.

大阪空港・万博公園・梅田~京都が乗り放題1200円【激安おでかけ切符】

大阪・北摂~京都が1日乗り放題「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」

お悩み中
お悩み中
大阪の千里や万博公園、宝塚、伊丹空港と京都の間を、できるだけ安く移動したいけど、いい方法とか切符はないやろか。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  •  「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」という切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

大阪と京都の間を電車で移動するときは、金券ショップもいいですが、乗り放題の1日乗車券をチェックしてみましょう。

いつも何種類か発売されているので、行き先や目的などに合ったものがあれば、電車代の節約が期待できますよ。

特に、大阪側の出発地や目的地が、千里ニュータウンや伊丹空港、万博記念公園、宝塚、箕面、川西など「北摂」方面でしたら、「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は必見です。

「京都おでかけ」と名前に入っていますが、利用できる範囲が広くて、京都にこだわらずに使えます。値段の方も格安です。

ここでは、その「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の内容と値段、発売期間、購入方法を紹介します。【2020年版】

この切符を使うと、知る人ぞ知る、京都~伊丹空港・万博記念公園は最安値です。発売期間が限定されていますので、注意してください。
まあちん
まあちん




「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」ってどんな切符?

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は、その名前の通り、大阪府北部の北急線(北大阪急行)と大阪モノレールの沿線から、京都へ出かける用の1日乗り放題切符です(1日乗車券)。

毎年春と秋の2回、期間限定で発売されています。

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」では、大阪・京都間の下図の路線が乗り放題できます(乗り降り自由)。

阪急「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の有効区間(路線図)

  • 北大阪急行の全線(江坂駅~千里中央駅)
  • 大阪モノレールの全線(大阪空港駅~門真市駅・万博記念公園駅~彩都西駅)
  • 阪急電車の京都線・千里線・嵐山線・宝塚線・箕面線

※大阪地下鉄の御堂筋線(江坂駅より南)は利用できません。梅田へは阪急電車経由となります。

図のように、実際は北急とモノレールだけでなくて、阪急電車を含めた広い範囲で利用できます。梅田や宝塚、箕面も入っています。

あと、京都方面から「大阪おでかけきっぷ」としても使えます。特に伊丹空港や万博記念公園へ出かける際はお得です。

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」には、嵐山の下記の場所で優待が受けられる特典が付いてます。

  • 嵐山モンキーパークいわたやま(入園料割引)
  • 嵐山通船(渡月橋上流の遊覧船、貸しボートの割引)
  • 嵐山大市(抹茶割引)

※利用にあたっては最新の営業状況を確認ください。

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の値段は?(2020年版)

大阪~京都が1日乗り放題「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の値段はこちら。大人用のみの発売です。

大人 1,200円

片道601円以上の区間を、往復するだけもお得です。

特に、大阪モノレールを利用すると、もともとの運賃が高めなので、割安感が大きいです。元も取りやすいです。

もちろん、「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は乗り放題ですので、途中下車を繰り返せば繰り返すほど得になります。

参考までに、主な区間の普通運賃(大人片道)を挙げてみました。

北大阪急行の初乗り運賃 100円
大阪モノレールの初乗り運賃 200円
阪急電車の初乗り運賃 160円
大阪空港駅~京都河原町・嵐山駅 760円(南茨木駅経由)
万博記念公園駅~京都河原町駅・嵐山駅 570円(南茨木駅経由)
大日駅~京都河原町駅・嵐山駅 660円(南茨木駅経由)
大阪梅田駅~万博記念公園駅 610円(蛍池駅経由)
大阪梅田駅~大阪空港駅 430円(蛍池駅経由)
高槻市駅~大阪空港駅 630円(南茨木駅経由)
大阪梅田駅~京都河原町駅・嵐山駅 400円
宝塚駅~京都河原町駅・嵐山駅 530円
大阪空港駅~万博記念公園駅 380円
大阪空港駅~南茨木駅 440円
大阪空港駅~門真市駅 500円

大阪空港や万博記念公園などへモノレール沿線へ出かけるときは、比較してみてください。

京都~伊丹空港のアクセスでは最安!

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」で大阪伊丹空港へ最安アクセス

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は、京都から大阪伊丹空港へのアクセスにも使えます。

日帰りの出張や送迎の際の利用に限られますが、往復で交通費が最安です。空港バスと比べると半額以下!

それに、「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」なら、空港の行き帰りに途中下車したり、梅田に寄ったりできるメリットがあります。

アクセス手段 運賃・料金
空港バス(京都駅・四条河原町~) 片道1,340円、往復2,680円
阪急電車&モノレール(河原町駅~南茨木駅経由) 片道760円、往復1,520円
北急・モノレール京都おでかけきっぷ (乗り放題)1,200円

【参考記事】

万博記念公園へのおでかけにも!

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」で万博記念公園へ

万博記念公園周辺は、大阪で最もアツい人気スポットのひとつ。

公園周辺には、日本最大級の商業施設「エキスポシティ」や、海遊館が運営する生き物博物館「ニフレル」、ガンバ大阪の本拠地「パナソニックスタジアム吹田」などがあります。

そこへアクセスする際も、「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」を使うと、往復だけでもお得な場合があります。

出発地 普通運賃(通常) おでかけきっぷ
河原町から(南茨木駅経由) 片道570円、往復1,140円 1,200円
梅田から(阪急・蛍池駅経由) 片道610円、往復1,220円 1,200円
梅田から(地下鉄・千里中央経由) 片道620円、往復1,240円 1,200円
宝塚から(蛍池駅経由) 片道610円、往復1,220円 1,200円

往復だけだと、得になる金額は小さいですが、「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」には乗り放題のメリットがあります。

それを生かして、万博記念公園に来たついでに、どこかに足を延ばしたり、立ち寄ったりという使い方ができます。

【参考記事】





「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の発売期間と有効期間は?(2020年版)

発売期間(買える期間)

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は、これまで年に2回、春と秋に期間限定で発売されています。

【2020年版】
《秋版》2020年(令和2年)9月12日~12月20日 

有効期間(使える期間)

【2020年版】
《秋版》2020年(令和2年)9月12日~12月20日 のうちの好きな1日
◆利用当日は始発から終電まで乗り放題できます。

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は発売期間中に以下の場所で、出かける当日はもちろん、事前にでも、購入できます。

京都でも買えます。

阪急電車
  • 大阪梅田駅、十三駅、豊中駅、石橋阪大前駅、川西能勢口駅、宝塚駅、淡路駅、北千里駅、茨木市駅、高槻市駅、桂駅京都河原町駅の「ごあんないカウンター」

◆京都の河原町駅、桂駅でも買えます。

大阪モノレール
  • 各駅(改札窓口)

◆大阪空港駅でも買えます。

北大阪急行
  • 江坂駅、緑地公園駅、桃山台駅、千里中央駅

※もし購入後に使わなくなったときは、有効期間中で未使用でしたら、買った場所で払い戻ししてもらえます。ただし手数料がかかります。

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の公式サイト

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」の最新情報については、阪急電車の公式サイトで確認ください。

阪急電車公式サイト

「北急・モノレール京都おでかけきっぷ」は、名前の「京都」に惑わされず、大阪・宝塚・箕面~京都間で広く使えます。特に伊丹空港、万博記念公園など大阪モノレールに乗るときは要チェックです。
まあちん
まあちん
スポンサーリンク