.

お正月は神戸~大阪~奈良が「阪神・近鉄初詣1dayチケット」で格安乗り放題!

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の内容、値段、発売期間、購入方法は?

お正月に神戸~大阪~奈良の間を、なるべく交通費・電車代を安く移動したい…というあなたに、「阪神・近鉄初詣1dayチケット」という切符を紹介します。

この切符は年始の期間限定で、阪神電車近鉄奈良線の全線が1日乗り放題できるというものです(1日乗車券)。沿線の神社やお寺で祈念品がもらえるなどの特典も付いて、値段はお手頃。例えば、神戸から奈良まで行くなら、往復するだけでもお得です。

ここでは、「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の内容と値段、発売期間、購入方法をまとめました。

初詣や初売り、あいさつ回り、新年会などに電車で出かける際は、チェックしてみてください。【2020年版】

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」ってどんな切符?

神戸~大阪~奈良の阪神&近鉄電車が1日乗り放題!

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は、阪神電車と近鉄電車の神戸と奈良の間で、1日乗り放題(乗り降り自由)できる切符(1日乗車券)です。

乗り放題できる区間は図の通りです。尼崎駅経由となりますが、梅田へも行けます。

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の有効区間(乗り放題できる範囲)

  • 阪神電車の全線(元町駅より西の神戸高速線も含む)
  • 近鉄奈良線の全区間(大阪難波駅~奈良駅)
  • 生駒ケーブルの鳥居前駅~宝山寺駅

※生駒ケーブルの「鳥居前駅」は近鉄「生駒駅」から徒歩数分のところにあります。
※近鉄特急は利用できません。利用するには別に特急券を買う必要があります。

沿線神社の「祈念品・おみくじ授与引換券」付き!

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は特典付き

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」には特典として、神戸~奈良の沿線にある下記の神社やお寺で、祈念品やおみくじと引き換えできる「祈念品授与引換券」「おみくじ授与引換券」がそれぞれ1枚ずつ付いています。

「祈念品授与引換券」が使える神社(いずれか1か所で)

  • 長田神社(高速長田駅下車、徒歩約10分)
  • 湊川神社(高速神戸駅下車、徒歩数分)
  • 生田神社(阪神/阪急神戸三宮駅下車、徒歩7~10分)
  • 西宮神社(阪神西宮駅下車、徒歩5~6分)

「おみくじ授与引換券」が使える社寺(いずれか1か所で)

  • 枚岡神社(近鉄枚岡駅下車すぐ)
  • 石切劔箭(つるぎや)神社(近鉄石切駅下車、徒歩約10分)
  • 生駒聖天・宝山寺(生駒ケーブル宝山寺駅下車、徒歩10分)
  • 春日大社(近鉄奈良駅下車、バス約8分)

年越し利用OK!年が明けても買えます!

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は1日用ですが、元日の1月1日利用に限って、12月31日の18時から「年越し」で使えます(1月1日は終日)。

また、年が明けてからも発売していますので、出かける当日に買うことができます。ただし、数量限定発売なので売り切れの場合があります。

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の値段は?(2020年版)

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」(2020年版)の値段はこちらです。

大人 1,600円
子供 800円

参考までに、主な区間の普通運賃(大人片道)を挙げてみました。

初乗り運賃 阪神150円/近鉄160円
神戸三宮駅・元町駅~奈良駅 980円
西代駅・高速長田駅~奈良駅 1,130円
神戸三宮駅・元町駅~生駒駅 820円
神戸三宮駅・元町駅~石切駅 770円
西宮駅~奈良駅 930円
尼崎駅~奈良駅 990円
神戸三宮駅・元町駅~大阪難波駅 410円
神戸三宮駅・元町駅~大阪梅田駅 320円
大阪難波駅~奈良駅 570円
大阪難波駅~生駒駅 410円
生駒ケーブル(鳥居前駅~宝山寺駅) 290円

単純に片道800円以上する区間では、往復するだけで元が取れます。例えば、三宮駅~奈良駅は通常の運賃は往復で1,960円なので、「阪神・近鉄初詣1dayチケット」で18%も安くなります。

もちろん往復だけでは損になる区間でも、乗り放題を生かして途中の駅で乗り降りを繰り返せば、繰り返すほどお得になります。

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の発売期間と有効期間

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は下記の期間限定の発売です。先述しましたが、年が明けてからも買えます。

【2020年版】
2019年(令和元年)12月1日から2020年(令和2年)1月11日まで

※発売期間中でも、在庫がなくなり次第で発売終了となります(販売枚数は大人用5000枚、子供用1000枚)。
※買ってから使わなくなってしまったら、1月11日までなら、未使用の場合に限って払い戻しが受けられます。ただし手数料がかかります(300円)。

有効期間(使える期間)

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は、早くから発売されますが、使えるのは年明け元日からです。

【2020年版】
2020年(令和2年)1月1日から1月11日までの間の好きな1日間(始発~終電)

1月1日の利用に限って、大晦日12月31日の18時から年越しで使えます。

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」はどこで買える?(購入方法)

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」は、下記の場所で買えます。

阪神電車
  • 大阪梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、御影駅、神戸三宮駅、新開地駅の駅長室
  • 阪神電車各駅の改札口(西代駅、湊川駅、花隈駅と駅員不在時を除きます)
  • 阪神電車サービスセンター(神戸三宮駅西口)
近鉄電車
  • 大阪難波駅、上本町駅、鶴橋駅、布施駅、八戸ノ里駅、東花園駅、瓢箪山駅、生駒駅、学園前駅、大和西大寺駅、奈良駅の特急券発売窓口

※近鉄の発売駅のなかには窓口の営業時間が短かったり、時間帯が偏っているところが一部ありますので注意してください。近鉄の公式サイトで確認できます。

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」公式サイト

「阪神・近鉄初詣1dayチケット」の最新情報は、阪神電車の公式サイトで確認ください。

阪神電車公式サイト

神戸~大阪~奈良の沿線には、初詣スポットはもちろん、年始のイベントもいろいろありますので、「阪神・近鉄初詣1dayチケット」を使うことを前提に予定を立ててみるといいかもしれませんね。1月11日まで使えますので、年明けの仕事の外回りにも便利です。

また、せっかくの正月休みとお得な切符なので、神戸や奈良の行ったことのないところへ初めて出かけてみるのもいいと思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク