橿原神宮へ初詣に近鉄割引切符!大阪から往復900円!年内限定発売

奈良県で人気の初詣先といえば祀る橿原(かしはら)神宮です。神武天皇を祀るだけあって広くて立派な神社です。奈良県では最多の毎年約100万人の初詣客が訪れます。関西ではニュースの定番ネタになっている書き初め大会も有名です。

この橿原神宮へ初詣や書き初めに電車で出かけるようと計画している人も多いと思いますが、大阪方面からの場合は、近鉄の期間限定発売「橿原神宮初詣割引きっぷ」を使うと電車代が最大3割ほど安くなります。どんな切符なのか、発売情報と合わせてを紹介します。

※神戸・姫路方面からはこの切符の方が安いです。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」ってどんな切符?

大阪方面と橿原神宮との往復切符です。

橿原神宮へ電車で行く場合の最寄駅は、文字通り近鉄電車の「橿原神宮前」駅になります。難波からは約1時間、阿部野橋からは約40分です。橿原神宮は駅から歩いて10分ほどのところにあります。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」は、この橿原神宮前駅まで大阪から往復用の割引つき乗車券です。往き用と帰り用の2枚の切符がセットになっています。

※「橿原神宮初詣割引きっぷ」が使える発着駅は、図のように大阪府内の区間で限定されています。

※橿原神宮初詣割引きっぷ」は乗り放題ではありません。発着駅と橿原神宮前駅まで、行き帰り1回ずつだけ有効です。途中下車はできません。途中下車する(途中の駅で改札から外へ出る)と、切符は回収されて、残りの区間は無効になります。

※「畝傍御陵前駅」「橿原神宮西口駅」でも乗降できます。

※特急には乗れません。別に特急券を買うと利用できます。

橿原神宮で干支の置物がもらえます。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」には、橿原神宮で小さな干支の置物と引き換えてもらえる「拝受券」が付いています。引き換え場所は外拝殿前の広場にある小屋の一角にあります。拝受券を持っていくとすぐにもらえます。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」の値段(2019年版)

橿原神宮の巨大絵馬(平成31年、2019年初詣)

「橿原神宮初詣割引きっぷ」は大人用のみの発売です。値段は発着駅に関係なく一律の設定となっています。

大人用 900円

難波から35%、鶴橋・阿部野から27%も割引!

大阪の主な駅から「橿原神宮初詣割引きっぷ」を使った場合と、使わずに普通に「橿原神宮前」駅まで往復した場合と比べてみました。普通運賃より8%から最大35%安くなります。

主な発着駅 普通運賃(往復) 初詣きっぷを使うと
大阪難波駅 690円(1,380円) 約35%割引!
鶴橋駅 620円(1,240円) 約27%割引!
布施駅 560円(1,120円) 約20%割引!
八尾駅・河内山本駅 490円(980円) 約8%割引!
大阪阿部野橋駅 620円(1,240円) 約27%割引!
河内松原駅・高鷲駅 490円(980円) 約8%割引!
富田林駅 490円(980円) 約8%割引!
河内長野駅 560円(1,120円) 約20%割引!

「橿原神宮初詣割引きっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)は年内限定!

「橿原神宮初詣割引きっぷ」の発売期間は年内限定です。「初詣」用ですが、年を明けてからは買えませんので注意してください。

【2019年版】
2018年(平成30年)11月15日から12月31日まで

※もし買ったあとに使わなくなった場合は、未使用の場合に限って、1月31日までなら買った駅で払い戻しが受けられます。ただし手数料がかかります(300円)。

有効期間(使える期間)

「橿原神宮初詣割引きっぷ」が使える期間は下記の通り、大晦日から1月いっぱいになります。

【2019年版】
2018年(平成30年)12月31日から2019年(平成31年)1月31日までうちの1日(往復のみ)

12月31日に利用する場合に限って年越しで1月1日も使えます。

橿原神宮書き初め大会は2019年1月5日に開催されます。受付は当日拝殿前(小中生8:30~11:00、高大生と一般10:30~11:00)。前もっての予約は要りません。費用は小中生400円、高大生・一般は500円です。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「橿原神宮初詣割引きっぷ」は、下記の近鉄電車の駅窓口で買えます。

大阪難波、日本橋、大阪上本町、鶴橋、布施、八尾、大阪阿部野橋、藤井寺、古市の各駅。

※発売時間は駅ごとに違います。例えば、布施駅(17:00~19:00)、八尾駅(15:00~19:00)のように時間が偏っているところもありますので、公式サイトで確認ください。

「橿原神宮初詣割引きっぷ」公式サイト

「橿原神宮初詣割引きっぷ」の最新情報や駅での発売時間は近鉄電車の公式サイトで確認ください。

大阪方面から橿原神宮に電車に初詣に出かけるつもりでしたら、近鉄の「橿原神宮初詣割引きっぷ」を年末までにゲットしておきましょう。

また、橿原神宮の初詣とあわせて、別の神社やお寺も参拝したり、親戚や友達の家にあいさつに立ち寄ったり、初売りの買い物に出かけたりなどする場合は、「新春おでかけ京阪奈1dayパス」という1日乗り放題きっぷの方がいいかもしれません。1月14日までしか使えませんが、値段は「橿原神宮初詣割引きっぷ」に400円プラスするだけです。これも年内限定発売です。比べてみてください。