.

※記事内に広告を含む場合があります。

夏の和歌山旅行にJR乗り放題の格安パス【現地交通・観光つき3日7800円】

JR
お悩み中
お悩み中
この夏に和歌山へJRで旅行に出かけたい。お得な切符とか格安プランとかないやろか。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事の内容】

  • JR西日本の「和歌山満喫わくわくパス」という周遊切符を紹介します(内容、値段、発売期間、買い方、使い方)。

 

今年の夏(7~9月)、和歌山へJRで旅行や帰省するのでしたら、JR西日本の「和歌山満喫わくわくパス」を、まずはチェックしてみてください。

 

これは、和歌山方面のJR乗り放題と、現地の交通、観光施設の利用がセットになった格安の周遊切符です。

 

ただ、購入や利用にあたって、スマホやICOCAが必要だったり、JR運賃をいったん立て替えるなど、注意点があります。

 

ここでは、「和歌山満喫わくわくパス」の内容と値段、発売期間、購入方法、利用方法、注意点をまとめました。

 

この記事を読むと、JR西日本の「和歌山満喫わくわくパス」について、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」ってどんな切符?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」とは?内容、値段、発売期間、購入方法

 

まず、「和歌山満喫わくわくパス」がどんな切符なのか、その内容と特徴を紹介していきます。

 

購入と利用にスマホとICOCAが必要。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」とは?内容、値段、発売期間、購入方法

 

「和歌山満喫わくわくパス」の購入や利用に際しては、次のものが必要です。

 

  1. インターネットにつながるスマホ(1人1台)
  2. ICカード「ICOCA(イコカ)」(JRの乗車用、1人1枚)
  3. KANSAI MaaS」アプリ(切符の購入、謎解きキット引き換え用)
  4. クレジットカード(切符代の支払い)

 

「和歌山満喫わくわくパス」は、紙の切符ではありません。

 

スマホとICOCAを使ったものになります(チケットレス)。

 

ICOCAは、今使っていたり、持っているもので大丈夫です。定期券やJR以外で買ったものでもOK。「スマートICOCA」や「モバイルICOCA」も使えます。

 

なお、使うICOCAは、番号を事前登録しないといけません(スマートICOCA、モバイルICOCAは不要。後述します)。

 

ICOCA以外のPiTaPaやSuicaなど交通系ICカードは使えません。

 

ICOCAを持っていない場合、スマホアプリ版の「モバイルICOCA」のインストールがおすすめです。

 

後述しますが、「和歌山満喫わくわくパス」では、利用した後でポイントチャージの手続きがあります。「モバイルICOCA」なら、駅に出向く面倒を省けます。

 

特に、JR西日本の沿線でないところに住んでいる人に便利です。

 

「モバイルICOCA」が使えないときや、カードのICOCAの方が良いときは、JR西日本や関西の私鉄、地下鉄の駅の窓口・券売機で購入できます。

 

それから、スマホの方には、「KANSAI MaaS(関西マース)」というアプリが必要です。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」に必要なアプリ

 

「KANSAI MaaS(関西マース)」とは、JR西日本と関西の鉄道会社が連携して提供している関西のお出かけや観光に便利な情報や機能をそなえたスマホアプリです。

 

「App Store」「Google Play」から無料でダウンロードできます。

 

そして、「和歌山満喫わくわくパス」の支払いは、クレジットカード限定です。

 

ただ、VISAやJCBなど国際ブランドのデビットカード(口座直払い)も基本的に使えます。

 

京阪神、奈良、滋賀~和歌山・紀南のJRが乗り放題!

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」の乗り放題範囲

 

「和歌山満喫わくわくパス」では、下図の範囲で、JRの普通列車(新快速、快速を含む)を、3日間乗り放題で利用できます。

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」の乗り放題範囲

 

このように、京阪神などから和歌山・紀南まで、広い範囲が対象です。

 

ICOCAは、片道200km以上の区間を「通し」で利用できません。ただし、「大阪近郊区間」内の駅と「くろしお」号停車駅(上図)との間は利用できます。

 

「くろしお」号など特急列車は、特急券を追加購入することで利用できます。※新幹線は除く。

 

和歌山県内の鉄道やバスもセット

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の現地交通機関(鉄道・バス)のセット内容

 

「和歌山満喫わくわくパス」では、次の和歌山県内の鉄道やバスも利用できます。

 

高野山や熊野古道などJRでは行けない場所へアクセスできて観光に便利です。

 

鉄道・バス
(乗り換え駅)
セットの周遊切符 内容
南海電車
(橋本駅)
高野山・世界遺産きっぷ
  • 南海電車の橋本駅~高野山駅の往復
  • 高野山内バス2日間乗り放題

※難波駅からは利用できません。

和歌山電鐵
(和歌山駅)
貴志川線1日乗車券
  • 和歌山駅~貴志駅の全線が1日乗り放題。

※ネコ駅長や可愛い装飾電車で人気のローカル線です。

紀州鉄道
(御坊駅)
3DAY乗車券
  • 御坊駅~西御坊駅の全線が3日間乗り放題。

※日本で一番短いローカル鉄道です。

龍神バス
(紀伊田辺駅)
熊野本宮線3日間フリー乗車券
  • 紀伊田辺駅~熊野本宮大社、湯の峰温泉、川湯温泉方面を3日間乗り放題(80、81、84、85系統)。
明光バス
(白浜駅)
白浜とくとく3日フリー乗車券
  • 白浜町内の路線を3日間乗り放題。
熊野御坊南海バス
(紀伊勝浦、那智、新宮駅)
悠遊フリー2日乗車券
  • 熊野地区(熊野三山、那智の滝など)の指定範囲を2日間乗り放題。

 

高野山、白浜、勝浦の観光施設付き

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の観光セット内容

 

「和歌山満喫わくわくパス」には、次の3か所の観光施設の利用が付いています。

 

 

上記の観光施設のほかに、「ホテルグランヴィア和歌山ホテルズカフェパスワード」「タリーズコーヒー和歌山MIO店」」「麺屋ひしおJR和歌山駅前店」「tanabe en+」(紀伊田辺)の飲食店で割引等が受けられる特典も付いてます。

 

JR乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の値段はいくら?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の値段

 

「和歌山満喫わくわくパス」の値段はこちら。

 

大人用のみの発売です。

 

大人 7,800円

 

「和歌山満喫わくわくパス」の値ごろ感はどうなのか、参考までに、通常の運賃や料金を挙げてみました。

 

【通常の運賃・料金の例】

JRの主な区間 片道運賃
大阪駅~新宮駅 4,840円
大阪駅~白浜駅 3,080円
大阪駅~和歌山駅 1,280円
京都駅~新宮駅 4,510
京都駅~白浜駅 4,070円
京都駅~和歌山駅 1,880円
三ノ宮駅~新宮駅 5,500
三ノ宮~白浜駅 3,740円
三ノ宮駅~和歌山駅 1,880円
和歌山駅~橋本駅 860円
和歌山駅~白浜駅 1,980円
和歌山駅~新宮駅 3,740円
白浜駅~紀伊勝浦駅 1,520円
白浜駅~新宮駅 1,690円
紀伊勝浦駅~新宮駅 240円
JR以外の鉄道・バス 運賃・料金
南海電車「高野山・世界遺産きっぷ」 2,820円
和歌山電鐵「貴志川線1日乗車券」 800円
紀州鉄道(JR御坊駅~西御坊駅) 片道150円
龍神バス「熊野本宮線4日間フリーチケット」 4,000円
明光バス「白浜とくとく3日フリー乗車券」 1,900円
熊野御坊南海バス「悠遊フリー2日乗車券」 3,500円
観光施設 料金
高野山デジタルミュージアム 1,000円
白浜海中展望塔 2,000円
「紀の松島めぐり」Aコース 1,800円

 

このように、JRだけの利用でも元は取りやすいです。出発地や和歌山の行先によっては、単に往復でもお得。

 

セットの鉄道・バスの切符や観光施設を利用すれば、お得さがぐっと増します。

 

【要確認】「和歌山満喫わくわくパス」の注意点

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の注意点、しくみ、特徴

 

「和歌山満喫わくわくパス」の値段には、大事な注意点があります。

 

それは、JRに乗る際は毎回、いったん運賃をICOCAで払わないといけないということです。

 

でも、支払った運賃は、「和歌山満喫わくわくパス」の使用後に集計されて、翌月末に全額まとめて「WESTERポイント」で返ってきます。

 

つまり、運賃を一時的に立て替えるイメージです。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の値段と注意点

 

このため、予算は切符代(7,800円)と見込みの運賃分が必要になります。

 

金額的には損しませんが、「和歌山満喫わくわくパス」は乗り放題なので、乗れば乗るほど得ですが、その分、出費が増えるというジレンマが生まれます。

 

特に、京阪神から南紀方面だと、運賃は片道4,000円前後するので、一時的とはいっても、それなりの負担になります。

 

それから、返金は現金ではなく「WESTERポイント」で行われるという点も、確認が必要です。

 

WESTERポイントも、いろいろ使い道がありますが、現金には及びません。

 

WESTERポイントは、ICOCAにチャージすることで、1ポイント=1円として、ICOCAが使える全国の鉄道やバス、スーパーやコンビニなどお店で使えるものです。

 

まとめると、「和歌山満喫わくわくパス」を利用するにあたっては、次の2つの点を確認しておいてください。

 

  • 予算は「切符代金7,800円+運賃立て替え用」分が必要なこと。
  • 返金は現金ではなくポイントであること。

 

ポイントの還元(返金)を受けるためには、「和歌山満喫わくわくパス」に使うICOCAを事前に登録しておく必要があります(後述)。ICOCAで乗るだけでは、ポイントは戻りません。

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」の発売期間と有効期間は?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の発売期間、有効期間

 

「和歌山満喫わくわくパス」とも、期間限定の発売です。

 

発売期間(買える期間)

 

2024年(令和6年)6月1日~9月30日

 

有効期間(使える期間)

 

2024年(令和6年)7月1日~10月2日の連続した3日間

 

※利用当日は、JRの始発から終発まで乗り放題できます(日付をまたがる場合は、0時を過ぎて最初の範囲内の駅の改札機を出るまでOK)。

 

※現地の電車・バスや観光施設も、JRの利用と同じ期間中に限って有効です。




JR乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」はどこで買える?(買い方・購入方法)

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の購入方法、買い方

 

「和歌山満喫わくわくパス」は、「KANSAI MaaS(関西マース)」という観光アプリ限定発売です。

 

JR西日本の駅や「WESTER」アプリ、予約サイト「e5489」では買えません。

 

購入は、利用する1ヶ月前から当日までできます。

 

支払い方法は、クレジットカードのみです。ただ、VISAやJCBなど国際ブランドが付いたデビットカードでも基本支払えます。

 

「KANSAI MaaS」アプリでの買い方は簡単です。

 

アプリを開いて、「チケット」のなかから「和歌山満喫わくわくパス」を選んで、購入手続きを進めていきます。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の購入方法、買い方

 

最初に、購入数(1人分のみ)と利用予定日を選択し、最後にクレジットカード番号を入力して終了です。ほどなく確認メールが届きます。

 

利用日は、後で変更できます(未使用で有効期間内)。手数料はかかりません。

 

ただ、払い戻しの場合は、手数料220円が発生します。

 

「KANSAI MaaS」を初めて使う際は、会員登録が必要です。

 

登録画面で規約同意したあと、メールアドレス認証⇒パスワード設定し、あなたの基本情報を入力します。

 

その項目はこちら。

 

  • 名前(漢字、フリガナ)※必須
  • 電話番号
  • 性別 ※必須
  • 生年月日
  • 居住国
  • 郵便番号
  • アンケート(メールマガジンの要否、興味関心)
  • ICカード番号(ICOCA、PiTaPa)

 

名前と性別だけが必須です。これだけで「KANSAI MaaS」のほとんどの機能が使えます。

 

「和歌山満喫わくわくパス」の購入には、さらに電話番号、生年月日、郵便番号、ICOCA番号の登録が必要です。

 

「くろしお」号など特急列車を利用する場合は、特急券だけを駅の「みどりの窓口」や「みどりの券売機」、あるいはインターネットの予約サイト「e5489」で購入してください。「KANSAI MaaS」では買えません。

※紀伊田辺駅~新宮駅限定で「くろしお」に300~700円で乗れる「トク特チケットレス」という特急券があります(7月1日~発売)。

トク特チケットレスの詳細  

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法は?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法(使い方)も、一般的なJR切符と違っています。

 

前もって準備することがありますので、特に注意が必要です。

 

前日までにICOCA番号を登録

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

「和歌山満喫わくわくパス」を利用するために、当日使うICOCAの番号を、利用(出発)の前日までに、次の2か所に登録します

 

当日になってからは、遅いです。

 

  • 「KANSAI MaaS」アプリ
  • 「WESTERポイントサービス」(スマートICOCA、モバイルICOCAは除く)

 

ICOCAの番号は、カードの裏に記載されています(モバイルICOCAは管理画面に)。

 

なお、すでに登録済みでしたら、この手続きは必要はありません。

 

両方にICOCA番号を登録しておかないと、支払った運賃が戻ってきません。大損します。

 

「KANSAI MaaS」アプリへのICOCA登録は、「マイページ」でできます。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方、ICOCA登録

 

「WESTERポイントサービス」への登録は、次の場所で行えます。

 

なお、「スマートICOCA」「モバイルICOCA」を使う場合は登録不要です。

 

 

このなかでは、駅の券売機が一番楽です。入力作業はなく、30秒ほどで完了します。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方、ICOCA登録

 

「WESTERポイントサービス」とは、ICOCAでJR西日本に乗ったり、買い物したりするとポイント(WESTERポイント)が貯まるサービスです。

 

「WESTERポイントサービス(ICOCAポイントサービス)」に、以前登録していても、25カ月以上全く使っていなければ、自動的に登録が解除されています。その時は、再登録してください。登録状況は券売機などで確認できます。

 

「和歌山満喫わくわくパス」の利用開始

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

「和歌山満喫わくわくパス」を利用する当日は、最初にスマホの「KANSAI MaaS」アプリのなかの「和歌山満喫わくわくパス」を選んで、「利用開始」の操作をします。

 

「チケット」⇒「利用前・利用中」⇒「和歌山満喫わくわくパス」選択⇒「チケットを使う」⇒「利用開始する」

 

そして、そのスマホと、登録済みのICOCAを忘れずに持って出かけます。

 

ICOCAには、あらかじめ、当面必要になると思われる金額をチャージ(入金)しておくことをおすすめします。チャージできない駅もあります。

 

JRに乗るには?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

「和歌山満喫わくわくパス」では、JRに乗るときは、登録したICOCAを使います。

 

ICOCAは、乗車駅と下車駅の自動改札機(またはカード読み取り機)「両方」で、タッチして出入りします。下車の際に、残高からいったん乗った分の運賃が引かれます。

 

タッチがちゃんとできていなくて、エラーが出ると、ポイント還元されません。普段より意識して確実にタッチすることが重要です。

 

ICOCAの残高が不足している場合は、券売機や精算機でチャージ(入金)してから改札機にタッチします。

 

なお、ポイント還元される運賃は、「和歌山満喫わくわくパス」の乗り放題範囲内で利用した分です。

 

範囲の内と外をまたぐ乗車は、全区間が還元の対象外になります。

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

例えば、姫路駅から白浜駅まで乗り通す(直行)と、全区間の運賃はポイント還元の対象外です。

 

これではもったいないので、乗り放題範囲の境目の「明石駅」で、いったん下車して改札の外へ出ます。そして、ICOCAであらためて改札を入って、白浜駅まで乗車します。

 

面倒ですが、こうすることで、明石駅~白浜駅の運賃は戻ってきます。逆にそうしないと損です。

 

乗り放題範囲の中から外へ出るときも同じです。

 

ポイントが返ってきたらICOCAにチャージ

 

「和歌山満喫わくわくパス」で、当日、乗り放題範囲で乗った分の運賃は、翌月の末に「WESTERポイント」で返ってきます。

 

その「WESTERポイント」は、そのままでは使えません。ICOCAの中に入れてやる必要があります(=チャージ)。

 

その手続きは、JR西日本の駅にある券売機や精算機、チャージ機で簡単に行えます。

 

チャージの期限は25カ月後です。それを超えると、自動的に消えてしまいます。

 

なお、「モバイルICOCA」の場合は、スマホのアプリ上でチャージ操作ができます。

 

このため、JR西日本の駅にチャージに行けない人は、「モバイルICOCA」の利用がおすすめです。

 

ICOCAにチャージしたあとのポイントは、1ポイント=1円として、ICOCAに対応している全国の鉄道やバスの運賃や、コンビニやスーパーなど加盟店での買い物や飲食の支払いなどに使えます。

 

ポイントチャージについて詳しくはこちら(公式サイト)

 

鉄道・バスの周遊切符、観光施設を利用するには?

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の利用方法、使い方

 

JR以外の鉄道・バスの周遊切符や観光施設は、スマホに「KANSAI MAAS」アプリのチケット画面を表示させて使います。

 

その画面を係員や乗務員に、そのまま提示するだけで利用できます。

 

ただし、下記の3つは、スマホ画面を指定の引き換え場所で提示して、切符の現物を受け取る必要があります。

 

対象の切符 引き換え場所
南海電車「高野山・世界遺産きっぷ」 南海電車橋本駅(2階)の窓口
和歌山電鐵「貴志川線1日乗車券」 和歌山駅9番のりばの窓口
熊野御坊南海バス「悠遊フリー2日乗車券」 新宮駅前きっぷ売場、紀伊勝浦駅前きっぷ売場、熊野本宮観光協会

 

※南海電車、高野山内バスは、ICOCAで乗車しないようにしてください(通常運賃をとられます)。

 

※和歌山駅での「JR⇔和歌山電鐵」、御坊駅での「JR⇔紀州鉄道」の乗り換えの際は、JR側のICOCA読み取り機に必ずタッチしてください。

 

JR西日本「和歌山満喫わくわくパス」公式サイト

 

JR西日本乗り放題「和歌山満喫わくわくパス」の内容、値段、発売期間、購入方法、利用方法

 

「和歌山満喫わくわくパス」の詳細や最新情報は、JR西日本の公式サイトで確認ください。

 

「和歌山満喫わくわくパス」公式サイト

 

 

 

宿泊も割引クーポンでお得に予約

 

宿泊が必要な場合は、「和歌山満喫わくわくパス」を買う前に空き具合をチェック。

 

 

「ひょうご夏の体験デジタルパス」

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました