.

関西のJRはPiTaPaのポストペイ利用OK!運賃の割引サービスも自動適用!

関西JRはPiTaPaのポストペイ利用と運賃割引サービス

「PiTaPa(ピタパ)」といえば、JRの「ICOCA(イコカ)」とともに関西の交通系ICカードの二大看板ですが、PiTaPaはICOCAと違って、ポストペイ(後払い)方式であることが大きな特徴です。

クレジットカードのように、使った分を後日まとめて、金融機関の口座から引き落としされるので、ICOCAのようにあらかじめカードにお金を入金(チャージ)したり、利用するごとに残額を気にする必要がなくて便利です。

JR西日本で、このPiTaPaのポストペイサービスを使うと、利用回数に応じて運賃の割引サービスが適用されます。その内容を紹介します。




JRの「PiTaPaポストペイサービス」って?

JR西日本の「PiTaPaポストペイサービス」とは?

PiTaPa(ピタパ)の「ポストペイサービス」は、運賃の後払いサービスで、使った運賃は後日1ヶ月分をまとめて請求され口座から引き落としされます。クレジットカードと同じです。す。関西のJRをはじめ私鉄や地下鉄、バスの多くで導入されています。

JRをポストペイで利用すると独自の運賃割引サービスが適用されるという「特典」が付いてます。使い方によっては、JR代を節約することができます。ただ、ポストペイを利用する際には、次の2つの点に注意してください。

※JRの「PiTaPaポストペイサービス」は2018年(平成30年)10月1日から始まりました。

【その1】PiTaPaポストペイは対応の区間だけ!

PiTaPaのポストペイは、JR西日本の全線で使えるわけではありません。関西地区の一部だけになります(下図)。この範囲内でPiTaPaを利用すると、もしカードにお金がチャージされていても自動的に(=強制的に)ポストペイになります。

JRの「PiTaPaポストペイサービス」の利用可能範囲

逆に、この範囲外の区間はポストペイに対応していません。ポストペイができないだけで、PiTaPaそのものはICOCAと同じように、あらかじめお金をチャージ(入金)しておくことで使えます。

また、対応範囲外で利用する場合や範囲外へ乗り越す場合は、事前にお金をチャージ(入金)しておく必要があります。

JRで”PiTaPaが利用できる=ポストペイ(後払い)対応”というわけではないので、注意してください。

【その2】乗降駅で自動改札機に必ずタッチ!

そして、PiTaPaのポストペイには、PiTaPaを乗車駅と降車駅それぞれの改札機で1回タッチすることが必要です。

つまり、乗車駅の自動改札機にPiTaPaをタッチして駅に入り、下車する駅の自動改札機でタッチして外に出るという「1セット」を行ってはじめて、ポストペイが適用になります。

JRのPiTaPaポストペイサービス

逆に、PiTaPaで自動改札機で一方、あるいは両方でタッチしなければ、ポストペイにはなりません。例えば、こんな場合です。

  • ポストペイ対応区間内の駅と対応区間の駅との間を利用した場合。
  • PiTaPaと他の切符(乗車券、回数券、定期券など)と併用した場合。
  • 券売機でPiTaPaを使って買った切符を使う場合。

このようなときは、PiTaPaにチャージされているお金を使うことになります(チャージしてなければ入金する必要があります)。



PiTaPaポストペイでJRの運賃が割引!

JRを、PiTaPaのポストペイ(後払い)で利用すると、1ヶ月間(1日~末日)の利用実績(回数)に応じて、次のような運賃の割引サービスが受けられます。割り引かれた金額は、後日請求の際に反映されます。

  • 「時間帯指定割引」
  • 「利用回数割引」

PiTaPaの「時間帯指定割引」「利用回数割引」の利用には、特に登録や申し込みといった手続きは必要ありません。PiTaPaを持っているなら、そのままJRを利用すると自動的に適用されます。

「時間帯指定割引」(京阪神地区のみ)

「時間帯指定割引」は、京阪神の特定区間(下図)を平日の10時~17時、土休日(始発~終電)に、ひと月のうちに4回以上利用すると、4回目から1回の乗車ごとに運賃が30%または50%割引になるというものです。4回は乗らないといけませんが、割引率が高いです。

※1回から3回目の利用には割引はありません。
※「時間帯指定ポイント」は大人用カードのみに適用されます。

JRのPiTaPa運賃割引サービス(時間帯指定割引)の設定範囲

「時間帯指定割引の対象となる具体的な区間は下表の通りです。区間ごとにグループ分けされています。同じグループ内の区間を月に4回以上利用することで割引の対象になります。

グループ番号 適用区間 4回目からの割引率 普通運賃
京都~西大路 30% 130円
京都~桂川 30% 160円
京都~向日町 30% 180円
4 京都~長岡京
京都~山崎
30% 220円
京都~島本 50% 310円
6 京都~高槻
京都~摂津富田
50% 400円
7 京都~JR総持寺
京都~茨木
50% 470円
8 京都~千里丘
京都~岸辺
50% 560円
9 京都~吹田
京都~東淀川
京都~新大阪
京都~大阪
西大路~大阪
桂川~大阪
向日町~大阪
50% 570円
10 長岡京~大阪 50% 560円
11 山崎~大阪
島本~大阪
50% 470円
12 高槻~大阪
摂津富田~大阪
JR総持寺~大阪
30% 260円
13 茨木~大阪
千里丘~大阪
30% 220円
14 岸辺~大阪
吹田~大阪
30% 180円
15 東淀川~大阪
新大阪~大阪
30% 160円
16 大阪~塚本 30% 160円
17 大阪・北新地~尼崎 30% 180円
18 大阪・北新地~立花
大阪・北新地~甲子園口
30% 220円
19 大阪・北新地~西宮
大阪・北新地~さくら夙川
大阪・北新地~芦屋
50% 310円
20 大阪・北新地~甲南山手
大阪・北新地~摂津本山
大阪・北新地~住吉
50% 400円
21 大阪・北新地~六甲道
大阪・北新地~摩耶
大阪・北新地~灘
大阪・北新地~三ノ宮
大阪・北新地~元町
塚本~三ノ宮
塚本~元町
50% 410円
22 尼崎~三ノ宮
尼崎~元町
立花~元町
50% 400円
23 立花~三ノ宮
甲子園口~三ノ宮
甲子園口~元町
西宮~三ノ宮
西宮~元町
50% 310円
24 さくら夙川~三ノ宮
さくら夙川~元町
芦屋~三ノ宮
芦屋~元町
甲南山手~元町
30% 220円
25 甲南山手~三ノ宮
摂津本山~三ノ宮
摂津本山~元町
住吉~三ノ宮
住吉~元町
30% 180円
26 六甲道~三ノ宮
六甲道~元町
摩耶~三ノ宮
摩耶~元町
灘~元町
30% 160円
27 灘~三ノ宮 30% 130円
28 大阪・北新地~塚口
大阪・北新地~猪名寺
大阪・北新地~伊丹
30% 240円
29 大阪・北新地~北伊丹
大阪・北新地~川西池田
50% 330円
30 大阪・北新地~中山寺
大阪・北新地~宝塚
塚本~宝塚
50% 330円
31 尼崎~宝塚
塚口~宝塚
50% 330円
32 猪名寺~宝塚
伊丹~宝塚
30% 240円
33 北伊丹~宝塚
川西池田~宝塚
30% 200円
34 中山寺~宝塚 30% 190円

※「時間帯指定割引」に合った使い方をすると、回数券よりも安くなる場合があります。

「利用回数割引」

「利用回数割引」は、同じ運賃区間の利用回数が11回以上の場合に、11回目以降は1回利用するごとに、その区間の運賃が10%割引になるというものです。子供用カードにも適用されます。

※回数券(11枚綴りで10回分の値段)の方が、1枚目より1割引で3か月間有効なので、この制度はあまり魅力はありません。
※「時間帯指定割引」の特定区間(グループ)を4回以上利用して割引が適用されている場合は「利用回数割引」の対象になりません。3回以下のときは「利用回数割引」の対象になります。

JR「PiTaPaポストペイサービス」の最新情報

JRの「PiTaPaポストペイサービス」についての詳細や最新情報は、JR西日本の公式サイトで確認ください。

JR西日本公式サイト

繰り返しになりますが、PiTaPaはICOCAのように、残額を気にしてお金をチャージ(入金)する必要がないので本当に便利です。利用明細もネットで詳細に見られるので管理もちゃんとできます。PiTaPaを持っていないならぜひ入会をおすすめします。ベーシックカードなら年会費などは費用はかかりません。

ただ、クレジットカードと同じなので、申し込みに当たっては審査があります。詳しくはPiTaPaの公式サイトで確認ください。オンライン申し込みもできます。

PiTaPa公式サイト

また、割引サービスについては、ICOCAでもPiTaPaとほぼ同じ内容が受けられる「ICOCAポイントサービス」が始まります。ICOCAは誰でも持てます。

JR西日本の「ICOCA(イコカ)ポイントサービス」は、乗車回数に応じて、電車の利用や買い物に使えるポイントが貯まるというものです。実質的には運賃割引サービスなので、普段JRを利用する人は知っておくといいですよ。その内容や登録、利用方法をまとめました。
スポンサーリンク