関西JRでPiTaPa(ピタパ)のポストペイ(後払い)対応!割引制度も開始!

関西地区(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)のJR指定区間で、私鉄系のICカード「PiTaPa(ピタパ)」がポストペイ(後払い)で利用できるようになりました(2018年10月1日~)。

「PiTaPa」といえば、JRの「ICOCA(イコカ)」とともに関西の交通系ICカードの二大看板、PiTaPaはICOCAと違ってポストペイ(後払い)方式であることが大きな特徴です。

クレジットカードのように、使った分を後日まとめて、金融機関の口座から引き落としされるので、ICOCAのようにあらかじめカードにお金を入金(チャージ)したり、利用するごとに残額を気にする必要はありません。

(以前はJRでPiTaPaを使うときはポストペイに対応していなかったので、ICOCAと同じようにカードにお金をチャージしておく必要があり不便でしたが、これがようやく解消されました。)

そして、JRではPiTaPa利用者向けの割引サービスが始まりましたので、以下くわしく紹介します。

JRでの「PiTaPa(ピタパ)」ポストペイサービスの内容

PiTaPaのポストペイサービスが利用できる区間

JR西日本で、PiTaPaのポストペイサービスが利用できる区間は下図のとおりです。この区間では、カードにお金が入っていても自動的にポストペイになります。

ただ、”PiTaPaが利用できる=ポストペイ(後払い)対応”というわけではないので、注意してください。ポストペイは下図の範囲だけです。

※PiTaPaそのものは、JR西日本のICOCA対応のすべての区間で使えますが、関西の上図以外の区間を利用する場合や、上図の範囲を超えて乗車する場合は、ポストペイは使えませんので、事前にお金をチャージ(入金)しておく必要があります。

PiTaPaのポストペイが使える条件

PiTaPaのポストペイサービスは、指定区間内(上図)の駅で、PiTaPaを自動改札機を通して乗車して、到着した駅で自動改札機を通して出た場合に適用になります。

必ず乗り降りの際はPiTaPaで自動改札機を通ることが大前提です。この時に、PiTaPaにお金がチャージされいる分があっても、自動的に後払いになります

逆に、PiTaPaで自動改札機を通らない場合は、ポストペイ(後払い)にはなりません。例えば、こんな場合です。

  • ポストペイ対応区間内の駅と対応区間の駅との間を利用した場合。
  • PiTaPaと他の切符(回数券や定期券など)と併用した場合。
  • 券売機でPiTaPaで買った切符を使う場合。

このようなときは、PiTaPaにチャージされているお金を使うことになります(チャージしてなければ入金する必要があります)。

PiTaPaポストペイ対応の開始時期

2018年(平成30年)10月1日から

JR「PiTaPa割引サービス」の内容

PiTaPaのポストペイ(後払い)サービスでJRを利用すると、1ヶ月間(1日~末日)の利用実績に応じて、次のような割引サービスが適用されます。

  • 「時間帯指定割引」
  • 「利用回数割引」

※割り引かれた額は、後日請求の際に反映されます。

「時間帯指定割引」

「時間帯指定割引」は、京阪神の特定区間を平日の10時~17時、土休日(始発~終電)に、4回以上利用すると、4回目から1回の乗車ごとに運賃が30%または50%割引になるというものです。4回は乗らないといけませんが、割引率が高いです。

※1回から3回目の利用には割引はありません。
※「時間帯指定ポイント」は大人用カードのみに適用されます。

「時間帯指定割引」の対象区間

「時間帯指定割引の対象となる特定区間は下表の通りです。区間ごとにグループ分けされています。同じグループ内の区間を月に4回以上利用することで割引の対象になります。

※「時間帯指定割引」は廃止された京阪神地区の「昼間特割きっぷ(昼特きっぷ)」に代わるものです。

「利用回数割引」

「利用回数割引」は、同じ運賃区間の利用回数が11回以上の場合に、11回目以降は1回利用するごとに、その区間の運賃が10%割引になるというものです。子供用カードにも適用されます。

※普通回数券(11枚綴りで10回分の値段)の方が1枚目より1割引で3か月間有効なのでお得です。

※「時間帯指定割引」の特定区間(グループ)を4回以上利用して割引が適用されている場合は「利用回数割引」の対象になりません。3回以下のときは「利用回数割引」の対象になります。

PiTaPaの割引サービスを利用するには?

PiTaPaの「時間帯指定割引」「利用回数割引」を利用するには、登録や申し込みといった手続きは特に必要ありません

PiTaPaを持っているなら、そのままJRを利用すると自動的に適用されます。

JR「PiTaPaポストペイサービス」の最新情報

JRの「PiTaPaポストペイサービス」についての詳細や最新情報は、JR西日本の公式サイトで確認ください。

PiTaPa(ピタパ)を利用している人には、今回のJRのポストペイ(後払い)対応によって、関西のJRの大部分がチャージ不要の本当のキャッシュレスで利用できるようになって便利になりました。

繰り返しになりますが、PiTaPaはICOCAのように、残額を気にしてお金をチャージ(入金)する必要がないので本当に便利です。利用明細もネットで詳細に見られるので管理もちゃんとできます。PiTaPaを持っていないならぜひ入会をおすすめします。ベーシックカードなら年会費などは費用はかかりません。ただ、クレジットカードと同じなので、申し込みに当たっては審査があります。詳しくはPiTaPaの公式サイトで確認ください。オンライン申し込みもできます。

PiTaPa公式サイト

また、割引サービスについては、ICOCAでもPiTaPaとほぼ同じ内容が受けられる「ICOCAポイントサービス」が始まります。PiTaPaを持っていない人はICOCAを使いましょう。