.

万博公園へはモノレールの入園付き1日乗車券がお得【エンジョイパス】

大阪モノレール乗り放題「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間、値段、購入方法

お悩み中
お悩み中
万博記念公園に電車で出かけたいけど、格安チケットとかお得な切符とかないやろか。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • 「お得に万博記念公園エンジョイパス」というお得な切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

大阪の万博記念公園に、モノレールでできるだけ安く出かけたいあなたは、「お得に万博記念公園エンジョイパス」という切符をチェックしてみてください。

これは、大阪モノレールの1日乗車券と万博記念公園 の「自然文化園・日本庭園共通入園券」がセットになった割引切符です。。

ここでは、「お得に万博記念公園エンジョイパス」の内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。

この記事で、「お得に万博記念公園エンジョイパス」のことをひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん





「お得に万博記念公園エンジョイパス」って、どんな切符?

大阪モノレールが1日乗り放題!

万博記念公園へ電車でアクセスする場合、最寄り駅は、大阪モノレールの「万博記念公園駅」または「公園東口駅」になります。

大阪モノレール乗り放題「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間、値段、購入方法

「お得に万博記念公園エンジョイパス」には、この大阪モノレールの1日乗車券が付いていて、全線(下図)で乗り放題できます。

大阪モノレール乗り放題「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間、値段、購入方法

大阪モノレールは、地下鉄や私鉄と下記の駅で接続しています。大阪市内や京都などからアクセスは便利です。

乗換駅 接続路線
蛍池駅 阪急電車宝塚線
千里中央駅 北大阪急行、地下鉄御堂筋線
山田駅 阪急電車千里線
南茨木駅 阪急電車京都線
大日駅 地下鉄谷町線
門真市駅 京阪電車

自然文化園・日本庭園にそのまま入園OK!

「お得に万博記念公園エンジョイパス」は、「自然文化園・日本庭園共通入園券」になっていて、そのまま両方に入園できます。

「自然文化園」は、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会の際に、パビリオンが集まっていた場所の跡地で、閉幕後に「太陽の塔」を中心に、パビリオンの跡地を、後に木や花、芝生を植えて整備された広大な公園です。

「日本庭園」は、万博の際に日本政府の出展施設として造園されたものです。

万博記念公園の開園時間は9時30分から17時まで。毎週水曜日が休みです(水曜日が祝日の場合は翌日の木曜日)。10月、11月は無休。

ただし、天候やコロナの状況によって変更になる場合がありますので、最新情報を公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

万博周辺施設の優待特典つき!

大阪モノレール乗り放題「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間、値段、購入方法

「お得に万博記念公園エンジョイパス」を、万博記念公園内や周辺の施設や店舗で提示すると、料金の割引などの優待が受けられます。

【優待特典の例】

  • 「EXPO’70パビリオン」常設展示(入館料割引)
  • 「大阪日本民芸館 」(入館料割引)
  • 「国立民族学博物館」(観覧料割引)
  • 「万博BEAST天空回廊」(入場無料)
  • 観覧車「オオサカホイール」(ドリンク付きチケット割引)
  • 大型商業施設「エキスポシティ」(割引クーポン進呈)
  • 水族館「ニフレル」(記念品進呈)など

※優待特典の詳細は公式サイトで確認ください(最下部にリンクがあります)。

「お得に万博記念公園エンジョイパス」の値段は?

「お得に万博記念公園エンジョイパス」の値段はこちら。

大人 850円
中学生 700円
小学生 360円

ちなみに、通常の日本庭園・自然文化園の入園料(共通)はこうなっています。

大人 260円
中学生 80円
小学生 80円

「お得に万博記念公園エンジョイパス」がお得かどうかを、通常の場合と比べてみました。

発着駅 モノレール往復 万博公園 通常合計 エンジョイパス
蛍池駅 760円 260円 1,020円 850円:17%割引
千里中央駅 500円 260円 760円 850円
山田駅 400円 260円 660円 850円
南茨木駅 500円 260円 760円 850円
大日駅 760円 260円 1,020円 850円:17%割引
門真市駅 820円 260円 1,080円 850円:21%割引
1dayチケット 700円 260円 960円 850円:11%割引

※上記以外の駅からの運賃等は、大阪モノレールの公式サイトで確認ください。

モノレールを万博記念公園駅まで単純に往復乗車するだけなら、柴原阪大前駅、摂津駅、彩都西駅より遠い(万博公園より離れた)駅(片道340円区間~)からだと、若干でもお得になります。

なお、「公園東口」駅を利用する場合は、片道30円~50円高くなります。

これらの駅より万博公園に近い駅からでも、乗り放題のメリットがありますし、優待特典の割引もありますので、使い方次第でお得です。

※上表の「1dayチケット」は、「モノレール沿線ぶらりdayチケット」という土日祝限定発売の1日乗車券のことです(大人700円、子供350円)。これを使って万博公園に行くのなら、「お得に万博記念公園エンジョイパス」の方がお得です。

「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間と有効期間は?

大阪モノレール乗り放題「お得に万博記念公園エンジョイパス」の発売期間、値段、購入方法

発売期間(買える期間)

2021年(令和3年)7月12日~2022年(令和4年)3月18日

有効期間(使える期間)

2021年(令和3年)7月12日~2022年(令和4年)3月18日のうちの1日

※モノレールは利用当日の始発から終電まで乗り放題できます。

モノレールの利用と、「自然文化園」と「日本庭園」の入園は、同じ日に限ります。

「お得に万博記念公園エンジョイパス」はどこで買える?(購入方法)

「お得に万博記念公園エンジョイパス」は、モノレールの駅や万博記念公園の窓口では買えません

インターネットか、コンビニ端末での発売になります。

インターネットで

「お得に万博記念公園エンジョイパス」は、以下の通販サイトで発売しています。

コンビニで

下記のコンビニに設置してある店頭端末の「JTBレジャーチケット」(商品番号:0256677)で買うことができます。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ

⇒(参考)JTBレジャーチケットの買い方

モノレールには、インターネットやコンビニで買ったままでは乗車できません。利用当日に、最初の乗車駅(改札窓口)で、購入画面や発券チケットを提示して、切符の現物を受け取る必要があります。

「お得に万博記念公園エンジョイパス」公式サイト

「お得に万博記念公園エンジョイパス」の詳細については、万博記念公園の公式サイトをご覧ください。

万博記念公園公式サイト

「お得に万博記念公園エンジョイパス」の方が安いモノレール駅からは使わないと損です。値段が微妙な駅からの場合は使い方次第。乗り放題のメリットを生かして、伊丹空港に行ってみるとか、プランを考えてみるのもいいと思います。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク