.

神戸~姫路の乗り放題は安い「三宮・姫路1dayチケット」!往復でも3割引

神戸~姫路が山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」で乗り放題

神戸から姫路へ、できるだけ交通費を抑えて安く日帰りしたいときは、山陽電車の「三宮・姫路1dayチケット」という切符をチェックください。

往復の運賃がお得になるうえに、乗り放題の一日乗車券なのでおすすめです。途中の須磨・舞子・明石・高砂などにも電車代を気にせず気軽に途中下車して立ち寄れます。ここでは、この「三宮・姫路1dayチケット」の内容と値段、購入方法を紹介します。

※記載の運賃などは2019年10月以降の金額です。





「三宮・姫路1dayチケット」ってどんな切符?

神戸と姫路の間は約60kmありますが、JRと山陽電車の2つの鉄道が走っていて、電車での移動はとても便利です。観光や仕事で神戸に来たついでに、ちょっと姫路へ足を伸ばすことも可能です(もちろんその逆も)

「三宮・姫路1dayチケット」は、このうちの山陽電車が1日乗り放題(乗り降り自由)できる切符(一日乗車券)になります。

神戸~姫路が山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」で乗り放題

「三宮・姫路1dayチケット」は下図の区間が乗り放題です。

山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」の乗り放題区間

  • 神戸三宮駅(阪急・阪神)~高速神戸駅~姫路駅
  • 新開地駅~湊川駅
  • 飾磨(しかま)駅~網干(あぼし)駅

※山陽電車は神戸と姫路とを結んでいる私鉄です。阪神電車に乗り入れて大阪梅田駅まで直通してします。三宮には山陽電車の駅はなく、阪神電車の神戸三宮駅(一部は阪急電車の神戸三宮駅)に発着します。

【有効区間の主な観光名所など】

神戸~明石~姫路が山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」で乗り放題

須磨海浜水族園(月見山駅)、須磨離宮公園(月見山駅)、須磨寺(須磨寺駅)、須磨海水浴場(須磨駅)、須磨浦公園・山上遊園(須磨浦公園駅)、アウトレット「マリンピア神戸」(垂水駅)、五色山古墳(霞ヶ丘駅)、明石海峡大橋・舞子公園(舞子公園駅)、日本標準時東経135度(人丸前駅)、明石城(明石駅)、魚の棚商店街(明石駅)、鶴林寺(尾上の松駅)、高砂神社(高砂駅)、姫路城(姫路駅)、書写山圓教寺(姫路駅)、姫路セントラルパーク(姫路駅)

【沿線のB級グルメ】

そばめし(神戸市長田区)、明石焼(明石市)、かつめし(加古川市)、にくてん(高砂市)、姫路おでん(姫路市)

神戸~姫路が山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」で乗り放題

「三宮・姫路1dayチケット」の値段は?

「三宮・姫路1dayチケット」の値段は、このようになっています。大人用のみの発売です。

大人用 1,400円

この「三宮・姫路1dayチケット」の値段は、単純に運賃が片道700円以上の区間を往復するだけでも、元が取れるということになります。実際に、神戸三宮と姫路の普通運賃(往復)と比べてみました。

利用区間 普通運賃(往復) 所要時間
山陽電車(神戸三宮駅~姫路駅) 980円(1,960円) 直通特急で約60分
JR神戸線(三ノ宮駅~姫路駅) 990円(1,980円) 新快速で約40分

普通運賃は山陽電車とJRは10円しか変わりません。普通なら速いJRを選びます。これに”遅い”山陽電車が対抗策として打ち出したのが、安い値段と乗り放題が売りの一日乗車券「三宮・姫路1dayチケット」です。

「三宮・姫路1dayチケット」を使うことによって、山陽電車、JRにかかわらず往復するだけでも約3割も安くなります。そのうえ、乗り放題なので、途中下車すればするほどにさらにお得になります。

【参考】山陽電車の主な区間の普通運賃

利用区間 普通運賃(片道)
初乗り(最短区間) 160円
神戸三宮駅~須磨駅 330円
神戸三宮駅~垂水駅 440円
神戸三宮駅~明石駅 600円
元町駅~姫路駅 980円
高速神戸駅~姫路駅 980円
明石駅~姫路駅 710円
垂水駅~姫路駅 780円

ちなみに、JRの主な区間の普通運賃はこのようになっています。

利用区間 普通運賃(片道)
三ノ宮駅~須磨駅 180円
三ノ宮駅~垂水駅 310円
三ノ宮駅~明石駅 400円
元町駅~姫路駅 990円
神戸駅~姫路駅 990円
明石駅~姫路駅 680円




「三宮・姫路1dayチケット」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「三宮・姫路1dayチケット」は、年度ごとに1年を通して発売されています。神戸から姫路行く時はいつでも買えます(もちろん、姫路から神戸へ行く場合も)。

【2019年版】
2019年(平成31年)4月1日〜2020年(令和2年)3月31日

有効期間(使える期間)

【2019年版】
2019年4月1日〜2020年4月30日のうちの1日間(始発~最終)

※「三宮・姫路1dayチケット」は磁気カード式で、利用当日の最初に改札機に通すと裏面に日付が印字されます。その印字された日の最終電車までが有効となります。

「三宮・姫路1dayチケット」はどこで買える?(購入方法)

「三宮・姫路1dayチケット」は下記の通り山陽電車の駅などで購入できます。出かける当日はもちろん、前もって買っておくこともできます(その際は有効期限に注意してください)。

三宮で買えるところ

山陽電車「三宮・姫路1dayチケット」の購入場所

  • 阪神電車の神戸三宮駅駅長室(西口改札の脇)
  • 阪神電車サービスセンター(神戸三宮駅西口)

※「阪急電車」の神戸三宮駅では買えません。

三宮以外で買えるところ

  • 新開地の各駅長室
  • 西元町駅、高速神戸駅、新開地駅、大開駅、高速長田駅の改札口(駅員がいる時)
  • 山陽電車の板宿・須磨・垂水・明石・東二見・高砂・大塩・飾磨・姫路・網干の各駅
  • 山陽電車の播磨町〜姫路・網干の各駅券売機
  • 山陽電車ご案内センター(明石駅)
  • 山陽電車定期券発売所(板宿・垂水・明石・東二見・高砂・飾磨・姫路)
  • 山陽百貨店(姫路、網干、広畑)
  • 神姫観光姫路旅行センター

※事前に買ったけれども使わなくなったというときは、有効期間内で未使用の場合に限って、購入した場所で払い戻しが受けられます。ただし手数料がかかります。

「三宮・姫路1dayチケット」の5回分が1枚になった「三宮・姫路5dayチケット」も発売されています。大人7,000円です(割引はありません)。5日は連続していなくても構いません。

「三宮・姫路1dayチケット」公式サイト

「三宮・姫路1dayチケット」の最新情報については、山陽電車の公式サイトで確認ください。

山陽電車公式サイト

一日乗車券「三宮・姫路1dayチケット」は、神戸(三宮)から姫路へ日帰りする場合、最も安く移動できる手段となります。電車代を節約したいときは参考にしてください。

また、三宮から東の西宮、尼崎、大阪(梅田・難波)方面から姫路へは、「阪神・山陽シーサイド1dayチケット」(2,000円)という乗り放題切符が最安です。

【参考】姫路駅から姫路城へはループバス。


【参考】姫路セントラルパークへは姫路駅からバスの入園券つき割引切符で。

スポンサーリンク