.

京都市街~伏見・宇治・石清水八幡宮が格安乗り放題【京阪観光切符】

京阪電車乗り放題の1日乗車券「京都1日観光チケット」の内容、値段、発売期間、購入方法

お悩み中
お悩み中
京都の市街地から、伏見稲荷や宇治、石清水八幡宮の方面へ出かけたいけど、安く行ける方法やお得な切符があれば知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • 京阪電車の「京都1日観光チケット」という1日乗車券を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法、お得かどうか)。

京都の市街地(東山、祇園)から、洛南の伏見や宇治、石清水八幡宮の方面へ交通費を節約して出かけたいというあなたは、京阪電車の「京都1日観光チケット」という切符を、まずはチェックしてみてください。

この切符は、京阪電車(京阪線)のほぼ京都府内の区間が乗り放題できる1日乗車券です。観光や仕事などで、この沿線を回るときにお得。最低3回乗り降りすれば、元は取れます。

ここでは、「京都1日観光チケット」の内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。【2021年版】

この記事で、「京都1日観光チケット」のことをひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん





「京都1日観光チケット」ってどんな切符?

京都府内の京阪電車が1日乗り放題!

「京都1日観光チケット」は、京都府内の京阪電車(京阪線)の区間(一部を除く)に限った1日乗車券です。

具体的には、京都市の左京区、東山区、伏見区、宇治市、八幡市にかけての下図の区間が1日乗り放題できます(乗り降り自由)。

 【「京都1日観光チケット」の有効区間(乗り放題)】

京阪電車「京都1日観光チケット」有効区間

  • 京阪線の出町柳駅~石清水八幡宮駅
  • 宇治線の全線(中書島駅~宇治駅)
  • 参道ケーブル

※参道ケーブルは石清水八幡宮駅と、実際の「石清水八幡宮」がある男山の山上を結ぶケーブルカーです。

伏見へは市街地から路線バスでもアクセスできますが、距離があるので時間がかかります。京阪電車を利用した方が効率が良いです。

社寺や観光施設の優待特典付き!

京阪電車乗り放題「京都1日観光チケット」の特典

京阪電車の「京都1日観光チケット」には、利用当日に、それを提示することで、沿線のお寺や神社、観光施設の提携先で、料金の割引など優待が受けられる特典が付いています。

【「京都1日観光チケット」沿線の優待場所】(順不同)

  • 下鴨神社(出町柳駅)
  • 高台寺(祇園四条駅)
  • 月桂冠大倉記念館(中書島駅)
  • 平等院(宇治駅)
  • 石清水八幡宮(石清水八幡宮駅より参道ケーブル)

※提携先の詳細は、京阪電車の公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)。

「京都1日観光チケット」の値段は?(2021年版)

京阪電車の乗り放題「京都1日観光チケット」の値段

京阪電車の「京都1日観光チケット」は、次の通りです。

大人用 800円
子供用 400円

見た感じはお手頃な金額ですが、お得なのでしょうか。

京阪電車の主な区間の通常の運賃はこのようになっています。

【主な区間の普通運賃】(大人片道)

初乗り運賃(最短区間) 160円
出町柳駅~石清水八幡宮駅 400円
出町柳駅~伏見稲荷駅 270円
出町柳駅~中書島駅 330円
出町柳駅~宇治駅 400円
出町柳駅~三条駅 220円
三条駅~石清水八幡宮駅 340円
三条駅~伏見稲荷駅 210円
三条駅~中書島駅 270円
三条駅~宇治駅 340円
伏見稲荷駅~宇治駅 310円
伏見稲荷駅~石清水八幡宮駅 310円
石清水八幡宮駅~宇治駅 310円
中書島駅~石清水八幡宮駅 270円
中書島駅~宇治駅 270円
参道ケーブル 300円

「京都1日観光チケット」は、おおむね3回乗ると元が取れるような感じです。

例えば、三条駅から伏見稲荷と宇治をめぐる場合はこんな感じ。ちょっとだけですが、「京都1日観光チケット」を使った方が安くなります。

通常 京都1日観光チケット
三条駅⇒伏見稲荷駅 210円
伏見稲荷駅⇒宇治駅 310円
宇治駅⇒三条駅 340円
合計 860円 800円(7%割引)

また、石清水八幡宮へ行って帰るだけでも、38%もお得です。

通常 京都1日観光チケット
三条駅⇒石清水八幡宮駅 340円
参道ケーブル(往復) 600円
石清水八幡宮駅⇒三条駅 340円
合計 1,280円 800円(38%割引)

伏見、宇治、石清水八幡宮を1日で回ることも可能です。そうすれば、もっとお得に。

このように、沿線には観光地が多く、繁華街もありますので、いろいろ巡れば「京都1日観光チケット」はお値打ちです。




「京都1日観光チケット」の発売期間と有効期間は?(2021年版)

発売期間(買える期間)

「京都1日観光チケット」は1年を通して発売されます。

【2021年版】
2021年(令和3年)4月1日~2022年(令和4年)3月31日

有効期間(使える期間)

【2021年版】
2021年(令和3年)4月1日~2022年(令和4年)3月31日のうちの1日。

※利用当日は始発から終電まで乗り放題できます。

「京都1日観光チケット」はどこで買える?(購入方法)

京阪電車の「京都1日観光チケット」は、利用する当日に、下記の駅で買うことができます。

前日など事前に買っておくことはできません。

発売駅 中書島駅、 丹波橋駅、 祇園四条駅、 三条駅、 出町柳駅

※上記の駅以外では、駅員さんに(不在の場合はインターホンで)「京都1日観光チケット」を買いたい旨を申告してください。

※買った後で使わなくなった場合は、買った当日中で未使用でしたら買った駅で払い戻ししてもらえます。その際300円の手数料がかかります。

「京都1日観光チケット」公式サイト

「京都1日観光チケット」の最新情報については、京阪電車の公式サイトで確認ください。

京阪電車公式サイト

「京都1日観光チケット」で乗り放題区間の沿線には、たくさんの観光地や名所があり、繁華街も控えています。

値段も手ごろで、京阪電車の1日乗車券のなかでは、元が取りやすい切符です。京都の市街地から宇治、伏見、石清水八幡宮方面へ出かける際は、活用してみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク