.

大阪から金剛山へ交通費が約2割引!登山やハイキングに南海の往復切符が安い

関西には手軽に登山やハイキングが楽しめる山がたくさんありますが、大阪府と奈良県の境にある「金剛山」はその代表格のひとつです。標高は1125mあって、大阪府で一番高い山です。

複数の登山道やロープウェイが整備されていて、大阪市内などからアクセスが便利も便利なので、1年を通して初心者もリピーターも楽しむことができます。

その金剛山へ電車で登山やハイキングに出かける際は、南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」の利用がおすすめです。大阪や和歌山の沿線から安く行けます。

金剛山へのアクセス、電車の最寄駅は?

切符の紹介の前に、金剛山へアクセス(行き方)を確認しておきましょう。電車で行く場合、アクセスの拠点となる最寄り駅はつぎの2か所があります。


  • 南海電車高野線(難波方面から)の「河内長野駅」から南海バスで「金剛登山口」または「金剛山ロープウェイ前」下車(長野駅から約35分)
  • 近鉄電車長野線(阿部野橋方面から)「富田林駅」から金剛バスで「金剛登山口」または「千早ロープウェイ前」下車(長野駅から約35分)

※ロープウェイを利用しない場合は「金剛登山口」のバス停で下車が便利です。
※「金剛山ロープウェイ前」と「千早ロープウェイ前」のバス停は同じ場所です。

このうち、南海電車でアクセスする場合に「金剛山ハイキングきっぷ」を使うとお得に行けます。

「金剛山ハイキングきっぷ」ってどんな切符?

金剛山まで往復の電車&バスがセット!

「金剛山ハイキングきっぷ」は、発売駅から河内長野駅までの南海電車の往復乗車券と、河内長野駅と金剛山までの南海バスの往復乗車券がセットになった割引切符です。

  • 南海電車の発売駅~河内長野駅の往復。
  • 南海バスの河内長野駅・金剛山(金剛登山口/ロープウェイ前)の間の往復

※それぞれ行き帰り1回づつ乗車できます。
※乗り放題ではありませんので途中下車できません。

ロープウェイ2割引など優待特典付き!

「金剛山ハイキングきっぷ」には、特典として「金剛山ロープウェイ」の割引(2割引)や河内長野駅周辺で提携している飲食店や旅館で優待が受けられる特典もついています。

※優待が受けられる場所については公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

「金剛山ハイキングきっぷ」の値段は?

「金剛山ハイキングきっぷ」は発売駅によって値段が変わってきます。主な発売駅からの値段は下記の通りになっています。

発売駅 大人 子供
難波 1,690円 890円
新今宮・天下茶屋 1,590円 820円
1,690円 890円
岸和田 1,980円 1,000円
和歌山市 2,460円 1,240円
堺東・三国ヶ丘 1,410円 720円
中百舌鳥 1,330円 680円
林間田園都市 1,330円 680円
橋本 1,410円 720円

※特急を利用する際は別に特急券を買ってください。
※「金剛山ハイキングきっぷ」は南海電車のすべての駅で発売されていません(発売駅は後述)。乗車する駅が発売駅ではないときは、最寄りの発売駅からの利用となります。

「金剛山ハイキングきっぷ」はどれくらいお得?

主な駅から金剛山へ普通の運賃で行った場合と「金剛山ハイキングきっぷ」を使った場合とを比べてみました(大人の場合)。

発着駅 電車往復 バス往復 合計 ハイキング切符 お得額 割引
難波 1,100円 940円 2,040円 1,690円 350円 17%割引
今宮・天下 980円 940円 1,920円 1,590円 330円 17%割引
1,100円 940円 2,040円 1,690円 350円 17%割引
岸和田 1,480円 940円 2,420円 1,980円 440円 18%割引
和歌山市 2,080円 940円 3,020円 2,460円 560円 18%割引
堺東・三国 760円 940円 1,700円 1,410円 290円 17%割引
中百舌鳥 660円 940円 1,600円 1,330円 270円 17%割引
林間都市 660円 940円 1,600円 1,330円 270円 17%割引
橋本 760円 940円 1,700円 1,410円 290円 17%割引

※河内長野駅~金剛山のバス普通運賃(大人片道)

金剛登山口 金剛ロープウェイ前
河内長野駅 470円 520円

上の比較表のバス運賃は「金剛登山口」までの往復で計算しています。「金剛山ハイキングきっぷ」を使うと全体として17~18%交通費が安くなります。バスを「ロープウェイ前」まで往復利用した場合は21~22%お得です。

ちなみに、「金剛山ロープウェイ」の運賃はこのようになっています。「金剛山ハイキングきっぷ」を提示すると20%の割引が受けられます。ロープウェイ代は高めなので、これは嬉しい特典です。

普通運賃 ハイキング切符割引
大人 往復1,420円(片道750円) 往復1,130円(片道600円)
子供 往復700円(片道390円) 往復560円(往復310円)

「金剛山ハイキングきっぷ」の発売&有効期間

発売期間(買える期間)

南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」は下記の期間で発売しています。

【2019年上期版】
2019年(平成31年)4月1日~2019年(令和元年)9月30日

※金剛山は1年を通して登山やハイキングが楽しめるところです。

有効期間(使える期間)

【2019年上期版】
2019年(平成31年)4月1日~2019年(令和元年)9月30日のうちの連続した2日間

「金剛山ハイキングきっぷ」は2日間有効ですので、日帰りだけでなく1泊旅行にも使えます。

「金剛山ハイキングきっぷ」はどこで購入できる?

「金剛山ハイキングきっぷ」は、出発日の1ヶ月前から当日まで、下記の場所で購入できます。その際、利用日を指定しないといけません。クレジットカードも使えます。

南海電車の発売駅 難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅、羽衣駅、泉大津駅、岸和田駅、貝塚駅、泉佐野駅、尾崎駅、みさき公園駅、和歌山大学前駅、和歌山市駅、りんくうタウン駅、関西空港駅、住吉東駅、堺東駅、三国ヶ丘駅、中百舌鳥駅、初芝駅、北野田駅、金剛駅、林間田園都市駅、橋本駅、高野山駅
旅行会社 全国のJTB、近畿日本ツーリストの支店や営業所
※難波、新今宮、関西空港駅発着分のみ発売です。
※取扱手数料がかかる場合がありますので買う前に確認を。

購入後に使わなくなった場合は、有効期間内で全て未使用であれば、買った場所で払い戻ししてもらえます。ただし手数料が510円かかります。

「金剛山ハイキングきっぷ」公式サイト

「金剛山ハイキングきっぷ」の最新情報は南海電車の公式サイトで確認ください。モデルコースなども掲載されています。

南海電車公式サイト

金剛山の最寄駅「河内長野駅」へは、難波駅から急行で片道40分弱です。登山自体は一般的な登山口からの経路で約7.4kmの約3時間、登りの片道にロープウェイを利用する経路で約4.4kmで約2時間です。

このように難波から5~6時間があれば金剛山に登って帰ってこられますので、南海電車の沿線以外からも比較的行きやすい山です。「金剛山ハイキングきっぷ」を使って出かけてみてください!

スポンサーリンク