.

篠山口・綾部~浜坂で”ちょい乗り”特急代が300~700円【トク特】

JR
お悩み中
お悩み中
JRの山陰線で短距離を特急に”ちょい乗り”したいけど、料金が高い!安く乗れる方法やお得な切符とかないかな。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事の内容】

  • JR西日本の「トク特チケットレス」というお得な切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

 

京都府と兵庫県の北部、福知山や豊岡、城崎温泉、浜坂などを結んでいるJRの山陰線は、1時間に1~数本しか走っていません。しかも、その約半分は別料金が必要な特急列車です。

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」の値段、発売期間、購入方法、利用方法

 

このため、JRでちょっとの距離を移動したいときは、特急列車を適当に使わないと、時間がもったいないことになります。

 

でも、特急料金は短距離だと割高。隣の駅まででも1,000円以上するので、おいそれとは乗れません。

 

そこで、JRでは、篠山口駅・綾部駅~浜坂駅の間で、300円、500円、700円の特急料金で「ちょい乗り」できる「トク特チケットレス」という切符を発売しています。

 

ここでは、その内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。

 

この記事で、JRの「トク特チケットレス」について、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん

JR「トク特チケットレス」ってどんな切符?

 

短距離利用者向けの片道用割引特急券

 

JR西日本の「トク特チケットレス」は、対象の区間で特急の指定席が特別割引料金で利用できる片道用の特急券です。

 

短距離の利用者向けです。

 

関西では、以下の区間を走る特急列車に設定されてます。

 

【設定区間】篠山口駅・綾部駅~福知山駅~浜坂駅

JR山陰線「トク特チケットレス」の発売・設定区間

 

【利用できる特急列車】

  • こうのとり号
  • きのさき号
  • はしだて号
  • まいづる号
  • はまかぜ号

 

ただし、「トク特チケットレス」は、設定区間の全ての特急停車駅間で設定されているわけではありません。発売区間は限定されています。

 

「トク特チケットレス」は特急券なので、実際に乗車する際は、利用区間の乗車券(運賃)が別に必要です。定期券やICOCAなどICカードでもOK。

 

インターネット購入限定でチケットレス

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」とは?インターネット限定発売

 

JR「トク特チケットレス」は、インターネット限定発売です。JR西日本予約サイト「e5489」で購入できます。

 

名前の通り「チケットレス」で、紙の切符を駅で受け取る必要はありません。インターネットの購入済み画面(またはその画面を印刷した紙)がそのまま特急券になります。

 

また、支払方法は、クレジットカードに限られています。

 

JR「トク特チケットレス」の値段は?

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」の値段

 

JR「トク特チケットレス」の値段は、区間によって3段階に設定されています。なお、大人用のみの発売です。

 

トク特チケットレス 正規の特急料金(通常期)
300円 1,190円
500円 1,190円
700円 1,520円

 

このように、通常の特急料金より、5~7割も安くなっています。

 

なお、通常料金は時期(繁忙期・閑散期)によって、上記の金額から200円上下しますが、「トク特チケットレス」は一律です。

 

ただ「トク特チケットレス」は、好きな区間で買えません。発売の対象区間が決まっています。

 

主な対象区間と値段はこちら(大人片道1人)。

 

主な対象区間 トク特チケットレス
篠山口駅~柏原駅 300円
福知山駅~和田山駅 500円
福知山駅~豊岡駅 700円
和田山駅~豊岡駅 500円
豊岡駅~八鹿駅 300円
豊岡駅~城崎温泉駅 300円
城崎温泉駅~香住駅 300円
城崎温泉駅~浜坂駅 500円

※上記以外にも対象区間があります。JR公式サイトで確認できます(下方にリンクがあります)

 

繰り返しになりますが、実際に列車に乗るときは「トク特チケットレス」のほかに、乗車券が必要です。

 

【主な区間の例】

利用区間 トク特 乗車券 実際に必要な費用
福知山駅~豊岡駅 700円 990円 1,690円(通常2,510円)
豊岡駅~城崎温泉駅 300円 200円 500円(通常1,390円)
城崎温泉駅~浜坂駅 500円 680円 1,180円(通常1,870円)

 

JR「トク特チケットレス」の発売期間と有効期間は?

 

発売期間(買える期間)

 

JR「トク特チケットレス」は期間限定発売です。

 

2022年(令和4年)3月12日~2023年(令和5年)3月31日

 

※当初9月30日までの発売でしたが、延長になりました。

 

有効期間(買える期間)

 

2022年(令和4年)3月12日~2023年(令和5年)3月31日の予約した列車

 

JR「トク特チケットレス」の購入方法、利用方法は?

 

JR「トク特チケットレス」の購入方法(買い方)

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」の購入方法、買い方

 

JR「トク特チケットレス」は、先述の通り、インターネット限定発売です。駅では買えません。

 

スマホやパソコンから、JR西日本の予約サイト「e5489」にアクセスして購入します。

 

なお、購入は利用日(乗車日)の前日か、当日(乗りたい列車の出発時刻2分前まで)に限ります。

 

初めて「e5489」を利用する場合は、「J-WESTネット会員」への登録が必要です。費用はかかりません。

 

e5489の操作は簡単です。購入画面で、利用日時と区間を入力すると、列車の選択肢が表示されるので、都合のよいものを選ぶだけです。

 

同行者がいる場合は、自分を含めて合計6人分まで、まとめて予約・購入できます。

 

支払いはクレジットカードのみです。予約完了後、そのまま決済されます。

 

購入した後は、利用日、利用区間、予約列車の変更はできません。どうしても変更したいときは、予約列車の出発時刻までに、払い戻し操作をして、あらためて買い直す流れになります(払い戻し手数料340円が発生します)。

 

予約はこちら。

 

JR「トク特チケットレス」の利用方法(乗り方)

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」の利用方法、乗り方

 

乗車する前に、駅で乗車券を買います(乗車券は「e5489」で買えません)。利用区間の定期券やICOCAなどICカードがある場合は乗車券の購入は不要です。

 

改札は、乗車券(定期券、ICカード)で通ります。

 

予約した特急列車が到着したら乗り込んで、「トク特チケットレス」の指定席に座ります。

 

車掌さんが検札に来たら、e5489にログインして、「トク特チケットレス」の「提示用画面」を表示させたスマホ画面を見せます。

 

スマホが無い場合は、e5489の「提示用画面」を紙に印刷したものを事前に用意しておいてください。車掌さんにはそれを提示します。一部の駅では発券も可能です。忘れたら無効です。

 

なお、乗車の際は「トク特チケットレス」の支払いに使ったクレジットカードを、必ず持参してください。本人確認のために必要になることがあります。

 

  • 「トク特チケットレス」は、予約した列車のみ有効で、別の列車には乗れません。乗り遅れたらオワリです。
  • 「トク特チケットレス」の区間を越えて乗車した場合は、乗り越し区間分の正規の指定席特急料金が発生します(差額ではありません)。
  • もし、当日スマホの不携帯や充電切れで、購入画面を提示できなければ無効です。

 

JR「トク特チケットレス」公式サイト

 

JR西日本の片道割引特急券「トク特チケットレス」の値段、発売期間、購入方法、利用方法

 

「トク特チケットレス」の対象区間など最新情報や「e5489」予約については、JR西日本の公式サイトで確認ください。

 

JR西日本公式サイト

 

旅行や仕事で、時間が限られているときは、特急列車の利用もやむなしです。短距離でも通常料金は高いので、「トク特チケットレス」を上手く活用しましょう。
まあちん
まあちん

コメント

タイトルとURLをコピーしました