.

関西JRの1日乗り放題が1000円!発売対象限定【プラスきっぷ】

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の値段、発売期間、購入方法(買い方)

お悩み中
お悩み中
この11月に、関西でJRを利用してちょっと出かようかなと考えているんやけど、その際の電車代はなるべく節約したい。安くていい切符はないやろか。

こんなお悩みに提案します。

【この記事の内容】

  • JR西日本の「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」という切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

11月に、関西(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)で、JRの乗って、できるだけ安く出かけたいというあなたは、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」という切符を、”一応”チェックしてみてください。

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、名前の通り、関西地区のJR1日乗車券なんですが、値段が異常に安くて、なんと超破格の1,000円!知る限りでは史上最安です。

ただ、発売の対象者(買える人)が、指定の期間中に「ICOCA定期」を購入した人と限定されています。

でも、普段JRを利用しない人、定期券を買うほど乗らない人でも、行先によっては「ICOCA定期」を買うことで、全体の交通費節約が期待できるんです。

ここでは、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の内容と対象者と値段、発売期間、購入方法を紹介していきます。

この記事では、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」がどんなものかを、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん





「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」ってどんな切符?

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、こんな内容です。

ICOCA定期券の購入者限定

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の値段、発売期間、購入方法(買い方)

まず「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、だれでも買えるものではありません。発売の対象者が限定されています。

次の条件を満たした人だけが買うことができます。

  • JR西日本の「ICOCA定期」券を、2021年9月15日~10月15日の間に購入して、そのあと、インターネットの専用サイトでエントリー(登録)する。

JR西日本の「ICOCA定期」を買うことが、第一条件です。

「ICOCA定期」とは、ICカードのICOCA(イコカ)と定期券と合体したものです。ICOCAの表面に定期券の利用者名や区間、有効期限などが印字されています。

指定期間に買ったJR西日本の「ICOCA定期」でしたら、「通勤/通学/子供用」、「新規購入/継続購入」、「有効期間(1ヶ月/3か月/6か月)」といった種類は問いません。

ただし、「ICOCA定期」でも、利用区間にJR西日本が含まれていないもの(私鉄、地下鉄、バスだけ)と、従来の磁気カード式定期券(ペラペラのプラスチック製)は対象外です。

それから、ICOCA定期を買うだけではダメで、インターネットで登録(エントリー)もやらないといけないので要注意です。

なお、普段JRは使わない、定期券を買うほど乗らない、という人でも、行先や使い方によっては、「ICOCA定期」を買い捨てしても、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を使った方が、お得な場合があります(後述します)。遠出を検討中なら、要チェックです。

関西のJRが乗り放題!

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山にまたがる、下図のような関西の広い範囲で、JRの乗り放題で利用できます(乗り降り自由)。

【関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」のJR乗り放題区間】

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の値段、発売期間、購入方法(買い方)

図の通り、関西の全ての路線が乗り放題ではありません。一部の支線や、北近畿(京都北部、兵庫北部)や南紀方面は範囲外になっています。

また、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」で乗れるのは、普通、快速、新快速です。

新幹線や特急には、特急券など追加料金を払っても乗れません。もし、利用するときは乗車券から購入する必要があります。

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の利用範囲は、「関西1デイパス」と同じです。

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の値段は?

あらためて、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の値段はこのようになっています。子供用もあります。

大人 子供
1,000円 500円

利用できる範囲を考えると、いうまでもなく激安です。区間によっては、片道を利用するだけでもお得。

ちなみに、同じ乗り放題範囲の「関西近郊休日ぶらりきっぷ」(2021年3月1日~9月25日発売)は、大人2,500円でした。

これだけ安いと、普段、JRや定期券を使っていない人も、行先によっては、わざわざ最短区間の1ヶ月定期を買って「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を利用した方が、経費全体としてお得な場合もあります。

【例】大阪から赤穂へ2人で日帰りする場合

ICOCA定期+プラスきっぷ 通常の場合
  • 通勤定期券1ヶ月(大阪駅~福島駅)3,960円
  • 「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」1,000円×2名
  • 普通運賃(大阪駅~播州赤穂駅)片道2,310円×2名×往復
合計5,960円(1名あたり2,980円) 合計9,240円(1名あたり4,620円)

このように、定期券を捨てても安くなります。そのうえ、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は乗り降り自由なので、赤穂への行き帰りだけでなく、例えば、姫路や神戸で途中下車もできます。

ちなみに、通勤定期券は、通勤してなくても、自由な区間で、誰でも買えます。身分証明書なども必要ありません。

【JR普通運賃の例(大人片道)】

大阪駅~敦賀駅 2,310円
大阪駅~長浜駅 1,980円
大阪駅~比叡山坂本駅 990円
大阪駅~亀岡駅 1,170円
大阪駅~和歌山駅 1,270円
大阪駅~播州赤穂駅 2,310円
京都駅~和歌山駅 1,870円
京都駅~三ノ宮駅 1,100円
京都駅~姫路駅 2,310円
三ノ宮駅~長浜駅 2,640円
三ノ宮駅~比叡山坂本駅 1,520円
三ノ宮駅~和歌山駅 1,870円
奈良駅~姫路駅 2,310円

※JRの運賃は、公式サイトの「JRおでかけネット」で簡単に検索できます(下方にリンクがあります)。




「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、期間限定の発売です。

2021年(令和3年)10月29日~11月29日

2021年9月15日~10月15日に「ICOCA定期」の購入とインターネット登録しておくことが必要です。

有効期間(使える期間)

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」が、実際に使えるのは、11月いっぱいです。

2021年(令和3年)11月1日~11月30日のうちの好きな1日間

※利用する当日は始発から午前0時を過ぎた最初の停車駅までが有効です。大阪の電車特定区間内では終電まで利用できます。

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」はどうやって買う?購入方法と注意点

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を購入方法(買い方)をまとめました。枚数制限など注意点がありますので、気を付けてください。

「ICOCA定期」を購入します。【2021年9月15日~10月15日】

※ICOCAは、他社で定期券として使っていなければ、どれでも使えます。また、持っていない人は、その場ですぐ買えます(保証金500円。解約時に返金されます)。

インターネットの専用サイトでエントリー(登録)します。【2021年9月15日~10月15日】

エントリーはこちら

※エントリーの際は、J-WESTネット会員への登録(費用無料)とログインが必要です。現在、JR西日本の予約サイト「e5489」の利用している人、あるいは今までに利用したことがある人は、ログインするだけです。

JR西日本の予約サイト「e5489」で「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を購入します。駅の窓口や券売機では買えません。【2021年10月29日~11月29日】

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の購入方法(買い方)

  • 購入の際は、利用する日を指定します。
  • 購入は、定期券購入者1人2回まで1回あたり最大3人分(本人+同行者2人)買えます(全員が同じ日に利用)。
  • 利用当日は買えません。購入は利用する3日前から前日の23:30まで
  • 支払いは、クレジットカード払いのみです。

利用当日の出発までに、JR駅の「みどりの窓口」または「みどりの券売機」に寄って、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の現物を受け取ります。

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の購入方法(買い方

切符の現物がないと、電車には乗れません。インターネットで買いますが、チケットレスではないので注意してください。

JR西日本のICOCA定期購入者対象「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の購入方法(買い方
いざ出発!

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を買った後で、利用日を変更したい場合、切符の現物を受け取る前で、変更可能なタイミングでしたら、自分で「e5489」上で1回できます。受け取り後はできません。

人数の変更はできません。減らす場合は220円の手数料がかかります。

また、使わなくなった場合は、未使用で有効期間内なら、払い戻ししてもらえます(手数料1枚220円)。切符受け取り前は「e5489」で、受け取り後は駅の「みどりの窓口」で手続きします。

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」公式サイト

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」の最新情報は、JR西日本の公式サイトで確認ください。

JR西日本公式サイト

「e5489」の利用、会員登録はこちら。

【参考】関西のお出かけ先の参考に

「じゃらん遊び・体験」検索

「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は、ICOCA定期券を買った人への特典です。それにしても1,000円という値段は魅力。うまく活用したい切符です。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク