.

大阪~有馬の高速バス往復+入浴が3割引、三宮は2割引の格安切符

大阪、神戸三宮から高速バス「有馬よくばりきっぷ」

お悩み中
お悩み中
有馬温泉へ直行の高速バスで、できるだけ安く出かけたいけど、いい方法やお得な切符はないやろか。

こんなお悩みの解決にひとつ提案します。

この記事の内容

  • 大阪、神戸三宮から高速バスを利用する「有馬温泉よくばりきっぷ」という入浴券つきの格安切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

大阪や三宮・新神戸から有馬温泉へ、交通費など出費をなるべく抑えて、安く出かけたいときは、「有馬温泉よくばりきっぷ」で高速バスを利用する使う手がありますよ。

有馬温泉よくばりきっぷ」は、往復の高速バスと有馬の温泉施設「金の湯」「銀の湯」の入浴券がセットになったもの。全体で通常より25%もお得になります。

日帰りでも、泊りがけの旅行にも使えます。

ここでは、「有馬温泉よくばりきっぷ」の内容と値段、購入方法をまとめました。

乗ってしまえば直行直帰で、必ず座れるのが高速バスのいいところ。高速バスの利用を検討でしたら、「有馬温泉よくばりきっぷ」は要チェックです。
まあちん
まあちん





「有馬温泉よくばりきっぷ」ってどんな切符?

「有馬温泉よくばりきっぷ」は大阪または神戸~有馬温泉の高速バスの往復と、有馬の「銀の湯」「金の湯」の入浴利用券がセットになった割引切符です。

高速バス利用で直行直帰!

大阪・神戸~有馬温泉 JR高速バス

「有馬温泉よくばりきっぷ」は、西日本JRバス、または系列の本四海峡バスが運行する大阪と神戸発着の高速バスを往復利用します。

大阪発着
  • 発着地はJR難波(OCAT)、大阪駅JR高速バスターミナル、新大阪駅です。
  • JR大阪駅~有馬温泉は約65分。
  • 1日の基本便数は平日3往復、土休日5往復(大阪駅~有馬温泉)
  • 全席指定です(予約が必要)。
  • 4列座席、トイレ付き。JR便は無料Wi-Fiあり。
  • 大阪駅~有馬温泉の普通運賃は1,370円です。早期割引もあります。
神戸発着
  • 発着地は三ノ宮バスターミナル、新神戸駅です。
  • 三ノ宮~有馬温泉は約30分。
  • 1日の基本便数は平日5往復、土休日7往復。
  • 全席指定です(予約が必要)。
  • 4列座席、トイレ付き。JR便は無料Wi-Fiあり。
  • 三宮~有馬温泉の普通運賃は780円です。早期割引もあります。

大阪発、神戸発ともに事前に予約が必要です。それでも、行き帰り乗り換えなしで、座っていけるところは、高速バスの大きなメリットです。

「金の湯」「銀の湯」の入浴券つき

有馬温泉「金の湯」「銀の湯」

「有馬温泉よくばりきっぷ」には、「金の湯」「銀の湯」の両方の入浴券が付いています。現地では手間なく、そのまま入館できます。

※タオル類は持参した方がいいです(現地では販売のみなので)。

「金の湯」「銀の湯」について

「金の湯」「銀の湯」ともに、有馬温泉の温泉街にある、神戸市が運営する公衆浴場です。それぞれ、泉質と営業時間、定休日が違います。

「金の湯」は、有馬温泉ならではの赤茶色に濁った強塩泉、「金泉」が楽しめます。

営業時間は午前8時~午後10時(最終入館は午後9時30分まで)で、定休日は第2火曜日・第4火曜日(祝日営業、翌日休み)と1月1日です。

「銀の湯」の方は、炭酸泉とラジウム泉を混ぜた透明の温泉です。

営業時間は午前9時~午後9時(入館は午後8時30分まで)で、定休日は第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休み)と1月1日です。

【参考】入浴料

大人(中学生以上) 子供(小学生)
金の湯 650円 340円
銀の湯 550円 290円
2館共通 850円

出かけるにあたっては、最新の営業状況を公式サイトなどで確認ください。

有効期間は3日間

大阪、三宮から高速バス利用「有馬温泉よくばりきっぷ」の有効期間

「有馬温泉よくばりきっぷ」は、往きの乗車日を含めて3日間有効です。

日帰りだけでなく、2泊3日までの泊りがけにも使えます。

ちょうど今、国の「GO TOトラベルキャンペーン」が実施されていて、旅館の宿泊代金は補助対象になっています。「有馬温泉よくばりきっぷ」と組み合わせることでお得に旅行できますよ。

「有馬温泉よくばりきっぷ」の値段は?どれくらいお得?(2020年版)

JRバス「有馬よくばりきっぷ」の内容、値段、発売期間、購入方法

「有馬温泉よくばりきっぷ」は、大人用のみの発売で、値段はこのようになっています。

大阪発着 2,500円
神戸発着 2,000円

「有馬温泉よくばりきっぷ」は、どれくらいお得なのでしょうか。

乗降場所 バス往復 入浴料 通常合計 よくばりきっぷ
JR大阪駅・難波 2,800円 850円 3,650円 2,500円 32%割引
新大阪 2,500円 850円 3,350円 2,500円 25%割引
三宮・新神戸 1,560円 850円 2,410円 2,000円 17%割引

表のように、大阪駅、難波からは32%、三宮からでも17%も安くなります。

ちなみに、この路線のバス運賃には、7日前までに乗車券を購入すると割引になるしくみ「早割7」があります。

この場合は、運賃が大阪駅・難波は往復2,000円(片道1000円)、三宮・新神戸は往復1,400円(片道700円)になります。

これと比べても、「有馬温泉よくばりきっぷ」の方が安いです。




「有馬温泉よくばりきっぷ」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

2020年(令和2年)9月1日~

今の時点で、発売の終了日は公表されていません。ただ、予告なしに終了することがありえますので、買う前に最新情報を公式サイトなどで確認してください。

有効期間(使える期間)

2020年(令和2年)9月1日~の好きな連続した3日間

「有馬温泉よくばりきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「有馬温泉よくばりきっぷ」は、下記3のバス乗り場限定発売です(3か所)。

購入は出かける当日や事前にできます。インターネットでは買えません。

購入した後は、バスに乗車するまでに、行き帰りの座席指定を受けないといけません。希望の便が満席になることもありえますので、日程が決まっているときは早めが無難です。

大阪発着分
  • 大阪駅JR高速バスターミナル(営業時間6:15~23:50)
  •  JR難波湊町バスターミナル【OCAT】(営業時間5:45~23:30)
神戸発着分
  • 三宮バスターミナル【ミント神戸】(営業時間7:00~21:30)

バス乗り場の場所

日程を決める際は、「金の湯」「銀の湯」の休館日に注意してください。もし行ってから閉まっていても、払い戻しなどしてくれません。

「有馬温泉よくばりきっぷ」公式サイト

「有馬温泉よくばりきっぷ」の最新情報、バス時刻は、JRバスの公式サイトで確認ください。

JRバス公式サイト


先述のとおり、「有馬温泉よくばりきっぷ」は泊りがけにも使えます。宿泊代については「GO TOトラベルキャンペーン」が使えます。35%の補助が国から出るので、せっかくなので活用しましょう。

じゃらん

るるぶ

楽天トラベル

【参考】現在発売中の有馬温泉方面のお得な切符はこちらで確認できます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク