 魚崎駅より徒歩5分
西宮郷 日本盛 西宮駅より徒歩15分
西宮郷 白鷹 西宮駅よりバス
西宮郷 白鹿 西宮駅より徒歩約15分
西宮郷 寶娘 今津駅より徒歩約20分
西宮郷 徳若 今津駅より徒歩約20分
今津郷 大関 今津駅より徒歩約5分
くわしくは【灘五郷酒造組合】の公式サイトで確認ください。また「パ酒ポート灘五郷 2019-2020」というガイド本も発売されます(下方にリンクがあります)。

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の値段は?

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」(2019-2020年版)の値段はこちら。大人用のみの発売です。

大人用 900円

お手頃な感じですが、阪神電車は運賃が比較的安いので、びっくりするほど格安な値段ではありません。

酒蔵の最寄駅まで単に往復するだけだと高くなります。酒蔵に行ったついでに、大阪(梅田、難波)や三宮へ行くなど、阪神電車の駅で(区間によりますが)だいたい最低4回乗り降りすると元は取れます。もちろん乗り放題なので、乗り降りを繰り返すほどに得になります。

※【参考】主な区間の普通運賃(片道)

阪神電車初乗り運賃 150円
大阪梅田駅~神戸三宮駅 320円
大阪難波駅~神戸三宮駅 410円
大阪梅田駅~西宮駅・今津駅 270円
神戸三宮駅~西宮駅・今津駅 270円
大阪梅田駅~石屋川駅 310円
神戸三宮駅~石屋川駅 190円
西宮駅~石屋川駅 240円

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の値段に、たった300円をプラスするだけで、阪急電車の全線も乗り放題できる「阪急阪神1dayパス」、南海電車の堺市内まで乗り放題の「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」(各1,200円)が買えます。それぞれの沿線から酒蔵めぐりに出かけるときにも便利です。

【阪急阪神1dayパス】
(2020年3月31日まで)宝塚や京都方面も利用OK

【堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ】
(2019年11月30日まで)堺市内までOK。

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

阪神電車の「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」は下記期間の限定発売です。

【2019-2020年版】
2019年(令和元年)9月1日~2020年(令和2年)5月10日

※数量も限定となっていますので、期間中でも売り切れ次第で発売終了となります(発売枚数は未公表)。

有効期間(使える期間)

【2019-2020年版】
2019年(令和元年)9月1日~2020年(令和2年)5月10日のうちの好きな1日間
※利用日の始発から終電まで乗り放題できます。

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」はどこで買える?(購入方法)

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」は、次の場所で出かける当日はもちろん事前にでも購入できます。

  • 阪神電車の大阪梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、御影駅、神戸三宮駅、新開地駅の駅長室
  • 阪神電車サービスセンター(神戸三宮駅西口)
  • 阪神西宮おでかけ案内所(西宮駅戎口)

大阪難波駅では買えませんので注意してください。
※買った後で使わなくなった場合は、未使用で有効期間内でしたら、買った場所で払い戻しを受けられます(手数料がかかります)。

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」公式サイト

「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」(2019-2020年版)の最新情報は、阪神電車の公式サイトで確認ください。

阪神電車公式サイト

各酒蔵について詳しくは灘五郷酒造組合の公式サイトをチェックください

「灘五郷」をスタンプラリー形式でめぐる「パ酒ポート灘五郷」というガイド本が発売されています(550円)。「灘の酒」の歴史や21社ある酒蔵のそれぞれの特色などの解説や見学施設、直売所の案内のほか、商品の割引やプレゼントがもらえる優待特典が付いた内容です。酒蔵めぐりのお供に、参考まで。

※「パ酒ポート灘五郷」は、本屋のほか、スタンプラリー参加の酒蔵や阪神電車「灘五郷酒蔵めぐり1dayチケット」発売場所駅(上記参照)などで買えます。



⇒アマゾンでも買えます【送料無料】
スポンサーリンク