.

【2021新春】大阪・京都・奈良で近鉄1日乗り放題!格安切符は年内発売

2021年近鉄乗り放題「新春おでかけきっぷ」の値段、発売期間、購入方法

お悩み中
お悩み中
年明けに、近鉄で出かける予定があるけど、電車代を節約できるような方法とか切符はないやろか。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • 近鉄電車の「新春お出かけきっぷ」を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

2021年、令和3年のお正月に、近鉄電車の沿線に出かける予定があって、その際の交通費をできるだけ節約したいというあなたに、近鉄電車の「新春おでかけきっぷ」という切符を紹介します。

この切符は、年明けの1月中の1日、大阪府、京都府、奈良県内の近鉄電車が乗り放題できる格安の1日乗車券です。大みそか~元日の年越し利用も可能。ただ、発売は年内限定、数量も限定になっています。

ここでは、「新春おでかけきっぷ」の内容と値段、発売期間、購入方法について、まとめました。

この記事を読むと、「新春おでかけきっぷ」がどんな切符なのかが分かります。お正月の出費節約術として参考になるはずです。
まあちん
まあちん





「新春おでかけきっぷ」ってどんな切符?

大阪、京都、奈良で近鉄が1日乗り放題!

「新春おでかけきっぷ」は、大阪府、京都府、奈良県内で、近鉄電車を1日乗り放題(乗り降り自由)できる切符です(1日乗車券)。

発売数量が15,000枚に限定されています。

2021年近鉄乗り放題「新春おでかけきっぷ」の値段、発売期間、購入方法

生駒ケーブルや西信貴ケーブルも乗り放題です。宝山寺(生駒聖天)や信貴山朝護孫子寺への初詣にも便利です。

※特急には乗れません。特急券を別に買うと利用できます。

※乗り放題範囲外の区間に乗り越した場合は、境界の駅から通常の運賃がかかります。

橿原神宮の干支置物「拝受券」付き!

2021年近鉄乗り放題「新春おでかけきっぷ」の値段、発売期間、購入方法

「新春おでかけきっぷ」には、橿原(かしはら)神宮で干支の置き物がもらえる「拝受券」が付いています。

引き換え場所は外拝殿前の広場にある小屋の一角にあります。拝受券を持っていくとすぐにもらえます。

なお、引き換え期間は、2021年1月1日~1月31日です。

橿原神宮の最寄り駅は、橿原神宮前駅、または畝傍御陵前駅、橿原神宮西口駅です。

「新春おでかけきっぷ」の値段は?(2021年版)

「新春おでかけきっぷ」は大人用のみの発売で、値段はこちら。

大人用 1,300円

大阪、京都、奈良という広い範囲で使えるわりには、”新春特価”的なお手頃な金額です。

ちなみに、近鉄の主な区間の普通運賃(大人片道)は下記の通りです。片道650円以上の区間だと、往復するだけでも元が取れます。

初乗り運賃 160円
大阪難波駅~奈良駅 570円
大阪難波駅~橿原神宮前駅 700円
大阪難波駅~桜井駅 700円
大阪難波駅~吉野駅 1,050円
京都駅~奈良駅 640円
京都駅~橿原神宮前駅 900円
京都駅~吉野駅 1,250円
大阪阿倍野橋駅~吉野駅 990円
生駒ケーブル(生駒・鳥居前駅~生駒山上駅) 370円
西信貴ケーブル(信貴山口駅~高安山駅) 560円

「新春おでかけきっぷ」は、くどいですが乗り放題なので、乗り降りすればするほどお得になります。




「新春おでかけきっぷ」の発売期間と有効期間は?

2021年近鉄乗り放題「新春おでかけきっぷ」の値段、発売期間、購入方法

発売期間(買える期間)⇒年内限定!

「新春おでかけきっぷ」は、年末までの期間限定発売となっています。年が明けてからは買えません。

【2021年版】
2020年(令和2年)12月1日から12月31日まで

※「定期券・特急券発売機」では12月25日までの発売になります。

「新春おでかけきっぷ」は、先述の通り、15,000枚と発売数量も限定されていますので、発売期間中でも、売り切れになると販売は終了します。

有効期間(使える期間)

【2021年版】
2020年(令和2年)12月31日~2021年(令和3年)1月31日のうちの好きな1日間。

※利用日の始発から終電まで乗り放題できます。

12月31日に利用開始した分は1月1日も終日使えます=年越し利用OK!

「新春おでかけきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「新春おでかけきっぷ」は、下記の近鉄電車の駅窓口、または【定期券・特急券自動発売機】で買えます。

買うときに、利用日を指定する必要はありません。

大阪府

大阪難波駅、大阪上本町駅、鶴橋駅、布施駅、八尾駅、東花園駅、大阪阿部野橋駅、藤井寺駅、古市駅
【定期券・特急券自動発売機】大阪難波駅、日本橋駅、大阪上本町駅、鶴橋駅、布施駅、河内小阪、八戸ノ里駅、東花園駅、瓢箪山駅、荒本駅、新石切駅、長瀬駅、八尾駅、河内山本駅、高安駅、河内国分駅、大阪阿部野橋駅、針中野駅、矢田駅、河内天美駅、河内松原駅、藤井寺駅、古市駅、喜志駅、富田林駅、河内長野駅
京都府

京都駅、丹波橋駅、大久保駅、新田辺駅
【定期券・特急券自動発売機】京都駅、丹波橋駅、向島駅、小倉駅、大久保駅、新田辺駅、興戸駅
奈良県

生駒駅、学園前駅、大和西大寺駅、奈良駅、天理駅、 王寺駅、大和高田駅、大和八木駅、榛原駅、橿原神宮前駅、飛鳥駅、下市口駅、大和上市駅、吉野神宮駅、吉野駅
【定期券・特急券自動発売機】生駒駅、東生駒駅、富雄駅、学園前駅、大和西大寺駅、新大宮駅、奈良駅、五位堂駅、大和八木駅、桜井駅、高の原駅、郡山駅、田原本駅、学研奈良登美ヶ丘駅、尺土駅、橿原神宮前駅、壺阪山駅、福神駅、六田駅

※窓口は駅によって営業時間が短かったり、時間帯が偏っている場合があります。公式サイトで確認してから買いに行った方が確実です(下方にリンクがあります)。

※【定期券・特急券自動発売機】の発売時間は5:00~23:00です。12月25日までの発売です。

※買ってから使わなくなったときは、未使用で有効期間内(1月31日)の場合に限って、上記の発売駅窓口で払い戻しが受けられます。ただし手数料がかかります(300円)。

「新春おでかけきっぷ」公式サイト

新春おでかけきっぷ」の最新情報や駅での発売時間などは近鉄の公式サイトで確認ください。

近鉄公式サイト

【参考】泊りがけで出かけるときなどは「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の方が安いです。

「新春おでかけきっぷ」は、乗り放題区間が広いわりにリーズナブルなので、使い方次第ではかなり交通費を節約することができます。

ただ、発売が年内だけで、しかも数量限定の「早い者勝ち」。この点が不便ですが、買うのでしたら早めが確実です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク