アドベンチャーワールド日帰りは入園付きJRプランが30%割引で格安!

国内最多のパンダやサファリパーク、イルカやクジラのショーで人気のテーマパーク、和歌山県南紀白浜の「アドベンチャーワールド」へ日帰りで遊びに行きたいなと思ったときは、JRの「駅プラン」を利用すると格安で行けます。

この駅プランは、往復の特急乗車券やアドベンチャーワールドの入園券などがセットで割引になった企画切符で、京都、大阪、神戸、宝塚、和歌山県内から利用できます。

利用の条件や発売期間の設定がありますが、その内容や値段がなかなか魅力的なので、アドベンチャーワールドに日帰りで出かけるときはチェックしてみてください。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」のセット内容

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」には、以下の(1)(2)(3)の切符がセットになっています。

(1) 白浜駅までのJR往復乗車券+特急券

JRでアドベンチャーワールドへアクセスする場合、最寄駅は「白浜駅」になります。JR駅プランでは、白浜駅までの往復の乗車券と「くろしお号」の特急券がセットになっています。

  • 京都市内、大阪市内、神戸市内、宝塚駅、和歌山駅、新宮駅などから白浜駅までの往復乗車券
  • 新大阪駅、天王寺駅、和歌山駅、新宮駅などから白浜駅までの特急「くろしお」号の往復特急券(普通指定席)

※発着駅(出発する駅/帰って来る駅)と特急「くろしお号」に乗る駅/降りる駅(新大阪駅、天王寺駅、日根野駅)とのあいだの往復は、新快速、快速、普通電車を利用します。
※発着駅は指定されています(後述します)。
※行き帰りとも途中下車できません。

(2) 白浜駅とアドベンチャーワールドの間の往復バス乗車券

JR白浜駅とアドベンチャーワールドの間は路線バス(明光バス)で移動します。片道約10分ほどです。JR駅プランでは、この路線バスの往復乗車券もセットされています。

(3) アドベンチャーワールドの1日入園券と食事クーポン

JR駅プランでは、アドベンチャーワールドの1日入園券と園内のレストランで使えるミールクーポン(食事券)1,100円分が付いています。

※実際は引換券なので、入口の窓口で入園券とミールクーポンの現物に交換します。
※「1日入園券」には、マリンライブ(イルカショーなど)観覧とサファリ見学が含まれています。
※ミールクーポンは現金と一緒に使えます。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」には、このほかに地元の漁協が運営する「とれとれ市場南紀白浜」でプレゼントがもらえたり、JR白浜駅の土産物店で1,000円以上購入するとペットボトルのお茶がもらえるとちょっとした特典もついています。

※「とれとれ市場南紀白浜」は、白浜駅とアドベンチャーワールドとの途中にあります。上記の路線バスの乗車券で途中下車できます。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の値段

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の値段は、下記の通りとなっています(1人あたり)。

発着駅 大人 小学生 中高生 満65歳以上
京都市内駅 12,400円 6,900円 11,400円 11,900円
大阪市内駅 11,400円 6,400円 10,400円 10,900円
神戸市内駅 12,100円 6,700円 11,100円 11,600円
宝塚駅 12,100円 6,700円 11,100円 11,600円
日根野駅 10,800円 6,000円 9,800円 10,300円
和泉砂川駅 10,400円 5,800円 9,400円 9,900円

「京都市内駅」「大阪市内駅」「神戸市内駅」ってどこ?

和歌山県内の駅からも設定があります。

和歌山駅 10,000円 5,700円 9,000円 9,500円
海南駅 9,300円 5,300円 8,300円 8,800円
御坊駅 8,600円 5,000円 7,600円 8,100円
串本駅 8,600円 5,000円 7,600円 8,100円
新宮駅 9,300円 5,300円 8,300円 8,800円
岩出駅 10,400円 5,800円 9,400円 9,900円
橋本駅 10,700円 6,000円 9,700円 10,200円
JR代やバス代がかからない4歳~小学生未満の子供は、現地で小人用の入園券(2,500円)を買ってください。

大阪駅からなら30%以上割引!高速バス並み!

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」を利用するとどれくらいお得になるのか、JR大阪駅から乗車する場合で通常の運賃・料金と比べてみました。

下の表のように、30%以上安くなって、5,000円も浮きます。しかも、往復特急を利用してということなので、これはお得です。表にはありませんが、三ノ宮駅、京都駅からも同じ傾向にあります(33%割引)。

大阪駅から 大人 小学生 中高生 満65歳以上
往復普通運賃 6,040円 3,020円 6,040円 6,040円
往復特急料金 4,500円 2,240円 4,500円 4,500円
往復バス 600円 300円 600円 600円
1日入園券通常 4,500円 2,500円 3,500円 4,000円
食事クーポン 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
合計 16,740円 9,160円 15,740円 16,240円
駅プランなら 11,400円 6,400円 10,400円 10,900円
お得額 5,340円 2,760円 5,340円 5,340円
32%お得! 30%お得! 34%お得! 33%お得!

※大阪駅~白浜駅の普通運賃は片道3,020円です。天王寺駅~白浜駅の間を特急くろしお号を利用(特急券片道2,250円、通常期)。所要時間はアドベンチャーワールドまで約3時間です。

ちなみに、このJR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の値段は、大阪駅から高速バスを利用した場合とほぼ同じです。

(高速バス) 大人 子供
往復割引運賃 5,500円 2,750円
1日入園券 4,500円 2,500円
食事クーポン 1,100円 1,100円
合計 11,100円 6,350円
JR駅プランなら 11,400円 6,400円

※高速バスはJR大阪駅前からアドベンチャーワールドまで直通しています。片道の普通運賃は大人2,980円、子供1,490円、所要時間は約3時間50分です。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」利用の注意点(利用条件)

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」は値段が安い分、利用に際してはいくつか条件や注意点がありますので、あらかじめ確認しておいてください。

2人以上での利用が必須です。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の最大の注意点は、必ず2人以上でないと利用できないということです。

大人1人と小学生1人の組み合わせはOKです。小学生だけの組み合わせはできません。また、JR代がかからない未就学の子供は1人とカウントされません。

同行者は同じ「くろしお号」で往復します。

一緒に行く人はみんな、往復とも同じ「くろしお号」を利用しなければなりません。現地集合はNG。出発する駅(帰る駅)は違っていても大丈夫です。

例えば、Aさんは三ノ宮駅から、Bさんは宝塚駅から、Cさんは京都駅からそれぞれ出発して普通電車や快速電車で新大阪駅に向かい、そこで待ち合わせして、同じ「くろしお号」に乗って白浜へ向かうということは大丈夫です(帰りも同じ)。

発着駅が決まっています。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」は、上の料金表にある京都市内駅、大阪市内駅、神戸市内駅、宝塚駅、日根野駅、和歌山駅などを発着する分しか発売されていません。これらの駅以外から利用する場合は、最寄りの発着駅までの運賃が別に必要になります。

例えば、明石駅から乗車する場合は、一番近いJR駅プランの発売駅、神戸市内の「舞子駅」までの普通運賃が別に必要です(帰りも)。

利用できる「くろしお号」は指定されています。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」では、新大阪駅・新宮駅~白浜駅の間で往復とも特急くろしお号が利用できますが、選択できる列車が指定されています

詳細の停車駅や最新時刻、運行状況はJRの公式サイトなどで確認ください。

【往き】

大阪方面から ()は土休日

主な停車駅 新大阪発 天王寺発 和歌山発 白浜着
くろしお1号 7:33 7:59 8:50 10:09
くろしお3号 9:03
(9:01)
9:21
(9:23)
10:06 11:37
※くろしお
95/85号
8:31 8:49 9:42 11:08

新宮方面から

主な停車駅 新宮発 串本発 白浜着
くろしお16号 8:37 9:26 10:20

※くろし95/85号は臨時列車です。運転日が限定されています。

【帰り】

大阪方面から ()は土休日

主な停車駅 白浜発 和歌山着 天王寺着 新大阪着
くろしお30号 16:57 18:19 19:02 19:20
くろしお32号 17:26 18:48 19:32
(19:33)
19:50
くろしお34号 18:19 19:48 20:32 20:50
くろしお36号 19:34 21:01 21:47 22:06
※くろしお94号 15:48 17:17 18:03 18:20

新宮方面から

主な停車駅 白浜発 串本着 新宮着
くろしお17号 17:40 18:34 19:26
くろしお21号 19:47 20:37 21:26

※くろし94号は臨時列車です。運転日が限定されています。

※利用する発着駅ごとの「くろしお号」が利用できる区間は下記のとおりです。

  • 京都市内駅、宝塚駅、神戸市内駅⇒「新大阪駅~白浜駅」
  • 大阪市内駅⇒「新大阪駅・天王寺駅~白浜駅」
  • 日根野駅⇒「日根野(停車しない列車は和歌山駅)~白浜駅」
  • 和歌山駅、和泉砂川駅、橋本駅、岩出駅⇒「和歌山駅~白浜駅」
  • 海南駅⇒「海南駅~白浜駅」
  • 串本駅⇒「串本駅~白浜駅」
  • 新宮駅⇒「新宮駅~白浜駅」

※自由席を利用する分には、上記を含めてどの「くろしお号」が利用できます。指定の列車に乗れなかった場合も、他の列車の自由席には乗車できます。

申し込みは3日前まで、支払いはクレジットカードのみです。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の申し込みは出発日の1ヶ月前から3日前までとなっています。出発当日は買えません。また、料金の支払い方法はクレジットカードのみです。

※クレジットカードは申し込み者本人の名義のものでないとだめです。
※申し込みが完了した予約したタイミングで(切符を受け取ってなくても)決済となります。

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の発売&有効期間

発売期間(買える期間)

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」は期間限定の発売です。

2018年(平成30年)10月25日~2019年(平成31年)3月28日

有効期間(使える期間)

2018年(平成30年)11月1日~2019年(平成31年)3月31日のうちの1日

※アドベンチャーワールドの休園日と年末年始は設定がありません(下記)。

  • 11月7日・14日・21日・28日
  • 12月4日・5日・11日・12日・19日・26日・29日~31日
  • 1月1日~6日・9日・16日・22日~25日・29日~31日
  • 2月1日・6日・13日・20日・27日
  • 3月6日・12日・13日・20日

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の購入方法

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」は、出発日の1ヶ月前から3日間前まで、下記の2つの方法で予約(申し込み)、購入ができます。

JR駅プランを申し込む前に、アドベンチャーワールドのショーの予定など最新情報を公式サイトなどで確認しておきましょう(記事の最後にリンクがあります)。

【購入方法1】専用受付窓口に電話する。

JR「駅プラン」の受付専用の電話窓口が用意されていて、利用日(アドベンチャーワールドの行く日)の1ヶ月前の10:00から3日前(17:00)まで買えます。

電話一本で申し込み&購入の手続きが全部完了するので便利です。電話するときは、手元にクレジットカードを用意してください。

申し込みが完了したあとは、出発の当日に駅の「みどりの窓口」や「みどりの券売機」で、実際の切符を受け取ります。その際、電話で案内される予約番号と決済に使ったクレジットカードが必要になります。

※電話受付時間:8:00~17:00(年中無休)

【購入方法2】駅の窓口に行って直接購入する。

JR西日本の主要駅の「みどりの窓口」でも購入できます。駅の場合もクレジットカードが必要になります。

JR駅プラン・アドベンチャーワールド公式サイト

JR駅プラン「和歌山アドベンチャーワールド」の詳細や最新情報、アドベンチャーワールドの営業案内については、それぞれの公式サイトで確認ください

◆JR駅プラン

◆アドベンチャーワールド

京阪神方面から「アドベンチャーワールド」はちょっと遠くて、車でもなかなか行きにくいところですが、JR駅プランでは、日帰りで往復に特急が利用できて、料金の割引も大きいので、時間的、値段的なハードルが低くなっています。

アドベンチャーワールドはパンダやイルカショー、サファリなど見どころがたくさんあって、子供はもちろん大人もけっこう楽しめるので、わざわざ行ってみる値打ちはあります。JR駅プランは2人以上の利用が条件なので、親子連れや恋人同士で出かけてみてください。土日も利用できます。