.

日帰りで有馬温泉なら神鉄「グルメ&湯けむりチケット」!金券もついて安い

神戸の有馬温泉へ日帰りで入浴や紅葉狩りに出かけたいけど、交通費などはできるだけ抑えて、というあなたに、神戸電鉄の「有馬グルメ&湯けむりチケット」という期間限定発売のお得な切符を紹介します。

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」の内容、値段、発売期間、購入方法は?

これは、神戸電鉄の有馬温泉までの往復乗車券と有馬で提携している旅館や飲食店で使える金券&割引券がセットになったものです。電車代だけでも安くつきます。

また、金券に1,000円を追加すると有名旅館の内湯が利用できるという特典もあります。

ここでは、この「有馬グルメ&湯けむりチケット」の内容と値段、発売期間、購入方法をまとめました。温泉が恋しくなる季節になりました。有馬温泉に出かけるときはチェックしてみてください。【2019年秋版】

「有馬グルメ&湯けむりチケット」はどんな切符?

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」のセット内容、金券付き

神戸電鉄の「有馬グルメ&湯けむりチケット」は、次の(1)~(3)がセットになった割引切符です。

(1)神戸電鉄の往復乗車券(乗車駅~有馬温泉駅)
(2)旅館や飲食店で使える金券「グルメ・湯けむり利用券」
(3)観光施設や入浴施設で使える「優待割引券」

(1)神鉄の有馬温泉駅までの往復乗車券

「有馬グルメ&湯けむりチケット」では、神戸電鉄の各駅(新開地駅は除く)から有馬温泉駅までの往復乗車券が付いています(下図のピンク色の路線)。

行き帰り1回ずつ利用できます。ただ、途中の駅で下車する(改札から駅の外へ出る)とその先の区間は無効になりますので注意してください(乗り放題ではありません)。

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」の有効区間

三宮、京都、大阪、明石、姫路方面の神戸電鉄の沿線外からの場合は、湊川駅まで行って「有馬グルメ&湯けむりチケット」を買ってください。(新開地駅西改札内のセブンイレブンでも買えます)。

湊川駅までは、別に電車代がかかりますが、全体の交通費としては安くなります(下記参照)。

(2)旅館や飲食店で使える金券「グルメ・湯けむり利用券」

「有馬グルメ&湯けむりチケット」には「グルメ・湯けむり利用券」が1枚ついてます。

この利用券は、有馬で提携している旅館や飲食店、土産物店で250円分として使える金券です。

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」の金券

旅館(下記)では、「グルメ・湯けむり利用券」に1,000円プラスすることで、普段は宿泊者以外利用できない内湯に入ることができます。有馬では有名な旅館ばかりです。

利用に際しては、旅館に予約が必要になります。いきなり行ってもだめなので注意してください。

  • 有馬御苑
  • 陶泉・御所坊
  • 上大坊
  • 角の坊
  • 有馬ロイヤルホテル
  • 月光園鴻臚館・游月山荘
  • メープル有馬
  • 古泉閣

※旅館ごとに利用できる時間帯や除外日、受け入れ人数が決まっていますので、確認してください。

※「グルメ・湯けむり利用券」が使えるお店では「割引優待券」(後述)も使えます。

(3)提携施設で使える「割引優待券」

「有馬グルメ&湯けむりチケット」には、「グルメ・湯けむり利用券」とは別に、観光施設などで料金の割引が受けられる「割引優待券」も付いています。

「優待割引券」が使える施設

  • 有馬玩具博物館(入館料割引)
  • 切手文化博物館(入館料割引)
  • 有馬ます池(釣り堀の釣料割引)
  • 六甲有馬ロープウェイ(乗車券割引)
  • 日帰り温泉「太閤の湯」(入館料割引)
  • 日帰り温泉「金の湯」(入浴料割引)※平日のみ
  • 日帰り温泉「銀の湯」(入浴料割引)※平日のみ
  • 日帰り温泉「太閤の湯殿館」(入館料割引)

「割引優待券」は上記の施設のほか「グルメ・湯けむり利用券」が使えるお店(16か所)でも使えます。

「有馬グルメ&湯けむりチケット」の値段は?

以上のような内容がセットになった「有馬グルメ&湯けむりチケット」ですが、その値段はこちら。大人用のみの発売で、どの駅からでも一律の金額となっています。

大人 1,000円

このなかに、250円分の金券(グルメ・湯けむり利用券)が含まれていますので、電車代の部分は実質750円(片道あたり375円)になります。

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」の値段
主な駅からの有馬温泉駅まで往復の普通運賃と「有馬グルメ&湯けむりチケット」を比べてみました。

発着駅 普通運賃・往復 有馬グルメ&湯けむりチケット
湊川駅 1,140円 1,000円
鈴蘭台駅 1,000円 1,000円
谷上駅 800円 1,000円
三田駅 1,000円 1,000円
ウッディ中央駅 1,060円 1,000円
三木駅 1,340円 1,000円
神戸電鉄沿線以外から 普通運賃・往復 有馬チケット+湊川駅までの往復
新開地駅 1,380円 1,260円
神戸三宮駅(阪急・阪神) 1,440円 1,300円
大阪梅田駅(阪急・阪神) 2,040円 1,900円
大阪難波駅(阪神) 2,220円 2,080円
京都河原町駅(阪急) 2,700円 2,560円
明石駅(山陽) 2,340円 2,200円
姫路駅(山陽) 3,100円 2,960円

繰り返しになりますが、「有馬グルメ&湯けむりチケット」には金券250円分が含まれていますので、普通運賃とあまり変わらなくても、実際はさらにお得です。ただ、有馬温泉から近い駅からはメリットはありません。

参考までに、「有馬グルメ&湯けむりチケット」は神戸三宮・大阪梅田から有馬への最安のアクセス方法になります。

三宮からアクセスする場合

阪神/阪急電車利用(神戸三宮駅~湊川駅~有馬温泉駅)約60分
「グルメ&湯けむりチケット」+湊川駅までの往復運賃
1,300円
地下鉄・北神急行利用(三宮駅~谷上駅~有馬温泉駅)約30分 往復1,900円
高速バス利用(三宮~有馬温泉) 約30分 往復1,560円
路線バス利用(三宮~有馬温泉) 約50分 往復1,420円

梅田からアクセスする場合

阪神/阪急電車利用(梅田駅~湊川駅~有馬温泉駅)約90分
「グルメ&湯けむりチケット」+湊川駅までの往復運賃
1,900円
高速バス利用(梅田~有馬温泉)約1時間 往復2,800円

「有馬グルメ&湯けむりチケット」の発売期間と有効期間

神戸電鉄「有馬グルメ&湯けむりチケット」の発売期間

発売期間(買える期間)

「有馬グルメ&湯けむりチケット」は下記の期間限定の発売となっています。

【2019年秋版】
2019年(令和元年)10月26日~12月8日 

有効期間(使える期間)

【2019年秋版】
2019年(令和元年)10月26日~12月8日のうちの1日(1回限り)

※日帰り用なので泊りがけの旅行には使えません。

「有馬グルメ&湯けむりチケット」はどこで買える?(購入方法)

「有馬グルメ&湯けむりチケット」は、下記の場所で購入できます。

大阪・三宮・姫路方面から買える一番近いところ

  • 神戸電鉄の湊川駅
  • 湊川駅(改札外)のセブンイレブン(神鉄湊川店)
  • 新開地駅(西改札内)のセブンイレブン(神鉄新開地店)

※新開地駅の改札口や窓口では買えません。

そのほかの買えるところ

  • 神戸電鉄の鈴蘭台駅、北鈴蘭台駅、谷上駅、有馬口駅、有馬温泉駅、岡場駅、三田駅、志染駅の窓口
  • 企画乗車券売機(大池駅、唐櫃台駅、フラワータウン駅、栄駅、緑が丘駅、恵比須駅、三木駅、小野駅)
  • セブンイレブン(鈴蘭台店、北鈴蘭台店、谷上店、岡場店、西鈴蘭台店)

「有馬グルメ&湯けむりチケット」公式サイト

「有馬グルメ&湯けむりチケット」の金券や優待割引券が使えるお店など詳細や最新の情報は神戸電鉄の公式サイトで確認ください。

神戸電鉄公式サイト

「有馬グルメ&湯けむりチケット」は、大阪や三宮から湊川駅回りでアクセスする分、時間がかかりますが、値段の安さは魅力です。日帰り入浴や紅葉狩りに出かけるときは参考にしてください。

1日温泉でまったりしたいという人は、金泉と銀泉の両方が楽しめる有馬温泉最大の入浴施設「太閤の湯」の入館券とセットになったお得な切符あります。

◆京都、大阪、三宮、明石、姫路方面から平日限定

◆大阪、京都から高速バスを利用



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク