.

50歳以上向けJR「おとなびWEBパス」発売情報!特徴と購入方法、注意点

出張や旅行の交通費をできるだけ安く節約したい!という50歳以上のあなたに、JR西日本の「おとなびWEBパス」という期間限定発売のお得な切符を紹介します。

「おとなびWEBパス」の発売情報、内容、値段、購入方法は?

「おとなびWEBパス」は、JR西日本の全線が3日間乗り放題の格安切符です。新幹線や特急も利用できます。ここでは、その内容や値段、発売期間、購入方法(買い方)を紹介します。

ただ、この切符は「おとなび」の会員でないと買えません。「おとなび」というのは、50歳以上限定のJR西日本の会員制度で、限定の割引切符や旅行商品などを利用できます。会員数が100万人を突破したそうなので、すでに利用されているかもしれません。

あなたは未だでも大丈夫です。50歳以上なら誰でも入会できて、会費などの費用も全くかかりません。手続きも笑うほど簡単に済みます。

すでに「おとなび会員」の方はもちろん、そうでない50歳以上の方も、特に関西、北陸、中国、福岡方面へ出かけるときはチェックしてみてください。

「おとなびWEBパス」ってどんな切符?

おとなび会員限定の「おとなびWEBパス」は次のような内容がセットになっています。

JR西日本の全線など3日間乗り放題!

「おとなびWEBパス」の乗り放題区間(範囲図)

「おとなびWEBパス」では関西(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)を含む北陸から中国、九州(博多)までの下記区間が、平日、土日祝に関係なく、普通列車(快速、新快速)のほか、新幹線や特急列車の自由席が3日間乗り放題(乗り降り自由)で利用できます。

  • JR西日本の全線(山陽新幹線、北陸新幹線、特急の自由席も)
  • JR西日本の宮島フェリー(宮島口~宮島)
  • 智頭急行線の全線(上郡駅~智頭駅、特急自由席も)

※新幹線の「京都駅」「米原駅」は東海道新幹線なので利用できません(新大阪駅~博多駅・博多南駅の間のみ)。北陸新幹線は金沢駅~上越妙高駅の区間が利用できます。

北陸地方の下記の他社区間は通過利用だけできます。途中下車できません。途中下車すると乗車した区間分の普通運賃が別にかかります。

  • IRいしかわ鉄道(金沢駅~津幡駅の間、金沢駅と津幡駅でのみ乗り降りできます)
  • あいの風とやま鉄道 (富山駅~高岡駅の間、富山駅と高岡駅でのみ乗り降りできます)

※このほかの他社の区間は「おとなびWEBパス」では利用できません。特にJRの列車が直通している他社の区間(京都丹後鉄道など)に注意してください。

新幹線や特急の指定席が利用できます!

「おとなびWEBパス」の内容、購入方法、値段は?

「おとなびWEBパス」では、先に触れたように、新幹線や特急列車の自由席が乗り放題できますが、指定席も8回まで利用できます。新幹線は「のぞみ」や「みずほ」でもOKです。

※1列車1座席の利用を1回と数えます。目的地まで2つの列車を乗り継いで行く場合は「2回」となります。新幹線で「のぞみ」と「こだま」を乗り継いでも「2回」と数えます。
※寝台特急の「サンライズ出雲」号と「サンライズ瀬戸」号は利用できません。

1人でも使えます。

「おとなびWEBパス」は1人でも使えます。気ままな一人旅や帰省にはもちろん、仕事の出張にもぴったりです。

駅レンタカーの利用割引券付き!半額以下で

「おとなびWEBパス」を購入すると「駅レンタカー利用券」が付いています。駅レンタカーを運営するJR西日本レンタカー&リースのすべての営業所で、切符の有効期間中に1回利用できます。

利用できる車種と値段は下記の通りです。利用には予約が必要です

  • Sクラス:24時間3,260円(免責補償込み)

※Sクラスは1000~1300㏄の5人定員の車種です。具体的にはフィット、デミオ、ノート、ヴィッツなどになります。通常料金は7,150円なので半額以下です。
※JR西日本レンタカー&リースの「駅レンタカー」営業所は主要駅にあります。

「おとなびWEBパス」の気になる値段は?

「おとなびWEBパス」の値段はこちらです。

普通車用 20,370円

3日間乗り放題でこの金額です。1日当たり6,790円。新幹線と特急も利用できることを考えるとコスパはいいです。

※「グリーン車用」の設定はありません。グリーン車はグリーン料金を別に支払うと利用できます。北陸新幹線の「グランクラス」は利用できません(追加料金を払ってもダメ)。


「おとなびWEBパス」は、大阪からだと広島や九州、富山方面へ行くと、単純に日帰り往復するだけで元がとれます。関西内や周辺の場合は、新幹線や特急に3~4回乗ると得になるという感じです。

【片道の普通運賃・料金の例(普通車指定席を利用、通常期)】

利用区間 普通運賃・料金(片道)
【新幹線のぞみ】新大阪駅~岡山駅 6,350円
【新幹線のぞみ】新大阪駅~広島駅 10,630円
【新幹線のぞみ】新大阪駅~博多駅 15,600円
【特急】大阪駅~金沢駅 7,790円
【特急+新幹線】大阪駅~富山駅 9,590円
【特急+新幹線】大阪駅~糸魚川駅 11,240円
【特急】大阪駅~和倉温泉駅 9,360円
【新幹線のぞみ+特急】新大阪駅~岡山駅~松江駅 11,010円
【特急】大阪駅~智頭駅~鳥取駅 7,220円
【新幹線+普通】新大阪駅~新山口駅~東萩駅 15,270円
【新幹線+特急】新大阪駅~新山口駅~津和野駅 14,920円
【特急】大阪駅~城崎温泉駅 5,700円
【特急】新大阪駅~白浜駅 5,700円
【特急】新大阪駅~紀伊勝浦駅 7,020円
【フェリー】宮島口~宮島(自由席) 180円

「おとなびWEBパス」は期間限定!発売期間と有効期間

「おとなびWEBパス」は、下記の期間限定の発売となっています。【2019年冬版】

発売期間(買える期間) 有効期間(使える期間)
2019年11月1日~12月11日
(12月1日~12月18日出発分の発売)
2019年12月1日~12月20日
2019年12月15日~2020年3月6日
(1月15日~3月13日出発分の発売)
2020年1月15日~3月15日

※利用開始日の午前0時から最終日の午前0時を過ぎた最初の停車駅まで(大阪の電車特定区間内では終電まで)乗り放題できます。

「おとなびWEBパス」の注意点と購入方法

さあ「おとなびWEBパス」を買おう!と思って、出発の当日に駅へ行っても買えません!購入する際は次の点に注意してください。

「おとなび」会員でないと買えません!

「おとなびWEBパス」の購入方法(買い方)
繰り返しになりますが、「おとなびWEBパス」はJRの「おとなび」の会員限定の切符です。会員でないと購入できません。まだ会員でなければ、まずは「おとなび」に入会しましょう。手続きは簡単です。

当然ですが、買った「おとなびWEBパス」を実際に使えるのも会員本人だけです。

「おとなび」への入会は超簡単!

「おとなび」への入会は、JR西日本の公式サイトにアクセスして、「J-WESTネット会員」に登録します。この時点で満50歳以上でしたら、自動的に「おとなび」会員に登録されます。

50歳以上の「J-WESTネット会員」=「おとなび」会員

「おとなび」は入会しておいてデメリットはありません。「おとなびWEBパス」以外にも会員限定のお得な切符や旅行商品が用意されています。費用も一切かかりません。

「おとなびWEBパス」の購入方法(買い方)※すでに「J-WESTネット会員」に入会している人は、50歳を過ぎると自動的に「おとなび」会員にもなっています。特に手続きもなく「おとなび」の特典を受けられます。

「J-WESTネット会員」とは、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」の利用を主にした会員制度です。

インターネットでいつでも新幹線や特急の切符やお得の切符を予約したり、その変更や取り消し、確認ができます。登録料や会費は一切かかりません

「J-WESTネット会員」の登録そのものは、必要事項を入力するだけで簡単です。その際、自分のメールアドレスを用意してください。

3人分まで同時購入できます

「おとなびWEBパス」は同時に3人分まで購入できます。この場合も同行者全員が「おとなび」会員である必要があります。

買えるのは7日前まで!

「おとなびWEBパス」が買えるのは、利用する日の1ヶ月前から7日前までとなっています。

このため、出かける当日はもちろん翌日など直前の出発分は買えませんので、急な旅行や出張には向いていません。この点「おとなびWEBパス」は不便ですが、注意してください。

駅では買えません。購入方法はネット予約だけ!

「おとなびWEBパス」買い方(購入方法)

「おとなびWEBパス」の購入方法は、その名前の通り「WEB=インターネット」予約だけです。駅や旅行会社では買えません

JR西日本の予約サイト「e5489」にパソコンやスマホからアクセスして「おとなびWEBパス」を申し込みます(予約、購入)。

その後は、出発までに駅に行って「みどりの窓口」や「みどりの券売機」で「おとなびWEBパス」の現物を受け取るという流れになります。必ず切符の現物を受け取らないと乗れません。

※支払い方法は、クレジットカード、駅払い、コンビニ払い、金融機関ATM払いが選べます。コンビニと金融機関の場合は期限までに入金しないと取り消しになります。

指定券の予約や変更もインターネットで

「おとなびWEBパス」では、新幹線や特急の指定席(普通、グリーン)の予約も予約サイトの「e5489」で行います。駅ではできません(やってくれない)。そして、乗る前には駅の「みどりの窓口」で指定券の現物を受け取ります。

また、予約の追加や変更したいときも「e5489」で手続きします。出発日の最初に予約した列車の発車時刻の前で、なおかつ、駅で指定券(現物)を受け取る前であればで変更できます(1予約につき28回まで)。

切符を受け取ったあとは指定席の追加・変更はできません。

※「自由席」を利用するときは、特に予約の手続きは要りません。
※利用開始日の変更はクレジットカード払いの場合のみできます。駅払いやコンビニ払いの場合はできません。

「おとなびWEBパス」を買った後の払い戻しは?

「おとなびWEBパス」は前売り限定なので、旅行を取り消さないといけなくなることもあると思います。その際の払い戻しは次のようになります。

  • 切符の現物を駅で受け取る前⇒予約している列車の出発時刻前までであれば、「e5489」で払い戻しの手続きができます(手数料が最大2,940円かかります)。
  • 切符の現物を受け取った後⇒全て未使用で、予約している列車の出発時刻前であれば、受け取った駅の窓口で払い戻ししてもらえます(手数料が最大2,940円がかかります)。
  • 利用当日に切符を使い始めた(改札を通った後)、最初の予約した列車が出発した後⇒払い戻ししてもらえません。
「おとなびWEBパス」は、「WEB」と名前にあるだけに、すべての手続きをインターネットでやります。駅では切符の現物を受け取るだけとなります。

「おとなびWEBパス」公式サイト

「おとなびWEBパス」の最新情報や「おとなび」会員への登録については、JR西日本の公式サイトで確認ください。

「おとなびWEBパス」公式サイト

JR西日本の「おとなび」は、何かと高齢者(65歳以上など)向けのサービスが多い中で、50歳以上が対象という珍しい?会員制度です。ただ、購入や予約は全てインターネット「e5489」で行う形になりますので、インターネットやパソコン、スマホが苦手な人には優しくないです。旅行中はスマホなどの携帯端末は必需です。現役バリバリの人が多いと思いますが、「おとなびWEBパス」は出張にも活用できて、目的地によっては日帰りの往復だけでも元が取れるなど、交通費を安く抑えることができます。

「おとなびWEBパス」は、せっかくの関西を含め西日本中が乗り放題できる切符です。3日間の有効期間や新幹線や特急が利用できるというメリットを生かして、週末や休みを利用して気分転換に周遊の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。使い方次第では関西やその周辺だけでもお得に巡れますよ。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク