.

大阪~豊岡・城崎「こうのとり」は早め予約で1~3割引に【早特がお得】

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

お悩み中
お悩み中
大阪~福知山・豊岡・城崎温泉のJR特急「こうのとり」号に安く乗れる格安チケットやお得な方法はないやろか。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • JRの「WEB早特」というお得な切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

大阪~福知山・豊岡・城崎温泉をJRの特急で、できるだけ安く移動したいというあなたは「WEB早特」という切符をチェックしてみてください。

この切符は、新大阪駅と城崎温泉駅を結んでいる特急「こうのとり」号に、早めに予約することで、通常より1~3割引でお得に利用できるというものです。

ただ、発売はインターネット限定になっています。

ここでは、JR「WEB早特」の内容、値段、発売期間、購入方法を紹介します。

「WEB早特7」は、2022年5月9日~7月15日の乗車分に限って、利用の前日まで予約(購入)可能です。

この記事で、JR「WEB早特」について、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん

大阪から城崎へ「日帰り」は、「JRで気軽に日帰り城崎」というプランがお得。7,500円~11,900円です。





JRこうのとり「WEB早特」ってどんな切符?

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

早期予約者向けの片道用割引切符です。

「WEB早特」は、JR西日本の対象特急列車を、早めに予約することで普通指定席の運賃・料金が1~3割引になるという切符です。

特急「こうのとり」号は、「WEB早特」の発売対象になっています。

上り、下りとも、片道単位で購入できます。

「WEB早特」は、予約の時期によって3種類あり、割引率が違います(後述します)。

種類 予約(購入)の時期
WEB早特7 乗車日の1か月前の10:00から7日前まで

⇒2022年5月9日~7月15日の乗車分は、利用の前日まで予約OK

WEB早特14 乗車日の1か月前の10:00から14日前まで
WEB早特21(終了) 乗車日の1か月前の10:00から21日前まで

「WEB早特21」の発売は終了しました(2022年5月10日)

なお、「WEB早特」で発売される座席数は限定されています(数は未公表)。それが売り切れると発売終了です。

このため、同じ「こうのとり」でも「WEB早特」で照会すると満席で、通常(正規料金)では空席ありといった状況もありえます。

1人から利用できます。

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

「WEB早特」は、1人から利用できます。一人旅はもちろん、仕事や用務、帰省にも使いやすいです。

インターネット限定の発売です。

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

「WEB早特」は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」限定の発売です。

駅の窓口や券売機では買えません。

購入できる区間が決まっています。

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点
「こうのとり」号の「WEB早特」は、発売区間(出発駅~到着駅)が次のように設定されています。

※利用する「こうのとり」号によっては、福知山駅で別の特急(きのさき号)に乗り換えになる場合があります(接続はいいです)。

  • 新大阪駅
  • 大阪駅
  • 尼崎駅
⇔⇔⇔
途中下車(改札から駅の外へ出る)できません。
  • 福知山駅
  • 豊岡駅
  • 城崎温泉駅

上記の設定駅以外の「こうのとり」停車駅でも乗り降りは可能です。

JR特急「こうのとり」に1~3割引で安く乗れるお得な切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法

例えば、停車駅の「八鹿」駅で乗車・下車したい場合は、豊岡駅発着の「WEB早特」を買えば大丈夫です。

逆に、「こうのとり」号の停車駅以外では乗車/下車できません。

「WEB早特」が有効なのは「こうのとり」の停車駅同士の区間だけです。

停車駅で下車したら、その駅で「WEB早特」は終了です(乗車券部分も)。普通列車に乗り継ぐ場合は別運賃が必要です。

JRこうのとり「WEB早特」の値段は?

「WEB早特」は、先に触れたように、予約の時期によって割引率が変わります。表のように、早いほどお得です。

種類 割引率
WEB早特7 1割引
WEB早特14 2割引
WEB早特21(終了) 3割引

「こうのとり」の正規料金(運賃+指定席特急料金)はこちら(大人片道、通常時)。

「こうのとり」利用区間 普通運賃・料金
新大阪駅~福知山駅 3,930円
新大阪駅~豊岡駅 5,370円
新大阪駅~城崎温泉駅 5,700円
大阪駅~福知山駅 3,930円
大阪駅~豊岡駅 5,370円
大阪駅~城崎温泉駅 5,700円
尼崎駅~福知山駅 3,930円
尼崎駅~豊岡駅 5,370円
尼崎駅~城崎温泉駅 5,370円

この値段が「WEB早特」を使うと、下表のようになります(大人片道、通常期)。子供は半額です。

「WEB早特」の値段(大人片道・通常期)

「こうのとり」乗車区間 早特7 早特14 早特21
新大阪駅~福知山駅 3,530円 3,140円 2,740円
新大阪駅~豊岡駅 4,830円 4,290円 3,750円
新大阪駅~城崎温泉駅 5,120円 4,550円 3,980円
大阪駅~福知山駅 3,530円 3,140円 2,740円
大阪駅~豊岡駅 4,830円 4,290円 3,750円
大阪駅~城崎温泉駅 5,120円 4,550円 3,980円
尼崎駅~福知山駅 3,530円 3,140円 2,740円
尼崎駅~豊岡駅 4,830円 4,290円 3,750円
尼崎駅~城崎温泉駅 4,830円 4,290円 3,750円

なお、値段は時期によって変動します(正規料金でも)。

「WEB早特」の場合、「繁忙期」は上記の値段より180円(子供90円)高く、「閑散期」は180円(子供90円)安くなります。

「繁忙期」と「閑散期」の区別は、JRが決めたもので、それぞれの期間はこちらで確認できます。




JRこうのとり「WEB早特」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

「WEB早特」は、下記の期間限定の発売です。

WEB早特7 2022年(令和4年)3月1日~2023年(令和5年)3月24日
WEB早特14 2022年(令和4年)3月1日~2023年(令和5年)3月17日
WEB早特21 2022年(令和4年)3月1日~5月10日(終了)

「WEB早特21」は発売期間、利用期間とも短くなっています。

有効期間(使える期間)

WEB早特7 2022年(令和4年)4月1日~2023年(令和5年)3月31日
WEB早特14 2022年(令和4年)4月1日~2023年(令和5年)3月31日
WEB早特21 2022年(令和4年)4月1日~5月31日

JRこうのとり「WEB早特」の購入方法は?

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の購入方法、注意点

繰り返しになりますが、「WEB早特」はインターネット限定発売です。

JR西日本の予約サイト「e5489」で、利用する日の1ヶ月前の10:00から購入することができます。

「e5489」を初めて利用するときは、JR西日本の公式サイト(下方にリンクあり)で、「JR-WESTネット会員」に登録する必要があります。

手続きは簡単です。登録料や会費など費用も一切かかりません。

「WEB早特」予約~購入の流れ

(1)「e5489」で予約する。

パソコンやスマホからJR西日本公式サイトの「e5489」にアクセスして、「WEB早特」を利用する日にちと列車(座席)、そして乗車区間を選んで予約(申し込み)します。そのあと、支払いとなります。

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

(2)料金を支払う。

支払いの方法は、クレジットカード、コンビニ払い、駅払いが選べます。

クレジットカードカード払いは予約完了時にそのまま決済になります。

コンビニ払いと駅払いの場合は、予約が完了すると支払い期限が表示されますので、それまでにそれぞれで支払います。その期限までに支払わないと予約は自動的に取り消されます。

(3)駅で切符を受け取る。

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

「WEB早特」はチケットレスではありません。切符の現物が無いと乗車できません。

「WEB早特」の現物は、「e5489」で予約、料金の支払いを済ませた後、利用する当日の乗車時刻までに、駅の「みどりの窓口」または「みどりの券売機」で受け取ります。

「WEB早特」を買った後で使わなくなった場合、インターネット上で切符の取り消しと払い戻しできます。ただし手数料(560円)がかかります。

「WEB早特」の注意点

大阪~城崎のJR「こうのとり」をお得に利用できる割引片道切符「WEB早特」の値段、発売期間、購入方法、注意点

(1)予約の変更はできません。

「WEB早特」は、一度予約を確定したら、利用する日や乗車する列車、区間の変更はできません。

早い時点で予約することになるので、この点は特に要注意です。

どうしても変更したいときは、一旦予約を取り消して払い戻しを受けてから、あらためて一から予約しなおすことになります。その際、払い戻し手数料(560円~)がかかります。

なお、すでに「WEB早特」の切符現物をすでに受け取っている場合、予約列車の出発時刻前までに、駅で新たな切符(正規の運賃・料金券)を買うと、手数料無しで払い戻ししてもらえます。

(2)予約した「こうのとり」にしか乗れません。

「WEB早特」は、予約した「こうのとり」以外は乗れません。

利用当日、予約の「こうのとり」に乗り遅れた(乗れなかった)場合、後の便の「こうのとり」を含め、別の特急列車は利用できません。

利用するには、特急券(指定席券)だけをあらためて買う必要があります(乗車券部分は有効です)。

予約した「こうのとり」よりも早い便に乗る場合も「WEB早特」は使えません。

このときは、正規料金であらたに乗車券と特急券(指定席券)を買い、そこで「WEB早特」の現物に「不使用証明」を受けます。これによって手数料無料で払い戻ししてもらえます。

「こうのとり」号は全車指定席で自由席がありません。乗車には必ず指定券が要ります。最悪、満席の場合は「立席(座席無し)」になります。

JR西日本「WEB早特」公式サイト

「WEB早特」についての詳細や最新情報はJR西日本の公式サイト(JRおでかけネット)で確認ください。

JR西日本公式サイト

あなたが、50歳以上でしたら「おとなびWEB早特」という切符を使うと、7日前まで2割引き(WEB早特14と同じ)で「こうのとり」を利用できます(利用区間限定)。

 「おとなびWEB早特」はこんな切符です。50歳以上は必見!

「WEB早特」は、早期予約で変更不可という点が不便ですが、大阪~豊岡・城崎の最速「こうのとり」が割引で乗れるのはお値打ちです。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク