.

関西人にも「モバイルSuica」はええよ!関西でのメリットと使い方

ICカード(ICOCA・PiTaPa)
お悩み中
お悩み中
普段、ICOCAで電車やバスに乗ってるけど、回数が多くないので、何もメリットがない。少しでも得がある方法はないやろか。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事の内容】

  • スマホ版「モバイルSuica(スイカ)」を関西で使うメリットとその使い方を紹介します。

 

ICOCAで電車やバスに乗っても、運賃が割引になったりしないので、何の得もありません。ただ、切符を買う手間が省けるだけのことです。

 

もっとも、JR西日本など一部の会社では、ポイント還元による運賃割引サービスを実施しています。

 

でも、例えば月に11回以上など、それなり回数を利用しないといけないので、あまり乗らない人にとってメリットはありません。

 

そこで、電車やバスに乗る限りは、ちょっとでも得やメリットが欲しいというあなたに、ICOCAの代わりになる「モバイルSuica(スイカ)」を紹介します。

 

「モバイルSuica」は、JR東日本が運営するICカードのスマホ版です。関西ではあまり馴染みがないですが、実は関西でもメリットがあるんです。

 

この記事で、「モバイルSuica」を関西で使うメリットについて、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん

 

「モバイルSuica(スイカ)」とは?

 

「東のICOCA」のスマホ版

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

「モバイルSuica(スイカ)」は、JR東日本のICカード「Suica」のスマホ版です。Suicaとは、要は関東のICOCA的なカードです。

 

ICOCAと同じく、Suicaにあらかじめお金をチャージ(入金)しておいて、電車やバスを利用する際は、改札機や読み取り機に直接タッチして使います。

 

こうした機能をカードではなく、スマホでできるようにしたのが「モバイルSuica」です。タッチするのは、スマホになります。

 

関西ではICOCAと同じに使える

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

SuicaとモバイルSuicaは、JR東日本の利用者向けですが、関西でも、ICOCAが導入されているほどんどの電車(JR、私鉄、地下鉄)やバスで使えます。

 

また、ICOCAで支払いができるコンビニ、スーパー、百貨店、飲食店、郵便局、自販機などでも使えます。

 

つまり、ICOCAが使えるところではSuica、モバイルSuicaも使えます。

 

関西ではモバイルSuicaの機能の全てを使えません!

 

関西で使えるモバイルSuicaの機能は、電車やバスの乗車(通常運賃)と買い物などの支払いのみです。

・券売機でモバイルSuicaは使えません(切符は買えない)。

・モバイルSuicaに定期券を載せられません。

このほか、モバイルSuicaには、定期券やグリーン券が購入できたり、運賃が切符より安くなったり、独自のJREポイントが貯まったりといった機能もありますが、JR東日本や関東での利用に限ったものです。関西では使えません(対象外)。

 

モバイルSuicaを関西で使うメリットは「チャージ」

 

SuicaとモバイルSuicaは、関西でICOCAと同じように使えます。でも、使えるだけで、電車代やバス代が割引になったり、ポイントが付いたりといったメリットはありません。

 

関西でメリットがあるのは、モバイルSuicaの「チャージ(入金)」の部分です。

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

Suicaへのチャージは、ICOCAと同じで現金のみですが、モバイルSuicaは、クレジットカードからチャージできます。

 

クレジットカードでチャージすると、その金額に応じて、クレジットカードのポイントが付きます。これが関西でモバイルSuicaを使う一番のメリットです。

 

ICOCAに現金チャージしても、何も見返りはないですが、同じ金額をモバイルSuicaにクレジットカードでチャージすれば、数ポイントをゲットできます。

 

例えば、モバイルSuicaに1,000円チャージすれば5ポイントもらえます(200円=1ポイントの場合)。ICOCAに1,000円チャージしても、ICOCAで1,000円分電車に乗っても、何も付きません。

 

モバイルSuicaのチャージを含めて貯めたポイントは、食品や日用品、商品券などに引き換えることで、家計の節約につながります。

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

あと、モバイルSuicaの種類によっては、楽天ポイントやPontaポイントをチャージできる点もメリットです。

 

楽天ポイントやPontaポイントで電車やバスが乗れます。

 

これらのポイントは、商品の代金やサービス料金の還元、景品やプレゼントなどでもらえる「おまけ」的なもの。

 

そんなポイントを、モバイルSuicaで交通費に使うことで、電車やバスをお得に利用できることになります。

 

ちなみに、モバイルSuicaへのチャージは、スマホからいつでもどこでもできます(午前2時~午前4時は除く)。

 

ICOCAみたいに、チャージのために、いちいち駅の券売機や入金機に立ち寄らなくて済みます。これもメリットです。

 

関西人が関西でモバイルSuicaを使うメリット(まとめ)

  • クレジットカードでチャージできてポイントが貯まります。
  • 貯まった楽天ポイントやPontaポイントで電車やバスで乗れます。
  • チャージは、スマホでいつでもどこでもできます。

 

モバイルSuicaの登録

 

モバイルSuicaの種類

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

モバイルSuicaを利用するには、あなたのスマホに、以下のアプリのどれか1つを導入(ダウンロード)します(併用も可能)。

 

アプリの機能は、JR東日本の本家本元「Suicaアプリ」が多いですが、関西で電車やバスを利用するだけなら、どのアプリも変わりません。

 

ただ、チャージ方法の種類や最低金額に違いがあります。

 

あなたが普段、楽天系のサービスをよく利用していたり、楽天ポイントを貯めている場合は「楽天ペイ」で、auの電話を契約している場合やPontaポイントを貯めている場合は「auペイ」で、モバイルSuicaを使うのがおすすめです。

 

特に何もなければ「Suicaアプリ」でOK。

 

使用アプリ チャージについて
Suicaアプリ
(Android・iOS)
  • 各種クレジットカード(日本国内発行)で、500円からチャージできます。
楽天ペイ
(Android)
  • チャージ方法は、楽天ポイント(通常ポイント)かクレジットカード「楽天カード」の2つです。
  • 楽天ポイントは1円以上1円単位でチャージできます。
  • 「楽天カード」へのチャージは、1,000円以上1円単位で可能。その際に楽天ポイントが付きます(200円ごとに1ポイント)。
auペイ
(Android)
  • auペイの残高から1,000円以上1円単位でチャージができます。チャージするとPontaポイントが付きます(200円ごとに1ポイント)。
  • チャージに使えるクレジットカードは、auペイに登録しているものです。
  • 貯まったPontaポイントは、まずauペイにチャージしてから、モバイルSuicaにチャージできます。
Googleペイ
(Android)
  • Googleペイに登録しているクレジットカードで、1円単位でチャージができます。

 

※各アプリとも、チャージできる上限額は20,000円(残高)です。

 

※「auペイ」は、auに契約していなくても使えます。Pontaカードとも連携できます。ローソンやリクルート系のサービスをよく利用している人はチェックしてみてください。

 

※Appleペイでも、モバイルSuicaを利用できますが、Suicaが必要です。

 

モバイルSuicaの始め方

 

モバイルSuica(スイカ)の登録方法、始め方

 

モバイルSuicaの始め方は簡単です。登録料や会費など費用はかかりません。

 

まず、必要なものはこちら。アプリは無料でダウンロードできます。

 

  • スマホ(FeliCa、おサイフケータイ対応の機種)
  • スマホアプリ(Suicaアプリ、楽天ペイ、auペイ、Googleペイ)
  • クレジットカード

 

スマホアプリは、アプリストアから無料でダウンロードできます。

 

アプリをダウンロードした後は、モバイルSuicaの利用登録を行います。クレジットカード情報など必要事項の入力と認証作業だけで、5~10分で完了します。

 

すでに「楽天ペイ」「auペイ」「Googleペイ」を使っている場合は、モバイルSuicaの機能を簡単に追加できます。

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

登録完了後は、必要金額をチャージすれば、その日から電車やバスを利用が可能です。

 

モバイルSuicaの使い方

 

モバイルSuica(スイカ)を関西での使い方

 

繰り返しになりますが、モバイルSuicaは、関西のICOCAが使える路線なら、基本的にどこでも使えます。

 

ICOCAと同じように、あなたのスマホを、乗り降りの際に、電車なら駅の改札機に、バスなら車内のカード読み取り機にタッチします。

 

買い物では、店員さんに会計の際に「Suica(スイカ)で」と一言伝えて、読み取り機にタッチ。

 

タッチするときは、アプリを立ち上げておく(開く)必要はありません(スマホの電源は「入」で)。また、インターネット環境がなくても(圏外でも)大丈夫です。

 

利用履歴も、すぐに確認できます(楽天ペイ、auペイは次の日から)。

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

モバイルSuicaは、スマホがそのまま切符の代わりですので、充電が切れたり、故障したりすると、どうしようもなくなります、注意がより必要です。

 

※チャージする場合は、インターネット環境が必要です。

 

モバイルSuica公式サイト

 

モバイルSuica(スイカ)を関西で使うメリットと使い方

 

普段、ICOCAを割引などのメリットもなく、ただの切符代わりに使っているだけなら、「モバイルSuica」に切り替えれば、チャージ(入金)でポイントが貯まってお得です。

 

ちょっとのことですが、交通費や家計の節約方法の1つとして参考にしてください。

 

なお、「モバイルSuica」の詳細、最新情報は公式サイトで。

 

モバイルSuica公式サイト

 

JR西日本によると、ICOCAのスマホ版「モバイルICOCA?」は2023年(令和5年)春頃に登場予定とのことです。モバイルSuicaはそれまでのつなぎに。
まあちん
まあちん

コメント

タイトルとURLをコピーしました