.

【関西JRの1日乗り放題】土日祝なら「休日ぶらり旅きっぷ」が安い!

JR乗り放題「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の値段、発売期間、購入方法y

お悩み中
お悩み中
休みの日に、関西でJRに乗って出かけたいけど、その際の電車代をできるだけ節約したい。安くていい切符はないやろか。

こんなお悩みに提案します。

【この記事の内容】

  • JR西日本の「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」という切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

関西(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)で、休みに日にJRで、できるだけ安く出かけたいというあなたは、「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」という切符は、とりあえず確認しておきましょう。

この「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、土日祝限定で関西地区のJRが1日乗り放題できる切符です。しかも、値段もお手頃。使い方によっては、かなりの節約が期待できますよ。

ここでは、「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の内容と値段、発売期間、購入方法を紹介していきます。

この記事では、「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」がどんなものかを、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん





「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」ってどんな切符?

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、こんな内容です。

土日祝用です。

JR「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法

まず「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、土曜日、日曜日、祝日専用です。平日は使えません。

そして、「1日用」です。

※前回の発売では「2日用」がありましたが、今回は「1日用」のみ。

関西のJRが乗り放題!

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、土日祝に、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山にまたがる、下図のような関西の広い範囲で、JRの乗り放題で利用できます(乗り降り自由)。

ただ、関西の全ての路線が対象ではありません。特に北近畿(京都北部、兵庫北部)や南紀方面へは使えませんので注意してください。

【関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」のJR乗り放題区間】

関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」のJR乗り放題区間

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」で乗れるのは、普通、快速、新快速です。

新幹線や特急には、特急券など追加料金を払っても乗れません。もし、利用するときは乗車券からこ購入する必要があります。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」が利用できる範囲は、「関西1デイパス」と同じです。

レンタサイクル(貸自転車)が使えます。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」で、JR系列のレンタサイクル営業所で1回、自転車を借りられます(大人用のみ)。

利用する際は公的な身分証明書(運転免許証、健康保険証、個人番号カードなど)が必要になります。

【指定レンタサイクル営業所】

米原、彦根、近江八幡、守山、草津、石山北口、石山、大津、茨木、摂津富田、千里丘、新大阪、塚本、西九条、八尾、鴻池新田、住道、星田、伊丹、甲子園口、神戸、明石、西明石、東加古川、加古川 、宝殿、姫路、相生、奈良、和歌山

※JR系の会社が運営する「レンタサイクル駅リンくん」の利用になります。

※営業時間など最新情報は前もって、公式サイトで確認ください。

駅レンタカーの優待特典つき。

駅レンタカー

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の利用者は、その利用当日中に1回、駅レンタカーを割引料金で借りられます。

ただし、利用できる営業所が限定されています。

対象の営業所 敦賀、米原、近江八幡、大津、奈良、篠山口、姫路、相生、和歌山
対象の車種 Sクラス(フィット、ヴィッツ、マーチ、デミオなど。定員5名)
レンタル料金 1台4,000 円(1暦日限定、消費税・免責補償料込)
※通常の基本料金は、24時間7,860円です。

※利用する場合は、自分で直接、駅レンタカー西日本予約センターに事前予約する必要があります(その際に「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の特典であることを伝えます)。

※乗捨料金、時間超過料金、チャイルドシート料金は別です。

※「1暦日」とは「利用日の0:00~23:59」のこと。前後とも日付をまたぐと超過料金がかかります。

※駅レンタカーの詳細や最新情報は、公式サイトで確認ください。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の値段は?

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の値段はこのようになっています。

大人 子供
1日用 2,500円 1,300円

利用できる範囲の割には、手ごろな値段です。

長距離の区間なら、単純に往復するだけや、片道だけでも元が取れる場合もあります。もちろん、乗り放題の切符ですので、乗り降りすればするほどお得です。

参考までに主な区間の運賃をあげてみました。

【JR普通運賃の例(大人片道)】

大阪駅~敦賀駅 2,310円
大阪駅~長浜駅 1,980円
大阪駅~比叡山坂本駅 990円
大阪駅~亀岡駅 1,170円
大阪駅~和歌山駅 1,270円
大阪駅~播州赤穂駅 2,310円
京都駅~和歌山駅 1,870円
京都駅~三ノ宮駅 1,100円
京都駅~姫路駅 2,310円
三ノ宮駅~長浜駅 2,640円
三ノ宮駅~比叡山坂本駅 1,520円
三ノ宮駅~和歌山駅 1,870円
奈良駅~姫路駅 2,310円

※JRの運賃は、公式サイトの「JRおでかけネット」で簡単に検索できます(下方にリンクがあります)。




「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、期間限定の発売です。

2021年(令和3年)3月1日~9月25日

有効期間(使える期間)

2021年(令和3年)3月13日〜9月26日の土曜日、日曜日、祝日の1日

※利用する当日は始発から午前0時を過ぎた最初の停車駅までが有効です。大阪の電車特定区間内では終電まで利用できます。

※レンタサイクルや駅レンタカーの優待特典は、切符の利用日に限って有効です。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」はどこで買える?購入方法と注意点

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」を購入方法(買い方)を紹介します。注意点がありますので、気を付けてください。

利用当日に買えません!

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、出かける当日に買えません。

これが、最大の注意点です。

買えるのは、出かける日の1ヶ月前から前日までです。

土曜日に使うなら金曜日までに、日曜日なら土曜日までに買っておく必要があります。

事前購入になるので、買った後で予定の変更がありえますが、そうなったときは、切符の有効期間内で未使用でしたら、駅の「みどりの窓口」で日にちを1回変更できます。

ただし、当日への変更はできません。

※後述するインターネット「e5489」で、クレジットカード払いで購入して、切符を受け取っていない状況なら、日にち変更は何回でも可能です。

あと、買った後で、まったく使わなくなった場合は、払い戻しが受けられます。手数料220円がかかります。

切符を使い始めてからや、有効期限が切れてからの払い戻しはできません。

発売地域が限定されています。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、発売地域=買える地域が限定されています。

乗り放題できる範囲=発売範囲ではありません(下図)。例えば、滋賀県では買えません。

【「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の発売・受け取り可能な地域】

JR「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の発売地域

そして、買える地域内であっても「みどりの券売機」でしか買えません。

JR「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の購入方法(みどりの券売機)

「みどりの窓口」では買えません。

なお、「みどりの券売機」が設置されていない駅もありますので、買いに行く前に確認している方が無難です。

「みどりの券売機」の設置駅は⇒こちら

ちなみに、「みどりの券売機」では、現金のほか、クレジットカード払いにも対応しています。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、買える駅に制約があるだけです。乗り放題範囲内なら、どこからでも利用できます。例えば、滋賀県の人は、切符をあらかじめ京都や大阪の発売駅で買っておいて、当日は家の最寄り駅から使い始めても問題ありません。

インターネットでも買えます。が・・・

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、インターネットでもで買えます。

JR「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の購入方法

パソコンやスマホから、JR西日本の予約サイト「e5489」にアクセスして申し込みます。使う日付と人数、支払い方法を入力するだけで、操作は簡単です。

支払い方法は、クレジットカード、駅払い、コンビニ払いから選べます。

なお、インターネット「e5489」買える期間は、利用する日の1ヶ月前の10時から前日の23:30までです。

予約サイト「e5489」の利用には、JR西日本の「J-WESTネット会員」への登録が必要です。手続きは簡単で、費用もかかりません。詳しくは、JRの公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

インターネットなので、上述の「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の買える地域に関係なく、どこからでも、申し込みができます。

しかし、インターネットで購入した「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、その切符の現物を、当日出発するまでに、駅で受け取らないといけません(×チケットレス)。

その切符の受け取りは、「買える地域」にある駅の「みどりの窓口」または「みどりの券売機」でしかできません

あなたのお住まいによっては、インターネットで買ったのに、発売駅が近くになくて、肝心の切符が受け取れない!ということがありえます。出発までに、通勤や外出などのついでにでも、「買える地域」の駅へ切符を受け取りに行けるかどうか、買う前に要確認です。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」公式サイト

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」の最新情報はJR西日本の公式サイトで確認ください。

JR西日本公式サイト

「e5489」の利用、会員登録はこちら。

【参考】関西のお出かけ先の参考に

「じゃらん遊び・体験」検索

【参考】「関西1デイパス」とどこが違う?

関西のJR乗り放題といえば「関西1(ワン)デイパス」という定番の切符もあります。

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」と、どこが違うかを簡単にまとめると、こうなります。

関西1デイパス 休日ぶらり旅きっぷ
有効期間 1日間 1日間
使える日 いつでも 土日祝
値段(1日) 大人3,600円、子供1,800円 大人2,500円、子供1,300円
JR乗り放題区間 関西地区の指定範囲 関西1デイパスと同じ
発売期間 1ヶ月前から前日まで 1ヶ月前から前日まで
購入場所 ネット、みどりの券売機 ネット、みどりの券売機
主な特典
  • 大阪水上バス乗り放題
  • 近鉄・南海・京阪、神鉄の周遊チケット引き換え
  • レンタサイクル1回利用
  • 京都鉄道博物館の入館割引などの優待
  • レンタサイクル1回利用
  • レンタカー割引

このように「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」は、土日祝のJR利用に特化した切符といえます。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク