.

神戸三宮~関空の最も格安な移動方法【阪神&南海アクセスきっぷ】

南海電車
お悩み中
お悩み中
神戸~関空を安く移動したい。お得な方法や格安チケットとかあれば知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事の内容

  • 阪神電車利用の「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)

 

神戸方面から関西空港へ、または関西空港から神戸方面へのアクセス手段には、バスや鉄道、乗合タクシー、そして高速船と選択肢がいろいろあります。

 

このなかで、とにかく交通費を安く抑えたいというあなたには、阪神電車と南海電車を利用する「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」がおすすめです。

 

神戸~関空では一番格安な移動方法になります。芦屋、西宮、尼崎など阪神間から(へ)もお得です。

 

ここでは、この「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」の内容と値段、は発売期間、購入方法をまとめました。【2022年版】

 

この記事で神戸(三宮)と関空との最安の交通手段を知ることができます。
まあちん
まあちん

 





阪神・南海「関空/神戸アクセスきっぷ」ってどんな切符?

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」は神戸方面から関西空港へ、「神戸アクセスきっぷ」は関西空港から神戸方面へ、それぞれ阪神電車南海電車を、大阪の「難波駅」で乗り継いで利用する片道用の割引乗車券です。

 

移動する方向で切符の名前が違いますが、内容や値段は全く同じです。

 

実際の切符は、阪神電車用、南海電車用のそれぞれ1枚ずつ、2枚セットになっています。

 

【「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」の有効区間】

 

  • 阪神電車の各駅~大阪難波駅の片道
  • 南海電車の難波駅~関西空港駅の片道

神戸~関空の格安移動手段の阪神&南海電車「アクセスきっぷ」有効区間図

 

※有効区間では乗り放題(乗り降り自由)ではありません。乗車は1回のみで、難波駅以外で途中下車する(改札口から駅の外に出る)と無効になります。

 

※阪神電車の「大阪難波駅」(近鉄と同居)と南海電車の「難波駅」との間は歩いて5~6分かかります。

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」を関空⇒神戸、「神戸アクセスきっぷ」を神戸⇒関空というふうに、逆方向には使えません。

 

阪神・南海「関空/神戸アクセスきっぷ」の値段は?(2022年版)

 

神戸~関空の格安移動手段の阪神&南海電車「アクセスきっぷ」の値段は?

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」ともに値段はこのようになっています。

 

大人用のみの発売で、乗車区間に関係なく一律です。

 

大人 1,150円

 

※南海特急「ラピート」には乗れません。別に特急券(520円)を買うことで利用できます。

 

通常の運賃と比べると9~15%安い!

 

阪神電車の主な駅~関西空港の通常の運賃で移動した場合と、「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」を比較してみました。

 

表のように、神戸三宮駅から14%割引をはじめ、千鳥橋駅までの各駅では9~15%安くなります。

 

ただし、西九条駅~桜川駅の間の駅では損になりメリットはありません。

 

出発駅/目的駅 阪神 南海 通常合計 アクセスきっぷ
元町駅 410円 930円 1,340円 1,150円 14%割引
神戸三宮駅 410円 930円 1,340円 1,150円 14%割引
芦屋駅 380円 930円 1,310円 1,150円 12%割引
西宮駅 360円 930円 1,290円 1,150円 11%割引
甲子園駅 360円 930円 1,290円 1,150円 11%割引
尼崎駅 330円 930円 1,260円 1,150円 9%割引
千鳥橋駅 280円 930円 1,210円 1,150円 5%割引
西九条駅 210円 930円 1,140円 1,150円

 

※「阪神」は大阪難波駅までの片道運賃、「南海」は難波駅~関西空港駅の片道運賃です。

 

神戸~関空のアクセス手段では最安!

 

つぎに、「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」の値段を、他の神戸三宮~関西空港のアクセス方法と比べてみました。

 

アクセス手段 利用区間 運賃・料金 所要時間
JR普通運賃 三ノ宮駅~関西空港駅 1,740円 約105分
阪神&JR(西九条経由) 神戸三宮駅~関西空港駅 1,520円 約110分
空港バス 神戸三宮~関西空港 2,000円 約65分
ポートライナー&船 三宮駅~関西空港 1,880円 約60分
乗合タクシー(MK) 神戸市中央区~関西空港 2,500円 平均90~120分
アクセスきっぷ 神戸三宮駅~関西空港駅 1,150円 約110分

 

このように、「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」は最安です(往復割引などを含めても最安です)。

 

ただ、途中で乗り換え(1~2回)があり、所要時間が比較的長めです。

 

【参考】三宮・関空の2番目に安いアクセス手段は「ポートライナー+高速船」です。

 




阪神・南海「関空/神戸アクセスきっぷ」の発売期間と有効期間は(2022年版)

 

発売期間(買える期間)

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」は、下記の期間で発売されています。

 

【2022年版】
《上期用》2022年(令和4年)4月1日~9月30日
《下期用》2022年(令和4年)10月1日~2023年(令和5年)3月31日

 

有効期間(使える期間)

 

【2022年版】

関空アクセスきっぷ 《上期用》2022年(令和3年)4月1日~10月31日の好きな1日
《下期用》2022年(令和3年)10月1日~2023年(令和5年)4月30日の好きな1日
神戸アクセスきっぷ 購入した日から翌月末日までの好きな1日

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」とも、日付の入っていない阪神電車用と南海電車用の切符が2枚セットになっています。

上記の有効期間中でしたら、それぞれの使用日が別々でも大丈夫です。

 

阪神・南海「関空/神戸アクセスきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」は、下記の場所で購入できます(当日、事前)。発売駅以外から利用するときは、前日までに買っておく方が良いです。

 

もし購入した後で使わなくなった場合は、すべて未使用(台紙も付けて)で有効期間内でしたら発売場所で払い戻しを受けられます。ただし手数料(300円)がかかります。

 

神戸方面から関西空港へ向かうとき(関空アクセスきっぷ)

 

  • 阪神電車の大阪梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、御影駅、神戸三宮駅の駅長室
  • 阪神電車サービスセンタ-(神戸三宮駅西口)

 

関西空港から神戸方面へ向かうとき(神戸アクセスきっぷ)

 

  • 南海電車の関西空港駅窓口

 

阪神・南海「関空/神戸アクセス」公式サイト

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」の最新情報は、南海電車の公式サイトで確認ください。

 

南海電車公式サイト

 

 

「関空アクセスきっぷ(阪神版)」「神戸アクセスきっぷ」は、時間がかかっても、乗り換えの手間があってもいいから、とにかく神戸~関空の交通費を安く移動したいというときは検討してみてください。

買える場所が少ない点が不便ですが、この格安さは魅力的です。

前もって買っておくこともできますので、上手く活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました