.

丹後・天橋立・舞鶴で丹鉄・バス乗り放題が200円【京都発周遊パス】

京都から丹後・天橋立・舞鶴へ「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の値段、買い方

お悩み中
お悩み中
京都から日本海側の丹後方面へ、JRを使って観光に出かけたいけど、安くて気軽に買える切符とかないやろか。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

日本三景「天橋立」観光や、カニ、温泉などを楽しみに、京都の日本海側、丹後地方をできるだけ交通費を節約してめぐりたいというあなたに、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」という切符を紹介します。

これは、地元の京都丹後鉄道(丹鉄)や路線バス、天橋立の観光船が乗り放題の観光向けの格安切符です。

京都駅からは、JRの特急列車にプラス200円するだけで買えます。

ここでは、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の内容と値段、発売期間、購入方法をまとめました。

現地に着いてからローカル線やバスを利用するなら要チェック。2日用もあります。
まあちん
まあちん





「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」ってどんな切符?

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の値段、購入方法、内容は?

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」は、丹後地方の鉄道と路線バスなど観光用の乗り放題切符です。

「1日用」と「2日用」があります。

「海の京都」とは、京都府の福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町を合わせた地域を指す愛称です。

京都丹鉄鉄道が乗り放題。特急もOK。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」では、ローカル線の京都丹後鉄道(丹鉄)を全線で乗り放題できます。

京都丹後鉄道「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の乗り放題範囲

普通列車や快速列車のほか、特急列車の自由席が利用可能です。

※丹鉄は豊岡駅、福知山駅、西舞鶴駅でそれぞれJRと接続しています(同じ駅)。

※特急の指定席や観光列車、通勤ライナーは利用できません。追加料金が必要です。

路線バスの指定範囲も乗り放題。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」では、現地の丹後海陸交通と京都交通の2社が運行する路線バスも乗り放題で利用できます。

丹後海陸交通 京丹後市、宮津市、与謝野町、伊根町など片道運賃200円までの全区間(路線の大半は200円以内です)。
公式サイト
京都交通 福知山地区、舞鶴地区の全路線
公式サイト

※高速バス、地域のコミュニティバス、成相寺登山バスは利用できません。

天橋立の遊覧船も。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の内容、値段、購入方法

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」では、天橋立観光船の天橋立桟橋~一の宮桟橋も乗り放題できます。

天橋立桟橋は、京都丹後鉄道の天橋立駅から徒歩5分ほど。一の宮桟橋は、股のぞきスポット「傘松公園」の最寄りです。

海から天橋立を眺めながらのコースで、所要時間は約12分です。

天橋立観光船公式サイト

優待特典もあります。

このほか、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」には、次のような優待特典が付いています。

  • 「伊根傘松観光券(伊根湾めぐり遊覧船・天橋立ケーブルカー・リフトのセット券)」の割引(通常 1,400円→1,100円)とオリジナルグッズ進呈。
  • レンタサイクル「電動アシスト自転車e-Bike」1割引
  • 丹鉄珈琲1杯無料(宮津駅114kmcafe、観光列車内)
  • 京都交通バス福知山駅前営業所で記念品進呈

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の値段は?

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の値段は次の通りです。

大人 子供
1日用 2,200円 1,180円
2日用 3,000円 1,500円

ちなみに、通常の京都丹後鉄道やバスなどの運賃や料金は、こんな感じです。

丹鉄や観光船を利用すると、元は取りやすいです。路線バスだけだとしんどいです。

(丹鉄)初乗り運賃 150円~250円
(丹鉄)福知山駅~宮津駅 700円
(丹鉄)豊岡駅~宮津駅 1,300円
(丹鉄)西舞鶴駅~宮津駅 600円
(丹鉄)網野駅~天橋立駅 600円
(丹鉄)天橋立駅~夕日が浦木津温泉駅 700円
(丹鉄)特急料金・自由席(乗車券にプラス) 350円~1,000円
(丹後海陸バス) 200円
(京都交通バス)西舞鶴駅~自衛隊桟橋 300円
(京都交通バス)西舞鶴駅~赤れんがパーク 300円
(京都交通バス)西舞鶴駅~とれとれセンター 200円
(京都交通バス)西舞鶴駅~海軍記念館 250円
(天橋立観光船)天橋立桟橋~一の宮桟橋(傘松公園) 片道600円
往復1,000円

こうしてみると、使い方次第で「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」は、それなりにお得です。

が、京都駅からJR特急列車とセットで買うと、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の値段はこうなります。

大人 子供
1日用 200円 100円
2日用 1,000円 500円

大人の1日用は2,200円のところが、なんと200円!これに比べると、2日用は割高に感じますが、それでも3,000円が1,000円です。まさに激安です。

もちろん、京都駅からのJR代が別にかかります。

区間 運賃・料金(大人片道:通常期)
京都駅~福知山駅 乗車券1,520円+特急券1,520円=3,040円
京都駅~西舞鶴駅 乗車券1,690円+特急券1,520円=3,210円
京都駅~天橋立駅 乗車券2,320円+特急券2,470円=4,790円

例えば、京都駅から天橋立へ日帰りの場合、JR特急(京都駅~福知山駅)の往復と「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」(1日用)なら、最安で6,280円です(「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を福知山駅でゲットした場合)。

なお、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を、この激安価格で買うには、いくつか条件があります。後述の購入方法でまとめて紹介します。




「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

2020年(令和2年)8月29日~ 2021年(令和3年)3月31日

1日用、2日用をあわせて5,000枚と発売数量も限定されています。発売期間中でも、売り切れた時点で終了します。

有効期間(使える期間)

2020年(令和2年)8月29日~ 2021年(令和3年)3月31日のうちの1日/連続した2日間。

※利用当日は始発から最終まで乗り放題できます。

※「2日用」を3月31日に利用開始しても、4月1日は使えません。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」はどこで買える?(購入方法)

通常の値段で買う(一般発売)

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」は、下記の場所で購入できます。

京都丹後鉄道
  • 福知山駅、大江駅、宮津駅、西舞鶴駅、天橋立駅、与謝野駅、京丹後大宮駅、峰山駅、網野駅、夕日ヶ浦木津温泉駅、小天橋駅、久美浜駅、豊岡駅の窓口

※京阪神方面からJRで行く場合は、「福知山駅」「豊岡駅」「西舞鶴駅」で下車して、丹鉄の窓口で「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を買ってください。

丹後海陸交通
  • 観光船の天橋立桟橋
  • 本社営業所(与謝野町)
京都交通バス
  • 東舞鶴チケットカウンター
  • 西舞鶴駅前案内所
  • 福知山駅前案内所

また、インターネットでも買うことができます。

予約(購入)を完了させると「引換クーポン」が発行されます。それを利用当日に駅(上記の発売場所)へ持参して、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の現物と引き換えます。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」(1日用)の購入はこちら。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」(2日用)の購入はこちら。

激安価格で買う(往復JRとセットで)

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」はJRとセットで激安200円

先に触れたように、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を、激安価格で買うには、次のような条件があります。

■京都で買う場合■

「日本旅行」の TiS京都支店、TiS京都西口支店で、京都駅・二条駅~福知山駅・東舞鶴駅・西舞鶴駅の往復乗車券&特急券と一緒に、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を買う。

■現地で買う場合■

丹鉄の駅窓口など現地の発売場所(上記)で、京都駅・二条駅~福知山駅・東舞鶴駅・西舞鶴駅の、当日有効の往復乗車券と特急券を提示して、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を買う。

まず、往復(行き帰り両方)のJR乗車券と特急券が必要です。それは、次の内容のものでないといけません。

  • 切符の区間は「京都駅、二条駅~福知山駅、西舞鶴駅、東舞鶴駅、京都丹後鉄道内の駅」(出発と到着が逆でもOK)。
  • 経路は、嵯峨野線・山陰線経由のもの限定です(大阪駅・尼崎駅経由は対象外)。

切符に表示される京都側の発着駅は、京都駅か二条駅に限ります。

たとえ、京都駅~福知山駅の区間を含む切符でも、例えば「山科駅~福知山駅」や「高槻駅~天橋立駅」となっているものは対象外です。

そして、京都で「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」買えるところは、旅行会社「日本旅行」の TiS京都支店、TiS京都西口支店の2か所のみ。

どちらも、JR京都駅の中にある営業所です。京都駅の「みどりの窓口」などJRの切符売り場では買えませんので注意してください。

日本旅行で実際に渡されるのは、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の引換券です。現地に着いたら、上記の発売窓口で、切符の現物と交換する必要があります。

なお、日本旅行で「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」だけを単独で買うことはできません。JRの切符と必ずセットです。

また、丹後の現地では、上記の一般発売の場所で買えますが、やはり往復のJR切符が必要です。

そうなると、京都からJRで来た場合、往きの切符を下車駅で回収されると、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を激安で買えません。

そこで、往きの切符が下車駅で「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」を買うのに、必要なことを説明して、返してもらわないといけません(その際、切符に「無効」というハンコが押されます)。

京都からの場合、現地で激安価格で買うことは、このように面倒です。なるべく京都駅の日本旅行で、JR切符とセットで買うようにした方が楽です。

買った後で使わなくなったときは、未使用で有効期間内であれば、払い戻ししてもらえます。その際、手数料が220円かかります。

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」公式サイト

「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」の詳細や最新情報は、京都丹後鉄道の公式サイトで確認ください。

京都丹後鉄道公式サイト

【参考】泊りがけの場合は、旅館代は「GO TO トラベルキャンペーン」で節約!

旅館・ホテルでの宿泊については、政府の「GO TO トラベルキャンペーン」で補助が出ます。泊りがけの場合は、活用しましょう。

申し込みは、各予約サイトの特設サイトから。

じゃらん

るるぶ

楽天トラベル

 京都からJR利用で行く場合、現地で路線バスや丹鉄、天橋立観光船(1回以上)に乗る予定でしたら、「もうひとつの京都周遊パス・海の京都エリア」は、かなり得です。検討してみる値打ちはありますよ。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク