.

神戸の須磨浦山上へは期間限定の電車&ロープウェイ割引切符で最大46%お得!

神戸の須磨浦公園へ安く遊びにいける、期間限定発売の「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」という山陽電車の割引切符を紹介します。

神戸・須磨浦山上遊園へ山陽電車の「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」
この切符は、往復の電車代と須磨浦山上遊園へのアクセスがセットになったもので、通常より大阪梅田からは14%、三宮から18%、姫路から46%もお得になっています。その内容と発売期間、購入方法をまとめました。

気候のいい5月、自然と絶景を気軽に楽しめる須磨浦山上遊園へ「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」で出かけてみては。

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」ってどんな切符?

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」は、神戸の須磨浦公園にある「須磨浦山上遊園」へのアクセス手段(下図)がセットになった割引切符です。

山陽電車「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」

  • 山陽電車の乗車駅~須磨浦公園駅の往復乗車券
  • 須磨浦ロープウェイ&カーレーターの往復乗車券
  • 須磨浦山上遊園の回転展望閣入場券

最寄駅「須磨浦公園」駅までの電車で往復

「須磨浦山上遊園」へ電車で行く場合、最寄駅は山陽電車の「須磨浦公園駅」になります。大阪方面から阪神電車が直通しています。同じ駅から「須磨浦山上遊園」へのロープウェイが出ています(後述します)。

山陽電車「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」には、山陽電車の乗車駅~須磨浦公園駅の往復乗車券が付いてます。

※乗り放題ではありませんので、途中の駅で下車できません。

大阪、三宮方面からは行く時は

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」は山陽電車の区間でしか発売されていません。大阪や三宮から行く場合は「西代駅」で途中下車して、「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」を買ってください。ちょっと面倒ですが、それでもお得です(後述します)。帰りは下車する駅まで乗って、乗り越し精算してください。

JRで行く場合は、最寄りは「須磨駅」です。須磨浦公園駅まで約1.5km(歩いて20分弱)あります。

その須磨駅をはじめ塩屋駅、垂水駅、舞子駅、明石駅、姫路駅などで山陽電車の駅と隣接している駅で「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」を買って乗り換えるとお得です。

「須磨浦山上遊園」へはロープウェイ&カーレーター


須磨浦公園の背後に鉢伏山(標高260m)・旗振山(標高253m)があります。山が海に張り出していて、ちょうど「摂津国」と「播磨国」の境目になっています。

その山の上に「須磨浦山上遊園」があります。「遊園」と名前が付いていますが、「ひらパー」や「みさき公園」のような、いわゆる「遊園地」ではありません。自然と景色と昭和の雰囲気?が楽しめる入場無料の「公園」です(ちょっとした有料の遊具はいくつかあります)。

神戸・須磨浦山上遊園へ山陽電車の「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」
山の上から大阪湾、神戸市内、明石海峡、淡路島を望む絶景は見る値打ちがあります。とくに鉢伏山の山頂にある「回転展望閣」という施設の屋上展望台は、神戸らしい眺望景観「ビューポイントサイン」に選ばれていて、インスタ映えは間違いありません。ちなみに、「回転展望閣」の3階(喫茶店)は床が360度、約45分をかけて1回転しています。

その須磨浦山上遊園へは、「須磨浦公園駅」からロープウェイとカーレーターを乗り継いで、楽に登れます。このカーレーターという乗り物が須磨浦名物で、日本でここにしかありません。

神戸・須磨浦山上遊園へ山陽電車の「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」はカーレーターにも乗れます。
カーレーターは、ベルトコンベアーに2人用の座席を取り付けたようなもので、「日本一乗り心地が悪い乗り物」です。しかも激遅。インスタ映えはしないかもしれませんが、話のタネにはなります。

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」はロープウェイとカーレーターの往復と、「回転展望閣」の入場券が付いてます。

須磨浦山上遊園へは、もちろん歩いて登れます。須磨浦公園駅から山頂まで30~40分です。道が整備されていて、小学生の遠足コースの定番になっています。六甲全山縦走路の一部でもあります。

【須磨浦山上遊園公式サイト】

須磨浦山上遊園

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」の値段

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」の値段はこのようになっています。

乗車駅 大人 子供
西代駅~須磨駅、塩屋駅~魚住駅 1,300円 750円
東二見駅~姫路駅、西飾磨駅~網干駅 1,500円 800円

※大阪や三宮方面からは「西代駅」までの運賃を別に必要です。

(阪急/阪神)神戸三宮駅~西代駅 片道150円
(阪急/阪神)梅田駅~西代駅 片道470円
(阪神)大阪難波駅~西代駅 片道560円

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」はどれくらいお得?

神戸・須磨浦山上遊園へ山陽電車の「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」がどれくらい安いのかみてみましょう。まず、須磨浦ロープウェイやカーレーターは通常料金はこのようになっています。やっぱり高めです。

(1)須磨浦ロープウェイ 大人(片道)450円(往復)900円
子供(片道)230円(往復)450円
(2)カーレーター 大人(片道)200円(往復)300円
子供(片道)200円(往復)300円
(3)回転展望閣3階入場料 大人100円、子供50円
(1)+(2)+(3)
往復割引回遊券Bコース
大人1,200円、子供600円

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」の値段と見比べてください。切符には「往復割引回遊券Bコース」と同じ内容が含まれているので、実質の往復電車代は100円、または300円。これは、かなり安いです。

主な駅から、「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」を使うと、使わない通常の場合と比べて、大阪梅田からは14%、三宮から18%、明石から33%、姫路から46%割引になります。

乗車駅 往復電車 須磨浦回遊 通常合計 お楽しみきっぷ
阪急/阪神梅田駅 1,400円 1,200円 2,600円 *2,240円 約14%割引
阪急/阪神神戸三宮駅 740円 1,200円 1,940円 *1,600円 約18%割引
西代駅 460円 1,200円 1,660円 1,300円 約22%割引
須磨駅 300円 1,200円 1,500円 1,300円 約13%割引
垂水駅 460円 1,200円 1,660円 1,300円 約22%割引
明石駅 740円 1,200円 1,940円 1,300円 約33%割引
高砂駅 1,340円 1,200円 2,540円 1,500円 約41%割引
姫路駅 1,580円 1,200円 2,780円 1,500円 約46%割引

*「お楽しみ切符」+西代駅までの往復運賃です。

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」は下記の期間限定の発売となっています。ゴールデンウィーク中も買えます。

 2019年4月26日~5月31日
※須磨浦山上遊園の休園日(5月7日、5月14日、5月21日、5月28日⇒火曜日)は発売されません。

有効期間(使える期間)

買ったその当日のみ有効です。
※事前に買っておくことはできません。

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」は、出かける当日に山陽電車の駅券売機で買えます。

【購入場所】須磨浦公園駅を除く山陽電車すべての駅(券売機)

※大阪、三宮方面からは「西代駅」で途中下車して(改札を出て)、券売機で「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」を買ってください。券売機は改札口に脇にあります。

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」公式サイト

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」の最新情報については、山陽電車の公式サイトで確認ください。

山陽電車公式サイト

「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」が発売される5月は、1年で一番過ごしやすい季節です。アウトドアに出かけたくなったら「須磨浦山上遊園」は気軽に行けるのでおすすめです。弁当持参すると交通費以外はあまりお金をかけずに楽しめます。その交通費も「すまうらロープウェイお楽しみきっぷ」で節約できて安上がり。レジャーやデートの行先でお悩みなら参考にしてください。

※須磨浦公園駅の周辺は売店ぐらいしかないので、食べ物や飲み物を持ち込むときは、あらかじめ調達しておいた方がいいです(山上遊園には喫茶店やバーベキュー場はあります)。

スポンサーリンク