.

高野山へ電車で日帰りなら1dayチケット!大阪、京都、神戸方面から激安!

高野山は1200年の歴史がある弘法大師空海が開いた真言宗の大本山。「金剛峯寺」や金堂や根本大塔などがある「壇上伽藍」、弘法大師が今も瞑想を続けていると伝えられる御廟がある「奥の院」、歴史上の有名人の墓所が集まっている「奥の院参道」など見どころがたくさんあります。

「高野山1dayチケット」の内容、発売期間、値段、購入方法について

その高野山へは車が無くても大阪から南海電車で便利にアクセスできます。

日帰りで参拝や観光に出かける際には、期間限定発売の「高野山1dayチケット」という切符がおすすめです。大阪、京都、神戸、姫路方面から、交通費をかなり安く抑えられるお得な切符です。その内容や値段、購入方法を紹介します。(2019年版)





「高野山1dayチケット」ってどんな切符?

「高野山1dayチケット」は、大阪、京都、神戸、姫路方面から高野山までの電車と山内バス(路線バス)が1日乗り放題できる期間限定発売の割引切符です。

大阪、京都、神戸、姫路方面から利用できます!

「高野山1dayチケット」は、下記の路線で発売されています。大阪、京都、神戸、明石、姫路方面の、それぞれの沿線から、途中南海電車に乗り継いで高野山へ日帰りで安く行って帰って来られます。

「高野山1dayチケット」を発売している路線

  • 阪急電車
  • 阪神電車
  • 大阪地下鉄(メトロ)
  • 能勢電鉄
  • 山陽電車
  • 北大阪急行
  • 大阪モノレール
  • 神戸高速

※各鉄道と南海電車を乗り継いで高野山に向かいます(帰りも)。
※南海電車では発売していません。
※2019年版は京阪電車の発売はありません。

【参考】関西のJR沿線から高野山へは「春の関西1デイパス」「夏の関西1デイパス」という切符でお得に日帰りできます(大人3,600円、子供1,800円)。

【春の関西1デイパス】(~5月31日まで)

JR「春の関西ワンデイパス」は大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山で、春休みやGWを含む3月~5月の行楽や観光に”使える”便利な期間限定のお得な1日乗り放題切符です。その内容や値段、発売情報、購入方法、そして注意点を紹介します。お出かけの際は要チェックです!

【夏の関西1デイパス】(6月1日~9月30日)

JRの「夏の関西1デイパス」は、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の広い範囲が乗り放題できる1日乗車券です。さらに大阪水上バスや私鉄の周遊チケットも利用できて意外とお得!その発売情報(内容と値段、発売期間、購入方法、注意点)をまとめました。【2019年版】

高野山までの電車が1日乗り放題

「高野山1dayチケット」の内容、発売期間、値段、購入方法について

「高野山1dayチケット」では、上記の各路線から高野山までの全ての区間が1日乗り放題(乗り降り自由)で利用できます。高野山の行き帰りに途中下車して食事や買い物するといったこともできて使い勝手がいいです。

ちなみに、南海電車では高野線の全線(図の緑色区間)が乗り放題になります。

「高野山1dayチケット」の乗り放題区間

  • 難波駅~極楽橋駅~高野山駅(極楽橋・極楽橋・高野山間はケーブルカー)
  • 汐見橋駅~岸里玉出駅

山内バスも乗り放題

高野山は広いので、山内の各地を結ぶ路線バス(南海りんかいバス)が走っています。高野山駅から金剛峯寺まででも約3kmあり、バスで約15分かかります。

「高野山1dayチケット」では、この山内バスも1日乗り放題(乗り降り自由)で利用できます。

「高野山1dayチケット」は山内バスが乗り放題

拝観料の2割引など優待特典付き!

そして「高野山1dayチケット」には、利用当日に使える「金剛峯寺」「霊宝館」「金堂」「根本大塔」の拝観料が2割引きになったり、提携の土産物店、飲食店で割引など優待が受けられるクーポン券がついています。

【参考】通常の拝観料

金剛峯寺 一 般:500円、小学生:200円
霊宝館 一 般:600円、高校生・大学生:350円、小学生・中学生:250円
金堂 一 般:200円
根本大堂 一 般:200円

「高野山1dayチケット」の値段は?

「高野山1dayチケット」の種類と値段、有効区間

「高野山1dayチケット」は、路線ごとに有効区間(乗り放題できる区間)と値段が設定されています。また、発売は大人用のみで、子供用はありません。

種類 値段 有効区間(乗り放題できる区間)
【阪急版】
大阪・京都・宝塚・神戸
方面から
(難波駅・中百舌鳥駅・天下茶屋駅のりかえ)
3,090円
  • 阪急電車と大阪地下鉄の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【阪神版】
大阪・西宮・神戸方面から
(難波駅のりかえ)
2,980円
  • 阪神電車の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【大阪メトロ版】
大阪市内から
(難波駅・中百舌鳥駅・天下茶屋駅などでのりかえ)
2,930円
  • 大阪地下鉄、シティバスの全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線※IKEA鶴浜・USJ行のバスは利用できません。
【能勢版】
能勢方面から
(難波駅・中百舌鳥駅・天下茶屋駅のりかえ)
3,390円
  • 能勢電鉄、阪急電鉄、大阪地下鉄の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【山陽明石以東版】
神戸・明石方面から
(難波駅乗り換え)
3,390円
  • 山陽電車の明石駅以東の区間と阪神電車の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【山陽全線版】
姫路・高砂方面から
(難波駅乗り換え)
3,700円
  • 山陽電車と阪神電車の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【北大阪急行版】
千里中央方面から
(難波駅・中百舌鳥駅・天下茶屋駅のりかえ)
2,980円
  • 北大阪急行と大阪地下鉄の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【大阪モノレール版】
大阪空港・万博公園方面から(難波駅・中百舌鳥駅・天下茶屋駅のりかえ)
3,240円
  • 大阪モノレール、北大阪急行、大阪地下鉄の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線
【神戸高速版】
神戸方面から
(難波駅乗り換え)
3,090円
  • 神戸高速線、阪神電車の全線
  • 南海高野線の全線
  • 高野山内バスの全線

※南海電車の特急「こうや号」を利用する場合は、別に特急料金が必要です(片道780円)。

出発駅~難波駅の電車代がタダ同然!

「高野山1dayチケット」の内容、発売期間、値段、購入方法について

それぞれの「高野山1dayチケット」の値段がどれくらいお得なのか、気になるところだと思いますが、結論を先に言うと安いです。もっと言えば激安です。

まず、大阪から高野山までの南海電車の運賃ですが、普通に行くとケーブルカーの料金込みで下記の金額がかかります。

難波・天下茶屋~高野山 片道1,260円(往復2,520円)

往復するだけで2,520円です。さらに、高野山のなかを山内バスで移動すると、その運賃も必

要になってきますが、距離制になっていて案外高いです(下表)。

高野山駅~千手院橋・金剛峯寺 片道290円
高野山駅~一の橋口・奥の院口 片道330円
高野山駅~奥の院前 片道410円
千手院橋~一の橋口・奥の院口 片道140円
千手院橋~奥の院前 片道220円
1日フリー乗車券 乗り放題830円

※「千手院橋」は金剛峯寺、霊宝館、金堂、根本大塔、「一の橋口」「奥の院口」は歴史上の人物の墓所が集まる奥の院参道の最寄りの停留所です。

「高野山1dayチケット」では、山内バスが1日乗り放題なので、「1日フリー乗車券」の830円分が含まれていることになります。

大阪(難波駅・天下茶屋駅)~高野山駅の南海電車の往復運賃と山内バスの1日フリー乗車券の料金を足すと3,350円!この時点で「高野山1dayチケット」の方が安くなるかほぼ同額となります。

バスのフリー乗車券を使わずに、高野山駅から金剛峯寺までバス(580円)を往復乗っただけの場合も合計3,100円と、「高野山1dayチケット」と同レベルの値段です。

言うまでもなく、「高野山1dayチケット」には、出発する駅から難波駅や天下茶屋駅まで行き帰りの電車代(実際は乗り放題!)も入っています。つまり、出発駅~難波駅・天下茶屋駅の電車代はタダ同然とも言えます。

さらに拝観料が2割引きになる特典もありますので、これはめちゃくちゃお得です。



「高野山1dayチケット」の発売期間と有効期間

「高野山1dayチケット」の内容、発売期間、値段、購入方法について

発売期間(買える期間)

「高野山1dayチケット」は冬場を除いた期間限定の発売になっています。

【2019年版】
2019年(平成31年)4月1日~(令和元年)11月30日 

有効期間(使える期間)

【2019年版】
2019年(平成31年)4月1日~(令和元年)11月30日のうちの好きな1日間
※始発から最終まで乗り放題で使えます。

※「高野山1dayチケット」は磁気カードになっていて、利用当日に乗車駅で改札機に通すと裏面に日付が印字されます。その日付け1日間が有効です。付属のクーポン券も利用日(乗車日)限り有効です。

「高野山1dayチケット」はどこで買える?(購入方法)

「高野山1dayチケット」は発売期間中、各鉄道会社の駅などで購入できます。利用の当日に買えますし、事前に買っておくこともできます。

南海電車の駅では買えません

阪急版
  • 阪急電車ごあんないカウンター(梅田駅、十三駅、塚口駅、西宮北口駅、夙川駅、神戸三宮駅、豊中駅、石橋駅、川西能勢口駅、宝塚駅、淡路駅、北千里駅、茨木市駅、高槻市駅、桂駅、河原町駅)
  • 阪急京都観光案内所(河原町駅)
阪神版
  • 阪神電車梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮の各駅長室
  • 阪神電車各駅の改札口(大阪難波駅を除く)
  • 阪神電車サービスセンター(神戸三宮駅西口)
大阪地下鉄版
  • 大阪地下鉄各駅の駅長室
  • 大阪地下鉄の定期券発売所
  • 地下鉄案内カウンター「Subway Information Counter」(新大阪駅・梅田駅)
能勢版
  • 能勢電車の平野駅、山下駅
  • 川西能勢口ごあんないカウンター
  • 平野駅コンビニ「リズミン」
山陽明石以東版
  • 山陽電車の西代、板宿、東須磨、須磨、垂水、明石の各駅
  • ご案内センター(明石駅)
  • 板宿定期券発売所、垂水定期券発売所、明石定期券発売所
山陽全線版
  • 山陽電車の明石、東二見、高砂、大塩、飾磨、姫路・網干の各駅
  • ご案内センター(明石駅)
  • 明石定期券発売所、東二見定期券発売所、高砂定期券発売所、飾磨定期券発売所、姫路定期券発売所
北大阪急行版
  • 北大阪急行の千里中央駅、桃山台駅、緑地公園駅
大阪モノレール版
  • 大阪モノレールの各駅
神戸高速版
  • 新開地駅長室
  • 西元町駅、高速神戸駅、新開地駅、大開駅、高速長田駅の改札口

「高野山1dayチケット」公式サイト

「高野山1dayチケット」の詳細や最新情報については、各鉄道会社の公式サイトで確認ください。

大阪(難波)から高野山へは南海電車でスムーズに行けますが、急行で片道約110分(特急は約90分。※別途特急料金が必要)かかるうえに、高野山の中がこれまた広いので、日帰りだと姫路など出発地によっては忙しい行程になってしまいます。しかし「高野山1dayチケット」の安さは魅力なので、せっかくなら日帰りでも出かけてみたい場所です。

日帰りで出かけて、高野山で長く時間がとれないときは、効率よく楽しむために、あらかじめ目的やテーマをある程度決めて「予習」しておいた方が良いと思います(特に墓所)。そして、高野山に着いたら、山内バスを上手く使って効率よく移動しましょう。

また、高野山まで行くなら泊りがけでという場合は、南海電車の「高野山・世界遺産きっぷ」という2日間有効の切符がおすすめです。南海電車の駅でしか買えませんが、難波駅発着の場合、山内バスの乗り放題付きで2,860円と15%ほど安くてお得です。参考にしてみてください。

⇒南海電車の「高野山・世界遺産きっぷ」はこんな切符です。、

スポンサーリンク