.

上手に選ぼう!嵐電が乗り放題のお得な1日乗車券のいろいろ

嵐電が乗り放題のお得な1日乗車券「嵐電1日フリーきっぷ」など

京都の四条大宮と嵐山、北野白梅町を結んでいる路面電車「嵐電(らんでん)」。その沿線には世界遺産を含め観光スポットもたくさんあります。そうしたところを、あちこち巡るときは、乗り放題の1日乗車券は要チェックです。運賃を気にすることなく乗り降りできますし、なにより交通費の節約になります。

ここでは、嵐電のいくつか種類がある1日乗車券をまとめて紹介します。京都で買えますので、目的や予定にあったものを上手く選んで、お得に旅を楽しみましょう。

1日乗車券の基本は「嵐電1日フリーきっぷ」

嵐電が1日乗り放題!

嵐電の基本的な1日乗車券は「嵐電1日フリーきっぷ」という切符になります。嵐電の全線(下図)が1日乗り放題(乗り降り自由で)で利用できます。

嵐電の路線図、1日乗車券で乗り放題

※嵐電は、「四条大宮駅」と「西院駅」で阪急電車と、「嵐電天神川駅」で京都市営地下鉄(東西線)と接続しています。また、「嵐電嵯峨駅」とJR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」は歩いて5,6分、嵐電「嵐山駅」と阪急電車「嵐山駅」は歩いて10分ほどの距離です。

「嵐電1日フリーきっぷ」には、特典として提携している沿線の社寺や観光施設などで、記念がもらえたり、料金の割引が受けられるといった優待が受けられるクーポンが付いています。

【「嵐電1日フリーきっぷ」で優待特典が受けられる場所の例】

  • 天龍寺(しおり進呈)
  • 鹿王院(拝観料割引)
  • 大覚寺(記念品授与)
  • 車折神社(おみくじ1回無料)
  • 野宮神社(おみくじ1回無料)
  • 龍安寺(拝観料割引)
  • 仁和寺(記念品授与)
  • 祇王寺(御守り進呈)
  • 東映太秦映画村(入村料割引)
  • 嵐山モンキーパークいわたやま(入園料割引)
  • 嵐山通船(貸切遊覧船と貸ボート割引)
  • えびす屋(人力車割引)
  • 嵐山温泉「風風の湯」(入浴料割引)
  • きものレンタル夢京都(料金割引) など  ※順不同

値段は3回以上乗ると元が取れる!

「嵐電1日フリーきっぷ」の値段ですが、このようになっています。

嵐電1日フリーきっぷ 普通運賃
大人 500円 220円
子供 250円 110円

嵐電の通常運賃は均一料金で、乗車区間に関係なく大人220円、子供110円となっています。このため、往復の途中で1回下車するなど、1日のうちに最低3回乗り降りするのでしたら、「嵐電1日フリーきっぷ」の方がお得になります。

「嵐電1日フリーきっぷ」はどこで買える?

「嵐電1日フリーきっぷ」は1年を通して発売されていて、利用する当日はもちろん、事前にでも下記の場所で買うことができます。

嵐電の駅
  • 四条大宮駅、帷子ノ辻駅、嵐山駅、北野白梅町駅
ホテル、旅館
(宿泊者でなくても買えます)
  • (嵐山駅)彩四季の宿花筏、花のいえ、ご清遊の宿らんざん、渡月亭、花伝抄
  • (四条大宮駅)東横イン京都四条大宮・ヴィラージュ京都
  • (西院駅)リノホテル京都
  • (宇多野駅)ルブランペンション宇多野
  • (JR花園駅)花園会館
  • (阪急烏丸駅)ホテルマイステイズ京都四条、コートホテル京都四条、ホテル日航プリンセス京都
  • (京都駅)ホテル京阪京都

嵐電+バスの1日乗車券

嵐電とバスがセットになった1日乗車券も発売されています。

「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」

「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」は、嵐電のほか、京都市バスと京都バスの均一料金区間が乗り放題の1日乗車券です。

市バスと京都バスが利用できる範囲は、下図のように京都市内の大部分をカバーしています。ちなみに均一料金は、大人230円、子供120円です。

「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」のバス利用可能(乗り放題)範囲

「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」は大人用のみの発売で、値段はこのようになっています。

大人用 1,100円

同じ市バスと京都バスの均一料金区間が乗り放題の「バス一日券」が600円で、「嵐電1日フリーきっぷ」が500円なので、セットになったからといって特に割引はありません。また、「バス一日券」「嵐電1日フリーきっぷ」それぞれには優待特典がありますが、「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」にはありません。

このように、「バス(市バス・京都バス)・嵐電一日券」には、2枚が1枚にまとまった以外、大きなメリットはありません

「バス・嵐電一日券」
が買えるところ

  • 嵐電の四条大宮駅、帷子ノ辻駅、嵐山駅、北野白梅町駅
  • 市バス・地下鉄案内所(交通局・京都駅前・コトチカ京都・北大路駅・烏丸御池駅)
  • 地下鉄定期券発売所(北大路・四条・京都駅前・竹田・三条京阪・六地蔵・山科・二条駅)

「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」

「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」は、嵐電のほか、嵐山地区の京都バスが乗り放題の1日乗車券です。

嵐電の嵐山駅から歩くと少し距離がある、嵯峨野地区(大覚寺や化野念仏寺、清凉寺など)や鈴虫寺方面へ行く場合に便利です。また、京都バスで四条河原町や京都駅へも(からも)利用できます。また「嵐電1日フリーきっぷ」と同じ優待特典が付いています。

嵐電と京都バスが乗り放題「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」

「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」の値段はこのようになっています。

大人用 700円
子供用 350円

「嵐電1日フリーきっぷ」にプラス200円で、嵐山のバスが乗り放題できるので格安です。バスの運賃は子供230円、子供120円です。

「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」が買えるところ

  • 嵐電の四条大宮駅、帷子ノ辻駅、嵐山駅、北野白梅町駅
  • 京都駅前バスチケットセンター(烏丸口)
  • 京都バス嵐山営業所

嵐電+地下鉄の1日乗車券「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」

「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」は、嵐電と京都市営地下鉄の全線(下図)が乗り放題の1日乗車券です。特典として、利用当日は東映太秦映画村の入村料が割引(大人200円引き)になります。

京都市営地下鉄の路線図(地下鉄一日券の有効区間)

「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」は、大人用のみの発売で、値段はこのようになっています。

大人用 1,000円

地下鉄だけが乗り放題の「地下鉄一日券」は600円、「嵐電1日フリーきっぷ」は500円と、それぞれ別々に買うと1,100円かかるところが、1割引と値段的なメリットがあります。

ちなみに、地下鉄の主な駅から「太秦天神川駅」までの普通運賃は下記の通りです。京都の地下鉄は高めです。

初乗り運賃 210円
京都駅~太秦天神川駅 260円
四条駅~太秦天神川駅 260円
国際会館駅~太秦天神川駅 320円
三条京阪駅~太秦天神川駅 260円
山科駅~太秦天神川駅 290円
醍醐駅~太秦天神川駅 350円

「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」が買えるところ

  • 嵐電の四条大宮駅、帷子ノ辻駅、嵐山駅、北野白梅町駅
  • 京都地下鉄の各駅窓口
  • 市バス・地下鉄案内所(交通局・京都駅前・コトチカ京都・北大路駅・烏丸御池駅)
  • 地下鉄定期券発売所(北大路・四条・京都駅前・竹田・三条京阪・六地蔵・山科・二条駅)京都駅前バスチケットセンター(烏丸口)

JR・地下鉄・私鉄が乗り放題「歩くまち・京都レールきっぷ」(期間限定発売)

「歩くまち・京都レールきっぷ」
「歩くまち・京都レールきっぷ」は、嵐電をはじめ地下鉄、京都市内のJR、阪急電車、京阪電車が乗り放題の1日乗車券です。夏と冬の1年に2回、期間限定で発売されます。

「歩くまち・京都レールきっぷ」の乗り放題できる範囲

「歩くまち・京都レールきっぷ」は大人のみの発売で、値段はこのようになっています。

大人用 1,300円

「京都地下鉄・嵐電1dayチケット」が1,000円であることを考えると、コスパがいいです。

「歩くまち・京都レールきっぷ」の最新版についてはこちら。

京都市内を観光や仕事で移動する際、電車の利用がメインでしたら「歩くまち・京都レールきっぷ」は要チェックです。夏と冬の期間限定発売ですが、JRや私鉄、地下鉄がお得に乗り放題できる切符です。その最新の発売情報と内容、値段、購入方法を紹介します。【2019年版】

阪急電車の全線も乗り放題「京都・嵐山1dayパス」(期間限定発売)

阪急電車・嵐電・京都バス乗り放題「京都・嵐山1dayパス」

「京都・嵐山1dayパス」は、嵐電、嵐山地区の京都バス(下図)、そして阪急電車の「全線」が乗り放題の1日乗車券です。発売は1年に2回、春と秋の観光シーズンに合わせた期間限定になっています。

阪急・嵐電・京都バス乗り放題「京都・嵐山1dayパス」の範囲

「京都・嵐山1dayパス」は大人のみの発売で、値段はこのようになっています。京阪神間の阪急電車全線も乗り放題で利用できるので格安です。

大人用 1,300円

「京都・嵐山1dayパス」の最新版についてはこちら。

春と秋の観光シーズンに京都の嵐山へ大阪、神戸、宝塚方面から日帰りで出かける際は、阪急電車の期間限定「京都・嵐山1dayパス」という乗り放題切符が安くて便利。嵐山嵯峨野の周辺へも嵐電やバスで気軽に足を伸ばせます。その内容や発売期間、値段、購入方法を紹介します。【2019年版】

嵐電の1日乗車券公式サイト

「嵐電1日フリーきっぷ」など嵐電の1日乗車券の最新情報については、公式サイトで確認してみてください。

嵐電公式サイト

嵐山や嵯峨野へ行く際、嵐電の駅まで地下鉄やバスでアクセスして、「嵐電1日フリーきっぷ」(500円)を買うつもりでしたら、最初から地下鉄やバスとセットなった1日乗車券を買った方が安くつく可能性があります。それに行動範囲も広げられますので、出かける前に最新情報を確認して、比較検討してみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク