.

奈良県内から京都日帰り観光に近鉄切符「京めぐり」が乗り放題でお得!

奈良からちょっと日帰りで京都へ観光や買い物に出掛けたいときに、近鉄電車の「京めぐり」という切符をチェックしてみてください。期間限定の発売ですが、その名前の通り、特に京都市内をいろいろ巡るときにお得です。どんな切符なのか、内容や値段、購入方法について紹介します。

ちなみに、京都から奈良へ行く場合にも使えます。

「京めぐり」ってどんな切符?

奈良~京都の近鉄&地下鉄が乗り放題!

「京めぐり」は、奈良方面から京都市内までの近鉄電車と京都市営地下鉄が1日乗り放題で利用できます(有効区間は下記参照)。

地下鉄は運賃が割高ですが、「京めぐり」はそれを気にせずに地下鉄を経由して市街地の中心部へ直接アクセスできるのでとても便利です。また、奈良でも近鉄の指定区間が乗り放題です。

京都市内ではバスも乗り放題!高雄や大原へも

京都市内ではバスも1日乗り放題で利用できます。地下鉄とバスとを乗り継ぐことで、嵐山や高雄、大原を含め、ほとんどの名所や観光スポットを巡ることができます。

  • 京都市営バスの全線
  • 京都バス(民営)の均一料金制の路線と大原・岩倉村松・岩倉実相院・京都産業大学前・大覚寺・清滝・苔寺を限度とする範囲内路線

※これらの路線で、貴船や鞍馬方面を除いて市内のほとんどの地域をカバーしています。
※京阪バスやJRバスは利用できません。

拝観料の割引などの優待特典つき!

「京めぐり」には、提携している社寺や、文化・観光施設、飲食店、土産物店などで提示することで、拝観料や入場料などが割引になったり、記念品がもらえたりする優待特典がついてます。

優待が受けられる主な場所

  • 大覚寺
  • 地主神社
  • 平安神宮
  • 知恩院
  • 泉涌寺
  • 華厳寺(鈴虫寺)
  • 高台寺
  • 東映太秦映画村
  • 元離宮二条城
  • 京都水族館
  • 京都鉄道博物館
  • 京都タワー など ※順不同

⇒優待施設の一覧はこちら。

「京めぐり」の値段は?どれくらいお得?

「京めぐり」は2種類!値段と有効区間

「京めぐり」は、奈良の利用できる範囲が違う2種類が用意されています。大人用のみの発売で、子供用はありません。

ちなみに、特急を利用したいときは、別に特急券を購入する必要があります。

「京めぐり(1)」(奈良市内、生駒、郡山方面から)

有効区間
(乗り放題できる範囲)
  • 近鉄電車の生駒駅~奈良駅、京都駅~筒井駅
  • 京都市営地下鉄とバスの全線と京都バスの所定範囲
値段 大人1,820円

「京めぐり(2)」(五位堂、高田、八木、橿原、桜井、天理方面から)

有効区間
(乗り放題できる範囲)
  • 近鉄電車の生駒駅~奈良駅、京都駅~橿原神宮前駅、平端駅~天理駅、関屋駅~三本松駅、二上山駅~壺阪山駅、生駒駅~学研奈良登美ヶ丘駅、生駒駅~王寺駅、尺土駅~御所駅
  • 京都市営地下鉄とバスの全線と京都バスの所定範囲
値段 大人2,130円

「京めぐり」はどれくらいお得?

「京めぐり」を使うとどれくらいお得なのかを、奈良県内の近鉄の主要駅から近鉄京都駅まで普通の切符を使い、京都では京都市交通局が発行している「地下鉄・バス一日券」(900円)を購入した場合と比べてみました。

「地下鉄・バス一日券」とは、「京めぐり」の地下鉄とバス乗り放題の内容に、京阪バスが加わったもので、優待特典を含めて使い勝手はほぼ同じです。

ちなみに、通常の運賃はバスが1回230円(均一)、地下鉄は初乗り210円です。

※「地下鉄・バス一日券」は竹田駅では買えないので、近鉄の京都駅まで出て購入することを前提としています。

出発駅 運賃(往復) 一日券 合計 京めぐり お得額
狛田駅 440円(800円) 900円 1,700円 1,820円 -120円
新祝園駅 490円(980円) 900円 1,880円 1,820円 60円
西大寺駅 560円(1,120円) 900円 2,020円 1,820円 200円
奈良駅 620円(1,240円) 900円 2,140円 1,820円 320円
生駒駅 690円(1,380円) 900円 2,280円 1,820円 460円
登美ヶ丘駅 890円(1,780円) 900円 2,680円 2,130円 550円
天理駅 750円(1,500円) 900円 2,400円 2,130円 270円
大和八木駅 880円(1,760円) 900円 2,660円 2,130円 530円
榛原駅 1,070円(2,140円) 900円 3,040円 2,130円 910円
桜井駅 940円(1,880円) 900円 2,780円 2,130円 650円
五位堂駅 940円(1,880円) 900円 2,780円 2,130円 650円
橿原神宮駅 880円(1,760円) 900円 2,660円 2,130円 530円
尺土駅 1,010円(2,020円) 900円 2,920円 2,130円 790円
御所駅 1,070円(2,140円) 900円 3,040円 2,130円 910円

近鉄狛田駅より京都側の駅では、値段的に「京めぐり」のメリットはありません。京都と奈良の県境に近い新祝園駅より奈良側では多少でもお得になります。特に中和地域からは割安感が大きいです。

つまり、「京めぐり」はやっぱり奈良県内から京都へ出かけるときにお得になるようになっています。

参考までに、京都駅までJRを利用した場合の普通運賃(片道)と比べると、近鉄の方が断然安いです。

(JR)奈良駅 710円
(JR)天理駅 970円
(JR)桜井駅 1,140円
(JR)五位堂駅 1,140円
(JR)御所駅 1,320円

「京めぐり」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「京めぐり」は期間限定の発売となっています。

【2019年版】
2019年(平成31年)1月15日から12月23日まで

有効期間(使える期間)

上記の発売期間のうちの好きな1日間(始発~最終)

※「京めぐり」は磁気式カードの切符です。利用する日のはじめに改札機に通すと裏面に日付が印字されます。印字された日の終電まで乗り放題できます。

「京めぐり」はどこで買える?(購入方法)

「京めぐり」は発売期間中、下記の駅で購入できます。出かける当日に買えますし、前もって買っておくこともできます(有効期間に注意)。京都でも買えますので、京都から奈良へ出かけるときにも使えます。

もし買ってから使わなくなった場合は、有効期間中で未使用に限って、購入した駅で払い戻ししてもらえます(手数料500円)。

「京めぐり(1)」が購入できる駅

生駒駅、東生駒駅、富雄駅、学園前駅、大和西大寺駅、新大宮駅、奈良駅、京都駅、丹波橋駅、向島駅、大久保駅、新田辺駅、高の原駅、近鉄郡山駅

「京めぐり(2)」が購入できる駅

五位堂駅、大和高田駅、大和八木駅、桜井駅、榛原駅、生駒駅、京都駅、丹波橋駅、田原本駅、天理駅、王寺駅、高田市駅、橿原神宮前駅、飛鳥駅、壺阪山駅

「京めぐり」公式サイト

「京めぐり」の発売情報や最新情報については、近鉄の公式サイトで確認ください。

近鉄公式サイト

近鉄の「京めぐり」は、奈良方面から京都の日帰り観光にお得で便利な切符です。京都へお出かけの際にはチェックしてみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク